sousya さん プロフィール

  •  
sousyaさん: アトリエ艸舎     住まいと暮らしblog
ハンドル名sousya さん
ブログタイトルアトリエ艸舎  住まいと暮らしblog
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/a_sousya
サイト紹介文福岡発☆大きな森の小さなアトリエ事務所から住まいと日々の暮らしの話をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/05/23 06:39

sousya さんのブログ記事

  • 作品集送ります。
  • アトリエ艸舎のこれまでの仕事をまとめた写真集を希望する方にお送りします。外の間のある空間を中心に36pにまとめています。先着3名様です。家づくりをこれから計画している方のみにお配りします。尚、私たちの設計管理できる範囲は関東以西です。希望の方は計画地域、計画時期、家族構成をお書きになってメールで返信ください。a_sou_sya-s@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 奈良・箸中の家 竣工しました。
  • 3年前から奈良県で携わっていた箸中の家が完成しました。農業振興地域の中に農家住宅を建てるというのは申請に大変な時間と労力がかかりましたがその間、たくさんの話し合いができ私たちもとても満足のいく住宅が出来上がりました。携わっていただいたすべての皆様に感謝いたします。これから箸中の家が 家族によって豊かに成長することを期待しています。 [続きを読む]
  • 見学をご希望の方へ
  • 5月末に奈良県桜井市と大分県大分市で住宅が完成します。これから木の家を建てようというご家族に限り希望される方には予約制でご案内いたします。(建築業者、設計者はご遠慮ください。)下記メールよりご連絡ください。詳細をお知らせします。a_sou_sya-s@yahoo.co.jp   [続きを読む]
  • 見学を希望の方へ
  • 5月末に奈良県と大分県で住宅が完成します。これから木の家を建てようというご家族に限り希望される方には予約制でご案内いたします。(建築業者、設計者はご遠慮ください。)下記メールよりご連絡ください。詳細をお知らせします。a_sou_sya-s@yahoo.co.jp   [続きを読む]
  • これぞ本当の木の家
  • 最近の建築現場の音というと タッカーやビス打ち機の機械音が聞こえるのが一般的になってきました。私たちの作る家は天井から床から外壁まですべて国産の杉板を表しで使います。すべて見せて使うということです。その分大工さんは気を使い、手間をかけなければなりません。構造的な強度も兼ねているため普段より頑丈な釘やビスを使います。とくに外壁の板は化粧の釘を打っていきます。普通の大きさの家で4000本にもなります。 [続きを読む]
  • 艶に思う
  • 11年の時を経た 店舗の真鍮ノブ。この11年の間に延べ何万人がこのノブを握っただろうか。もともと真鍮特有のきらきらした艶はその間に 風雨や人の手の油によってなんとも言えない宇宙のような色に変化をし続けている。その周りの杉の無垢材部分も自然な浮造りとなっている。この艶を見て やはり本物は時とともに味わいと深みを増していくと確信するのである。これからも自然界にある本物の素材を使い続けていこうと心から思う  [続きを読む]
  • ホームページへもどうぞ
  • HPの方もご覧ください。作品がわかりやすく載っています。こちらです↓https://a_sou_sya_h.houzz.jp/また住宅の相談も随時 行っていますので遠方の方も、近県の方も ご遠慮なくご相談ください。ただいま関西、東九州の物件が建築中で頻繁に行っていますので そちらの方面の方、大募集です!#家づくり #木の家 #住宅設計 [続きを読む]
  • 昔ながらの工法で
  • 奈良の家は棟上げ後 外壁塗装の自主施工が始まりました。今回は柿渋下塗り後に油弁柄を塗る工法です。もうすでに何軒かやってきましたが今回は枚数が多いので大変ですが、化学塗料よりも持ちが長く、なによりも地域にある昔ながらの工法というのは 時がその良さを証明してくれています。亜麻仁油1Lに対して弁柄を50g入れて一枚一枚拭き上げていきます。 [続きを読む]
  • 作品集 希望される方へ
  • 私たちの今まで手掛けた住宅の作品集を希望する方にお送りします。連絡先  アトリエ艸舎   そうしゃ      a_sou_sya-s@yahoo.co.jp   に ご住所、お名前、これから建築の有無をご記入の上、送信してください。 2018年現在、奈良県、大分県でも設計管理進行中です。      ぜひその周辺の方のご依頼をお待ちしています。 ※ 既に建築された方、着工予定 [続きを読む]
  • 変化の年に
