ishige さん プロフィール

  •  
ishigeさん: てこてこペンギン散歩
ハンドル名ishige さん
ブログタイトルてこてこペンギン散歩
ブログURLhttp://tekopen.blog40.fc2.com/
サイト紹介文東京近郊を散歩中、たまに出かける旅行先などでみつけた風景や動物、植物たちの記録写真
自由文週末は東京都内、近郊を散歩、散策。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/05/29 22:58

ishige さんのブログ記事

  • 石見銀山の羅漢寺
  • 世界遺産の石見銀山、町並み観光地域から少し離れた場所に建つ「羅漢寺」(らかんじ)こちらのお寺には銀山で作業中に亡くなった人々の供養のため、この地にすむ祖先のため25年の歳月をかけて作られた501体の文化財に指定された羅鑑像が安置されています お寺の境内に入り拝観料を祓うと、本堂をお参りしてから道路を渡って羅鑑像の納められた祠に行くように案内されました。ちなみに入口脇には銭洗い弁天様がいますこのとき本堂 [続きを読む]
  • ネコとトリとカッパ
  • 島根県の世界遺産、石見銀山の江戸情緒あふれる街中を歩いて見つけていたもの。こちらはお店のようになっていた古民家の縁側にいたネコの置物、仲間が数匹います個人的には悪くはないですが作者というか持ち主の作為的な感があるのでちょっとね。武家屋敷が立ち並ぶ区域でみかけた塀の上にいたトリの置物?守り神みたいモノか何の鳥をモチーフにしているのか?歴史あるものなのか?いろいろ想像しちゃいますあと店舗や見学可能な住 [続きを読む]
  • 観世音寺からの眺望
  • どこにでもあるような寺院の建物、こちらは石見銀山の観世音寺の御堂ただ、このお寺建っている場所は銀山の街中のほぼ中間地点にあたる岩山の上 なのでお寺の頂上から眺めると石見銀山の町並みを見渡すことが可能若干、岩山の石階段が急で怖いですけど、登ってみる価値はあり。町の建物に使われている赤い石州瓦が広がる光景は地上を歩いているとはまた違う風景ですお寺や仁王門などの全景がないのは狭い場所だったわりにやっぱり [続きを読む]
  • 「こばた」と小さな「羅漢さま」
  • 石見銀山の江戸時代の情緒ある町並みを散策中にみかけた一見のお宅。ぱっと見は普通の住宅(古民家)のようですが、塀が焼杉板であったりとなにやら一般の家ではなさそう 玄関のわきをよく見てみると「こばた」なるショーケース?「たばこ」を右から書いてありますかつては商店、「タバコ屋さん」を営んでいたのか?単に骨董のケースを設置しているのか?ただ、そのなかには煙草ならぬ、小さなお地蔵さん?いや石見銀山の名所地の [続きを読む]
  • 城上神社と龍の絵
  • 石見銀山、代官所近くに鎮座した大森の氏神様で県指定文化財「城上神社」(きがみじんじゃ) 銀山の町散策の出発地点でもある代官所近くにありながら自分が訪れた時には誰もおらず、高い針葉樹に覆われた鎮守の杜の中に立つ重層入母屋式造りの建物は圧巻神社とも寺院とも違う独特の建築様式に巨大なしめ縄、歴史を感じさせる雰囲気 社務所らしいところもなくだーれもいない境内。拝殿の天井には龍の絵があるいうことで建物内部に [続きを読む]
  • 石見銀山の町並み
  • 2017年10月に訪れた島根県大田市の「石見銀山」(いわみぎんざん)、今回の旅行の本当の目的実は今年の2月に一度予定を組んだのですが、その時は中国・山陰地方が大雪で島根までは来たものの観光できずにあえなくとんぼ返りをするハメになったので今回はリベンジ 偶然にも2017年はユネスコの世界遺産として「石見銀山遺跡とその文化景観」に登録してちょうど10年という記念すべき年(ただ「行きたい」ってことが先行してそんなこ [続きを読む]
  • 井原鉄道の総社駅にて
  • 10月上旬の旅行中に乗車した広島県の総社駅(そうじゃ)と神辺駅(かんなべ)をつなぐ井原鉄道当初、今回の旅行では乗車する予定でなかったのですが、道中天候が悪くて予定を変更したために利用した路線。始発駅の総社駅から乗ると、平日だったため自分を含め2、3人しか乗っておらず『ずいぶん寂しい路線だなぁ(失敬)、せっかくだから撮影しておくか』と思い、写真に ドアには広島県笠岡市のキャラクター「カブニ」くんが描か [続きを読む]
  • 無人駅の忘れ物
  • 2017年10月に訪れた三江線(さんこうせん)の口羽駅(くちばえき)、別記事でも紹介したように廃線が近い(2018年3月)ということで、多くの観光客というよりも鉄道ファンが訪れていた無人駅自分が訪れた時、発車間際の列車の車窓からホームを見るとベンチに折りたたみ傘ひとつ 何時から置かれているのか?観光客の人だとわざわざ駅のベンチに傘を忘れる、なんてことはないかもしれませんから数少ない駅を利用する地元の方が忘れて [続きを読む]
