ハナ さん プロフィール

  •  
ハナさん: 心を治すカウンセリング&IDDMと美味しいもの…hanae
ハンドル名ハナ さん
ブログタイトル心を治すカウンセリング&IDDMと美味しいもの…hanae
ブログURLhttps://ameblo.jp/pitisina/
サイト紹介文心のを治療することと、1型糖尿病があっても、美味し事を楽しめるという記録です。
自由文心の治療カウンセリングについて書いています。1型糖尿があっても楽しめる食べ歩き記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2008/05/14 09:38

ハナ さんのブログ記事

  • 今日はお出かけ
  • 自己紹介は→こちら 今日はお出かけ中わあー札幌より5倍くらいの雪が…道中、吹雪いておりましたそれでも排雪がしっかりしてるので、普通に制限速度くらいで走れました。雪の量がすごいなあ 12月のご予約はこちら [続きを読む]
  • 自分を守るには
  • 自己紹介は→こちら おはようございます今日は朝からつるつる路面の札幌市内 朝イチから健康診断だったので、急いで家を出るも渋滞(^_^;)四駆じゃない車が発進に手間取るので車が詰まるのですよね、信号のたびに。 さてさて今日は境界線と自分を守るということの関連性のお話です。 シンプルなことだけどシンプルに説明できるかな〜 自分の安全を自分で守ろうとするなら自分で防御する方法を考えますしかし、自分の安全を相手に [続きを読む]
  • 普通のカウンセラーではちょっと・・・
  • 自己紹介は→こちら 今現在はキリスト教を信仰して10年です。私は結婚してから数年は浄土真宗でした。結婚する前は、無宗教子どもの頃は親が、異端系の影響を受けていました。 なので、色々な面を見てきたのは良かったなと今になって思います。檀家としてお寺とのつきあいのあれこれも知りましたし、勉強になったなと思います。 ※何度か言っていますが、クリスチャンでは無い方に、布教活動をしたり、神様のお話をしたり、信仰を [続きを読む]
  • 依存・共依存
  • 自己紹介は→こちら 依存というのは、わりと自覚もしやすいのですが共依存というのはなかなか自覚しにくい物です 共依存とは 「愛情という名の支配」 とも言われます(BYウィキペディア) 心配だとか、自分が手を離したら…と思うと不安や怖さで手が離せません。共依存関係にあると、相手は自立ができず、ずっと頼ります。(経済的・精神的・肉体的、色々) 頼る方に問題があるのかというとそうとも言い切れず依存させる方が、 [続きを読む]
  • 愛しやすい女になる
  • 自己紹介は→こちら 男性が愛しやすい女でいることはレベルをさげてあげるってこと。 ありのままの自分は愛される存在だと思いますがそのままで愛して!という欲求が現実 そのまま、は難しい。そのままっていうのは、ありのままとは違うから。自分で自分を愛することを放棄して愛してくれる人を探していたりする。 そのままで良いから結婚したのに女は結婚すると変わる。 男が変わった!と言うように感じるのは妻が変わったからか [続きを読む]
  • 夫を肯定する
  • 自己紹介は→こちら パートナーをしっかり肯定できる妻は愛されます。 出来る人は結果が出てます。 出来ないのが悪いということを言いたいのではありません。どうして出来ないのか、というところを考えてみると良いですね。 肯定するほめると言うときに抵抗を感じる奥様は多いはず。 なぜでしょう。 ・他の問題への怒りや境界線侵害などがからまっていて、肯定するべき物と分離出来ていない。この前やられたアレがあったから褒め [続きを読む]
  • 病気の落ち込み
  • 自己紹介は→こちら ある日、突然病気になる それまでの日々と変化する まず第一にショックそして心がつらくなる。 私は、1型糖尿病です。1型糖尿病というのは自己免疫疾患です。簡単に言うと普通であれば、風邪などの感染症や病気から身を守ってくれるはずの免疫機能が、自身を攻撃し、その機能がダメになってしまう、という病気。 どこに攻撃が向くかで、症状は違います。頭髪に行けば、円形脱毛甲状腺に行けば橋本病やバセ [続きを読む]
  • 心のエネルギーの漏電
  • 自己紹介は→こちら 日々とてもお疲れでグッタリってことありますよね。 何に疲れているか、ということを気にしてみましょう。 ・体力実際に今日は登山をしたとか、外回りでたくさん歩いた、肉体労働をした、16時間働いたそういったことは、体力を消耗しています。この疲れは自然なことと言うか当たり前な肉体的疲労。キャパを超えて肉体的疲労をさせすぎるのも問題とはいえ、体力を使えば疲れる、という意味では当たり前なことな [続きを読む]
  • なんもしてなくても嫌われるときはある
