みなみやま 僑 さん プロフィール

  •  
みなみやま 僑さん: パリ、東京 L'ambiance
ハンドル名みなみやま 僑 さん
ブログタイトルパリ、東京 L'ambiance
ブログURLhttp://rvabeille.blog80.fc2.com/
サイト紹介文フランスやパリの旅行に関する話題、旅先の日常、日本の日常徒然まで
自由文フランス旅行情報のサイトRUEABEILLE.COMのみなみやま他がおくる、フランスの旅をメインとした使える情報と使えないかもしれない情報や、時と場合によって、フランス以外の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/05/23 13:58

みなみやま 僑 さんのブログ記事

  • Rue de Paris スミュール・アン・ノクソワ パリ通り
  • 明らかにパリ方向からやってくる道。こちらが、町への表参道。まっすぐ下ってゆくが、クランクを抜け、橋を渡らねばたどり着かない。2つの塔が、愛らしく見えるが、あそこの窓から、こちらは、丸見えなのである。だからこそ、あの位置なのだろう。もうすでに、城壁内へ訪れた後だけど、これが、この町への到着時だったら、わくわくしそうな坂道。軍ならば、全容をさらすことになるわけだ。自分が引き連れていたのなら、道三に会う [続きを読む]
  • マルセイユ旧港 夕方
  • 先日、富士山がピンクの夕空に映えていた。個人的に好きな富士山が、この真っ黒な富士。ピンクと黒のコントラストがきれいなのだ。ここ、マルセイユの旧港は、西を向いて口を開けている。だから、ここで夕方に黄昏る人たちの写真を撮ると、シルエットになりがち。それぞれの影がなんとなく、その人の感情が表れているよう。伝播してくるものを勝手に解釈して、自身も黄昏てゆく。 [続きを読む]
  • Via Carducci メラーノ カルドゥッチ通り
  • ピアッツァ・テアトロ劇場広場付近から、遠くの教会を狙ってとったもの。通りがかり、紅葉と緑の向こうに、教会の尖塔と、その先の山が見えたのが、印象的で。後で、手前左に停められている自転車の付近を拡大してみたら、結構いい雰囲気の写真になっていた。でも、この風景kら、あの自転車付近を拡大して撮ろうなど、その時は思いもしなかったし、これからも、きっと気づかないね。 [続きを読む]
  • ヴロツワフ駅の列車の色
  • 黒と黄色、それに、グレートブルー。基調はあくまで黒と黄色である。古い車両は、黒と黄色と白。どうやら、ドルヌィ・シロンスク地方カラーなのである。その地方の列車。ドイツにも、黒と黄色は使われています。ポーランドと、チェコにまたがる地方にシレジアがありますが、すなわち、シロンスクのこと。このあたりまで、昔はハプスブルグのエリアだったんですね。それと関係あるのかどうか?黒と黄色は、ハプスブルグカラーでもあ [続きを読む]
  • グランヴィルの町
  • バスで、アヴランシュからグランヴィルまでやってきた。ここで、サンロー行きのバスに乗り換える。わずかな乗り継ぎ時間で、食料買い物と散歩。観光局を探し、地図をもらっている暇もなく、ただただ、歩くと、城壁のような場所へ。途中まで登って、そこから町を一望。ここからは、船で、ジャージー島などチャンネル諸島などへも行けるらしく、また、パリへの列車もある。マンシュ県のバス便maneoの起点にもなっているし、また、訪 [続きを読む]
  • スミュール・アン・ノクソワ遠望
  • スミュール・アン・ノクソワの北西方向の丘へ登った。芝生エリアから、街の写真を撮る。なんだか、どこかで、こんな・・・。そうだ、シャルトルが、こんな感じだった。桜井公園ってのがあるのだけど、その近くにあった、開けた緑地からみたシャルトルの風景。そことにた、位置関係に、大聖堂ではなくて、ブルゴーニュの町が広がっている。時間の違いもあるのかもしれないが、シャルトルは、グレーだった印象。ここは、オレンジか、 [続きを読む]
  • マルセイユ旧港 マクドナルドの思い出
  • 初めて訪れた時、マルセイユ旧港のマクドナルドで、ハンバーガーを買った。そのとき、ハンバーガー2つがリエゾンすることを知った。2はドゥー。ハンバーガーは、アンバーガー。ドゥーザンバーガー。ようやく通じた、ドゥーアンバーガーを、店員さんが、ハンバーガー2つって言っんのね!って感じで、たぶん言い直してくれたのが、記憶に。また、列に並んでいると、どいて!という感じで、エクスキューゼモワ!と子連れのお母さんに [続きを読む]
  • メラーノの競馬の日
  • メラーノの街中をぶらつくと、こんな植栽が。ああ、競馬の町に来たんだと、思わせてくれますね。大きなレースのある、9月末だからなのか?いつもなのか?それはわかりませんが。こうしたちょっとしたことが、ここに競馬を楽しみに来た心を盛り上げてくれる。メラーノの秋の障害レース祭りの日に、チロルまでやってきたのだと。 [続きを読む]
  • ヴロツワフ駅にて
  • ヴロツワフに到着した。ホームに降りて、丸屋根が印象的だ。ワルシャワでは、都会のとある一駅といった趣だった西駅だったから、ああ、欧州の駅に来たと思える構造は、なんだか、旅人になった気分にさせてくれる。旅人なんですけどね。乗ってきた車両は、切り離されて客車だけになっている。哀愁漂う、客車の顔。振り返ると、ヴロツワフの文字。この感じ、どこかで・・・。そう、ドイツだ。ドイツに近いからなのか?ポーランドでは [続きを読む]
