黄輪 さん プロフィール

  •  
黄輪さん: 黄輪雑貨本店 新館
ハンドル名黄輪 さん
ブログタイトル黄輪雑貨本店 新館
ブログURLhttp://auring.blog105.fc2.com/
サイト紹介文小説や待受画像、他ドット絵を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2008/05/10 15:48

黄輪 さんのブログ記事

  • 双月世界地図;琥珀暁(第1部)
  • そう言えば「琥珀暁」の地図描いてなかった。と言うわけで、今更ですが掲載。とは言え、紀元前1年の話。これ以前の歴史は皆無なので、あんまり特筆すべき箇所も無く。強いて言えば「火紅狐」以降の時代に比べて、大きな川が少ないくらい。と言うのも、あの川は双月世界における巨大政治組織、「中央政府」成立以降に、央北各地に水を供給することを目的として引かれた水路。元々の川はこんだけシンプルでした。あと、「南旅伝」と [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 15
  • ウエスタン小説、第15話。31日、決断のとき。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -15. 局長はギルマンの目星を付けてすぐに、イクトミへ連絡した。「……と言うわけだ。そのジャック・スミサーと、彼の会社を調べれば、ギルマンへの手がかりが得られるだろう」《ありがとうございます。やはりあなたは優れた探偵王だ》「喜んでもらえたようで何よりだ。 それよりイクトミ。今、私の側には誰もいない。人払いしているから [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 14
  • ウエスタン小説、第14話。組織を討つために。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -14. わたくしは本懐を隠すため、そしてわたくしが組織に「アレーニェ」だと悟られぬために、怪盗「イクトミ」を演じることにいたしました。 まったく何の価値も無い、盗んだとしても何の被害も出ないようなモノを、さも価値があるかのように仰々しく盗み出すと言う、滑稽な道化を演じたのです。 その裏で、わたくしは組織がどれだけの人 [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 13
  • ウエスタン小説、第13話。独白。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -13.「人に歴史あり、か。だがそれを私に聞かせて、何をしたい?」 アーサー老人に2杯めのバーボンを注がれ、それもイクトミは飲み干す。「誰かに私の人となりを知っていただきたい、……などと言うのは厚かましいですな。いや、そんなことは申しますまい。お願いの話を、先にいたしましょう。 組織と戦い、壊滅させることは、わたくしに課された宿命 [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 12
  • ウエスタン小説、第12話。イクトミ襲撃の夜。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -12.「ごきげんよう、ご老人。騒がしい夜になりそうですな」 そこには全身真っ白のスーツに身を包んだ伊達男が、拳銃を構えて立っていた。「……貴様……イクトミ……!?」 アーサー老人は戦慄する。 そして――銃声が、サルーン内に轟いた。 だが、アーサー老人は傷一つ負うこと無く、その場に立ち尽くしたままだった。「……な、…… [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 11
  • ウエスタン小説、第11話。怪盗紳士の真の顔。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -11.「それじゃ殺人犯として名前が知られ出したのは、最近の話なのね?」 エミルにそう尋ねられ、局長はうなずく。「うむ。しかし妙なのは、それに関する風説の流れの、その『速さ』だ。 確かに『強盗殺人』などと言うものは卑劣で恥ずべき犯罪であるし、故に悪評として広まるのが早いことは、想像に難くない。だがそれにしても、他の凶悪 [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 10
  • ウエスタン小説、第10話。鉄道犯罪。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -10.「そうだな、まずは、……不審な鉄道車輌、なんてのは?」 尋ねたアデルに、ロドニーは苦い声を返してくる。《『何でも』って言ったばっかりで悪いが、それは答えられん。いや、『言えない』ってことじゃなくてな、『言い切れない』んだ。 俺みたいな大鉄道愛好家や各鉄道会社、その他警察とかその関係者だとかにゃ残念でならんが、鉄道を使っ [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 9
