en さん プロフィール

  •  
enさん: 「結婚できない」はずがない
ハンドル名en さん
ブログタイトル「結婚できない」はずがない
ブログURLhttps://ameblo.jp/m-officeen/
サイト紹介文結婚相談所オーナーが書いています。 ちょっぴり辛口で結婚応援しています。
自由文結婚相談所での活動って?
結婚相談所の会員さんの傾向
結婚しない、できない人とは?
お見合いってどんな感じ?
カップリングパーティって?
男、女、そして恋愛

悩める独身者に送る”「結婚できない」はずがない”
は、婚活へのハードルを下げてもらうために書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/06/02 21:56

en さんのブログ記事

  • おススメ簡単ダイエット
  • 昨日、京都市左京区でとても怖い事件がありました。スーパーの店員さんが男に刺されて重傷を負ったのです。現場は当所や自宅から、自転車で10分弱。m-officeenも時々利用するスーパーでした。たまたま、所用でその近くにいたので、事件で騒然とする場面に遭遇することとなりました。報道のヘリが何機も舞う光景は、異様な感じがしました。犯人は逮捕されましたが、被害者の方が気の毒でたまりません。ニュースで見るような事件が、 [続きを読む]
  • まずは選ばれてからの話かと?
  • 今日はちょっと辛いことを書きます。気が悪かったらごめんなさい誰か特定の人に向けても書いていないですからね たまに、「いくら出会いがたくさんあっても、相手のことを好きになれない。気持ちの入りようがない」と言う方がいます。「そっかぁ。お相手はこの人のことを好きになってくれたのね。でも、それに応えることができない、ということね。そういうケースが結構あるというなら、実際のところモテるんだ。」と、m-officeen [続きを読む]
  • 「趣味はショッピング」考察
  • 女性のプロフィールで、趣味の欄に「ショッピング」と書く人もいます。大抵の女性が大好きなショッピング。「デパートやセレクトショップで買うのなんかたま〜にですよ。それらはチェックするだけで、実際は駅ビルのショッピングモールや、GUやユニクロで買うことが多いです」と言う人も今は多いんじゃないかなぁ?ネットショッピングにお休みの時間を費やす人もいることでしょう。 かつてm-officeenは、「ショッピングと書くと [続きを読む]
  • ちょっとしたマリッジブルーになる理由?
  • 成婚退会した会員さんたちの中には、「マリッジブルーになった時がありました」と言う人もいます。理由は言わないし聞かないのですが、多分、ぼんやりしたものではないかと思います。ただ、「これはその(マリッジブルーになる)、きっかけになるのではないかしら?」と考えるものがm-officeenにはあります。 ずばり、それは住居選びです。住居選びというか居住地選び。結婚を決める際、2人でたくさん話し合ったはずの「住む場所や [続きを読む]
  • 一言多いと損をする(という話)
  • 「一言多い人(女性)」っているものです。「年齢が高くなればなるほど」というか、「毒舌が冴える」と周囲から面白がられたり「姐御キャラ」の人にその傾向があるのかもしれません。もともと女性は結構幼いころ(9歳とか10歳?)に、周囲の空気を読むことができるようになって来ます。「これは言わない方が良い」ということを、知らず知らずに覚えるのです。ある意味、大したもんだと思います。そして思春期になると、異性の目を [続きを読む]
  • 自分の年収、相手の年収
  • 「私の年収は200万円台。だから結婚相手には年収の高い人を望みます」という女性もいれば、「私の年収は500万円台。だから私よりは多い人、望めるのなら高目の人が良いです」という女性もいることでしょう。 前者の方にあっては、「いろいろ事情もあったし、稼ぐ力があまりない女になってしまったけど別に問題はないと思う。稼ぐ力のある男性のサポートをすれば良いのだから。女だし、というか、そういう価値観で育ってきた。」と [続きを読む]
  • 18歳年下の女性と再婚した男
  • 久しぶりに会った知人男性が、18歳年下の女性と2年前に再婚したことを多いに語ってくれました。 「もう、毎日がめちゃくちゃ楽しいねん。この年(m-officeeとタメ年)になってこんなに素晴らしいことがあるなんて予想もしてはなかった!嫁とは週に何日も外食してるんや。2人とも食通やしな。お袋や息子家族(結婚して子どもあり)とも、仲良くしてくれて、みんなが幸せなんや。ありがたい話や〜〜」と。 そんな彼は、「味の宝石箱 [続きを読む]
  • 本当はこういう人だったんだ
  • 前にも書いたけど、金曜10時のドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」が好き過ぎます。翌土曜日は、なんだかとっても優しい気持ちになれるm-officeenです。 そしてふと思い出したのは、当所に長年在籍しようやく成婚退会をした元男性会員さんのこと。仮にAさんとします。彼もきっと、新婚の可愛い奥さんと、このドラマを観ているはずだと想像しました。目に涙を溜めながら、ソファで隣の奥さんの手を握っているかもしれません。 ウチで [続きを読む]
  • 妄想嫉妬劇場
  • ある女性の話です。 「35歳でバツイチの私は派遣で事務をする傍ら、家業を少し手伝っています。なので、実家暮らし。1年前ぐらいから同じくバツイチの男性と付き合っています。彼は前からの知り合いで、友達期間を経てなんとなく男女の仲になりました。どちらかというとモテるタイプの彼は、離婚後(子どもなし)に、何人かの女性と交際して来たようです。こんな会話をすると、私はどうしようもないモヤモヤ感を覚えてしまいます。 [続きを読む]
  • 大人レディの婚活デート
  • 婚活で出会った人、そうじゃないところで出会いかつて付き合っていた人、まあ、いろいろあるけど、おしゃれでリッチで大人っぽいデートを経験している女性もたくさんいることだと思います。 高級っぽいお寿司屋さんとか、割烹料理屋さんとかね。(京都だったら祇園かしら?大阪だったら新地。東京だったら銀座とか?)話は逸れるけど、火曜日のお昼のバラエティ番組(ヒルナンデス)でコーデバトルというをやっています。毎回テー [続きを読む]
  • 自己流ってどうなのかなぁ?
