mimimimi さん プロフィール

  •  
mimimimiさん: From little things big things grow - 英語育児記録
ハンドル名mimimimi さん
ブログタイトルFrom little things big things grow - 英語育児記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/where-is-mimi/
サイト紹介文2014年生まれ男の子の英語育児記録。2歳5か月からWKEを中心に取り組んでいます。
自由文私学の中高一貫校で英語教師をしています。2014年生まれの男の子と英語育児を始めました。2歳5ヶ月からWKEを中心にのんびり取り組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2008/05/25 14:34

mimimimi さんのブログ記事

  • YouTube/Speak Up Stories
  • AmazonのFire Stickを購入してから、Amazon Primeで大人のドラマ熱が再燃しています。そしてFire Stickのおかげで手軽にYouTubeをテレビに映せるので、ここちゃんにYouTubeで動画を見せることが増えました。マーライオンの話題になった時に、YouTubeでマーライオンの動画を見せる、という感じ。ところが、そのうち、Peppaの新しい(DVDで見ていない)動画もYouTubeで探して見せるようになりました。新しいPeppaのエピソードに釘付け [続きを読む]
  • 「留学」と「教える」
  • 先日、英語科教員の後輩に留学の相談をされました。最近は留学経験のある教員が増えています。でも、英語科の教員に一番必要な資質は「英語力」ではないと思っています。どんなに高い英語力をもっていても、あるいは民間企業で英語力を武器に世界を飛び回った経験があっても、教員に向いていない人は向いていない。教員が英語力を一方的にひけらかしても、子どもたちの英語は伸びません。教員の仕事は一歩さがって、子どもたちが「 [続きを読む]
  • ここちゃんからの謝罪要求
  • 昨日も今朝も大声でわんわん泣くここちゃんの手を引いて幼稚園のバス停まで歩きました。泣きながら、Naughty Mama! Liar!! Say sorry!! You have to say sorry!! と叫んでいます。Naughtyだった覚えも、.嘘をついた覚えもありません。強いて言うなら、昨日の大泣きはここちゃんがパパの真似をして靴べらを使おうとしてなかなかうまくいかないので、軽く手伝ったことがnaughty? 今朝は家を出る前に私がトイレに行ったのがnaughty [続きを読む]
  • 「英語」という科目の難しさ
  • よく他の教科の教員にも理解してもらえなかったりするのですが、英語の偏差値が伸びるしくみは単純ではありません。しばらく英語をサボっていた生徒の場合は1ヶ月や2ヶ月必死に頑張ったとしても、よほどのことがない限り短期間で偏差値があがることはないのです。一方、社会や理科は短期でも結果がでやすい科目のように思います。夏休みに参加したセミナーで講師の先生が言っていたのですが、例えば、「日本史の戦国時代が好きだ」 [続きを読む]
  • ORT(36冊目) stage 1+とstage 5
  • 夏の気合いからはほど遠い取り組みになりつつあるORT、、、。本来の「読み」目的から離れ、全て読み聞かせになっています。せめて音声ペンでも使ってくれたらいいのですが、あまり音声ペンの使用にはのってきません。そんな状態のまま数ヵ月。でもここちゃんはORTが好きなんです。「読み」に興味をもつまでORTを寝かしておこうかとも思ったのですが、毎晩読みたがる。stage 5は2ラウンドしたところです。そのままstage 6に進むか、 [続きを読む]
  • ここちゃんと絵本と理解力
  • まもなく4歳3ヶ月。日本語でも英語でも「読み」に全く興味を示さないここちゃん。常に「読んで♪」といいます。それはそれで、自分から絵本読んでと言うこと自体、ここちゃんには大きな進歩で、どんどん読んであげたいと思うわけなのですが、ここちゃんが自分で読みたくなる日が果たしてくるのか不安です。私の働きかけが悪いのか、それともまだ「時期」でないのか、、、。ちなみに、簡単なひらがなは認識するようになりました。「 [続きを読む]
  • リスニング軽視 - 日本人の英語力
  • 今年も国際的に「低い」日本人の英語力がニュースになっていました。「中高で6年間も勉強するのに」「日本の英語教育はクソ!」という言葉を目にする度に申し訳なく思います。やはり、なにかが間違っている。個人的にはインプットの質と量が原因だと思っています。でも最近はやたら「4技能」や「話す」「書く」ばかり注目され、それらがテーマのセミナーばかり。でも圧倒的に「聞く」量がたりていないと思うのです。いまだに音声を [続きを読む]
  • 日本語コンテンツと英語
  • ここのところ、私の中で、日本語コンテンツに対するハードルがかなり下がりました。幼稚園のお友だちと遊ぶなかで、ここちゃんが興味を持ち始めたのはシンカリオン仮面ライダービルドポケモンそして、それらのテレビも解禁にしています。でも仮面ライダービルドはまだ怖くて見れず、ポケモンはいつ放送しているのかわからず、結局、見ているのはシンカリオンだけです。私は週末の朝はベッドでゆっくりさせてもらっています。土曜の [続きを読む]
  • がーん、マウンティング合戦って?!
