みなみやま 僑 さん プロフィール

  •  
みなみやま 僑さん: パリ、東京 L'ambiance
ハンドル名みなみやま 僑 さん
ブログタイトルパリ、東京 L'ambiance
ブログURLhttp://rvabeille.blog80.fc2.com/
サイト紹介文フランスやパリの旅行に関する話題、旅先の日常、日本の日常徒然まで
自由文フランス旅行情報のサイトRUEABEILLE.COMのみなみやま他がおくる、フランスの旅をメインとした使える情報と使えないかもしれない情報や、時と場合によって、フランス以外の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/05/23 13:58

みなみやま 僑 さんのブログ記事

  • スミュール・アン・ノクソワ Rue Chaude ショード通りを行く
  • ま、同じよな風景を見ながら、同じ通りを歩いていくわけですが、わずかな違いを見つけては、シャッターを切ってゆきます。同じような写真が増えても、まあ、気に入った写真が撮れればそれでよく、散歩の楽しみの一つでもありますね。ショード通りもあの橋で終わり。川面が見え、塔が見えるこのあたりも、どうぞござんなれ!の定番風景のよう。だが、どうも、この町の定番は、もちょっと先へ行って逆方向を撮る角度が多いようだ。そ [続きを読む]
  • ケネディ通りからレスタックを望む
  • 海岸沿いの道から、急に街中へ飛び込んだ感じのケネディ通りは、再び海を目にすることになる。ラビリンス的カーブである先の見えない道は、先が開けた瞬間に、幸せ感に包まれる。再び現れた海の向こうは、マルセイユのレスタック地区。多くの有名画家が題材とした場所である。逆方向へ行く、観光バスがやってきた。こちらへ行くということは、景勝地カランクへでも向かうのかな? [続きを読む]
  • サンタンブロージョ教会 祭壇付近にて
  • 奥に、黄金の箱がある。この中に聖遺物が入っているのかどうか?祭壇なのであろう。その奥には、天井画。地下らしきものは、きっとクリプトだろう。ここは、聖アンプロージョ教会なのだから、聖アンプロジウスが、そこにいらっしゃるのかもしれない。少し遠めから、望遠でのぞくと、絵の全体像はわかる。さらに近くまで行ってみると、随分とキレイだが、モザイクなのか、フレスコ画なのか?画には、ICXCORACHという文字が書かれて [続きを読む]
  • Národní ナーロドニー通りから、ヴルタヴァ川の向こうの紅葉を
  • 国民劇場の目の前の停留所が見える位置に来た。国民劇場前のトラムと、その先の橋、そして丘の紅葉まで、一直線に見える。橋は、そこにあることを、頭の中の地図で分かっているからなのだが、知らなければ、橋どころか、川の存在も築かないほど、道は平坦に真っすぐ伸びている世に見える。そういえば、こんな街灯がずっと続いているわけだけど、夜になると、この平凡なようで、ちょっと変わった道への覆いかぶさり方が、雰囲気ある [続きを読む]
  • 植物園から覗くクータンス大聖堂
  • 植物園を後にして、そろそろ駅へと入口までやってくると、木々の間から、植物園の建物越しに大聖堂の尖塔が。プラハの旧市街広場にあるティーン教会も、尖塔の周りにある、小尖塔が印象的なのですが、ここは、これでもかってくらい、子供の尖塔が親の周りと取り囲んでます。 [続きを読む]
  • マルセイユのスーパーカジノ
  • フランスのスーパーと言えば、モノプリが有名だ。なぜなら、パリの観光局近くの、ピラミッド駅近くにあり、また、その界隈は、日本関連店舗も多いからでもあろう。だが、フランスの最大手といえば、確か、カルフールではなく、カジノグループだったと思う。まあ、そんな話が、昔、フランス語学校の授業で会ったような気もする。”モノプリ”じゃないよ、と。さて、カジノ。特に南フランスでは、はばをきかせている感じもする。ここ [続きを読む]
  • ヴロツワフの広告
  • なんどもなんどもポスターが貼られた跡があり、剥がされた痕に最新のポスターが貼られている。こうした広告は、結構有効なんでしょうね。パリのメトロ駅や、街中の柱状広告。日本の中吊り広告も、デジタル部分は増えましたが、形態は同じ。一方的に情報を与えてもらえる時代から、自分の好きなものを探す時代へ。でも、どうなんですかね?どちらかだけというのは・・・。与えられることの楽さ、自分の目の届く範囲と、発想力の限界 [続きを読む]
  • メラーノ 林間コース山下り
  • 歩いて登ってこその高さ実感ですが、今回は、リフトで登りましたので、帰りは徒歩で下ります。整備された道ですし、緑の中を気持ちよく、滑るように下ってゆきます。最上部までは、車でも行けるようになっていて、下りの最初は、その道路を歩き、途中から、左折してここへ。以前は、スキーで、頻繁に乗ったリフトですが、もうずいぶんと久しぶりになりました。街からすぐのここが、スキー場になるのかどうか知りませんが、もしそう [続きを読む]
  • Neklanova ネクラノヴァ通りのアールデコ
