ハナ さん プロフィール

  •  
ハナさん: 心を治すカウンセリング&IDDMと美味しいもの…hanae
ハンドル名ハナ さん
ブログタイトル心を治すカウンセリング&IDDMと美味しいもの…hanae
ブログURLhttps://ameblo.jp/pitisina/
サイト紹介文心のを治療することと、1型糖尿病があっても、美味し事を楽しめるという記録です。
自由文心の治療カウンセリングについて書いています。1型糖尿があっても楽しめる食べ歩き記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/05/14 09:38

ハナ さんのブログ記事

  • 自己管理
  • 自己紹介は→こちら 真冬に、半袖一枚で過ごして人混みにも、マスクもせず入っていき手洗いうがいもせず栄養バランスも欠いたような食事をし睡眠時間もとったりとらなかったり こういう生活をしていたら風邪だのインフルだのなって当たり前、というのは誰にでもわかると思います。それで高熱が出てつらいつらい!!と言って泣きついてきても、まぁそういうのを見ていたら 「え?何言ってるの。あんな生活してたらこうなって当たり [続きを読む]
  • 心がけでは変われない
  • 自己紹介は→こちら 自分を褒めよう!!とか自己肯定しよう!!とかごもっともな教えとかはたくさんありますけれど それで変われることはほとんどありません。自分を大好きになる!自分を大切にする、自分を満たしてあげる!!境界線を引く!! というのもほどんど無理です (ほとんど、というのは、たまたまうまくいくっていうアタリが出てラッキーみたいな不確定要素もあるから) 自分を好きになろうで、好きになれるなら苦労 [続きを読む]
  • 感情代行
  • 自己紹介は→こちら 感情の処理がうまく出来なくなったまま大人になった人のなかには、感情の処理を身近な人にさせることがあります。これも境界線が無い状態になるのですけどね。 たとえば親子だと本当は親の方が残念でがっかり…なんだけど『お母さんもう知らないからね!!すきにしなさい!!』って突き放して泣いて追いかけてくるなんだけど、よくよくよ〜〜〜〜く観察していると 泣き出すまで何度も言ってる。 つまり目的は [続きを読む]
  • 断れない
  • 自己紹介は→こちら 断れない事ってありますか?本当はやりたくないけどキャパオーバーだけどでも断れないし… さて、どうして断れないのでしょう?そこが重要です。だって断れないにしても、人によって理由が違うからなんですよ。 能力が低いと思われそう嫌われるかも知れない断るという選択肢が無い怖い自分の居場所が無くなりそう他の人もやっているのに陰口を言われるかも知れないいじめられるかも知れない自分の評価が下がる [続きを読む]
  • 我が子ができちゃった結婚…
  • 自己紹介は→こちら 今の時代は結構、授かり婚といったりして順序を気にしたりすることは少なくなりましたね。 今でも一部、堅実な考えをお持ちの方は「計画性がない」とか、あまり良く思わない人も居るようです。まぁそれはどうでもいいのですけどね、個人の考え方なので。 でもしかし今の時代だって親は悩みますよね。「妊娠したみたいなんだけど…」って言われたらショックか、ビックリか喜びか、どれでしょう。特に子どもの年 [続きを読む]
  • 《うらやましい》の裏にある価値観
  • うらやましいって、思うことありますか? あの女優さんいくつになっても美人でうらやましい〜誰々さんちのご主人は優しくて愛妻家でうらやましいお金持ちがうらやましい健康な人がうらやましい友達がたくさんいてうらやましい田舎住まいがうらやましい などなどどんなことでも他者を羨むことって出来ますよね。 その うらやましい と言う言葉には多くの場合に自己否定が含まれています。軽い気持ちで言ってる時もありますけど [続きを読む]
  • トラウマの根
  • 昨日は、傷の反応について書いたけれど、早速今日は傷というか、トラウマの根を発見しました??私は、ずっと昔から、角恐怖症でした。机の角、棚の角、カラーボックスのかど、サイドボードのかどとにかく尖っているかど。家族の中でも私のカド恐怖症は認知されていて「怖がりすぎ」と言われてきました。なので、テーブルなどはなるべく、カドにカーブがついた加工をしてあるような家具しか買いませんでした。私はそれを、過去に包 [続きを読む]
  • 傷に触れたとき
  • 私自身がRCメソッドでカウンセリングを受けてからわかったこと。自分自身の傷にまつわることですが、傷に触れたときに私の場合、体に出ます。(※言動や行動にも出てるかも知れませんがそれは自覚してないのでわかりません) 持病からくる低血糖かな?と思うような感覚があります。血糖値を計ってみて正常ならば、それは低血糖ではなくて傷に触れてます。 冷や汗が出て少し早口になります手が震えます動悸がします息がしづらくな [続きを読む]