  • お見合いをして、お断りが来たその理由を明かされることはまずないけど、男性→女性の場合、「写真とは別人」「写真とはまったくイメージが違ったから」というのが、実はかなり多いのではないかと想像します。 「でも、プロフィール写真は大事!!実物よりかなり盛っていても、そうでないとお見合いすら成立しないもの」という考えもあれば、「実物と違うと思われるのは嫌だから、写真はカジュアルなものにしたい。素人が撮ったも [続きを読む]
  • デリケートなので守られる結婚がしたい
  • ある日のこと。お見合い場所で、他所の仲人さんがパニックになって電話をしていました。おそらく自所の会員さんが、”他の場所であるお見合い場所に、決まった時間に着けていなかったから”だと推察しました。 どうやら、電車に乗る前に気分が悪くなってしまったみたい。急な体調不良ということですね。事情を把握したその仲人さんは、相手の相談所に事情を説明するともに、「さて、ではどうするか?(お見合い日を再設定するか? [続きを読む]
  • 家と職場の往復で出会いがない
  • 「家と職場の往復でまったく出会いがないため、相談所に登録しました」と、プロフィールに書いている人も多いです。なるほど、事実そうなんでしょう。 職場は既婚者や同性やパートのおばさまばかり。しかし、こんなこと↓に気付いているでしょうか?「婚活における、自分の市場価値がわからなくなっている」 自分が女(男)としてイケているのかいないのか、出会いさえあれば、結婚できそうなのかできないのか?周囲(毎日の環境で [続きを読む]
  • 結婚を進めたい気持ちにも温度差がある
  • 男女の気持ちには温度差があったりするものです。そして、これは恋愛感情だけではないように思います。 なかなか説明が難しいのですが、「好き」の気持ちの温度差というより、婚活線上にあっては「結婚を進めたい気持ち」の”温度の差”というのがあるのです。「好き」イコール「結婚を進めたい気持ち」ではないのです。 2人が概ね同じぐらい「好き」という気持ちがあったとしても(一緒にいて楽しい。相手に異性を感じる。しょち [続きを読む]
  • 父親像が結婚観に影響を与える?
