mitsu-soul さん プロフィール

  •  
mitsu-soulさん: くぅも晴れるや!!てぃらさんさん!!
ハンドル名mitsu-soul さん
ブログタイトルくぅも晴れるや!!てぃらさんさん!!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jizou_1969
サイト紹介文詩的な文章。病への怒り、他人への愛情、なんとなく感じた個人的な思い、いろいろの想いを書いています
自由文いろいろと悩む、凹む、考える、感じる、想う、そのような日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/06/01 20:15

mitsu-soul さんのブログ記事

  • 神社の夢を見た
  • 夢の中にも地理があり夢の中の神社の地域がある実在する神社ではなく夢の中だけで存在する神社でめずらしく夢の中の神社を参拝していたお守りは買わなかったけど1600円のなにかを160円で買っていた夢の中の神社に行く神様が嫌いになってきた... [続きを読む]
  • そないにくるしむなよ
  • いまはつらいとか不安になったりするやろうでもな人生なんて長くても100年やで桜の花が咲いて散ってを100回しか見られへんねんでだんだんと1年がたつのが早くなる1年なんてあっというまやでそれが毎年残り回数が減ってくるねんつらいとか不... [続きを読む]
  • 神によるいじめ
  • なぜこうなったのかわからないがわたしは神によるいじめを受けているのだろうわたしが私を裁きそしてこうなったのではないのだろう人類もまた神によるいじめに直面している神?なんだそれは?理由のない不条理これは神によるいじめだ地震、火山、... [続きを読む]
  • それは・・・
  • 不自由であることが自由だった不自由があるから自由を感じた完全に自由になると何もできなくなった何もしなくなったそれも自由なのだろうか不自由なときのほうが自由を楽しんだいくらかの不自由が自由を大きくしたなぜだろうそんなことに気がつかな... [続きを読む]
  • 便利やなぁ
  • 神様の存在って便利やなぁ神さま仏様がいるって考えるだけでいろいろな場面でそれを使えるんだある意味で助かるよねぇ存在があるだけで助かるよねぇそんなもんがないとするときどうしようもないときにその現実の緩衝にならないでしょうあるだけで苦... [続きを読む]
  • 血圧が
  • どうしてなのだろう血圧が上が90台で下が60台なんだ訪問看護がきてるんだけど血圧が低いといわれている起きるのがなかなか起きれないわけだよ脈拍が60台で入院していたときはこれがすごく上がっていた立ちくらみもするきゅうに立つとめまいみ... [続きを読む]
  • もう嫌い
  • 天上の神々疫病神、死神、貧乏神、福の神、竜神いろいろといるけれどももうな神さんが嫌いになってきたこんだけしんどい思いしてるけどなんら助けを感じられへんあまり感じられへんついでに助けたってるでみたいなそんな感じはするけどほんま助... [続きを読む]
  • とある会社
  • おいらはな段取りしたら検査部に検査してもうてから量産にはいるねんだからうざいくらいに聞きに行ってたやろう検査部のえらいさんも検査部をそないにつかうなっていってたでも最初に検査したら機械は間違えへんやんだからなぁおれ以外も同じ部品作って... [続きを読む]
  • 入院顛末記
  • 2008年元妻と離婚したそしてある日予言の夢を見たそれはブログに記録として残っていた3度のどん底を味わうとそのときはこれからまだ3度味わうとは思わなかったいろいろあってそして今の妻と出会うそして元妻とも関連していき再度急性期の入院をする... [続きを読む]
  • 2008年8月27日の予言
  • 2008年8月27日の夢の予言が的中したあれから急性期の入院を3度したどん底を3度経験するに符合するそしていつでも補佐してくれるところが2箇所あるこれについてはいまヘルパーと訪問看護を受けている夢の予言がいま当たっていたこのまえのお盆の夢の占... [続きを読む]
  • じぶんのなかにある
  • しあわせってそとからもらったりさがしにいかないといけないものではないんだじぶんのなかにあってそれをかんじるだけでいいんだそこにあるんだだれかのやさしさもかんじるだけでちがうだろういつものこともそれはとくべつなことなんだよある... [続きを読む]
  • あまえ
