artisfoto さん プロフィール

  •  
artisfotoさん: Yin Yang 陰陽(アジアンフォトエッセイ)
ハンドル名artisfoto さん
ブログタイトルYin Yang 陰陽(アジアンフォトエッセイ)
ブログURLhttp://artisfoto.exblog.jp/
サイト紹介文アジアを旅する写真家大木信哉のフォトエッセイ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/05/13 15:14

artisfoto さんのブログ記事

  • 桜咲く、東京
  • 東京の開花宣言から一週間が経ち、ようやく近所の桜が咲き始めた。と言っても、咲いているのは日当りの良い樹だけで、ほとんどがまだ蕾の状態である。部分的にはかなり咲いている箇所もあるが、満開になるまではあと一週間くらいかかるだろう。RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5 [続きを読む]
  • 公共Wifi、トリニダー
  • 今回の旅で一番のトピックは、何と言っても公共Wifi(ウィフィ)であろう。というのも、これまでのキューバでは、まず電話局へ出向き、窓口でカードを購入して、電話局のPCでカードに記載してあるパスワードを入力、そこで初めてインターネットが閲覧出来たのだ。ところが、今は公園にWifiが設置されていて、電話局(ETECSA)発行のカードとスマートフォンさえあれば、誰でも手軽にインターネットが閲覧... [続きを読む]
  • キューバ出入国情報
  • 今回のキューバでは、出入国の取り扱いが多少様変わりしていた。そのひとつが、出入国時のスタンプである。以前なら、キューバに滞在した者は米国で入国拒否される恐れがあったため、パスポートにスタンプが押される事はなかった。しかし、現在は国交が回復し、その必要が無くなったのだ。(ツーリストカードと旅行保険書類の提示は依然として必要)また、出国時に支払っていた出国税は、全て航空券支払の際に含... [続きを読む]
  • 定宿の眺め、ハバナ
  • 僕のキューバの旅は、いつもここから始まるのだが、今回ここには一泊しかしなかった。理由は、宿泊費が以前の三倍近くにまで高騰していたからだ。これは定宿に限ったことではない。ハバナのホテルは軒並み価格が上がっていて、どうやらハバナ旧市街の安ホテルは完全に消滅してしまったようである。と言っても、ホテルそのものが無くなったというわけではなく、以前安かったホテルは中級ホテル並みの価格に、... [続きを読む]
  • 色づきの晩秋、東京
  • 今年の秋は長かったのだろうか、それとも短かったのだろうか、どうもよくわからないまま冬が来てしまったような気がする。だからと言って、これらを異常気象や地球温暖化のせいにするつもりはない。季節の変わり目というのは、そもそも曖昧なものなのだ。今年は激動の年だった。そしてその主役は常に民であったように思う。国民投票によるイギリスのEU離脱の決定に始まり、『世紀の大番狂わせ』と評された米大... [続きを読む]
  • 秋色の壁と秋の空、東京
  • このところ、急に秋の深まりを感じるようになった。気がつけば、壁を這う蔦の葉も真っ赤に色付いている。秋を感じる色彩だ。日の傾き具合、空の色や雲のかたちも秋本番といった風情である。日溜まりで過ごす時間がとても心地良い。RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5 [続きを読む]
  • ボジョレー・ヌーヴォー 2016、東京
  • 今年のボジョレー・ヌーヴォー解禁は、何となく盛り上がりに欠けていたような気がする。恐らく、メディアの露出度が少なかったためだろう。確かに、先日行われた米国大統領選挙の結果は衝撃的だった。しかし、就任前にあーだこーだと憶測してみたところで、実際どうなるかなんて誰にも判らない。こんな時は、悲観的にならず、美味しいワインでも飲んで、気分だけでも盛り上げたいものだ。さて、今年のボジョレー... [続きを読む]
  • アベリアの花とクロアゲハ、東京
  • 11月は霜月と呼ばれるが、これは文字通り「霜が降る月」という意味である。ところが、最近はそうとも言えなくなってきた。ここ数年、10〜11月は気温の高い日が多くなっているからだ。おかげで、夏の動植物が今までより長く見られるようになった。このアベリアの花もクロアゲハも、通常は夏に見られる動植物である。RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5 [続きを読む]
  • プアン・マーライ、バンコク
  • 昨夜、タイのプーミポン国王が亡くなられた。在位期間は70年。その間、国民からずっと敬愛されてきたのだから、人々の悲しみの深さは計り知れないものがある。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ???????????????????????????????????????????????RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5 [続きを読む]
  • 彼岸に咲く花、東京
  • 日本の慣用句に「暑さ寒さも彼岸まで」というのがあるが、最近は地球温暖化の影響か、これも少々怪しくなってきた。今年は、彼岸が明けた途端、暑さが戻って来てしまったのだ。もちろん、真夏のような茹だる暑さではないが、まだ暫くは半袖の夏服が活躍しそうである。一方、気候変動にかかわらず、必ず秋分の彼岸に咲くのが曼珠沙華。何もないところに突然咲き始めるので、それを見て毎年びっくりするわ... [続きを読む]
  • 雨の後で、東京
  • 東京都知事選挙の投票日だった昨日、都内で通り雨が降った。短時間だったので、影響はほとんど無かったと思うが、もしこの時大雨が降っていたら結果はどうなっていただろうか?率直に言うと、何も変わらなかったと思う。実際、そう断言出来るほどの得票差だった。それにしても、今回の都知事選は色々なことがあったなあという印象だ。まずは、与党候補者による分裂選挙で自民都連の既得権益問題が発... [続きを読む]
  • 夏の日、千葉
  • 都内で真夏日を記録した日、南房総では赤いハイビスカスが満開だった。雀島の光景。小学校の夏休みに海へ出掛けると、良くこういう潮の引いた岩場で遊んだものである。締めくくりは、南国を思わせる美しい夕焼け空。やはり海岸は西向きがいい。RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5 [続きを読む]
  • 梅雨の日、東京
  • 5、6月があっという間に過ぎ、とうとう7月になってしまった。そんな中、近所の神社では『夏越し大祓式』という茅の輪くぐりの神事が執り行われていた。これが終わると、次は夏祭りである。それにしても、今年の梅雨は雨が少ない。このまま行けば、今年の夏は間違いなく水不足に陥ってしまうだろう。アガパンサス(紫君子蘭)の花が雨の雫を纏っている姿を、今年はあと何回見られるだろうか?... [続きを読む]
  • 藤まつり、東京
  • 亀戸天神社の藤まつり。どんな感じだろうと思いつつ出掛けてみた。う〜ん、今年もやっぱりボリューム感が足りない。おそらく、GWには花も人出もピークを迎えることだろう。Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM #prayforkumamoto [続きを読む]
  • 松月桜、東京
  • 熊本地震が起きてからブログの更新が滞ってしまった。とにかくもどかしくて仕方ないのである。被災された皆様へ、月並みな言い方ですけど、とにかくがんばってください。そして、被災地には一日も早く、平穏な日常が戻ってくることを願っています。熊本というと、立派な屋根の民家がたくさん建っていてびっくりしたことがある。そして今日、近所にある銭湯の立派な屋根を見て、こんな感じだった... [続きを読む]
  • 桜三景、東京
  • 今日は天気が良く、運河沿いの桜はほぼ満開。土手沿いの桜並木もこれ以上はないという状態だった。場所によっては、つぼみもまだ残っているが、夕方までには開いている事だろう。Canon EOS 5D Mark III EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM [続きを読む]