  • 女性のみなさんは、自分が8歳ぐらいの少女の頃を思い出すことができますか? お父さんは優しかったですか?出先で雨が降ったり風が冷たくなってきたら、自分の上着を着せてくれた。休みの日は学校の話を聞いてくれたり、友達の間で流行っていることを聞きたがった。「おお、似合うね」などと、新しい服を着ると褒めてくれた。学校行事には極力参加しようとしてくれた。結構頻繁に、会社帰りにお菓子などを買って来てくれた。遠出す [続きを読む]
  • 不倫をやめて結婚したい
  • 知人A子がその友人B子のことで、m-officeenに愚痴を入れて来ました。 「久しぶりにB子という友達に会いました。あ、友達というか、別に私は好きじゃないけど。年に何回か話を聞いてもらいたくて、あっちから誘って来るんですよ。B子は不倫をしているからしょちゅう情緒不安になるみたいで、不倫否定派の私は『さっさと目を覚ませ』ってキツ目に言ってます。そんな彼女は不倫を辞めて、婚活をしようと考えたらしいです。B子は [続きを読む]
  • 頑張って年収を上げれば良いのに。
  • 30代後半〜40代後半ぐらいの男性で、年収300万円代の方もいます。正直、苦戦します自分の身内に35歳で年収330万円という男性がいたら、m-officeeは面と向かっては絶対言えないけど、「もっと、頑張れないかい(頑張れなかったのかい)??」みたいなことを思うでしょう。どんなに親しくても「もっと、頑張れないかい?」が言えない理由は、本人なりに精いっぱい頑張っているのだろうし、そうなるべく(失礼な言い回しになったらす [続きを読む]
  • 誘うのはいつも私
  • ある女性(失礼ながら若くはありません)から、質問を受けました。 「すでに2年ぐらいの付き合いになる、友達以上恋人未満というかご飯食べ&飲み友達という感じの男性がいるのですが、誘うのはいつも私からばかりでした。なので、あるときからぷっつり誘わないようにしたのです。向こうから誘ってほしいという気が多少はあったのかもしれません。すると、会うことはなくなってしまいました。『ああ、そういうことね』と私。すると [続きを読む]
  • 老後が心配だから結婚したい
  • 「老後が心配だから結婚を考える」とい女性も多いです。 「このままずっと定年まで働いたら金銭面や物理面では心配ないけど、病気になったり、親が亡くなって1人(兄弟姉妹は家庭がある)になったときのことを考えると不安で・・」とも。まさしくそのとおりです。だから「真剣に結婚することを考えましょう!!」と、我々のような婚活業者は唱えるのです。 しかし、結婚したって夫の方が先に亡くなるかもしれません。予想よりうん [続きを読む]
  • マイペースを主張し過ぎない女性が結婚できる
  • 成婚退会した女性たちに共通することがあります。それはなにかというと、「マイペースを主張し過ぎない。自己主張し過ぎない」ということです。 スケジュールや動き方、主義主張、考え方や好みや趣味志向など、「自分はこうである!」を、現代の女性は強く持っています。しかし、あえてそれらを「もちろんあるけど、それを人様に知っていただこうとは思ってませんわ〜」って風に見せる女性が、男性たちの心を掴んで行くよう思いま [続きを読む]
  • 男性の方が会話疲れしやすい
  • 1日に2件のお見合いをする方は今や当たり前。3件される方もいます。初対面の人との会話ほど頭と神経を使うものはないので、きっとすごく疲れることでしょうm-officeenも入会説明(1時間ぐらい)の方が1日3人あると、頭の芯に痺れを感じたりします。 さて、営業職や接客業に就いている女性などで、めちゃめちゃ頭の回転が速い方もいます。相手が何を言おうとしているのかを素早く察し、高速スピードでベストな返しの言葉を探すので [続きを読む]
  • 相手に関心があるように見えない非モテ君
  • 女性との交際に慣れていない、または非モテの男性は、縁あって女性とお付き合いできるようになった場合にこんな失敗をやらかしてしまうことがあるようです。失敗というのでないけど、敗因のひとつと考えるにふさわしい対応がこれ↓ 「僕のことを嫌いではないようだ。もしかしたら上手く行くかもしれない!!」と自分で判断しすると、相手女性の性格や考えていることや趣味志向など(仕事や経歴や家族についても)をしっかり、見た [続きを読む]
  • 「3ヵ月で成婚退会」の誤解???
  • 「半年あれば結婚が決まると思います!!」「婚活は長くしたくないので、3ヵ月から6ヵ月で決めたいです」 なるほど、目標を決めて活動するのは大変良い事ですし、意気込みも素晴らしい。でも、「結婚相談所で3ヵ月から半年程度、活動をすれば結婚が決まる」というのは、どこからの情報?ナニ情報でしょうか?「いやいやいや、正直、そんな早くには決まらないよ〜〜」と心の中でつぶやきつつ、「う〜〜ん。もう少し掛ると思いますよ [続きを読む]
  • 結婚したいという気持ちの強さ
  • 婚活(ここでは結婚相談所)にあっては、こういう人ばかりを求めると結婚できません。 一緒にいて、 女友達と話すときのように会話が弾んだり、仕事の仲間と飲むときのように熱くなれたり、かつての恋人のように気持ちがはかり合えたり、「他の女性の影がある(三角関係や不倫や、モテる男性)」男性を独占しているときのような優越感や興奮を感じる。 まあ、わかりやすく言えば「好き(LOVE)になれた人」ということなのでし [続きを読む]
  • 絶対、言ってはダメなこと
  • 賢明かつ常識概念溢れる読者のみなさんなら、おわかりのことかと想像します。 絶対、言ってはダメなことは、相手の家族の悪口です。相手の言葉尻に乗っかって(同調)もだめです。 「ウチの弟、本当におバカでさ〜。偏差値の低い大学にやっと入ったのに、途中で退学しちゃったんだよなぁ。で、こうでああで、あれこれで・・・」などと彼がぼやいたとしても、 「そうなんだ。あの〇〇大学を中退って、そりゃないわ〜。お先、真っ暗 [続きを読む]