さちがちゃ さん プロフィール

  •  
さちがちゃさん: さちがっちゃん、きょうもいく?!
ハンドル名さちがちゃ さん
ブログタイトルさちがっちゃん、きょうもいく?!
ブログURLhttps://ameblo.jp/sachigacha
サイト紹介文摂食障害(過食嘔吐)を中心に、家事と、子育てと、仕事と、大学のことについて書いています。
自由文 ウツから摂食障害(過食嘔吐)になりました。
 子育てしながら、仕事と大学に通う30代。
 今、摂食障害回復途中。
 そして今年度、大学卒業予定。
 みなさんとたくさん交流したいのでよろしくお願いしまっす!!
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/05/13 20:41

さちがちゃ さんのブログ記事

  • 法律事務所から
  • 先週、主人との離婚に際してお願いしている弁護士さんの事務所から電話があり、「郵便物を送っていいですか?」と。届いたものは、この3月に主人に示談金を私が払ってでも離婚したいということを伝得てもらった結果、その条件を飲むということになったのです。ただ、私がお金を払うという、なんとも理不尽な結果ですが、子どもの学費の折半という条件と思えばいいかなと思って、示談金の提示をしたのです。本来なら、生活費など [続きを読む]
  • 台風
  • 今日は台風が来ると。出勤したが、昼休みに周りから「電車が動かなくなる前に帰った方がいいよ」との声が上がり、帰ってきました。帰ってきてから激しい風にびっくり。建物も揺れるのです、雨風で。この状態だったらおそらく帰るころに雨風のピークは終わったけど電車が動かずという状態だったかもしれません。停電したところもあったようですが、私のいるところはなかったのでよかったよかった。 だけど、有休が少なくなっちゃっ [続きを読む]
  • ありがとう。もうここでおしまい。
  • 生きることが気づいたときから辛かった。たぶん4歳5歳あたりから。けど、なんで生きづらいのかという理由に気が付いていなかった、いや、気づいてしまう怖さで重たく丈夫な蓋をしていた。そんな重たく丈夫なふただったから開けたとたんに恐ろしいほどのガスが爆発したかのごとく、その理由がのしかかってきた。本当なら幼いころにその蓋をかすかにでもあけておけばよかったのかもしれない。得体のしれないものがたくさんわいてき [続きを読む]
  • 人を嫌う感覚
  • 私は人を嫌うことが苦手です。嫌だと思うことがあってもその人のいい部分もあるので。だから苦手という言葉が一番近いかなと思っています。しかし、どうしても気に入らない感覚しか持てないのであればこれはまさしく嫌うということなのかなと。今の仕事でそういう感覚の人と仕事をするのは結構しんどいです。自分がその人の前で委縮しているのがよくわかりますし、相手もそう感じ取っているはずです。でも、仕事の場でしかかかわ [続きを読む]
  • 副業開始
  • 今の仕事が半年続きました。本当に日々、自分がいかに学んだことを実践できていないか痛感する日々です。精神的に、どうしても合わない人というのはどこの職場でもあるのですが、今の職場でもそういう人はいます。でも、その人のことが嫌いという風ではなく、尊敬できるところがいっぱいあるのですが、どうしても距離感を感じてしまいなかなか話すことができない遠い存在なのです。だから、言いたい、話したい、聴きたい。でも、 [続きを読む]
  • 消えたい
  • 自分がわかるようになった頃、たぶん4歳くらいからずっと私は存在のないものとして、どうにかして消えたかったのです。なぜ生まれて来てしまったのかと。身近にすら私を認める人はいません。こころを開くなんて出来ません。 [続きを読む]
  • 副業
  • 昨年12月からの仕事もはや半年がたちました。4月に入ったころかな(確か)、今の職場の直属の上司に副業などしてもいいのかを聞くと「正社員ではないので今の勤務に影響のない範囲であればよい」とのこと。じゃ、そろそろ摂食障害の場づくりしようかなって思っています。それには資金がほしい。なので、今日副業の面接をしてきました。月に3回程度、交通費支給の時給制。@1000として、4時間×3日×1000円=120 [続きを読む]