  • よく考えたら、久しく「新しい」友人という存在がいません。プライベートでも親しくさせてもらっているのは同僚や元同僚、学生時代からの友人たちやヨガやバレエなどの趣味の仲間たちが中心。お互いのバックグランドも性格も知り尽くしている仲間たちです。あまり知らないグループの中で、自分の情報をどこまで開示すべきか、というのは難しい。でも自分についての情報開示が人間関係の第一歩だと感じているので、私は自分が教員で [続きを読む]
  • 4歳児の人間関係のもやもや
  • 食事中の動画を止めて数日、最初は抵抗しきましたが、落ち着いて食べられるようになりました。できる限り、私も一緒に食事をして会話をするようにしています。食事中はORTとPeppaの音声を流しています。よく知っているストーリーなので、会話中に聞いていない部分があっても気にならない。というか、聞こうと思わなくても自然と聞こえてくるストーリーに、たまに二人で反応したりしたり、しなかったり。※※※※※※※※※※※※※ [続きを読む]
  • 絵本の修繕
  • 好きな絵本は何度も何度も読むし、ここちゃんはどんどんページを捲りたいという衝動が強く、紙を引っ張ることもよくあります。さすがにページを破いたり折ることはなくなりましたが、絵本がすぐ痛むのです。何度も読むORTやSpeak Up Storiesは強い紙で、ページもしっかり止まっているのですが、Step into readingシリーズなどはボロボロ。特にトーマスシリーズは修繕を繰り返しています。で、最近、ここちゃんが読みたがり、ボロボ [続きを読む]
  • ここちゃんとドリル
  • 巷には幼児用のドリルやワークが溢れていて、本屋の絵本コーナーを眺めていると、必ず目に入ってきます。で、3歳くらいから字が読めたり書けたりする子がまわりにいて、焦る私はワークなどを買ってみたりするんです。ここちゃんの場合、文字だけでなく、1〜5までの数字も怪しい。というか、これだけアルファベットに囲まれ、ABCの歌もたくさん歌ったり、絵本でアルファベットを読んだりしているけど、アルファベットも一部をのぞい [続きを読む]
  • 悩む、、、食事中の動画とかけ流し
  • 昨晩、夕食の仕度をしていて、ここちゃんに「手伝って〜」と言うとI'm busier!! (ぼくの方が忙しいの!)という返答。(おっ!比較級) 何をしているのか見てみると、リビングの片隅で、ここちゃんの愛車のベンツをウェットティッシュで拭いていました。See! I'm busy!はいはい。... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... 週末はダンナさんもいるので、まだいいのですが(というか、週末はダンナさんがご飯係)、 [続きを読む]
  • "Look-at-me"期とアイロンビーズ
  • Look! Mama!! Look at me!! と、何かにつけてアピールしてくるここちゃん。とにかく、「見て見て」期のようです。家事をしている最中でも、取り合えず手を止めて、視線だけでも向けて反応するようにしていますが、四六時中、Look-at-meです。そして、小さなことでも誉めまくりな毎日です。この週末、私は学校以外の仕事が入っていて(来週も)、ダンナさんとここちゃんとでまたまたIKEAに行ってきたようです。そして今回二人で買って [続きを読む]
  • エコーチェンバー現象
  • 一昨日、クローズアップ現代の特集を見ました。学校という場所でもエコーチェンバー現象の影響を感じることがあります。教室で、宗教や政治などについて、私自身の立場や意見を言うことはありません。国籍を含め、いろいろなバックグランドの生徒がいて、影響を与えやすい立場上、そういた話題の時は細心の注意を払う努力をしています。時々、非常に強い「片寄った」意見をアジア近隣諸国に対して持っている生徒がいたりしてびっく [続きを読む]
  • Are you telling a lie?/ORT(32冊目)
  • Are you telling a lie again??と、今朝、ここちゃんに言われ、ズキンときました。実は、夏休み前の幼稚園拒否の原因の一つだった給食がまだこわいらしいのです。給食は週1回なのですが、幼稚園の給食では苦手なものが出たり、量が多かったりして、完食できないプレッシャーがストレスのようで、、、。もちろん、担任の先生にはそんなここちゃんに配慮していただいています。が、給食の日は、頑なに幼稚園の登園を拒否するのです。 [続きを読む]
  • 次から次へと欲しいものが、、、
