地下鉄好き さん プロフィール

  •  
地下鉄好きさん: 13番まどぐち
ハンドル名地下鉄好き さん
ブログタイトル13番まどぐち
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/madoguchi13ban/
サイト紹介文鉄道/バス関連の記念切符/カード/切手/絵はがき/グッズ/駅弁などの記念品を扱うブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2008/05/15 01:50

地下鉄好き さんのブログ記事

  • 小田急電鉄 スーパーはこね号、はこね号
  • 【箱根観光船元箱根案内所発売の箱根湯本駅発特急券】 小田急電鉄発行の箱根登山鉄道乗り入れ区間を発駅とする切符は、平成17年訪問時には 箱根観光船の元箱根案内所に  ・硬券特急券    (箱根湯本からのはこね号・スーパーはこね号用の2種)  ・特別補充券    (硬券で発券可能なもの以外の特急券と乗車券用) 特急列車内に  ・特急車内補充券がありました。 補充券の写真は姉妹ブログ記事  箱根ゴールデンコース [続きを読む]
  • 富山地方鉄道 アルプスエキスプレス
  • 【企画乗車券】《地鉄観光列車フリーきっぷ(平成30年5月10日)》 市内電車と不二越・上滝線、本線の一部(電鉄富山〜上市間)、立山線の一部(寺田〜岩峅寺間)が有効となるフリー乗車券で、写真左が券の外側、右が内側です。券のタイトルにある『地鉄観光列車』は『アルプスエキスプレス』『ダブルデッカーエキスプレス』『レトロ電車』の3列車を指していますが、それ以外の車両にも乗車できます。特急列車の自由席にも乗車可能。 こ [続きを読む]
  • JR北海道 ニセコエクスプレス
  • 【わがまちご当地入場券コレクションファイルの特典(セイコーマート)】《「ニセコエクスプレス」の特別な列車カード(2017年)》 「JR北海道 わがまちご当地入場券」専用コレクションファイルは、セイコーマートのオンラインショップと一部店舗でのみ販売されています。購入特典として、2017年にラストランを行ったニセコエクスプレスの写真を使用した列車カードが付いています。写真左は表面、右は裏面です。 「ニセコエクスプレス」ラ [続きを読む]
  • 大井川鉄道 井川線
  • 【記念券】《長島ダム駅記念乗車券(平成3年3月15日)》 平成29年に収集。新金谷駅で単品販売されていたものです。長島ダム駅は前年のアプト式の線路付け替え時に開業しています。《私鉄日本一高い鉄橋通過記念乗車券(平成5年2月10日)》 井川線の関の沢鉄橋通過を証明する記念乗車券。乗車券の区間は関の沢鉄橋とは関係のない大井川本線の下泉から家山ゆきとなっています。※平成22年3月31日掲載(私鉄日本一高い鉄橋通過記念乗車券) [続きを読む]
  • 大井川鉄道 山岳夜行列車(南アルプス号)
  •  大井川鉄道(現・大井川鐵道)ではかつて、東海道本線大垣夜行(現在の『ムーンライトながら』の前身)のシーズン中における金谷駅臨時停車時、それに接続する『山岳夜行列車』を運行していました。後述の記念乗車券の写真から、大井川本線を電車急行『南アルプス』号の愛称で運行していたようです。現在、大井川鐵道では年に1回、電気機関車牽引の客車列車による『夜行列車ツアー』を開催していますが、山岳夜行列車については深夜 [続きを読む]
  • 大井川鉄道 大井川本線
  • 【切符(記念以外)】《硬券乗車券(平成17年11月12日収集)》 大井川鐵道への社名変更後の収集ですが、一部の駅では旧社名表記の硬券を収集しています。そのうち日付無しだったものをこちらに掲載致します。〔福用駅〕・神尾ゆき (大人)150円・大和田ゆき(大人)150円〔地名駅〕・抜里ゆき(大人)230円・塩郷ゆき(大人)150円※塩郷ゆき(大人)150円券については、1週間後の平成17年11月19日訪問時点で『大井川鐵道』表記の新券に変わってい [続きを読む]
  • 神奈川中央交通 茅53系統
  •  国鉄相模線支線の寒川〜西寒川間(通称・西寒川支線)は昭和59年に廃止されました。神奈川中央交通の路線バス『茅53系統(茅ヶ崎駅〜八角広場前〜寒川駅南口間)』が代替交通機関となります。【乗車券】 本記事は神奈川中央交通関連記事で最上位のカテゴリに属する記事のため、他路線周辺で収集したものも含めまとめて掲載致します。《バス停留所券(平成16年9月23日収集)》 写真は本厚木駅南口の立ち売りで購入したもの。平成20年に [続きを読む]
  • 金沢ライトアップバス実行委員会 金沢ライトアップバス
  •  金沢ライトアップバス(金沢駅東口→兼六園下金沢城→県立美術館・成巽閣→香林坊→金沢駅東口)は、北陸新幹線開業後の二次交通として、年末を除く毎週土曜日と特定日に運転を開始しました。北陸鉄道が運行。石川県・金沢市・金沢市観光協会が協力しています。【乗車券】《金沢ライトアップバス専用フリー券(平成28年11月5日)》 北鉄グループ案内所で収集。写真は表面と裏面です。小児用(250円)は裏面にスタンプを押すだけの違い。 [続きを読む]