  • 仕事行きたくない
  • 仕事行きたくありません。 なぜ? って、自分に問いかけてみました。 チームの人がこわい。 仕事に責任を持つことのプレッシャー。 何もかもが経験不足、でもやらないと…。 チームの人に素直にわかりませんと、なぜ言えないのか? そんなことも知らないの?という視線がこわいから。 私のプライドが高いからなのかなぁ…。 人の目を気にしてしまうから。 自分が悪く思われたくないから。 [続きを読む]
  • 生きる価値
  • いつも私につきまとうワード「生きる」。別に生きたいなんて思わない。生まれてきちゃったから。自分じゃ死を迎えることができないから。今すぐ私を死に追いやってくれるのなら、どうぞって身を乗り出したいくらい。 生きていたいと思っている人にこの身体をあげたい。本当に必要としてほしい人から、私の本当の部分はわかってもらえないまま。今さら子どものように「こうしてほしい」「ああなりたい」なんてほざいてみても、ドン [続きを読む]
  • 寄り添い
  • ひとりで生きていくさみしさがわかるようになるこの頃。 寝ている横にそっと寄り添ってくれたらと。 布団や毛布に包まれば良いわけじゃない、あの人肌の感触がほしいのです。 今の私は誰にも求められません。 [続きを読む]
  • 何とも言えぬこと
  • 転職をして1カ月半。わかってはいました。こういう出来事がもしかするとって…。動揺とかそういったものはないにせよ、ほかのひとよりも情報を得やすいので…。私は今の資格を取ってから、事実に基づいたことしか信じないようにしていますし、よそから来た情報を鵜?みにせず自分の目の前で述べられたことを受け止めることにしています。なので、周りがどう言おうと、それはあくまでのその周りが想像でものを話しているにしか過ぎ [続きを読む]
  • 仕事始め
  • 今日は仕事はじめでした。なんと言ってもこんな長期休暇久しぶりでしたから、朝起きられるのか、ちゃんと1日仕事をこなせるのかと心配はしつつ、「何とかなる」なんて思い、昨晩眠りにつきました。「何とかなる」もんですね。ちゃんといつもの時間に、というよりいつもより一つ早い電車に乗ることができました。まだ会社でも休みのところもあるし、学生さんも冬休みですから、思ったよりも電車は混まず。そして仕事も1日そつなく [続きを読む]
  • 髪を切りました
  • 面接が終わってから、どうしてもこの休み中に髪の毛を切りたい!!という衝動にかられました。で、ホットペッパービューティーで検索し、今日のお昼行ってきました!かなり切りましたよ、髪の毛。むっちゃ軽い、頭。けど、本当はこういう髪型じゃなかったのよねぇ…。もう少しパーマっぽくってもよかったのにな。長さはこれでいいです、気に入っています。 [続きを読む]
  • バクロ大会第???弾
  • この日曜日、昨年受けた場づくりクラスの仲間のバクロ大会が行われ行ってきました!これで何人やったかな?できるだけ仕事などの都合をつけ、会場まで足を運んでいます。 東京駅のかたすみで、ホテルの頭が見えたのでパシャリ。会場は、これまた場づくりクラスの仲間が持っている会場。とってもいい雰囲気の中で、10名ほど参加してお話を年表方式で行いました。 いつも思うこと。それは、私一人が紆余曲折した人生を送っている [続きを読む]
  • 早朝のヤバさ
  • いろんな意味で自分で自分の首を絞めてる感あり。というのも、早朝にうなされながら横になっているのです。うなされるというとオーバーかな。重苦しくってウンウンうなりながらけどスキっと起きられもせず。ひたすらウンウン言っては寝返りうって。当然眠っていませんから、この時は。ショートスリーパーの私でもしんどいですね。 自分で決めたことをして、結果こうなってるんですから、自分で対処を考えないとなぁと。こういう起 [続きを読む]
  • どこから情報を?
