semidalion さん プロフィール

  •  
semidalionさん: 原典聖書研究
ハンドル名semidalion さん
ブログタイトル原典聖書研究
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/
サイト紹介文田舎暮らしのラブちゃんと大好きなパパのサイトです。
自由文ラブちゃんのパパはキリスト教会の牧師さん。盲導犬でもないのに礼拝に参加することからラブちゃんの一週間が始まりです。勿論礼拝中パパの説教が始まると大きなイビキで笑いを周囲に振りまくのがラブちゃんのいちばん大切な仕事です。時にはガガガガーと合いの手も!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1042回 / 365日(平均20.0回/週) - 参加 2008/06/03 15:04

semidalion さんのブログ記事

  • ロシア北に加担か?
  • ロシアも大変ですよね。だってクリミア侵攻とやらでヨーロッパではすっかり信用を無くし、経済的には中国の属国に成り果て、すっかり勢いがありません。そして数少ない友好国が北という次第で、ここで北を失ったら帝政ロシア以来連綿と渇望していた極東アジアや太平洋への出口を封じられかねません。ここは百歩譲って両目を閉じたとしても北だけは友好国として温存しなければツンドラ国家に明日はありません。 以下は建国以来抱い [続きを読む]
  • 光害が郊外に公害し防犯効果無し
  • 光害も間違いなく公害の一つでとんでもない問題を人間と社会と自然界に与えているというのです。 その中で言われている嘘の一つが夜間照明の防犯効果ですが、現実には犯罪助長効果の方が 大きいといわれています。 そう、犯罪者にとって明るい方が犠牲者を見定められ加害が上手くい きやすいと言う次第です。 他にも光害が人体に及ぼす精神的ダメージの大きさや精神疾患の発症や睡眠不足の助長など 計り知れない損失 [続きを読む]
  • 砂糖で心筋梗塞や膝関節痛
  • 以下は今日のブログβ版からの転載記事です。 ベーター版はこちらです。 砂糖で心筋梗塞7/30 砂糖の有害研究業界が妨害禁止で半世紀秘匿20/50 昨年のお話です。私の教会にギリシャ語を勉強に来て下さる一人のご婦人がおからました。 甘いものがお好きだというのでわたしが「砂糖は怖いですよ、心筋梗塞や足の膝や腰の激痛を引き起こしますからやめてくださいね。」と言ってしまいました。 実は私、よくその手のことを相手かまわず [続きを読む]
  • 金密輸の錬金術悪税の消費税の悪用で
  • お金儲けにはいろいろな方法が有るものなのですね。 金塊を密輸して貴金属店に売り子めば消費税分が利益になるというのです。もちろん日本にはあまり金は流通しませんのでまた海外に貫流していきます。その折り正規に輸出すると消費税分が還付されるというのでこの低金利のご時世に国民の税金が結果的に密輸人に支払われるというとんでもない国家国民の損失が発生するという次第です。 解決は簡単、悪税を廃止すれば良いのですか [続きを読む]
  • 心の見張り
  • 聖書の中で大切な教え!こちらはブログのβ版に投稿した記事のコピペです。 いろいろな教えの中でも特に大切です17/50聖書って沢山の人に読まれいろいろ紹介されていますがやっぱりおもしろい事が言われています。きょうはその中から一つを取り出してご紹介してみましょう。こちらです。 旧約聖書の箴言の4章23節直訳するとこうなります。(原文のヘブル語の意味をそのまま日本語に変換?してみました)23 ・ から全ての 見守り [続きを読む]
  • 胸ポケットの聖書が被弾防御で命拾い
  • 良かったですね。聖書を胸ポケットに入れていて。それにしても新約聖書ですから厚さは精々1センチぐらいしかないのにすごい防御力です。 大抵辞書と同じインディアン紙という薄くて丈夫な上質紙が使われておりページ数も見かけは薄くとも400ページという事は200枚は有るわけですから拳銃から発射された弾丸なら楽々防ぐことが出来るでしょう。 以下は一冊の新約聖書に命を救われた米国の路線バスの運転手を幸運を報じるネットニュ [続きを読む]
  • チキンラーメンと安藤百福さん
  • こちらはβ版ブログからの転載です。来年のアサドラ「まんぷく」安藤百福さんの思い出 あれは私が小学校に入学した年の夏でした。当時の家は国道176号千の千里川橋のすぐ近くにあって乾物や果物を売る小さなお店をしていたのです。 近くの学校から帰ると母が池田の安藤さんという人がチキンラーメンとかいう変なものを売ってくれといって試供品を少し置いて行った。」 というのです。1月程おいて在りましたが結局売れず、秋にな [続きを読む]
  • 環境に優しい筈の風力発電バードストライク頻発で危機
  • ヤッパリねえ、環境に優しい風力発電というのは嘘で、本当は環境にとんでもない負荷をかけていたのですね。 もちろんこれらのバードインパクトは氷山の一角一基で年一回の鳥類の死亡事故が起きているということは事故に着いてのハインリッピの法則を適用すればほぼ毎日一回か2回のニァミスが起きており、生態系、とりわけ植物の種蒔きに重要な働きをしている鳥類にとって死活問題と成りかねません。 以下はやっぱり省エネ以外に人 [続きを読む]
  • ワシントンに聖書博物館開店?