  • 三江線の口羽駅
  • 10/14は『鉄道の日』ということで?2018年3月に廃線予定の「三江線」に乗ってみました乗車したのは10月上旬、三江線的には終点の広島県の三次駅(みよし)を始発で出発。なお鉄道専門に撮影していないので鉄道好きには物足りない写真だと思いますので悪しからず すでに、一両しかない車両には20人ちかい人が・・みなさんどうみても鉄道ファンの方(って自分も似たようなもの)列車は途中、島根県の口羽駅(くちば)に20分近く停車 [続きを読む]
  • フォッサと『けもフレ看板』
  • 上野動物園の不忍池側にあるマダガスカル島の動物たちの展示エリア、その一角に飼育されている「フォッサ」。なお写真はケージ越しで姿がまともに写っていませんので雰囲気だけでご勘弁を自分が訪れた時、展示の前には人気アニメだった「けものフレンズ」のキャラクターデザインを担当した、吉崎観音さんによるけもフレ調のフォッサのイラストポップ(看板)が掲示 檻の中を覗いてみると石の上でスヤスヤと寝ているネコくらいの大 [続きを読む]
  • 不忍池のペリカン
  • 何度も行っている上野動物園でいつも『不思議だな〜?』と思うペリカンの飼育エリア西園と東園をつなぐ「いそっぷ橋」から不忍池をみると島のまんなかにペリカンが2羽あたりは蓮(はす)の葉っぱが生い茂り、いかにも日本の池といった場所不忍池に飛来している野鳥かと思うほど溶け込んでいるようにも見えなくありません逃げていかないのかな?とか思うも、ちかくにカラスまでいたりするのでますます [続きを読む]
  • アフリカの鳥たちとフクロウ
  • 上野動物園のバードハウスでみかけた鳥たち。といっても数羽しかこの日は確認できず。とりあえず目についた、こちらの黒い羽根して頭とくちばしが目立つピンク、赤色をしたトリ名前は「ハゲトキ」、南アフリカ原産の鳥だそうです。朱鷺(とき)が禿げちゃった・・わけで 意外と昼間でもちょこちょこ動きまわる仕草に愛嬌がありました(自分のほかにも観察している人がいましたし)下の写真も派手な羽根の色をした、いかにも南国の [続きを読む]
  • 小さなマングース
  • すでにタイトルで書いてしまっていますけど、「この動物なーんだ?」ってクイズがだせるかな?とか思ったりした、この動物。上野動物園の夜行性動物の展示エリアにいたマングース品種的にはコビトマングースというそうで、その名のとおりマングースの仲間では最小上の写真のコがみつめている先には、木の枝をガジガジと噛んでいる仕草をするもう一匹懸命にかじっているためカメラで撮影するとブレブレになってしまって申し訳ない写 [続きを読む]
  • ペンギンいろいろ
  • 上野動物園、西園のくらすケープペンギンたち。日曜日で無料開放日だったので多くの見物客日影なのでわかりづらいですけど、人間たちが見つめるのと同様にペンギンたちも集まっているニンゲンをみつめているようです。『同じように二足歩行の生き物がいるな?』とか思うのかな この裏側、日向の方にまわってみると一羽のペンギンがプールを淵に立っていますよくみるともう一匹流れるプールを水の流れに逆らって泳いでいるのを眺め [続きを読む]
  • くつろぐカンガルー
  • たいていの動物は夜行性のものが多いので動物園は昼間いっても眠そうだったり、やる気のなさそう(人間目線で)な姿の動物たちにしか会えませんけど、こちらのカンガルーたちもこの姿横になって警戒感なんてまるでないようにニンゲンには見えてしまうくつろぐ寝そべり姿 まるで中に人間でも入っているんじゃないか?って思えてしまうのんびりとした光景なお、ちかくで見物していた人が『赤ちゃんがいる』ような話をしていましたけ [続きを読む]
  • サイとハト
  • 上野動物園のサイの飼育エリア、多くの見物客がいたのと奥の方でサイが休んでいたので見物を諦めようかと思ったら、のっそりこちらにやってくれたのでカメラを構えることに手前にある木の枝がちょっと邪魔(失礼)で顔がはっきりとはわかりづらいですけど、立派な角の生えた顔がみることができただけでもラッキーかな?とか思っていました そのうちノシノシとゆっくりした足取りで歩き始めると展示スペースの前の方にこれには、お [続きを読む]
  • 意外と動くハシビロコウ
