ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: 野人エッセイす
ハンドル名ムー さん
ブログタイトル野人エッセイす
ブログURLhttps://ameblo.jp/muu8/
サイト紹介文森羅万象から見つめた食の本質とは・・・
自由文(ブログテーマ)
食の本質と健康について
皮膚と表土と植物の仕組み
環境と健康を修復する協生農法
森羅万象の護身術
野人の食卓

肥料と農薬を使わない野菜と茶の販売
むー農園収穫体験ランチの案内
完全なミネラルバランスの塩作り体験
キス釣りと天ぷらランチの案内


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/18 23:49

ムー さんのブログ記事

  • 猪フキ味噌の仕込み 作り方
  • 猪の内臓脂肪 猪ラードを溶かす猪肉と フキの若葉と茎  春はフキノトウを大量に使う酒と味醂で調整した麦味噌  と  同量に近い猪肉肉に火が通ったら・・フキをさっと炒めて味噌で練り上げる  マリンビレッジ・レストガーデンで大好評のパワーフード・猪ウド味噌サラダの添え物のようで見かけは地味だが、食べてびっくり玉の輿 猪肉味噌には猪ウド味噌と猪フキ味噌があるが、今回は猪フキ味噌を仕込んだ。作り方はどち [続きを読む]
  • 終日お野人講習会
  • むー農園 ランチタイム   今年一番の寒さと強風の中、昨日は終日お野人講習会だった。参加者は愛知、岐阜、東京から集まった11人のグループ。 9時半に伊勢市駅集合、車2台でむー農園に直行した。真冬並みの寒さに講習は省略、サラダ、天ぷら食材、キンカンなど収穫して30分でビレッジに向かった。 協生農法講習と言うことだったが10名が初めてのビレッジで、お野人談話に変更。何の話だったか全く覚えていないが、お笑 [続きを読む]
  • すっきりさわやかむー農園
  • むー農園新農園   半年以上草に埋もれていたむー農園はすっきりさわやかになった。3人で2時間お散髪、中に入るのは久しぶり。 一部草刈りして種を蒔いていたが、他はジャングルになっていた。 1年以上草刈っていない。果樹はつるマメに覆われ、セイタカアワダチソウがびっしり。 シマラッキョやニラや人参などお宝も埋もれていたが、面倒なので大半は草ごと刈り取った。ニラはもう冬眠期、他はまた逞しく生えて来る。 セ [続きを読む]
  • 3年前の今日 むー母の末期がん復元
  • 3年前の今日は、末期肺腺癌で延命処置も不可能だったむー母の復元を確信した日。人生バラ色の特別な日だった。 ブログ管理ページに「〇年前の今日あなたが書いた記事があります」と連日表記されるが、気にも止めなかった。 しかし今日はこの記事を読み直した。生命エネルギー論を公開した翌月にむー母は末期肺腺癌と診断され、ステージ4で余命2カ月だった。確信を持って公開した理論で私を治してみなさいとばかりに、タイミン [続きを読む]
  • 海賊旗を揚げて猪さばき
  •  久しぶりに包丁を手に円月殺風景で猪をさばいた。猪・・背骨・アバラまでバラバラ、丸裸いつもはまむし頭と翼、絵本男が猪鹿処理をやっているので出番がない。 珍しいので翼が撮影。 昨日の連絡で今日は朝から猪運びに遠出した。20キロ近い脂の乗った猪が2頭、手頃な大きさで、お正月用として翼といくとお野人が使うことにした。2人とも東京、高知の実家にどっさり送るようだ。 冷凍庫には既に大猪、小猪、鹿がどっさり [続きを読む]
  • 15%を超える貧困率?