  • 自己紹介は→こちら 昨日の続き・・・っぽいかんじです。師である万紀子さんが嫌われるネタのブログだったので、おこがましいのですが…と思いつつ。 あ、でもリンクしときますね。すごく良い内容です。 嫌われるにも二種類ある どうして嫌われるのか嫌うのかというのはリンク先の万紀子さんのブログで詳しくかいてあります。 さて、なんもしてなくても嫌われるときってあるのです。なにもしていないというのはこちら側が相手 [続きを読む]
  • 嫌われたくない・・・2
  • 自己紹介は→こちら 以前にも嫌われたくないという内容で書いてたので「2」ということで別視点から (嫌われたくない) 嫌われているかも知れない私、何かしたのかな何が気に障ったのだろう 気になるかも知れませんが前回書いたように相手には嫌う自由も好きになる自由もあります 嫌われたからと言って自分の価値が下がるわけでは無いのですが、下がるような気がするのは相手に価値を決めさせているからです。ここまでは前回と同 [続きを読む]
  • 目の前の怒ってる人に対して
  • 自己紹介は→こちら 目の前に怒っている人が居るまたは、厳しめの言い方をしてくる そういう人と対面するときどういう反応、対処、態度をとりますか? 人によっては、とりあえず自分が悪いのかどうかを判断するよりも先に、相手の感情や気持ちをおさめようとして謝るような姿勢になります。 または、けんか腰で対応します。 相手が「何を言っているのか」という話の中身を見極める人も居ます 相手を刺激しないようになだめなが [続きを読む]
  • 自分が嫌だったから、という視点は制限がかかる。
  • 自己紹介は→こちら 結構、多くの人から聞くセリフが「自分は親にこうされていやだったから、絶対にやらない」「自分は親にこうしてもらえなかったから絶対にじぶんはしてあげたい」 自分自身の体験を元に子育てをするわけです。上記のことを言う人は、それをしなければ成功すると思っています。それくらい、されたこと、してもらえなかったことが今でも心に大きく影響を残しているのですね。 そうしたら良い結果が出ると信じて [続きを読む]
  • 弱いからじゃないよ?
  • 自己紹介は→こちら 『カウンセリングを受ける』というと、弱いように思いますか?繊細、敏感、傷つきやすいというのを悪い意味で捉えて、その上でそういう人がカウンセリング必要だから、受けると自分もそうだと思いたくないとか弱いと思いたくない、思われたくないとか。自分には必要ないとか自分できっとなんとかできるとか傷つきやすい人傷つきにくい人って確かにいますけど、それに良し悪しはないです。例えば子供も、しょ [続きを読む]
  • 相手が変わるべきではつらいまま。
  • 自己紹介は→こちら 相手が変わるべきという考え方は自覚していなくてもどこにでも存在します。気が付けば改善もできますけれど、自覚できないことも多い。 特に夫婦、親子のように近しい関係だとなおさら起こりやすいと思います。 相手が変わるべき、というのは「境界線の侵害」です。「境界線の侵害」とは何かというと私は心の領域についての話をしているので、実際の土地の境界ではなく、心の面で、自分の領域、領地、所有地以 [続きを読む]
  • さばく
  • 自己紹介は→こちら クリスチャンにはなじみ深い言葉「さばく」 さばいてはならない、っていうんだけどみんなすぐさばいちゃうんですよね。 他者の事なんて、とやかく言うことじゃなくて行動の結果を本人が背負うだけのことじゃないですか。 誰々さんは、離婚したとか誰々さんの子はできちゃった結婚ですって!とか信仰の姿勢が正しくないとか嘘ついたとか教会から離れたとか いろいろありますけどどんなことだって結局は本人が [続きを読む]
  • 地域文化は常識じゃない
  • 自己紹介は→こちら 常識だと思う事って国が違えば非常識。なので生活するコミュニティや地域の常識というのは、限定的で、そこから離れてしまえば通用しません。 国際結婚とかしたら色々な発見があるのでしょうね。 しかしそこまで大きくなくても、同じ地域で育って結婚したって、家庭が違えば常識が違うし親の宗教が違えば知らないことも多いのですよ。 自分の育った家庭は仏教的なことと関わりが無くて、結婚してから仏壇がある [続きを読む]
  • わたし生誕
  • 自己紹介は→こちら いつものブログの内容に比べ今日はものすごく個人的なことハッピーバースデー私。お誕生日なのです。朝起きたらリビングが飾り付けしてありました。ありがたいですね??私が産まれた日を、私が1番に大切に思ってあげたいなと思います自分で自分を褒めてあげるのが足りないと、人にも褒めて欲しい(褒め足りてても褒められたら嬉しいし、元気出るけどね。)自分を認めてないと、他者に認めて欲しがる誕生日 [続きを読む]
  • 毒親だったの?