  • 2017年もたくさんの出会いがあった1年でした。関わっていただいた皆さまには、たいへん感謝いたします。2018年は福岡に移住してから19年目。20年の節目に向けて、大きく変化そして深化していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。奈良の家 [続きを読む]
  • 田舎で暮らしたい
  • 奈良県と大分県でほぼ同時に現場が動いています。どちらの家族もあえて田舎で暮らしたいと5年以上の月日を費やして土地を見つけて来られました。さすがに眺望のよい抜群の土地です。市街化調整区域ですので建築の許可には数年を要することもありますがそれだけのことはあります。どうぞみなさんもあきらめずに 納得のいく土地を見つけて自分たちらしい暮らしを実現させてください。そのお手伝いができるよう、私たちは準備万端、 [続きを読む]
  • 原点を常に
  • このところの仕事は遠方が多く移動距離も相当なものです。いろんな地域の良さが味わえ新鮮ですがあっという間に移動できる為、距離感がおかしくなります。この夏はデッキにニーチェアを出して朝夕と座って本読んだり、お茶したりと涼んでいます。 自己の原点確認しながら、やはりここが一番と思うのです。 みなさんも木の家に住み始めるときっと我が家が一番と思うはずです。 [続きを読む]
  • 住まいづくりカフェ 開催のお知らせ
  • 毎月第3日曜日にアトリエにて住まいづくりの事例をみながら家づくりについて、暮らし方などのノウハウのお話するカフェを開催いたします。毎回2・3組のご家族 限定です。お茶とケーキを食べながら家づくりについて語らいましょう。①7月16日(日曜)13時より15時まで②8月20日(日曜)13時より15時まで③9月17日(日曜)13時より15時まで要予約制です場所 アトリエそうしゃ   福岡県遠賀郡岡垣町高倉 [続きを読む]
  • 里山暮らしの勧め
  • 梅雨前のこの時期、大きな森に囲まれた私達の里山暮らしはとても気持ちがよいものです。窓を開けても隣の気配はなく日中は開けっ放しです。このところ依頼がある住まいは、ほとんどが、郊外の自然に囲まれた土地です。都会に暮していると忘れてしまいそうなセンスオブワンダー。自然に耳をすませて、人が本来持っているはずの感覚を研ぎ澄ませてみましょう。[image:3] [続きを読む]
  • 積読からアサギマダラ
  • 積読 TUNDOKU という言葉があるらしい。読みたいが 積んだままになっていること。図書館が2か月休館ということで20冊ちかく借りてきた。今気になっている 福岡信一 レイチェルカーソン 村上春樹 京都の本を中心に。あれよあれよという間にあと1か月になって まだ2冊しか読んでない。積読にならないようにGWには読破したい。また幼虫のころから飼っていたアサギマダラが羽化した。実は幼虫からさなぎになる直前に室内 [続きを読む]
  • 作品集希望の方へ
  • 昨年の仕事を盛り込んだ 新しい作品集を希望する方にお送りします。連絡先  アトリエ艸舎   そうしゃ      a_sou_sya-s@yahoo.co.jp   に ご住所、お名前、これから建築の有無をご記入の上、送信してください。 [続きを読む]
  • 作品集希望の方へ
  • 昨年の仕事を盛り込んだ 新しい作品集を希望する方にお送りします。連絡先  アトリエ艸舎   そうしゃ      a_sou_sya-s@yahoo.co.jp   に ご住所、お名前、これから建築の有無をご記入の上、送信してください。 [続きを読む]
  • 人を想う仕事
  • ちょっと前にあった 娘の2分の1 成人式でのこと。子供たちが将来の夢を 発表しました。10歳の娘は 絵を描くのが好きな女の子で将来はデザインにかかわる仕事を夢見始めています。そんな彼女の番。私は大人になったらデザインをする人になりたいです。それはお父さんやお母さんがいろんな人の家を作るときにその人のことをたくさん想って 作っているからです。と発表しました。デザインというと、とかく形が先行してしまうと [続きを読む]
  • 人を想う仕事
  • ちょっと前にあった 娘の2分の1 成人式でのこと。子供たちが将来の夢を 発表しました。10歳の娘は 絵を描くのが好きな女の子で将来はデザインにかかわる仕事を夢見始めています。そんな彼女の番。私は大人になったらデザインをする人になりたいです。それはお父さんやお母さんがいろんな人の家を作るときにその人のことをたくさん想って 作っているからです。と発表しました。デザインというと、とかく形が先行してしまうと [続きを読む]
  • 人生フルーツみましたか?
  • 建築家 つばた修一さんひでこさん夫妻の暮らしのドキュメンタリー映画を見てきました。90歳と87歳のお二人の日々の暮らしの話です。魂が揺さぶられるというか 心が揺さぶられるというかとにかく素晴らし暮らしの積み重ねの話です。なんども語られる 『 風が吹けば枯れ葉が落ちる。  枯葉が落ちれば土は肥える。  土が肥えれば果実がなる。  こつこつ ゆっくり人生フルーツ』最初はこの言葉の重みがわかりませんでしたが [続きを読む]