  • なんだか、いろいろ物欲が止まらないのです。こと、私の場合、親子英語に対する物欲は、罪悪感が低く厄介なのだと思います。少し前に購入したFire TV Stickは快適で、週末は特に"couch potato"になりつつある私たち。親子3人で映画を堪能しています。まだ完全な「定番」とまでいっていないのですが、プライムの英語動画も楽しむようになりました。そんな中、やっと購入したのがMP3プレイヤー。ipodは仕事で使っていたのですが、こ [続きを読む]
  • ぐだぐだ中でも感じる成長
  • 先日、寝る前にORTを読み聞かせていた時のこと、 tobbogan(綴り違うかもです)という単語が出てきました。私は知らない単語だったのですが「そり」のことだよ。Caillouがtobbagan見つからなくて、代わりに箱で滑ってたんだと、ここちゃん。そうなの?気づかなかったここちゃんに初めて英語を教えてもらいました。 ピタゴラスは今も毎日遊んでいます。おままごとの中で、PeppaやFloppyの家や学校を作るのに使っています。先日、久し [続きを読む]
  • 最低限のことのみ
  • WKEを始めてからまもなく2年。「取り組み」ということばに違和感を感じるくらい、毎日の英語の動画視聴や絵本の読み聞かせが当たり前のものとして、生活の中に入るようになりました。もはやそれは「取り組み」というよりは、ここちゃんと私の「お楽しみ」なのだと思います。が、その「お楽しみ」の中にも、いろいろ上手くいかないことがあって、特にここ10日ほどは最低限のルーティーンをおこなうだけ。朝夕の動画と寝る前の読み聞 [続きを読む]
  • 面接練習
  • 今年は高3生の授業を担当していないのですが、この時期は大学のAO入試や推薦入試の面接練習を頼まれることが多く、放課後や休み時間が忙しくなります。だいたい英語科の教員は英米文学や英語教育、言語学、国際関係などを志望する生徒の面接練習が中心で、毎年そこら辺の内容で突っ込んだ質問をたくさんする感じです。例えば、「国際化」「コミュニケーション」など、少なくとも基礎知識とともに自分の意見や考えをまとめておくべ [続きを読む]
  • 「イライラ→号泣」期
  • 昨日の夕方のことママ、やだーと、道の真ん中で大泣きするここちゃんをなんとか歩道まで引っ張っていき、なだめようとするも、ダッコ拒否で、ライオンのように泣き続けます。見かねた年配の女性が、「どうぞ」とオモチャの小さな車とアヒルをくださりました。そのおばあさんは「こういう時のために、いつも持っているの。小さい子はちょっとしたことで、気分を切り替えるから」とおっしゃり、私もご好意に甘えさせていただきました [続きを読む]
  • トーマス絵本を衝動買い
  • DVDはあまり見ないのですが、依然として、ここちゃんのトーマス熱は覚めません。トーマスシリーズのプラレールに関しては、中古の故障した「ジャンク」品を格安で購入し、全部分解して部品を洗い、組み立てて故障を修理するという趣味がダンナさんにあり、おかげでほぼ全種類揃っているます もはや親の趣味なのですが、ここちゃんのトーマス熱に一役買っているのは確かです。そんなわけで、英語でトーマス動画はあまり見ないので [続きを読む]
  • 「簡単に」○○できる
  • 簡単に○○up簡単に○○できるようになる誰でもできる○○ああ、「簡単」を求めすぎる私も悪いのですが、そんなに世の中に「簡単」は溢れてはいない、、、。と、自己嫌悪。多分、英語力をつけるのも、学力を伸ばすのも「簡単」というより、やるべきことは、ごく「単純」なことのだと思います。でもその「単純」なことも、導く側の深い洞察や分析力、さらには相手に対する感受性といったものに基づいて行われて初めて効果がでるもの [続きを読む]
  • やっと絵本ブーム到来
  • ここちゃんが生まれた時から、というか、生まれる前から、本が好きな子になってほしいと願い、読み聞かせをしてきました。でも私の思いとは裏腹に、ここちゃんに絵本を読み聞かせるのは、かなり至難の技である時期が長く続いたように思います。1冊分(わずか8ページ程度)の集中力が持たなかったり、ページをどんどんめくって先へ行ったり戻ったり、、、。両手が使えないミルクを飲んでいる時に一気に読み聞かせたりもしていました。 [続きを読む]
  • インターは行かないの?
  • 最近、親友や近しい同僚にはわが家の親子英語のことをカミングアウトしています。親子英語は誤解されることも多く、カミングアウトには慎重になってしまうのですが、理解してもらえたり、同じように取り組む家庭に出会えたりすると、とても心強い。特に職場には多読専門の先生がいたり、英語科の同僚はORTを教材に授業で使っていたりするので、相談にのってもらったりしています。 で、親子英語の話をしていて必ず質問されるのが、 [続きを読む]