  • さすがはキリスト教国アメリカですねえ。こんなものすごい聖書博物館が出来ました。入館は無
    料のようですので是非一度行って見たいですものですが、渡航費と滞在費がかさみそうで夢のま
    た夢です。 Museum of the Bible offers revelations, faces controversy as it opensBy VERONICA STRACQUALURSI Close Follow on Twi
    tter More from Veronica Nov 18, 2017, 5:12 AM ET0 Shares Email Star http://a.abcnews.com/ima [続きを読む]
  • 空母打撃軍の打撃は?
  • 空母ねえ、世界で始めて機動艦隊を編成し運用したのは日本ですがそれはもう遠い過去のお話です。それをまねて大変様戦争に勝利し、覇権の夢を持ち続けている米国にとって機動艦隊は国家のシンボルとなっており今は11編成という膨大な軍事力を誇示しています。 デモねえ大変でしょうねえ建設や装備に運営と維持の経費。なんでも建設に3千億円 装備に同額で訳6千億円そして年間経費が600億円と言い40年使うとして2兆4千億円でそれに [続きを読む]
  • フットボールの使用権限と拒否権
  • フットボールを日本語にすれば蹴鞠(ケマリ)と成るのでしょうね。 でも英語でもいろいろな意味を持っているようです。その中でも一番変わり種は合衆国大統領に付託された戦略核弾頭発射権限装置だと言うことのようです。 世界最大の核大国の米国の大統領にはこの戦略核弾頭ミサイルの発射権限があり、常に随行武官がいてこの戦略核弾頭ミサイルの発射権限が行使できるようになっており、その発射命令装置をフットボールと言うのだ [続きを読む]
  • 幻のラン・シマクモキリソウ開花
  • おもしろい形のランが有るのですね。絶滅していたとされていたランが見つかり開花に成功したと言うのです。 以下がその紹介記事です。幻のラン、79年ぶり開花 国立科博 南硫黄島発見の株 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017111802000240.html2017年11月18日 夕刊 ラン科の「シマクモキリソウ」の花(国立科学博物館提供)http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/images/PK201 [続きを読む]
  • 犬を飼うと飼い主は長生き!
  • 当然でしょうね。だってねえ犬は散歩が大好きで、行かないとトイレが困りますからねえ。ということは飼い主は否応なしに毎日規則正しく散歩に行くから運動不足が解消して長生きするという結果は当然です。 でも、若い人では仕事が在りますし延命効果が出るのは数十年先で統計が取れませんからね。  以下は暇で無能な研究者がペット業界からの僅かな研究費を稼ぐために当たり前の結果を公開している魂胆丸見えのネットニュースで [続きを読む]
  • ブログポイント通帳の開帳
  • ヤフーのブログってポイントがもらえるのですね。 訪問者に連動しているようですがどんなことになっているのか大変気になります。 こちらが私のブログポイントの通帳です。いま113lポイントたまっているようですね。 いったいどれぐらいのかたがこられるとポイントがもらえるのでしょうかね? 上位だともらえるようですが大抵の日は200名から300名で見ると2ポイントの様です。こちらが訪問者の統計です。一番来訪者の多かったの [続きを読む]
  • ホルモン剤投与食肉が癌の主原因
  • 牛や豚や鶏が生まれてから食肉にされるまでの期間ってどれぐらいかご存じですか?自分で飼ってみればすぐに解ることですが哺乳類だと豚で1年、牛だとどうしても2年はかかります。その間の飼料と人件費が食肉の原価と言うことになります。 牛なんて飼うのは大変ですよね。だって食べる量がすさまじいですからね。 でもねえ、おいしい話があるのですよ。内緒ですけど牛さんに成長ホルモンを投与すると1年で成牛に成るのです。とい [続きを読む]
  • 家を建てるなら機密性のリスク査定が肝要
  • 何でもねえ、総合的に判断しないととんでもないことになりますよね。住まいは機密性が良いのかそれとも通気性の良いのが重要なのかあなたはどちらを選択しますか? 結論からいいましょう、夏は通気性、冬は気密性が大切です。しかし忘れられていることが数多在ります。そう断熱性ですね。夏は外の暑さから室内を守り、冬は外の寒さから室内を守ることです。 さらに大事なのは防音性です。 家の中の生活会話やテレビラジオに洗濯 [続きを読む]