  • 甘えられる環境ってすごい大事やと思う甘えられたほうはそれに耐えられるかっていうところでもあるけれども甘え甘えられるってすごい大事なことやとおもうねん辛いときに甘えられるのは辛いそのときにどうするかも大事やなぁ甘えられるをちゃんと... [続きを読む]
  • 貧乏招き猫
  • ねこの冬がニャ〜と鳴くはじめはニャ〜としか聞こえなかったしかしながく住んでくると何となくなにかに聞こえ始めるごはんのときのニャ〜はゴハンって聞こえるトイレのあとのニャ〜はトイレって聞こえるゴハンとトイレを覚えたのかその声は何となくわ... [続きを読む]
  • 貧乏招き猫
  • 夏になり暑くてクーラーのない寝室では眠れなくなってきた台所のほうに行くとクーラーがある10畳の台所に移動し夏はそっちで寝ることにするねこの冬はクーラーが苦手なのか少しあたたかいところにいるしかしときおり台所のほうに来る冬がシャーッ... [続きを読む]
  • inochi
  • ひとは生まれて死ぬまでその最後のときまで命をいただいく命をたべるあった命を死ぬまでのあいだにいろいろの死を知るそうして命をつなぐ命はまたパケラッタする死んでおわりではないいろいろと形を変えていく食した命によってはからだによ... [続きを読む]
  • 意識
  • はじめはすべての意思がひとつだった意思が固体にたどりつき固体がそれぞれにその活動をはじめたから意思はそれとともに成長した意思は固体に影響される しかし同時に意思は無意識の状態を知る意思は空間をとびかい存在することを知る固体はいずれ... [続きを読む]
  • 無意識
  • はじめて入院したときおいらは寝ているときに無意識のおいらが自分の首を絞めた最初は父だと思ったそして仏壇の横に寝ていたからご先祖さんが怒って首を絞めてるのかなとも思ったそしてなんか知らんけどこれは自分がまいた種だからこのまま首... [続きを読む]
  • どうにでもなれ
  • 母親にも死んだほうが良いと思われたそしておいらは2度自殺を決行した風呂場で首をくくりバーが外れた進んでくる車に走って突っ込んだが車が止まった母親の幻聴が聞こえた順番は大事順番は大事死んだほうが良いと思っていたのに順番が大事だという... [続きを読む]
  • なんだろうね
  • 子供のころ世界の中心は自分の住んでいる町だった親は最高で隣町にいくのも大変だった外国人はみなアメリカ人外国人は町にいると思わなかったどこの町も同じ自分ところと同じ町があると思っていたそして別に田舎というところがあると思っていた... [続きを読む]
  • 無駄!無駄!無駄!
  • おいらは思うんだよなぁ無駄っていうもんは大事やなぁって効率を重要視するあまり無駄っていうもんをアカンもんのようにみていないかなぁ無駄はそれのみをとるとほんとうに無駄かもしれないでもその無駄はほんとうにダメかっていうとそうでもないと... [続きを読む]
  • えっ!?
  • わたしがおかしくなっていたとき実家に戻る車の中で神かなにかわからない存在の声が聞こえてきた今年の正月はおまえをなぐさみものにしよううん?と思ったしかしわたしは狂っていたそしていろいろ実家の近くでやらかしたターミネーターのようには... [続きを読む]
  • 優等生の解
  • 優等生って解をほしがるよねぇなにが正しくてとかより賢い答えとかでもね優等生の解を求めたらいかんのよねぇ心から解をだしてないんだものいままさに自分の解でないんだものなんか正しそうな解ではある万人受けしそうな解ではあるでもそれっ... [続きを読む]
  • 俺の存在
  • おいらは認識している自分を認識しているでもその認識している俺ってからだ全部を意識して動かしているわけでない呼吸は自動でしている心臓は鼓動している細菌が入れば白血球が勝手に動く認識しているおいらはどこを制御しているのそもそもなんで... [続きを読む]
  • 幻聴
  • またかよ俺が弱っているときにいつものようにマシンガン攻撃ネガティブでひねくれた声たえろというのかい舞台に立った英雄みたいに俺が迷っているときにいつものようにマシンガン攻撃ネガティブでひねくれた声たえろというのかい歴史の伝説... [続きを読む]
  • なんか・・・
  • 無理なことははじめからしない可能性以前の問題やん無理なことは無理です無理そうに見えることでもそこへ行く道筋が見える場合とぜんぜんそこへたどり着く道筋が見えない場合とあるでしょう無理なもんは無理ですわできるできないとかじゃないそん... [続きを読む]