  • パルドゥビツェ競馬場の地面に
  • 競馬場の競馬場のタイルです。何かが日本と違います。パルドゥビツェ競馬場の芝生。ここも同じく、何かが違います。そう、日本の競馬場には必ずと言っていいほど落ちている馬券の紙屑。それがない。それどころか、ゴミすら落ちていない。大勢が、飲み食い馬券買いしているのにだ。最初に泊まった時は、宿の掃除が毎日入るのもびっくりしたのだが、この国は、これが基本なのかもしれません。メラーノ競馬場とワルシャワ競馬場と、ヴ [続きを読む]
  • Passage Jouffroy パサージュ・ジュフロの本屋さん
  • 屋根付きアーケードであるから、雨は降りこまない。本屋さんの前、通り側に、本棚ディスプレイが。手前に平積みエリアもないことはないが、置いて絵になる画集等々が並んでいる。こうした場所のセンスが、客を呼ぶかどうかにもつながりそうだ。雰囲気よければ、中に入ってみようかと思うものね。もっとも、”普通”の本屋さんじゃないんだろうけど。 [続きを読む]
  • マルセイユ旧港の風景 良き母
  • 旧港から見える、良き母。以前、この旧港に来た時は、この町のサッカーチーム、オランピック・ドゥ・マルセイユのカフェがあった。そこで、盛んに流されていたヴィデオは、U20だったかな?若い日本代表のU20ワールドカップで準優勝時のものだった。この世代はのちに黄金世代と呼ばれるわけだが、ここで流されていたのは、監督がフランス人フィリップ・トルシエだったからかもしれない。日本は、次のワールドカップの準備ができてい [続きを読む]
  • メラーノの道しるべ
  • ここはイタリアである。ここは、チロル地方である。この辺りは、いわゆるドイツ語が通常使われているようだ。イタリア語も、ドイツ語も、知っているわけではないが、どうやら、その2ヶ国語で表示されいるようだ。イタリアのアオスタあたりは、フランス語地域というが、実際どうなのか?欧州の国境付近は、どの国でも、こうした状況が多い。上から、散歩道、観光局。一番下は、クアハウスと読めるので、温泉関係ですかね。とりあえ [続きを読む]
  • ヴロツワフ行き特急の車窓から
  • 朝早い。時差ぼけもある。あっという間に、闇に吸い込まれた。目を覚ますと、停車していた。おそらく、あくまで、おそらく、最初の停車駅。ヴロツワフまで、どんなルートで行くのか?結構時間がかかる。4時間だから、東京名古屋ぐらいと距離だとすると、随分だなぁと思ったからでもある。チェンストホバに停車していた。なんだか、見慣れないアルファベットの並びだから、覚えづらい。急いで、写真を撮る。なんだぁ、雨降ってるの [続きを読む]
  • プラハのメトロ・ムーステック駅の表示
  • いたってシンプルなムーステック駅の壁。ここにも、シンプルに、乗換案内が出ています。現在乗っている路線は、黄色のB号線。ここで、緑のA号線に乗り換えられると、四角の大きさで表しています。こちらも、おかげで、撮った写真が、Bなのか、Aなのか、どちらの駅なのか?わかる。丁寧過ぎず、シンプルで、ごちゃごちゃと表示がありすぎるより、随分とよい気がします。ごちゃごちゃしている割に、必要なところに表示のないパリも時 [続きを読む]
  • Passage Jouffroy パサージュ・ジュフロワ
  • パリのパサージュといえば、たいてい、このグラン・ブールヴァール界隈の屋根付きおしゃれ商店街を差します。お店もないパサージュも、屋根もないパサージュもあるわけですが、紹介されるのは、こうしたきれいなところ。どうも、パサージュの写真は苦手。明暗がはっきりしていてむつかしいし、どうもイメージがわきにくい。でも、ここは、ドン突きにオテル・ショパンがある。こうした、目玉は、ただただ撮れば、勝手にそこそこの絵 [続きを読む]
  • マルセイユ旧港の風景 大時計
  • 港脇の古そうな建物に、可愛らしい時計がついてました。時間は5時半で、ここから、日が沈むまで、ずーっと夕方が続く。家の中に飾る、壁掛け時計にもこんなのがありそうですが、よくよく、窓、バル、何かと比べてみると、これは、部屋の中には大きすぎるサイズですね。ちゃんと、外掛けに作られた時計なんでしょうねぇ。 [続きを読む]
  • パッシーノ川とトロルの山々
  • 大き目の石がゴロゴロと転がっているのが、山間上流らしくていいですね。護岸され、段々芝生になったエリアは、どうぞ、ゴロンと日光浴してくださいと言っている感じに出来上がってます。あの山々のずーっと向こうは、オーストリアということですね。この川沿いをずっと車で行くと、インスブルックなどへ抜けられるようです。 [続きを読む]
  • ワルシャワ西駅からヴロツワフへ
  • 列車が入ってきた。てっきり、ポーランド新幹線なのだと思い込んでいたから、入ってきたのが、客車で少々びっくり。これじゃない!なんてことはないだろうと乗り込む。中に入ると、再びびっくり。いやいや、中に人が乗ってるなぁとは、外からも分かったが、人でぎっしりだったのだ。もちろん、自分の予約席は空いていたが。えっ?西駅始発じゃなかったの?中央駅始発だったのかな?もっとも、ネットでチケットを買う場合、ワルシャ [続きを読む]