  • 15%を超える貧困率が日本で社会問題になっているらしい。貧困率などというものがあるのを知らなかった。 貧困率って・・なんだ貧乏らしきことはわかるのだが・・ 貧困率とは世帯収入から一人一人の所得を試算して順番に並べ、真ん中の人の所得の半分にも満たない人の割合・・だって 日本は先進国の中でも貧困率が相当高いらしい。米国、中国に次ぐ世界第三位の経済大国にもかかわらず7人に1人が貧困。 母子家庭は半数以上が [続きを読む]
  • 野人を困らせる「質問の前提」
  • 読者からの問い合わせ、質問で最も野人を悩ませるのが「質問の前提」だ。それはブログ開始以来、コメント、メッセージ、メール、講習会において今も続いている。 前提は質問の「前置き」でもあるが、これほどやっかいなものはない。毎回延々と続くこの前提のおかげ横丁で一時は「うつ」になる寸前、野人主催の定期講習会を中断した。 対策が見つかるまで再開しないつもりだったが、意志が弱く仕方なく再開。 野人の葛藤は今も続 [続きを読む]
  • 農法講習会 食べ放題ツアー
  • 開墾農園 隣の谷  植樹中ガマの穂で遊び放題時間がないから 早よ帰るぞ・・山でイチゴ食べ放題フユイチゴ荒れ地でムカゴ食べ放題  風が当たらずどっさり残っているむー農園   キンカン 葉っぱ食べ放題    新潟十日町から   本日の協生農法講習会は、結局食べ放題ツアーに変わった。講習内容はまったく覚えておらず、あちらこちらで食べまくったことだけ覚えている。 人間の欲望は果てしなく、あれだけ野山で食い [続きを読む]
  • 御馳走のキジの祟り・・
  • こ〜れくらいの 美味しそうな  キジが〜                  これくらい・・ お尻から・・・ ガブリエル  キジの丸蒸し かぶりつきhttps://ameblo.jp/muu8/entry-10755066654.html 御馳走の宿命https://ameblo.jp/muu8/entry-11081369848.htmlいただいたアワビ食べ放題 天然うなぎのしらやき丼やじん汁・・風の谷のナウいシカ刺し 今日は・・お腹苦しくて 腸捻転になりそう 捻転菌が脳まで転移 キジ書け [続きを読む]
  • 矛盾と葛藤
  • 読者からのメッセージを紹介する。環境関連の行政職という立場からの思いを綴っている。 ・ ・ ・ ・ 私が協生農法を知ったのは、ソニーCSLの動画「壊れゆく地球環境を農業から立て直す」を見たときでした。非常に衝撃を受けたのと同時に、これなら世界を変えることができる、と、直感的に思いました。私は今、行政職として上下水道事業に携わっています。行政職を目指したのは、生活のためでもありますが、環境問題、そして [続きを読む]
  • 晩秋から冬の木の実
  • フユイチゴノイバラ   和製ローズヒップムベ   ビナンカズラシャシャンボ  暖地性野生ブルーベリー自生柿ムカゴ 自然薯の青葉  木の実と言えば秋のイメージだが、ベリー類は晩春から初夏に集中、晩秋から冬にかけて食べられるベリー類もある。 秋から冬の代表的な木の実はフユイチゴ、シャシャンボ、ノイバラなどで1月初旬まで残る。ムベやヤマガキや自然薯の実のムカゴも12月中旬、条件が整えば年明けまで残ってい [続きを読む]
  • 低血圧低体温が一発復元
  • むー農園3人娘のパワーランチ不調・冷え性復元後は・・ビレッジ農園散策クチナシの実 少しいただき くちなしご飯にミントがり   全面 ナント ミント  歯磨き粉山水ドライリーフの買い溜め猪鹿肉 骨 骨付き肉 ジャーキー 牡蠣スモーク 買い溜め 大坂の美容室「つむぎ」グループで何度かビレッジへ来たお嬢さん達が神宮参拝がてら3名でやって来た。 むー農園で、この日食べるサラダ野菜やキンカン、デコポンなど採 [続きを読む]
  • 標高千m 深夜の野外バーベキュー
  • 富士へ出発前 朝8時 むー農園 夕食のサラダ収穫 ミブナ ラディッシュ ニラ キンカンレタス富士協生農園計画案 プレゼンテーションあ〜〜  今日の献立は・・  猪と鹿と・・ お酒絵本男作 イメージパース7年後標高1000m 野外調理総勢16名 料理長 まむし頭翼 いく 茶屋人 猪香草スペアリブの しがらき焼き・・  富士宮へ向けて朝8時に出発、途中むー農園で夕食用の野菜を収穫した。午後到着、2時 [続きを読む]
  • 富士山麓へ
  • 明日から再び富士宮市の富士山麓へ行って来る。今月15日に行って農地調査、今回は協生果樹園造成案の打ち合わせだ。朝出発、午後は関係者へのプレゼンテーション。 メンバーは野人の他にまむし頭、翼、いく、茶野人もまた付いて来る。夜はコテージに10人を超える来客、旨い食材をどっさり持参、ビレッジ号エスティマのタイヤもスタッドレスに変えた。 標高800mの地、夜は零下にまで下がったらしい。早い降雪を避けて早め [続きを読む]
  • 第二協生果樹園 植樹
  • まむし頭のミーティング作戦開始  生産モデル果樹園各自 奮闘努力する ガマの穂で遊ぶランチタイム午後 苗木園 1m間隔に密生 先日修復した水路には綺麗な水が  今日は第二協生果樹園の植樹だ。開墾農園に対して正式名はまだ決まっていないが、山一つ越えた左隣の谷で広さは湿地帯を入れておよそ1ヘクタール。 注文した落葉樹など200本が間に合わず、常緑落葉樹合わせて200本を持ち込んだ。排水路工事した最上段 [続きを読む]
  • ミスター高枝ばさみとムベ