  • あいの風とやま鉄道 とやま絵巻
  •  あいの風とやま鉄道では、413系1編成をラッピング塗装、シートの貼り替え等によるイベント列車用の改造を行いました。同車は『とやま絵巻』と命名され、2016年8月から運行開始しました。 定期列車の運行区間は自社のあいの風とやま鉄道線倶利伽羅〜泊間だけでなく、IRいしかわ鉄道・IRいしかわ鉄道線金沢〜倶利伽羅間に乗り入れています。なお、2018年3月ダイヤ改正時にあいの風とやま鉄道線泊〜市振間、えちごトキめき鉄道・日本 [続きを読む]
  • 道南いさりび鉄道 ながまれ号
  •  道南いさりび鉄道では、開業時点で既に観光列車にも使用できる様にキハ40形を改装した『ながまれ号』を登場させて、定期列車での使用以外に、同車を使用した『ながまれ海峡号』シリーズの旅行商品用専用列車を早い段階から登場させています。 新幹線開業に伴い第三セクター化された並行在来線において、観光列車を運転するケースが増えていますが、ながまれ号と同様に定期列車での使用も考慮して、簡易的な改造に留めるケースは [続きを読む]
  • JR西日本 北陸新幹線
  • 【乗車券・料金券・券袋】《JR西日本金沢支社 北陸新幹線券袋(平成27年6月27日収集)》 北陸新幹線の開業をPR。《糸魚川駅発行 乗車券・新幹線特定特急券(平成27年6月27日乗車分)》 糸魚川駅から上越妙高駅までの1駅を利用したときのもの。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――【記念券・記念カード】《北陸新幹線〈金沢・富山〜長野〉開業記念入場券(平成26年3月15日発売)》 JR西日本区間 [続きを読む]
  • JR北海道 スーパーカムイ号
  •  『スーパーカムイ』は、函館本線札幌〜旭川間で運行されていた特急列車です。使用車両は785系、789系1000番台でした。2017年3月4日のダイヤ改正で785系が789系0番台に置き換えられて『ライラック』に。789系1000番台の列車が『カムイ』に改称されました。【グッズ】《スーパーカムイ 携帯クリーナー》======================================【写真】《旭川駅(2016年12月2日撮影)》 旭川 [続きを読む]
  • JR北海道 くしろ湿原ノロッコ号
  • 【時刻表】《JR北海道釧路支社 平成6年3月1日改正版JR列車時刻表》 表紙の写真がノロッコ号の無料時刻表です。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――【記念スタンプ】《釧路駅 くしろ湿原ノロッコ号記念スタンプ(2018年1月28日収集)》 釧路〜塘路間に運行されている『くしろ湿原ノロッコ号』の記念スタンプで、釧路駅改札前に設置されていました。収集日は同列車の運転日ではありません [続きを読む]
  • 香取市 佐原循環バス周遊ルート
  •  香取市では、土・日・祝日限定で周遊バス『佐原循環バス周遊ルート』(佐原駅〜香取神宮)を運行しています。運行は千葉交通に委託。佐原循環バスの他のルートが平日運行の生活路線に対して、市外から来る観光客輸送を目的としています。【乗車券】《佐原循環バス周遊ルート1日フリー乗車券》 JR成田線佐原駅構内の観光交流センター、佐原駅前観光案内所、佐原町並み交流館では同ルートの1日フリー乗車券を販売しています。中高生用 [続きを読む]
  • 小田急電鉄 あしがら号
  • 【料金券】《新宿西下06発行 臨時61号特別急行券(2018年5月3日運行分)》 小田急電鉄では、2018年5月3〜5日の連休に、特急ロマンスカー・あしがら号のリバイバル運転を実施しました(あしがら61号)。使用車両は70000形・GSEでした。券面に記載の列車名は富士山トレインごてんば号や御殿場桜まつり号と同じく『臨時61号』でした。【関連記事】《運行路線》 小田急電鉄 小田原線 [続きを読む]
  • JR東日本 お座敷成田・佐原号
  • 【普通列車用グリーン券】《JR東海・東京駅MR962発行 お座敷成田・佐原号(2018年5月3日乗車分)》 当初はGOGOいろは日光号に乗車する予定でいましたが、銚子電気鉄道の3843号(サバヨミ号)が気になり、その訪問後に乗車するため、東京駅でも比較的空いていたJR東海の窓口で乗車変更しました。原券はC制で、差額を現金払い。車掌は佐倉運輸区。======================================【乗車記 [続きを読む]
  • 津軽鉄道 真夏のストーブ列車