  • 昨7〜9月に48名点滴老患者死亡の大口病院改名再開
  • 点滴ねえ、アレ良く儲かりますよね。 でもねえ受ける患者の立場からしてみると苦痛と排尿我慢大会で何の利点も無い治療とは名ばかりの病院の容易な増収増益手段ですからね。  まして、その点滴に界面活性剤が混入されていてお陀仏になってしまうような病院施設はまるで医療費削減の切り札のような効用があり現代のうば捨て山病院と言うことで、生きていれば長々と医療費を無駄食いする所を防ぐ財務省推薦の模範的老人専用病院で [続きを読む]
  • 筑波エキスプレスの20秒早発車の謝罪が世界の話題に
  • 日本では秒単位の運行が当たり前の鉄道ですが、たまたま乗務員のミスで定刻より20秒早く発車した事をお詫びしたアナウンスが英国経由で世界に発信され話題になっています。まあ世界では20秒ではなく20分の単位でダイヤが狂っても話題にならず、逆に定刻通りに運行されたらビッグニュースになるのが当たり前の様です。 以下は日本人や鉄道会社が定刻運行が当然だと思い込んでいる非常識を報じるネットニュースです。日本の鉄道会社 [続きを読む]
  • パラダイス文書まもなく一部開陳
  • 楽しみですよねパラダイス文書の開陳、今度はどの会社やどなたが脱税王で有名になるでしょうかね?まもなくだと噂されるパラダイス文書の関連情報です。パラダイス文書をネット公開へ 氏名、住所など一部のみ 2017年11月17日 17時08分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017111701001575.html  国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は17日、タックスヘイブン(租税回避地)資料「パラダイス文書」の一部データをイ [続きを読む]
  • 環境省環境汚染拡大省に改称
  • 環境省ねえ、私も随分と関わってきましたが名前と実体がかみ合わないあんなひどい省庁はそうそう無いでしょうね。 昔、まだ環境庁時代に京都議定書で有名になった大木元長官に中国縦貫道の阪神地区における夜間要請限度の大幅な超過を告発しましたがその翌年に環境基準の要請限度を65デシベルから75デシベルに引き上げて法制を改悪して違法状態を解消したという現実を見てあきれたものです。 あれから20年が経過しますがそりゃを [続きを読む]
  • 多発長期化する国際紛争と拡大の一途の米軍事費
  • 米国が日本海に空母三隻を投入する背景には、米国の軍事費の過剰な増大があるというのです。そして、そろそろ限界ではないかと言う懸念がぬぐいきれないというのです。 イラクやアフガンデの紛争はだらだらと長引き、収束のめどすら立たない中で、極東での新たな紛争は米国経済の最大の懸念材料と言う次第です。 当然同盟国にその負担を振り分け、押しつけ束になって疲弊してしまうというのが筋書きだということになります [続きを読む]
  • コリックって赤ちゃんの夜泣き!
  • 今日のヤフーブログヘβ版の投稿です。 こちらにもコピペ転載します。https://blog.yahoo.co.jp/cbf03d8f927841135220053f33718e8b995306ac37279ed3e580b20b9824566a/14005?MSG=ZQNjZt**この記事をシェア Twitter LINE Facebook はてなブックマーク 下の写真は1歳の時のイタズラ盛りで親を手こずらしてばかりした愚息の雄姿です。お利口でオムツは2才で取れました。 あれは長女が0 [続きを読む]
  • ヤフオクサーバーダウン
  • 大変ですよね、ヤフーさん、看板サービスの一つヤフオクがダウンしています。きっと必死で再立ち上げをしておられるでしょうが何時になるのやら心配です。 2017年11月16日20時50分はダウン中です。今こちらの画面に切り替わりました。ヤフオクで障害発生です。回復したらこの下にお知らせします。21時8分に回復しました。担当者は大変だったでしょうね。でも入札出来ない人が起きて商品が落札されてしまったらどうなるのでしょうか [続きを読む]
  • 友達作戦被曝犠牲者に癌死亡多発、では日本人には?
  • 友達作戦で福島東方から作戦を展開した米空母ドナルト・レーガンの乗組員に放射能被曝による疾病が多発しているというのです。 まあ、無謀な作戦でしたし、余りに放射能に対する知識と偏西風や原子力災害に関する予備知識が欠落していたため起きてしまった不幸な出来事ですが、あれからたったと6年ですさまじい放射能障害が多発しているのです。 問題はドナルドレーガンがどれぐらいの放射能に暴露したかという点ですが、もちろ [続きを読む]