みなみやま 僑 さん プロフィール

  •  
みなみやま 僑さん: パリ、東京 L'ambiance
ハンドル名みなみやま 僑 さん
ブログタイトルパリ、東京 L'ambiance
ブログURLhttp://rvabeille.blog80.fc2.com/
サイト紹介文フランスやパリの旅行に関する話題、旅先の日常、日本の日常徒然まで
自由文フランス旅行情報のサイトRUEABEILLE.COMのみなみやま他がおくる、フランスの旅をメインとした使える情報と使えないかもしれない情報や、時と場合によって、フランス以外の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2008/05/23 13:58

みなみやま 僑 さんのブログ記事

  • ヴロツワフ 道しるべ
  • 赤の壁の整然と並ぶ道しるべ他。そのコントラストがかわいらしくて一枚。手前の進入禁止の交通標識の下には自転車マーク。Nie dotyczyとなってますが、日本やフランスと同様に考えれば、自転車除くってやつでしょうね。全体的に、雑な感じは全くなく、ずいぶんと丁寧に標識類が並べられてますね。 [続きを読む]
  • サン・シンプリチャーノ教会の天井画
  • 壁に書かれた絵のことを、フレスコ画と言うのだと思っていた。どうやら、あくまで、技法のひとつであって、壁画イコールではなかった。最後の晩餐は、そのフレスコ画ではないということは、画を見るツアーのガイドさんから教わったことだ。なんでも、フレスコ画というのは、一気に描き上げなければならないそうで、そういう、描き方自体を、ダ・ヴィンチが嫌って、ゆっくり書いたのだなどと勝手に想像してみると、画を描いた人たち [続きを読む]
  • プラハ Vnislavova ヴニスラヴォヴァ通り脇の線路と列車
  • 目の前を列車が通った。といっても、客車ではなく、工事車両であると思われる。珍しい車体を、風景と一緒に収めようと、慌ててシャッターを押す。すると、まるで、右側のクレーンの操縦席かのように、わずかに、捉えることができた。慌てつつ、クレーンを入れなきゃなどと考えていたら、列車が切れてしまったのだ。しかも、右端には、信号らしき切れ端が写っているしね。 [続きを読む]
  • Rue de Bellefond ベルフォン通りの虹
  • ベルフォン通りは、ピエール・スマール通りをまたぐように交差する。ピエール・スマール通りのアーチになっているわけだ。その、アーチの脇に、空のアーチである、L'ARC EN CIELとかすれて書かれた看板がある。これは、この橋のアーチの事を言っているのか?かすかに見える空の虹をイメージしたのか? [続きを読む]
  • モンサンミシェル湾景勝ルート
  • 写真は、シャンポーChampeauxのバス停を降りたところ。ここは、モン・サン・ミシェルのほぼ真北にあたる。モン・サン・ミシェルの北には海が広がっているだけじゃないところがミソなのである。モンサンミシェルとその湾に覆いかぶさるように陸地がある。丁度、写真に見えているお店の看板は、モン・サン・ミシェルの北という意味だろう。さらに北に行くと、グランヴィルに出る。ジャージー諸島などへ向かう船も出ている町だ。その [続きを読む]
  • マルセイユ 防波堤
  • 望遠レンズで撮るからだろう。なんとも、小さな防波堤が海に浮かんでいる。だが、後で地図を見ると、結構真っすぐに伸びている防波堤なのだ。イフ島と陸地の間を抜けてくる波をここで止めて、旧港へ入る水路を穏やかにしているようだ。写真を撮っているときには、防波堤というよりも、船が、浅瀬に乗り上げぬよう、ハッキリ見えるまで積み上げた人口岩礁のように感じていたのだが、そうではなかった。そういう意味じゃ、写真っての [続きを読む]
  • Plac Nankiera ナンキエラ広場の赤
  • この界隈が?なのかどうか?レンガ色に近い赤と白壁が印象的な広場である。すべてが赤く反射して、赤の中に埋もれてしまっているような感覚にすら陥ります。建物は新しいから、戦後の建物なんだろうけど、並木の緑と建物の赤のコントラストも素敵な感じ。 [続きを読む]
  • プラハ 国民劇場の天井をみつつ
  • ナーロドニー通りを散策中。国民劇場の脇を通過。見上げると、国民劇場のどこかの部分の天井が見えている。赤いゼラニウムの向こうに、ゼラニウム以上に派手な天井がのぞいていた。これだけの雰囲気の天井がちらっとみえるのだから、きっと、中は、大変なことになっているのに違いない。そう思うったけれど、今は通り過ぎるだけ。まだ、入ったことはないけれど、いずれ中へ行かなきゃね。 [続きを読む]
  • Rue de Bellefond ベルフォン通りの坂
  • 北駅のほうから、オペラ座に向かって、ぶらぶらラ・ファイエット通りを下ってゆくと、右手に、雰囲気のいい感じの坂道があるな、とは、思っていた。この坂を上ってみようと、散歩に来て、写真を撮ると、ますます気に入った。通りの名前は、ベルフォン通り。通り名の看板には、モンマルトル女子修道院長となっている。Marie Gigault de Bellefondsとも書かれていたから、この修道院長はマリーさんなんですね。モンマルトルに修道院 [続きを読む]
  • メラーノ 火薬塔から
  • メラーノの火薬塔を登ってゆくと、背後のブドウ畑を見おろすようになる。その脇に立つかわいらしい建物を一緒に。なんとも、チロルって感じもする建物。そういえば、最初に欧州にあこがれた時は、スイスだったか、オーストリアだったかの、山すその風景だった気もする。ここは、イタリアですけどね。ブドウ畑も、日本で言う茶畑みたいで、列をなしている緑が、心地よいんですね。 [続きを読む]