  • 借金できる俺すごい、の時代はもう終わってる
  • 昔ですねバブルがはじける前とか 銀行が「借りて下さい!!」と、事業所や企業主の元を訪れたものです。 銀行がお金を貸す→利子をつけて返してもらえる、ということ。通常は、銀行にお金をあずける→客が利子をもらう、なんですけど。 銀行は大きい金額を貸し付けることによって利息を得ることが出来るので、お金のある企業に貸したかった時代もあったのです。 なので、借金が出来ると言うことは、返済能力が確実にあるだろう予 [続きを読む]
  • やられて当然だ!!という事は無い。
  • 誰かが何かをされたからといって実は、復讐する権利って誰も持っていないのですよね。 あ、旧約聖書の時代はありましたけど。しかし復讐にもルールが厳密にありましたね。ルールも細かいし復讐認定されるための手続きも細かいし被害者も復讐されないための逃げ場もあるというシステム化されたものですが…と、話がそれました。 人の考える司法ではもしろん情状酌量とか、裁きの中にいろんな要素を鑑みるので、すが、種まきと刈り [続きを読む]
  • カウンセラー養成講座三期
  • 近ごろは、感想などはあげていませんでしたが、一通り学び終わった第3期養成講座。 演習を何度かやってみています。自分がカウンセリングする側になってみて、もちろん以前よりも分かるようになっています。 ですが、今日の演習では、こんなケースもあるよ?という心の傷ばかりではない、様々な問題を出していただきました。 こういうのもあるのかー!とまだまだ新鮮に驚けます。なんでも傷ありきでもない、ということも学び… こ [続きを読む]
  • 第二回・事実が、ただそこにあるだけ
  • 昨日の記事の続き。 さわりだけ書いて寝落ち寸前でした(笑) さて、私は以前 「自分は男っぽい」 と公言する人にひっかかりを感じていました。特にそういうことを言わずに、男っぽい、ボーイッシュという人には特に何も思わず。 一晩考えてみて自分の事を少し書こうかなと思いました。 私は女性として生まれましたが女の子の遊びができませんでした。 主に出来なかったのは、人形遊び、着せ替え もう、本当に興味が全然持て [続きを読む]
  • 事実が、ただそこにあるだけ
  • 「私、男っぽいんだよね」という発言になんとなくマウンティングを感じる人と、そうじゃ無い人がいますね。というか、男っぽい女子は、男っぽいとわざわざ言いません。男っぽいのでは無くて「私らしい」から言う必要が無いのでしょう。わざわざ言うのは、認めて欲しいんですよね。女々しくないとか、男脳だとか、サバサバしててねちっこくないよ、とか、集団で群れなくて大丈夫!とか。どれもこれも、女の性質を否定していますね。 [続きを読む]
  • 自分の行いをすべて、見て知ってる人
  • 自分が嘘をついたり悪口を言ったりいじめをしたり盗みをしたり人をだましたりそういうことをしたときにすべてを見て、知ってる人が居ます当然のことですが自分自身です。どんなに理由があっても正当化しても自分なりの理屈があっても《悪口を言った私》は消えない。その事実は消えない。暴力でも消えない。嘘も消えない、犯罪もだましも消えない。《〜をした私》は、消えない。色んな理由や理屈を並べて自分の行いを正論化します [続きを読む]
  • 自己肯定感のなさが呼ぶ依存
  • 自己肯定感が無い時に自分自身を必要としてもらいたくて無意識に依存や共依存を呼びます 相手が子どもだったら【私が居ないとダメ】という状態を呼びます。無意識にそういう行動や言動をしています。【ママが居ないとだめ】と思われることで大変だわ、といいながらも自分の心を満たします どんな言動や行動にそれが表れているかは本人には絶対わからないだろうし、自然な振る舞いなので周囲もわからず【子どもの性格だろう】の一 [続きを読む]
  • 誰の問題と思うか
  • 人間関係でトラブルが起きたときに誰の問題と思うでしょうか。 まずそういうときには問題をごちゃまぜにしすぎて、どれが誰の負うべき物で、誰に言う権利があるかなどが整理されていません。 本人は気が付かないながら自分の問題ではないものに踏み込んでいたり決定権が無い事を自分の物のように思っていたり自分は怒る権利がある立場でも無いのに怒っていたりします でも・・・本人は悩んでたり苦しかったりもするので、それが [続きを読む]
  • 恐怖心に終わりをお知らせしよう