  • 動かない鳥として有名なハシビロコウ、何かと話題ということもあり多くの人が見物みなさんスマホやカメラで撮影してますが、ほとんど動かないのですけどときおり首を横に振ったりします。生き物なので動いて当たり前と言えば当たり前なんですけどね奥の方にももう一羽いましたが距離が離れているせいか?注目している人?気づいている人が少なかったようです。こちらのコの方が動いていなそう?最初置物なのかと思ったりどこかの人 [続きを読む]
  • 中秋の名月2017
  • 日にちを示すものはありませんが2017年10月4日、中秋の名月の日のお月さまちかくの河原、中川の遊歩道までいくと晴れた夜空にまばゆい月の姿 いざ撮影してみると肉眼ではとてもきれいな姿も自分のカメラやテクニックではこんな有様ズームして撮影すると若干かけているけどほぼ満月(満月は数日後) カメラを構え眺めていると子どもや親御さんなど見物客がふえてきたのでいったん退散しばらくして空を見上げてみると、雲が増えて [続きを読む]
  • キリンとオカピ
  • 動物園でしかみることのできない定番動物、キリン。上野動物園だと池之端門のすぐ脇にいますこの大きさだとある程度混んでいても、遠くから撮影するのにはちょうど良いサイズ、親子なのかな?写真右側に小柄なキリンがいます。子供キリンとはいえ相当な大きさちなみにキリン舎のとなりには同じキリン科の動物、知る人ぞ知るオカピも展示動物に詳しい人なら知っていますけどお尻付近がシマウマっぽく首は短いですけどキリンの仲間そ [続きを読む]
  • マレーグマだもん
  • 上野動物園のマレーグマ、この日はヒグマやホッキョクグマの飼育小屋には多数の見物客がいてみることはかなわなかったのですけど、かろうじて見物できた熊の仲間といっても小屋の隅っこのあたりをウロウロしていて気が付かないと見過ごしてしまいそうな場所にいました。実際ほかの人が眺めている所に気づかないと自分もスルーしてましたし クマの種類でも小柄なマレーグマ、顔の周りが赤、橙っぽくなっているのがわかります遠くか [続きを読む]
  • 寝そべりゴリラさん
  • 10月1日、『都民の日』は都内の動物園が無料開放していたので上野動物園に皆さん考えることは同じだったようで、園内はものすごい人、ゆっくり動物を観察・見物もできなかったのですがどうにか撮影できた動物たちを紹介。とりあえず有名どころでゴリラゴリラの飼育エリアも人はいっぱいでしたけど奥の方でごろんと寝そべった姿を確認あまり動いてくれませんが、頬杖でもついてくつろいでいるのでしょうか?単に眠いのかなとか思っ [続きを読む]
  • 紅葉しかけの樹木と木の実
  • 10月になり北国の山では雪のたよりも聞こえてくる昨今、高い山でも紅葉が始まってくるころですが、平地の木々でも色づいている姿を目撃(撮影したのは9月下旬ですが)緑の葉っぱが若干(紅葉しかけってほどでもないかもしれないけど)赤く色づき始めてます そんな葉っぱの間に丸っこい球形の木の実がなっているのを発見。葉っぱの形はわかりづらいですけど、この果実の特徴から「ラクウショウ(落羽松)」の木かな(違っていたら [続きを読む]
  • 昼下がりの野良猫
  • 郊外の自然豊かな公園というか池、沼ちかくの遊歩道、散歩がてらに散策してみかけた場所遠くに水面がうっすら見えてベンチや木々に西日があたり、なんとものどかな昼下がり そんな景色にネコ一匹。切り株?朽ち果てた樹木の影にちょこんと座ってます場所的に近くに民家のある場所でもないので野良猫なのですがどこか気品があるネコ シャンとしてニンゲン(自分)をじっと見つめているようですが眠そう。ツマラナクテゴメンよ近く [続きを読む]
  • アシタバの花かな
  • 公園の花壇でみかけた全体的に薄黄緑色をした草花、撮影したのは9月下旬枝先が放射状にひろがってさらにその先に小さな小さな花びらがさいていました 名札などがなく後日調べてみたのですが「アシタバ」の花かな?間違っていたらスミマセンアシタバだと葉っぱに特徴があり一目瞭然なのですが、あいにく撮影・観察してませんでした明日葉というと食用のイメージがありますが、こんな花が咲くのですね。アシタバが属するウド科の植 [続きを読む]
  • ハギの花とクマバチ
  • この記事にはタイトルどおりハチ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください9月下旬の都内の公園、花壇にはこんもりと生い茂るハギに花が咲いていましたマメ科の植物よろしく小さな房状の花びら、無数に咲いている姿は何度見ても風情があります 古くから日本の秋の花と親しまれる萩の花、古来の人々も季節を感じていたのでしょうそんなハギの花を撮影しているとなにやら黒い影。よく見てみればクマバチ いつも調べ [続きを読む]