  • 急坂の交差点に突き出すような角を見せる建物がある。周りの他店のに溶け込んでいるようだが、そのぼこぼこ感が、少々異質。アールヌーヴォーとは反対の装飾の少ない直線的なデザインだが、建物全体の雰囲気は装飾でおおわれているといった感じだ。階と階の間の壁は、まるでサングラスをかけた人の顔か、こうもりにも見える。建物全体に合わせた、黄色の扉の装飾も、ちょっとかわいらしい感じがしますね。倉庫扉と門扉、偶然かもし [続きを読む]
  • クータンス植物園にて
  • なんども同じところを行ったり来たり。植物園があるってことで、そこまで歩いてゆくことに。植物園越しのクータンス大聖堂。そういうテーマの写真を撮りに。そうして、こうしたものが撮れました。目の前の建物も、邪魔しないようになのか?蔦が這っている。雰囲気を壊さないようにというのは、偶然ではないかもしれません。園内の建物ですね、確か・・。蜂。結構、リアルな感じですね。植物園というか、公園です。 [続きを読む]
  • Rue Chaude ショード通りの家壁
  • 先ほど、かわいらしい茶の扉たちを眺めたかとおもったら、もう、家全体が、茶に塗られたところが表れた。先ほど歩いてきた、ソシ通りとショード通りの交差点。塗られた感じから、そんなに時間のたった感じはしない。茶ではあるが、その中にある、赤の成分が目の中に飛び込んできて、痛いほどまぶしい茶である。かわいらしく続く、川沿いの道の先には、街の塔が見えていて、かわいらしい。その通りのアクセントとしては、かなりの存 [続きを読む]
  • Rue de Rochechouart ロシュシュアール通りの坂道
  • パリ9区の東端付近。9区なのか10区なのかよくわからなくなるのだが、10区に近づくと、徐々に雑然とした雰囲気になってくる。街並みも、どこか、より乾いたカオスになり、自身は喧騒に溶け込んでゆくような感じに襲われる。少々折れ曲がりながら下ってゆく坂道は、先が見えない、迷ったら、方向感覚をうしないそうである。写真を撮ったのは、9月末か10月頭。昨今の、日本の猛暑を考えると、薬局の12度が、やけに気になる。12度は寒 [続きを読む]
  • ヴロツワフ街歩き 猫のポスター
  • インパクトのあるポスターが、壁にドン。後ろに、剥がされたポスター痕。どこかのホールで、もう開催済のポスター。猫の展示なのか、猫の引き取り手探しなのか?まったくどういう趣旨であるかは、言葉もわからずですが・・・。愛らしい猫の写真を二つつなげると、かなりのインパクトですね。 [続きを読む]
  • サンタンブロージョ教会の中へ
  • いつものように、後方から。白とレンガの赤が、まぶしい感じですね。椅子のカラーも、心なしかレンガ色っぽい気も。イタリア人好みなのか、ミラノ人ごのみなのか?なにしろ、イタリアの教会は、ほとんど行ったこともない。個人的感覚では、フランスだと、建物の石も、椅子ももっと、白っぽいイメージですね。賑やかな感じがするのは、やはり、南だからですかね?お寺でも、日本より、ベトナムの方がとってもにぎやかですし。 [続きを読む]
  • Národní ナーロドニー通り 国民劇場の屋根とトラム
  • 同じような題材で、すでに載せた。歩いてゆくと、徐々に近づいてくる、国民劇場の壮麗な屋根。同じようなものであっても、近づいていけば、もっといいものが撮れそうだと1枚、1枚と増えてゆく。曲がり終えて、こちらへ向かってくるトラムの雰囲気がとても気に入った。まるで、ぶつかってくるかのように向かってきた車両が、目の前を金属音とともに通り過ぎてゆく。そういうシチュエーションは、カーブか交差点でなければならない。 [続きを読む]
  • クータンス大聖堂の中へ
  • 再び、ふらりと、大聖堂前へ戻ると、何やら、中から人が出てきている。入れそうかな?と思って中へ行くと、もう、ガランとした空間が広がっていた。いつものように、後方から一枚。もう一つ、上を向いて一枚。ところどころに、白玉のゴースト・フレアが発生してますね。ま、それでも、とりあえず。 [続きを読む]
  • スミュール・アン・ノクソワの大きな家のおおきな扉
  • 目にいたいほどの鮮やかさで飛び込んできた大きな扉の明るい茶色。石壁と、統一された、茶の色とのコントラストがきれい。茶の色は、かなり多いのだけど、すべて、微妙に違う。屋根の色も、3つ見えるが3つとも微妙に違う。よく見れば、壁も、石色と、白壁。なんだか、そのグラデーションと整然さが見事ですね。あと、この色をいちめんに塗ってある扉が大好きですね。ここに限らず。何でですかね? [続きを読む]
  • Rue Feutrier フトリエ通りの屋根の上
  • モンマルトルは、どこから、サクレクールが現れるかわからない。フトリエ通りは、サクレクール東側を、側道のようにぐるっと回っている。どんなとこかと行ってみた。そこで出会ったのは、サクレクールの塔の先だった。まるでアパートの屋根の上についているかのよう。建物の白さと、寺院の白さが、マッチして一体感ある色合いに。 [続きを読む]