  • マルセイユ海沿い散歩 ブイの列
  • 青い海に黄色のブイが浮かぶ。青と黄色は反対色に近いから、かわいらしく目立ちますね。しかも、灯台へ向けて並んでるし。ブイは、海上の道しるべなんでしょうね。道路と違って、白線を引くわけにもいかないし、自由度の高いし、そこは見えないところだから、こうした表示は、ある意味、道路の線以上に、重要でしょうね。空路なら、左右の他に、上下の差もかのうだけど、海に浮かぶ船に限れば、水面下に逃げるわけにもいかないです [続きを読む]
  • ミラノ サン・シンプリチャーノ教会の中で
  • とりあえず、教会に入ったら、一番手前から奥に向かって一枚広角でとる。同じ角度の写真を撮っておけば、まあ、比較しやすい。こうして、撮ってみれば、フランスの大教会と比べて、天井は低く、装飾は少ない。レンガの色が赤く印書的で、ああ、イタリアの方が歴史が古いのだなと、なんとなく感じてしまう。ミラノの勅令が4世紀前半で、この教会が4世紀後半にできたとするのなら、建物はともかく、相当古い教会であることはわかる。 [続きを読む]
  • ユトリロ通り 階段の写真
  • 写真を撮っては上り、また写真を撮る。振り向いて撮っては上り、仰いでサクレクールを撮る。そうして到達した、頂上付近から、写真を一枚。いい構図かどうかはともかくとして、我ながら、階段が急で、しかも長いというのが伝わりそうな写真が撮れた。何枚撮ったかわからないが、何とか思うものが撮れた。だが、あれこれ次から次へ試してゆくと、どう撮ったのか?なぜ、これがよかったのか?そのあたりがうやむやになる。人が写って [続きを読む]
  • シャンポーの崖上から、モン・サン・ミシェルを望遠レンズで
  • バスで到着したシャンポーの宿の庭から、とりあえず、写真を撮る。望遠でも撮っておく。ここは、潮の満ち引きが激しいわけだから、モン・サン・ミシェルの周りの海面状況はきっと、写真を撮る度に違うはず。夕方なのか、朝なのか、光の当たり具合でも違うはず。だから、何枚撮ろうとも、同じ写真はきっとないから、とにかく撮りまくれ!モン・サン・ミシェルのお嫁さんである、トンブレーヌも、みえているのだから、必ず一緒にとる [続きを読む]
  • スミュール・アン・ノクソワ Rue du Fourneau フルノー通り
  • 崖下から、ラビリンスのような階段を上がってゆくと、建物間にできた裏道のような、石畳の小路に出る。ピンクの花が、アクセントになってかわいらしい。この色がないと、ずいぶんと印象が変わろうというものだ。そういえば、日本と欧州の通りの違いと言えば、道すれすれにまで建物があって、壁と壁の間が通り。それが雰囲気の違いになっていることも一つだが、もうひとつ、大きな違いがある。それは、側溝。まあ、”どぶ”である。 [続きを読む]
  • マルセイユ オッフ入り江の入口まで
  • 前回、写真は撮ったが、体力不足か、オッフ入り江の海側へは行かなかったので、今回は、道路を渡って海側へ進出。もちろん、その、アーチ橋を見ることができる。もともと、雑誌か何かで、オッフ入り江の写真を見たことが、ここへ行こうと思ったきっかけだった。その写真は、入り江の内側で撮られた写真であったから、そちらばかりに気をとられていたということもあるのだろう。でも、確かに、入り江の内側へ入っていかないと、鄙び [続きを読む]
  • ヴロツワフ SZEWSKA シェフスカ通り
  • トラムの線路が道に沿って、うねっている。左側の建物の赤もかわいらしくて、この通りの写真を一枚。トラムは、細めの通りを抜けてゆく。バスが通過するよりも、エコでえになるから、こっちの方がいいかな?準備は大変だろうけどね。通りの左側は狭いから、歩行者の真横をすり抜ける感じだ。通り名も、番地の下に、こうして書かれているものが多いから、探しやすい。この番地表示だけでも、かわいらしいけどね。 [続きを読む]
  • メラーノ 火薬塔
  • 丘の中腹をめぐる通りを散策していると、塔が出現。何の装飾もないデザインの塔であったが、これは、火薬塔なのだそうだ。そういう名前であることは、後に知ったが、名前というより、実際、そういう役割だったのだろう。弾薬庫兼見張り塔というべきか。リフトで頂上へ登り、下りとはいえずいぶん歩いて、ここまでやってきましたし、避暑地とはいえ、まだ9月中旬のイタリアではありますし、そろそろ、ここで休憩ということで、この [続きを読む]
  • ナーロドニー通りの国民劇場停留所にて
  • ただただ、何気ない、日常を撮りたくて、停留所に停まるトラムを。トラムがやってきて、停車すると、人々が吐き出され、人々が乗り込んでゆく。停留所も、どこも同じようなデザインです。走っているトラムの写真は、鉄道写真っぽくなりますが、停車中のは、人が写るだけに、生活感出ますね。この町の平素へ入ってゆくような気がして、撮っている方が勝手に心地よくなります。 [続きを読む]
  • Rue d'Abbeville アブヴィル通りの装飾
  • 9区の道を散策していたのだが、通り向こうに、なかなか激しい彫像のある壁面が見えてきた。あれはなんだ?と歩いてゆくと、女神像の彫刻と、ロダン地獄の門か?と思わせる額縁のような装飾の壁面が出てきた。9区の東端を歩いていたのだが、ここはもう、10区の西端になる。装飾だけでなく、窓も変わった雰囲気だから、きっと、部屋の中も随分と違うのだろうなと思うわけである。ちょっと、なかも、覗いてみたいですよね。さて、みな [続きを読む]