  • 昨日午前中、母から電話がありました。で、なぜか主人は私が相談センターとか警察に行って脅されていると話しているということを母宛にメールしてきたそうです。何でそんな相談センターとか警察とかいったことを知っているのか?母に問いただすも、なんかはぐらかすような意味不明のことばっかり言って。とにかく今は仕事中だからと一旦電話を切りました。昼休みに、母に電話して。何で知っているのか?と聞くとよくわからないけ [続きを読む]
  • 緊急で診察
  • 月曜日にカウンセリングの中止の意見を聞きに、昨日主治医の診察をしてきました。病院自体、主人への対応に苦慮しているとのことです。また、私の親を連れ、主治医のもとを訪れたとのことです。主人は一向に「カウンセラーが嫁を洗脳し、自分を悪者扱いした」とか、「カウンセラーのせいで家庭が崩壊した」などと訴えたそうで。それに対し主治医は「カウンセラーとのやり取りはそのようなものではない」とこたえてくださったそう [続きを読む]
  • 本から意志を固めた
  • 昨日図書館で借りました。早めの就寝時間に、読み始めると…。私がずっとずっとわかって欲しかったこと、そしてそのような状況に置かれている私を代弁している文章がずらずらと書かれていました。途中、過呼吸寸前までなりながら、鳴咽するように泣いていました。私の担当カウンセラーは、この本に書かれていることを私に実践し、支援し、今の経営者さんに巡り合わせてくれました。その二人の唯一の味方を今、一人、無理やり私か [続きを読む]
  • 人の人生をどうする気なのだ
  • 今日の昼休み、主人から円満調停の通知がきて以降不安定がひどく、カウンセリングを近いうちにしてもらえないか電話しました。すると「主治医から指示がないと」とのこと。「どういうことなのでしょうか?」と問うと「ご主人とのことが問題視され、面接は主治医と今後、話をしていただいてからとなります」「では、22日に診察とカウンセリングを入れましたがそれはどうなるのでしょうか?」「それも含め、主治医がどう判断され [続きを読む]
  • もう…
  • 自分が自分でない。いっぱいすぎて、臨界点です。自分のどろどろしたものが、一気にあふれてきて。自己処理できません。とっとといなくなりたい。 [続きを読む]
  • 自転車買う
  • 昨日の朝、乗って違和感を感じる自転車。降りてタイヤを見ると後輪がパンクしていました!!そろそろ限界かな、この自転車?って思ってはいましたので、帰り道すがらとかにホームセンターやドンキ、個人商店の自転車屋さんを気が向いたときにめぐっていたのです。先週、ある個人商店でいろんなアピールしてくるご主人に圧倒されつつも、まだ乗れるしお金もあるにはあるけど…なんて思い、先延ばしにして帰ってきたのです。思わぬ [続きを読む]
  • 飲みとも
  • 今日は中学時代の友人と飲みに行きました。彼とは学生時代はクラスも違うし話もしたことはほとんどありませんでした。数年前に同級生の会みたいなものが企画され、その時に話すようになったのです。それから彼の私情も私の私情もある程度知っていて。年に2回ほど飲みに行く友人になりました。 彼は昔から物静かなタイプ。だけど、人の話はきちんと聞いてくれています。心理戦なんて使いませんしね。彼は私の言葉に対して、うまい [続きを読む]
  • こわい・・
  • 今日はカウンセリングと診察でした。先日娘から「お父さんとなんとか話したりはできそうにない?」というメールがありました。その日の夜に詳細を娘に聞いて「わかった」と。娘は来月定期演奏会があるので、お母さん(私)とおとうさん(主人)が1対1での話し合いは危険だから、その日演奏会終わってから私が間に入ってという風か、私の主治医なら娘は信頼しているとのことで、もしお願いできるのなら主治医が間に入り話し合い [続きを読む]