  • 自己紹介は→こちら 昨日、録画していた仰天ニュースを視聴していたところ…「毒親」という親子が出てきました。 感情のコントロールが出来ず、ヒステリックになるお母さん。親の顔色をうかがって自分の決定権がお母さんに奪われている娘。 複雑な思いで、わぁー・・・と思いながら観ていると・・・ 娘 「このお母さん昔のママみたいだね(笑)」 うっ、、、、、、、 同じ事思ってたよ 「うわぁ…自分をみているようだ・・・」 [続きを読む]
  • 承認欲求を何で埋めているのでしょうか
  • 自己紹介は→こちら ブログに書こうと思っていたことをすぐに忘れてしまいます…(^_^;) 自己肯定感が持てないときに、そのままでは自分の存在に許可を出せなくなるので、他のもので埋めようとします。 それは人生の中で、うまくいった、と思った成功体験であることが多いです。この場合の成功体験は、成功したと言うよりも、その行為によって自分の承認欲求が満たされたとき。 男性に尽くすことや体を捧げることで、自分を受け入 [続きを読む]
  • さっさと次に行く。
  • 自己紹介は→こちら 良いと思ったA案の方法を試してダメならさっさと第二のB案に行きましょう。頑張ったのに!ちゃんとやったのに!私は悪くないのに!って言ってても欲しい結果は来ないからです。やだやだ欲しい欲しい〜!!!ってだだこねてももらえません。頑張たけれど、方向が違うなら目的地には着かないのです。 100キロ歩いた、けどゴールにたどり着けなかった。頑張ったのに!!って確かにその通り、頑張ったのはその [続きを読む]
  • 変わりたいを可能にする
  • 自己紹介は→こちら 現在の状況が、自分の思う計画や理想からずれているときに、変わりたいと願うのでは無いでしょうか。 今の状態に満足であれば、困りません。 積み上げて何とかなるもの、努力で変化できることというのもあります。成績、業績、ダイエット、筋トレ、スキルアップ、などなど。 これは、方法がわかって努力をすれば確実に結果がついてくるというのがはっきりわかっているので、達成することが出来る部類のものに [続きを読む]
  • 男の人はすごいなと思う
  • 自己紹介は→こちら 人によってはちょっと引っかかりを感じる話かもしれないなと思いつつも・・・ あくまでも個人の感想ですけれど男の人にすごいなあって思ったりします。《男性》ってひとくくりにする訳にもいかないのですが(色んな人が居るからね!) いくら昭和よりも女性が働きやすい時代になっているとはいえそれでもまだまだ色々な理由で男性の方が色々なものを背負って働いてますね割合的に。どうしても、子育てに入ると [続きを読む]
  • 涙は女の武器
  • 自己紹介は→こちら 朝の情報番組で平成にあった出来事をいろいろと振り返って放送しています そのなかで、小泉純一郎元総理が「涙は女性の最大の武器ですからね、涙を流されると男は太刀打ちできません」といったことを発言されていました。 どうして男性は女性の涙に弱いのでしょう? その反面、同性の間では涙を武器にすることは効きませんし、やりすぎればバレバレなので嫌われます。女はわかっているのですよ、感情が高ぶっ [続きを読む]
  • 認知・認識できないこと
  • 自己紹介は→こちら 自分の心、感情であっても、認知・認識出来るとはかぎりません。 認知…それを認めること認識…物事をはっきりと見分け判断すること 息子 (5歳)自己≠気持ちと言う風に、気持ちが自分の一部になっていません。 認識出来ないのです。 ・やりたくない・食べたくない ということが起きてもなぜやりたくないのか何故食べたくないのかそういう本心は自分から切り離されているので、認知できません。 なんなら、 [続きを読む]
  • うつ病は治る
  • 自己紹介は→こちら うつ病に関しては、私は医者でもないのでその治療はお医者様がやることですが… 一般的にも 「うつ病は治る」 と言われています。 色々なところでうつ病に関する理解が周知されるようにポスターや広告やCMで、情報は流れているのにいまでも 「気合いで乗り越えろ」 「負けないぞと言う気持ちを強くもて」 「頑張れ」 「甘えだ」 なんて事を言う人が存在し続けるので バカじゃないの?って冷ややかな目 [続きを読む]