  • ウエスタン小説、第9話。霧中の敵を追え。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9.「参ったね、これは」 リロイ副局長が帰った後、局長は腕を組んでうなった。「リロイでも、か。なるほど、イクトミが依頼してくるわけだ」 常より局長から「情報収集能力に長けている」と称される彼でさえも、ギルマンについては、何の情報も持っていなかったのである。「一応、ツテを頼るとは言ってましたけど……」「望み薄だな。しかし、 [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 8
  • ウエスタン小説、第8話。記憶の矛盾。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. わだかまりつつも探偵局に戻ったところで、アデルは局長に尋ねる。「それで局長、どうやってギルマンを探すんです? また例の名士録に名前があったり、とか?」「いや、流石にまったく情報が無い。リロイに聞いてみるとしよう。 リロイは今日は非番だが、彼が非番にやることと言えば本を読むか、奥さんとチェスするか、後はあの三毛猫をからか [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 7
  • ウエスタン小説、第7話。組織攻略の端緒。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. イクトミの言葉に、エミルは血相を変えた。「嘘でしょ?」「これが嘘であれば、わたくしは喜んでホラ吹きと呼ばれましょう。どんな嘲(あざけ)りを受けたとしても、どれほど幸せなことか。 ですが、甚(はなは)だ残念なことに、これは事実なのです。わたくしも間違い無く死んだものだ、と思っておりました」「何があったの?」「そもそも [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 6
  • ウエスタン小説、第6話。探偵王と怪盗の邂逅。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 翌日、3時。 壁に取り付けられた電話がじりりん、と鳴り出したところで、局長がすぐに受話器を取った。「はい、こちらパディントン探偵局。……うむ、そうだ。私がパディントンだ。 君はイクトミかね?」 局長の後ろで様子を伺っていたアデルとエミルは、顔を見合わせる。「来たわね」「流石、伊達男。3時きっかりだな」 その間に [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 5
  • ウエスタン小説、第5話。無理筋の依頼。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「なるほど」 アデルたちの話を聞き終え、パディントン局長はそれだけ言って黙り込んだ。「……どうしましょうか?」 沈黙に耐えかね、アデルが尋ねる。「ふむ……」 しかし、局長はうなるばかりで、返事は返って来ない。「迷うことがあるのかしら?」 エミルからそう問われ、ようやく局長は応じた。「いや、迷っているわけじゃあない。 君 [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 4
  • ウエスタン小説、第4話。アルジャン兄弟。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「アンリ=ルイ・ギルマン?」 首を傾げつつも、アデルは懐からメモを取り出し、その名を書きつける。「名前からしてそいつもフランス系か? スペルはこれでいいのか?」「Hが抜けていますね。あと、AではなくEです」「分かりづれえな、無音のアッシュ(注:フランス語は基本として、語頭の『H』を抜いて発音する)かよ」「それがフラン [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 3
  • ウエスタン小説、第3話。銀板写真。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「で、報酬は?」 エミルが尋ねたところで、イクトミは懐に手を入れた。「あ、拳銃などではございませんから、そう緊張なさらず。マドモアゼルもホルスターから手を離して下さい。 お見せしたいのは、こちらです」 イクトミはゆっくりと懐から手を抜き、一枚の銀板写真を二人に見せた。「この写真、中央に写っている人物については、マドモアゼル [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 2
  • ウエスタン小説、第2話。怪盗紳士、三度目の登場。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「で、どの店の豆が美味しいって話なの?」「そこなんだよなぁ」 エミルと共に街の大通りを歩きながら、アデルは肩をすくめる。「グレースの奴、コロンビア産のがどーの、アフリカの方から輸入したのがどーのって色々うんちくを垂れてばっかで、結局『ここがあたしのイチオシね』ってのを教えてくれなかったんだよ。 しまいにゃ俺も [続きを読む]
  • DETECTIVE WESTERN 8 〜 悪名高き依頼人 〜 1
