向こう三元量と態(なり) さん プロフィール

  •  
向こう三元量と態(なり)さん: 潜在能力と気功・功法 気功教室日之本元極
ハンドル名向こう三元量と態(なり) さん
ブログタイトル潜在能力と気功・功法 気功教室日之本元極
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinomoto03/
サイト紹介文日之本元極功法によって開発される数々の潜在能力の不思議や功法の原理とやり方などのご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供435回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2008/05/24 16:49

向こう三元量と態(なり) さんのブログ記事

  • 古典的な気功法と六神秘功について 1
  • 現在中国で普及が許可されている功法は、他人に施術をすることが出来ないような、自分で自分を鍛えるのみの方法に限られています。易筋経、五稟戯、六字訣、八段錦の4種類です。同じ人が伝えたとされていることから、易筋経は洗髄経と一緒に修練することが多く、他の三種の気功法とともに、根強い人気があります。六字訣については、これを開発した馬礼堂師から直接習ってきたという唯一の日本人を師として1年余習ったことがありま [続きを読む]
  • 元極秘録中の言葉
  • 当代の嫡伝伝授者は、秘録を徹底的に解悟した上で、更に絶えずに精進してそれを充実させ、新領域を開拓して突破を図るべきだ。 1日3個の をしていただけるとたいへん励みになります。           ↑ブログランキングに参加中です。↑ [続きを読む]
  • 元極秘録中の言葉
  •   医道同歩 1日3個の をしていただけるとたいへん励みになります。           ↑ブログランキングに参加中です。↑ [続きを読む]
  • 元極秘録中の言葉
  • 人々は我と同体、   万物は我と同根、      天地は我と同源。 1日3個の をしていただけるとたいへん励みになります。           ↑ブログランキングに参加中です。↑ [続きを読む]
  • 元極秘録中の言葉
  • 一宗を師承し、百家を溶合す。 1日3個の をしていただけるとたいへん励みになります。           ↑ブログランキングに参加中です。↑ [続きを読む]
  • 悟ると修練をやめてしまう人がいる
  • 以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。 A、Bと、Cらは、修練をしていましたが、自分の今後が「どんなに頑張っても、助かる可能性が非常に低い。」ことを悟って、あきらめたり、自暴自棄になったり、嫌気がさして修練が出来ません。神々は、何のために 悟らせることを目的としているのですか?悟って修練が出来なくなること、自分の魂の声を聞くことが出来る者は、修練の成果によって出現してきます。悟ることによって、より [続きを読む]
  • 「ふつかのとき」がきました
  • 以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。 半年ほど前、婆タヌキが「白檀の香りがしました。」と言いました。同じ日、かめ爺も功法有無の修練をしようとすると 白檀の香りがしました。これは、何の意味があるか?神に聞いてみました。かめ爺に連絡することがあります。「ふつか」のことについて話をします。お願いがあります。この度は、われわれが到着をしました。我々というのは 「ふつう(普通?)」 とよびます。「ふつ [続きを読む]
  • 「ふたつ」 がすぎて 「ふつか」の神 (久高島)
  • 以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。昨日の記事に続いて、同じ時に沖縄で降ろされた言葉です。 「ふたつ」が過ぎて、「ふつか」が待ちかまえています。今か今かと待ちかまえています。さきほは、「ふたつに出会い、こんどは、ふつか に出会います。それによって、事柄がすすんで 行きます。「ふたつ」「ふつか」「ふつうか」(沖縄)ふたつ の神は 4,5,6、7次元ふつか の神は 5、6,7,8次元ふつうか の [続きを読む]
  • 「ふたつ」 の 神 (沖縄にて)
  • 以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。 先月、尾鷲の銚子川で綺麗な湧水を生み出す浄化の力をいただいた時に、もう10年近くにもなる前に、沖縄で湧水の力をいただいた事を思い出しました。その時下ろされた言葉です。 この世の終わりにあたって。生きていける者は日之本の功法を専心して修練する者に限られてきます。そのために、恐怖心から、修練の門戸を叩く者が大勢います。けれども、恐怖心から始めたほとんどの者は、 [続きを読む]