  •  津軽鉄道では毎年8月の『五所川原立佞武多』開催時期に『真夏のストーブ列車』を運転しています。通常のストーブ列車は冬の運転となりますが、それを真夏に行うという変わった企画で、長く続いています。【真夏のストーブ列車関連の料金券等】 2017年の日比谷鉄道フェスティバル・津軽鉄道ブースで収集した、真夏のストーブ列車の料金券等です。《津軽鉄道真夏のストーブ列車入室券&乗車証明書(平成26年8月7日)》 入室券と乗車 [続きを読む]
  • 京王電鉄 京王線スペシャル電車
  •  京王電鉄では多摩動物公園開園60周年を記念して、2018年5月5日に新宿→多摩動物公園間に5000系5735Fを使用した『京王線スペシャル電車』を運行しました。抽選に当選した者しか乗車できず、定員300名のところに6倍もの応募がありました。私は毎日京王線を通勤で利用している身分でありながら落選致しました。しかし、その後も5735Fは京王線スペシャル電車のヘッドマークを外すことなく運用に就いており、連休中に多くの撮影機会を [続きを読む]
  • JR西日本 SL北びわこ号
  • ※グッズの台紙に関する記述を一部修正。 SL北びわこ号は、北陸本線米原→木ノ本間で運行されている臨時列車です。下り2本のみの運行で、復路は電気機関車牽引の回送列車となります。年間を通しての運転日数が少なく、指定席券が取りにくいこと。また、所要時間が約40分と短く、平成29年3月5日乗車時には車内販売が全ての号車に廻りきらないという問題がありました(子供が喜びそうな商品が多く、それが原因で廻るのに時間が掛かる [続きを読む]
  • のと鉄道 のと恋路号
  •  のと鉄道では昭和63年の能登線開業時から平成14年までNT800形を使用した急行のと恋路号(七尾〜のと穴水(穴水)〜珠洲)を運行していました。【ポストカード】《のと路の四季ポストカード(平成15年10月収集)》 のと恋路号廃止の翌年に購入したポストカードで、袋+ポストカード6枚のセットです。急行のと恋路号以外に、急行能登路号、普通列車の写真を使用しています。============================= [続きを読む]
  • いすみ鉄道 ハロウィン列車
  •  いすみ鉄道では、毎年10月下旬に『ハロウィン列車』を運行しています。2010年まではムーミン列車、2011年以降は観光急行列車を使用しています。最新の運行は2017年10月28・29日に行われました。上総中野側にハロウィンのヘッドマーク、大原駅側には通常のヘッドマークが掲出されますが、29日運行分の大原駅側については雨の日スペシャルのため、急行フラミンゴ号などのヘッドマークが掲出されました。【ハロウィン列車キーワード [続きを読む]
  • JR東日本 水郡線
  • 【駅弁】《常陸大子駅弁 玉屋旅館 玉屋の奥久慈しゃも弁当(平成19年4月7日購入)》 第5回『東京駅駅弁祭り 東日本縦断駅弁大会』にて購入。玉屋旅館が調製元の水郡線常陸大子駅弁です。掛紙のJR20周年記念ロゴはシールです。 しゃも肉が厚く食べ応えがあります。最近ではそぼろ状にした鶏肉系駅弁は多いですが、昔はこのようなタイプの駅弁が多かったと思います(昔の仙台駅弁・こばやし『わかどり弁当』など)。《水戸駅弁 しまだフ [続きを読む]
  • 東武鉄道 アーバンパークライナー
  • 【アーバンパークライナーの特急券等(2018年4月19日)】《(○囲み)委 浅草駅発行 特別急行券》 スカイツリーライナー・アーバンパークライナー用の特別急行券。アーバンパークライナー1号分として購入し、実際に使用。《北千住駅34C発行 特急券》 北千住駅特急ホーム入口の券売機で購入したアーバンパークライナー3号の特急券で、実際に使用。せんげん台駅以遠の駅まで乗車する場合も全て同駅を選択して購入する様になっています。 [続きを読む]
  • JR東日本 かがやき号、はくたか号(新幹線)
  • 【特急券等】《上越妙高駅A1発行 はくたか578号新幹線特急券・グリーン券(平成27年6月27日)》 未だ開業から日が浅く、割と満席が続いていましたが、たまたま空きがあったこと、会社の境界駅からの利用であるため、負担がいくらか少ないことから、グランクラスに初めて乗車してみました。車両はJR西日本のW7系でした。《長野駅A4発行 かがやき512号新幹線特急券(平成27年7月11日)》 今回もJR東日本の区間のみ利用。車両はE7系でし [続きを読む]
  • 北越急行 はくたか号
  • 【記念切手】《オリジナルフレーム切手『ありがとう 特急はくたか号』(平成27年3月2日発売)》 在来線特急はくたか号の廃止を記念して日本郵便株式会社信越支社が新潟県内の一部の郵便局で2,100部発売。1シート1,080円。北越急行所属車のみのデザインで、北越急行株式会社商品化許諾済の商品。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――【記念誌等】《特急はくたか写真集(平成26年10月14日発 [続きを読む]