  • ムベ ゲット                     行け ミスター高枝バサミまた ゲットアキグミ 甘いパールロード展望台  鳥羽一郎の歌碑  昨日の植物講習会に続き今日は木の実講習会。海岸性のムベとシャシャンボを求めて鳥羽のパールロードへ出向いた。 お天気も快適で行楽日和。車中、お野人もお口も滑らか〜に回った。太平洋を見下ろす景色抜群のドライブコースだったが残念なことが一つ・・ 木の実狩りの必需品 [続きを読む]
  • コメの道 二期作・三期作・無限作
  • 数日前  コメ真っ盛り背・・・低いな 開墾農園の隣の谷、明後日植樹予定地の最下段に1枚の田んぼがある。夏に稲刈りが終わり、その根から再び稲が伸びて実を付けていた。 端っこの一部は刈っていたが、他は水はけが悪く機械が入れないので乾くまでそのままにしているようだ。この米、生で食べて見たがなかなかイケる。 以前はコメの二期作があったが、最近は見かけない。まむし頭の郷里・種子島では温暖な気候ゆえに今もやっ [続きを読む]
  • 「くろねこのニャンデ」の音楽とナレーション
  •   絵本男・二見正直が無料絵本「くろねこのニャンデ」のリニュアルに取り組んでいる。 音のない絵本にナレーションと音楽を重ねるバージョンアップ版だ。そのピアノテーマ曲とナレーションの一部・予告版ユーチューブを紹介する。 完成まで今しばらくお待ちを・・・ この3連休は野人講習会と植樹作業、終わり次第、火曜水曜は休日だがまむし頭、翼、いくと共に再度富士宮へ行く。 富士協生農園の計画書と略図面とイメージ図を [続きを読む]
  • むー農園 ミカンの重さで木が曲がる
  • デコポン  まだ一部青くて 熟していないが食える折れそうなほどひん曲がっとる  葉の裏が上向いて・・重くて 重くて・・実が地面にくっつく皆さん 横に大股開き   1本の木に見えんな・・                サンチュ 人参 ゴボウが・・    ゴボウは勝手に自生重機の通路に うじゃうじゃ生えて来たボソりと飛び地に  ガチガチの赤土サニーレタスも・・壬生菜とラディッシュの群落  移植した梨 [続きを読む]
  • 清流・汽水域モクズガニの旨さ
  • 20分間 冷凍庫で動きを止め・・暴れないうちに 素早く・・     全員初体験お特訓絞める   頑丈な爪に挟まれたら と〜っても痛い動かない   輪ゴムで足を縛って冷凍  爪に藻屑が・・  宮川河口、汽水域で獲れたモクズガニが届いた。突きん棒のスズキや天然鰻を依頼している川漁師が捕獲したものだ。 お野人、まむし頭、いく、共々カニの中では一番旨いと断言するカニだ。渓流まで上り、秋には河口、汽水域での [続きを読む]
  • 限界まで頑張るガマの穂の知恵
  • ガマの穂は じっと ガマンの子                      ちょいとつまんで 擦ると・・モコモコモコ    あっという間に綿菓子に変身桜吹雪    線香花火飛んでけ〜  小川の復元工事中、湿地帯に生えた草を指差し「あれ・・何ですか?」と翼が聞くので「湿地のフランクフルト」と答えた。 秋の完熟したフランクフルトは刺激を与えると一瞬で別物に変身する。面白いものを見せるから・・と、採って来 [続きを読む]
  • 荒廃農地整備 道と小川が開通
  • 道の拡張  急坂で前が見えず 車が落ちるから・・土方衆・・  枕木と 砂利を3トン使う完成中央を走る小川の復元小川が・・ない  完全に埋まって 右の棚田は湿地帯ここが・・ 最大の難関完全に川がない開通  寝ていたら朝から電話が・・急に道と小川の整備をやることになり開墾農園の隣の谷へ向かった。野人車が落っこちそうになった進入路の拡張工事だ。 それに1ヘクタール以上の荒廃棚田の中央を流れる小川の整備。 [続きを読む]
  • 母乳が示す食性 草食動物は肉食 2
  • 終日草を食べ続けることでエネルギーを得る草食動物の巧妙な仕組み・・どうやって築かれたのか定かではないが、畳と草は新しいほうがいい ・・ということだろうな。 本来は肉食雑食の熊さん・パンダさんだって・・「そんなに食ってどうするの」というほど笹を終日15時間前後食べ続け後は寝ている。 一般的に言われるように、栄養が少ないから大量に食っているわけではなく、微生物が持つ動物性エネルギー摂取の為だ。 熊は草 [続きを読む]
  • 母乳が示す食性 草食動物は肉食 1
  • 長年の疑問は「草食動物」の存在だった。野人の専門は海洋学であり、陸もまた元は海であり海洋学の範囲だ。 陸の生物はすべて海から上陸した。海藻は植物となり、甲殻類は昆虫、魚類は脊椎動物に形を変えた。 貝類には肉食もいるが、多くはプランクトンや海藻を食べる種だ。甲殻類も肉食雑食だが、海の魚類には草食はいない。だから陸の脊椎動物に草食はいないはずなのだ。 海と違って陸は草食動物がいなければ食物連鎖が成り立 [続きを読む]
  • 富士荒廃農地の計測調査
  • 9時過ぎ 調査開始車で計測   間口 160m  ×  奥行き 200m・・測量部隊隊長 何か言っとる・・ブッシュに分け入る 正午 やっと一段落カフェタイム・・美味しそうな白熊フラッペ・・カメラ搭載ドローンを飛ばす翼広すぎて高さが足りんな・・   強風        お手   富士市のホテルを朝8時に出発、1時間ちょっとで目的地へ到着、さっそく調査と計測。 道路を隔てて左右およそ5ヘクタールあり、その半分が [続きを読む]