  • としのぶがうしなわれます‼
  • 以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。としのぶがうしなわれます。きれいさっぱりと消え去ってしまうのではありません。まだまだ、残っています。しかし、住むことは危険です。健康的に 住むことは出来ません。誰しもが自分の生活を捨てて、よその土地に住むことなど選べることではありません。しかし、よく考えてご覧なさい。すべては「命あってのものだね」なのです。 1日3個の をしていただけるとたいへん励み [続きを読む]
  • わざわざ遠方より来て反感を持ち、罵詈雑言を吐いた受講者のこと 2
  • あなた方の功法をプラスに思う者もいれば、マイナスに思う者もいる。それらの者たちが同席して講座を受講するのです。其れを考慮するのであれば、講座の時間を長引かせるとか、丁寧に話しすぎるとか、一緒に食事をするとか、そういう余分な事柄をあえてする必要が無いことを伝えておきます。縁があれば、誰が講座をしてもつながっていきます。さらりとした関係であれば良いのです。あなたがた、二人(かめ爺と婆タヌキ)ともに相手 [続きを読む]
  • わざわざ遠方より来て反感を持ち、罵詈雑言を吐いた受講者のこと 1
  • 先日新規で受講した者について、お話をします。なぜ、わざわざ遠方より講座について不満をいう者をよこしたのですか?この者は、はじめから講座を受けても興味は全く無いし 修練が出来ないし、講座を受講することも無意味だと判っていました。無意味だと言うよりも、マイナスにさえ働く人であると判っていました。判っていて、あなたの元に送りました。我々は あなたが万能だと思っている部分に注意を与えました。我々でさえ、万 [続きを読む]
  • 新宮修練舎の発展
  • 今年の3月、次のような言葉が降ろされました。 新宮修練舎をこれ以上発展させることをしなくて宜しい。今後 新宮修練舎に入れる者たちは スタッフのみになります。一部の上位の修練者と スタッフたちのみです。多くの者たちが 修練をする場所ではありません。今後、講座を受講して 錬功をする者たちの会場は、新宮修練舎とは 別の場所に創ります。もっと、来易くて 講座も錬功も出来る場所を創りなさい。この新宮は、階ふた [続きを読む]
  • 「さとりののり」の効力
  • 昨年の12月28日、「さとりの法」のバージョンアップをしました。多くの方々に再受講していただき、ありがたく存じます。講座後に、お手伝いいただいた神々からのお言葉がありました。奈良県大神(おおみわ)神社,くえひこ神社の神様方だけではありません。この功法に関わる神々は、総入れ替えのような体制になりました。入れ替えるだけでは無く 大きくプラスされています。本当に良い 講座の体制を神々が 整えました。あなたをバ [続きを読む]
  • ”「カタカナの響き」と「ひらがなの響き」は違う?”
  • カタカナの神様へ私が、カタカナで名前を書きました。名刺の裏です。それに、婆たぬきが手をかざして感じてみようとしています。ところが、手をかざして 感じようとしてもはっきりとした体感が無いと言うのです。これはどうしてでしょうか?誠に、普通のようであって、極めて波動が細かいので、浸透する力が細かいから手をかざして感じてみようとしても それは手の内部まで浸透するのです。 全く分からないような、それでいて手 [続きを読む]
  • 念力
  • 元極功法の最終的に能力として獲得できるものは、念力に集約されます。三元の中で一番物質に近い元気(気)や、元光(エネルギー)を自在に動かせる、働かせるのは、元音(情報を伴ったエネルギー)であるからです。意念した(思った)ことが、実現する能力です。「階む」の敲門(門を敲{たた}く)講座、「階ひと」の入門(ここでようやく入門します。)講座、「階ふた」登堂講座を経て、「階み」の入室講座でその方法を伝えられ [続きを読む]
  • 修練をする時間
  • 中国元極功法では子時の時間が一番効力が高いと言われています。それは人が生きて老化していくということは、陽の気を消耗しやすいという理由からもいえることです。その原理は、元極功法にも当てはまります。ですから、陰中の陽の時には、際立った陽の気を補充することが出来ます。陽の気の高いときに修練をすれば、その人の年齢からくる老化や病気を防ぐような効果はあるといえます。しかしながら、日之本元極の功法は、修練をす [続きを読む]