  • 昨日、今日と大きめの余震がきた札幌でした。油断したところでくるんだから、まったくもう。 大きい子供たちは、もう慣れっこ。小さい子供たちは、泣いたりテーブルの下に入ったり、走って腕に飛び込んできたり、対処が早くなりました。 『危険』を覚え『避難』を覚えどう対処するか、どう身を守るか、学び行動しています。自分の命を守るために、行動しています。小さいけれど、小さいからこそ。 恐怖感も、自分の命を守るため [続きを読む]
  • 誰も疑わない、警戒はする。
  • 主に痴漢や泥棒とか、そういう事について 私の場合誰のことも疑わないけれどすべてを等しく警戒します。 とはいえ、すでに境界線の内側に迎え入れている人や、かなり近い間柄だと、警戒心を持ちにくくはなりますが。 子どもに指導するときも「知らない人について行ったらいけないよ」というのは危険です。 なぜなら性犯罪のほとんどは、顔見知りや知人が加害者だからです。「知っている人でも親の許可が無いと、ついて行ってはい [続きを読む]
  • やすみまーす
  • 今日は、ブログ記事おやすみです!今週とてもハードスケジュールでした。明日で忙しいのも終わるので、ホッとしています。どんなにキャパオーバーでもやらなきゃいけない時ってあるんですよね。どう乗り越えるかっていうのは一つ一つ、抜け道、手抜き道があるものです。いかにこだわりを捨てるか!みたいな時もあります。こだわりを、捨てられない人ほど、いざという時に苦しむ。インフルエンザで寝込んでいても、出来合いのもの [続きを読む]
  • 見た目だけ良くしてもね
  • 今日は、家の周りの掃除や、物置の整理をしていました。そんな中で思ったこと。自分の敷地の中であっても、普段過ごさない場所は、手入れも雑。なんとなく後回しにしていたり、小さな雑草くんが育つまで見て見ぬ振りしたり。風で飛んできたゴミを、しばらくほっといたり。火バサミで、小さなゴミを拾いながら、 あちらこちらの隙間やものかげに、ひっそり引っかかっているなあと思いました。でもなんとなく、そこまで荒れてないし [続きを読む]
  • 失恋するのが怖い
  • 告白する…誰だって怖いですよね。怖いというか、緊張!かもしれないしきっとうまくいくって分かってるけど恥ずかしい!かもしれないし でも何が怖いのでしょう? 何を失うのか、というとまだ得ていないから失うようなものが無いような気もする。 告白してガーンってなって泣いて友達になぐさめてもらう 何が悲しいのかっていうと「恋」を失ったのですよね。彼(彼女)のことは、得る前だった。だから彼(彼女)を失ったわけでは [続きを読む]
  • 同じ事を繰り返す
  • たとえ、自分が気に入らなかったことでも傷付けられたことでもそのことに今でも捕らわれているのであれば 同じ事をやることが多い。 でもやってることに気づけない 親とかに、されていやだったのに。自覚している部分では親と違うような育て方や生き方をしているからほっとしているんだけれど、親と同じ事をしている事については認識できていない。無意識だから。 別にカウンセラーじゃ無くてもそんなのは、外野から見たら丸見え [続きを読む]
  • 本当はどうだったかなんて関係ない
  • 問題のある家庭に育ち、親との関係に悩みがあるときに、他者に愚痴を言ったり、悩みをこぼすと…多々あるのが説得だったりする。『本当はお母さんも愛してくれてたんじゃない?』とか『親とぶつかることもあっただろうけど、本当はいまでも想ってくれてるんじゃない?』とか親孝行したいときに親はいないんだよとか仲直りしなよーとか親なんだから大事にしなとかまあ、余計なお世話みたいなことも。本当に親のことで悩んできた人ほ [続きを読む]
  • セールスマンとの戦い
  • セールスの営業や店頭販売電話勧誘などは 心理戦です まぁ、気をしっかりもてば大丈夫って部分もありますけれどね。小さな小さな心理戦を繰り広げておりますが… 近頃営業さんのやりかたでものすごいあからさまにテクニック使いまくってる人がいて感心しましたね。追い出しましたけど。例えばね「お子さん何人ですか!?えー!4人!!うちもなんですよー!●歳と、○歳と−、えーっと…それでですね!」 絶対この人、子ども4人居な [続きを読む]
  • 心配や恐怖心の使い方
  • 何かに心配したり恐怖心を持ったり不安を感じたりすることは良いことでしょうか?それとも悪いことでしょうか? これらは、感情に過ぎません。感情は状態です。 私はとても心配性です。不安に思いやすいしビビリなんで子どもの頃からやんちゃなあそびが出来ませんでした昔は不安障害なんて病名も付けられたほどです。 しかし、そういった感情は手綱をもって《使えば》いいのです。 火災報知器が鳴ったら、普通どうしますか?な [続きを読む]