  • ウエスタン小説、第8弾。電話連絡。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. これまでの作中で何度も、さも当然のように使われてきた電話だが――史実として、電話のシステム自体が確立されたのは1876年(A・G・ベルの特許申請と成立)、そして合衆国において電話会社が開業されたのが、そのおよそ2年後である。さらにはその2年後、普及数は5万世帯にも上っていたと言われている。 その通信網の多くは当然、発展の [続きを読む]
  • 2017年10月携帯待受
  •   2017年10月の壁紙。今回からアメリカ車。シボレーのコルベット。今回はめっちゃ早く待受を更新しました。何故なら次週9/18から、「DW8」の連載を始めるから。現在、毎週月曜にブログ更新を行っているのですが、「DW8」は全15話のため、今から毎日掲載すると9/18、9/25を越えてしまい、次月待受を今月中に掲載できなくなってしまう事態が発生してしまいます。(来年のカレンダーを来年になって用意する人はあんまりいないと思い [続きを読む]
  • イラスト;猫獣人
  • 今回も自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。今回の結果はこちら。https://twitter.com/au_ring/status/897463691871899648黄輪さんが攻略するのは水色の髪で、緑色に赤が混じった毛並みのお嬢様系猫っ娘。好きなことは絵を描くこと、嫌いなことはツイッターでつぶやくこと。次の連休に河原へ誘うと好感度大アップ!攻略難易度:★★★★★#aukemonohttps://shindanmaker.com/7 [続きを読む]
  • 2017年9月携帯待受
  •   2017年9月の壁紙。アウディから、R8。以前にもR8をモチーフにした待受を制作したことがありましたが、あれから年月が経ち、昨年モデルチェンジしていたとのこと。そんなわけで新たに描き起こしました。隣の兎っ子もついでにモデルチェンジ。次回もカラーに関して、twitterにてアンケートを行う予定です。ブログトップページ、もしくはこちらから、私、黄輪のTLに飛ぶことができます。よろしければご参加下さい。Calender pictu [続きを読む]
  • 業務連絡;毎年恒例の所信表明 2017夏
  • 本日は私、黄輪の誕生日です。Happy Birthday to me.やっぱり昨年は最悪の年でした。でも今年もいい感じではありません。仕事運もよろしくないし、祖父が亡くなりましたし。ただし金運に関しては、最低値だった一昨年よりは改善されているのかも知れません。あと、画力も確実に向上していると実感しています。文章力なども含め、創造系の能力はまだまだ成長していると確信しています。で、懐事情が少しずつながらも良くなっている [続きを読む]
  • イラスト;狼獣人
  • 今回も自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。今回の結果はこちら。https://twitter.com/au_ring/status/883963761740005376黄輪さんが攻略するのは緑色の髪で、桃色に水が混じった毛並みのおっとり系狼っ娘。好きなことはネトゲ、嫌いなことは水泳。夏休みにお寺へ誘うと好感度大アップ!攻略難易度:★★★★★#aukemonohttps://shindanmaker.com/718478 まず線画版。ネトゲ好 [続きを読む]
  • サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー
  • サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー 私は満足している男だ。 多少のトラブルや諍いはあれど、仕事は順調である。 高級車や一戸建ては買えないが、貯金も資産も多少ある。 少しばかりぽっちゃりしていて首や肩が凝り気味だが、健康も概ね問題ない。 愛する人や親密な友人もいないが、孤独と思ったことも無い。 特に過不足も無く、平穏そのもの。それが私の人生である。 ある時、胡散臭い老人が目の前に現れた。「このボタ [続きを読む]
  • イラスト;葛(白猫夢)
  • 前回に引き続き、自分の小説から。今回も「白猫夢」より、葛。線画版。実を言うと、あんまり葛に関しては絵面のイメージが、僕の中で固まってません。葵の方が印象強すぎて……。とは言え、一応葛の体型もデータとして作ってあります。身長164cm、3サイズは上から順に83、57、86。体重は57kg。こちらは普通の女の子体型。カラー版。前回言っていた通り、三毛の毛並みです。ちなみに髪の色もですが、目の色も姉と同じ。あんまりお姉 [続きを読む]
  • イラスト;葵(白猫夢)
  • ここ何回か診断メーカーの結果に従ってイラストを描きましたが、たまには自分の小説に出てきたキャラを描くことにします。今回は「白猫夢」より、葵。線画版。昨年に比べたら、かなり可愛く描けた気がします。ものすごい癖っ毛なのは、基本的に寝てるから。癖っ毛と言うより寝癖ですね。裏設定、葵の体型。身長168cm、3サイズは上から順に74、49、76。体重は52kg。良く言えばスレンダー、悪く言えば平坦でガリガリ。一日の大半を寝 [続きを読む]