819maker さん プロフィール

  •  
819makerさん: 俳句の風景
ハンドル名819maker さん
ブログタイトル俳句の風景
ブログURLhttp://blue.ap.teacup.com/819maker/
サイト紹介文季節の写真に合った自作の俳句を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/06/03 21:01

819maker さんのブログ記事

  • 藪からし
  • [画像]自転車の専用道や藪からし[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ブドウ科の多年生蔓草。[画像]他の草木に絡みつき、生い茂る。藪や山林を枯らして繁茂するのでこの名がある。「貧乏蔓」とも呼ばれる。[画像]夏、黄赤色を帯びた小花を群がり咲かせ、秋に小さな漿果を結ぶ。[画像]公園には貸自転車があり、自転車専用道があった。歩道と自転車専用道の間の垣根に藪からしが繁茂し、花をつけていた。、[画像]藪から [続きを読む]
  • 鷺草
  • [画像]鷺草の羽搏く先に未来あり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ラン科の多年草。[画像]本州以西の日当りのよい湿地に自生する。絶滅危急種。[画像]七〜八月、茎の先に三センチほどの白い花をつける。花が白鷺が翼を広げて飛翔している姿に似ているところからこの名がある。[画像]鷺草は夏の季語となっているが、昭和記念公園では八月十一日から鷺草祭で、この辺りでは初秋の花となっている。[画像]鷺草が天空を [続きを読む]
  • 木槿
  • [画像]天空の日輪高し花木槿[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] アオイ科の落葉低木。[画像]中国、インド原産とされる。平安時代以前に日本に渡来していたと考えられている。[画像]観賞用として庭などに植えられる。茶道では、秋の代表的な茶花として使われている。一日で萎れてしまうので、「槿花(きんか)一日の栄」と栄華のはかなさにたとえられてきた。[画像]八〜九月頃、五弁花を枝先につける。花色は淡紅色、 [続きを読む]
  • 千屈菜(みそはぎ)
  • [画像]池の縁千屈菜襖なしにけり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ミソハギ科の多年草。[画像]山野の湿地や田の畦などに自生する。[画像]八〜十月、葉腋ごとに淡紅紫色の六弁花が集まって開き、長穂状となる。[画像]盆花として精霊棚に供えて水をかけるのに使う。「禊萩(みそぎはぎ)」が転じて「みそはぎ」になったとの説がある。 [画像]池を取り囲むように千屈菜が咲いていた。盆が近いことが思われた。[画像] [続きを読む]
  • 松虫草
  • [画像]雲上のテラス松虫草脇に[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] マツムシソウ科の二年草。日当たりのよい高原に自生する、日本の固有種。[画像]八〜九月頃、茎の先に淡紫色の頭状花をつける。頭状花は、半球形に集まった筒状の管状花の周りを唇形の花が取り巻いてできている。[画像]花の名の由来は、松虫の鳴く頃に咲くからとか、花の形が仏具の松虫鉦に似ているからなど諸説がある。[画像]雲海が見られることから [続きを読む]
  • 藤袴
  • [画像]藤袴高原の雨つのりきて[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] キク科の多年草。秋の七草の一つ。[画像]中国原産。日本には奈良時代に渡来した。[画像]関東以西の本州、四国、九州の山林や河原などに自生する。[画像]八〜九月頃、茎の頂に淡紅紫色の小花を鞘上に群がりつける。鵯花に似ているが、下部の葉が三裂し、乾燥すると芳香があるのが特徴。[画像]藤袴がいたる所で咲いていた。高原の雨が降り出し、藤袴に [続きを読む]
  • 釣鐘人参
  • [画像]乳の如雨粒釣鐘人参に[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] キキョウ科の多年草。山野に自生する。[画像]八〜十月頃、茎頂に円錐花序を出し、青紫色の鐘状の花を花柄の先に下向きに輪生する。若芽はとときといい食用に、乾燥した根は沙参といい、鎮咳・去痰薬とする。[画像]釣鐘人参に雨粒がついていた。それはまるで釣鐘の「乳」と呼ばれる丸い多くの突起に似ていた。[画像]釣鐘人参雨の散策とはなりて[にほんブ [続きを読む]
  • 七夕
  • [画像]七夕や短冊書きしこと遥か[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 陰暦七月七日、またその日の行事をいう。五節句の一つ。[画像]現在は陽暦七月七日や月後れの八月七日に行う所が多い。[画像]この行事は中国の牽牛・織女の伝説と乞巧奠の行事が伝わり、日本の棚機(たなばた)つ女(め)の信仰と習合したものとされる。笹竹に詩や歌を書いた短冊形の色紙を吊し、軒先や窓辺に立てて文字や裁縫の上達を祈る。仙台の [続きを読む]
  • 夏の霧
  • [画像]夏霧の吹き上がりくる峠かな[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 霧は秋の季語だが、山地や盆地、海辺などでは夏にも発生する。[画像]太平洋上を南寄りの風に乗ってきた暖かく湿った空気が、親潮寒流の上で冷やされると濃霧となる。[画像]山の霧は雲が地表面に接したもので、盆地の霧は放射霧、海辺の霧は蒸気霧に分類される。[画像]横手山頂上に乗り物で昇る予定であったが、濃霧と強風で中止となった。[画像] [続きを読む]
  • [画像]朝虹を見つつ珈琲啜りけり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 雨上りに太陽と反対側の空に弧状にかかる七色の帯をいう。夏に多く見られる。[画像]内側から紫、藍、青、緑、黄、橙、赤と並ぶ。この外側に「二重虹」が見られることがあり、この場合は色の順序が逆となる。[画像]俗に「朝虹」が立てば雨になり、「夕虹」が立てば晴れになるといわれる。[画像]野尻湖テラスに接するラウンジで、朝虹を眺めながら珈 [続きを読む]
  • 竹煮草
  • [画像]竹煮草見晴らしのよき所にも[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ケシ科の大型多年草。[画像]本州から九州の日当たりのよい山野の荒地などに自生する。[画像]盛夏の頃、茎の上部に大きな円錐花序を出し、白色や帯紅色の小花をつける。[画像]名の由来は、茎が中空であるところが竹に似ているので「竹似草」が本当など、諸説がある。[画像]山から下りてくる道端の所々に竹煮草が咲いていたが、山々が眺められる見 [続きを読む]
  • 夏薊
  • [画像]気持よき山の風なり夏薊[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] キク科アザミ属の総称。[画像]「薊」は春の季語であるが、夏に花をつける種類の薊を総称して「夏薊」と呼ぶ。[画像]薊は種類が多く、実際は春よりも夏から秋にかけて花を咲かせる種類の方が多い。[画像]山の細道に夏薊が点々と咲いていた。そこへ吹く山風が気持ちよかった。[画像]夏薊明るき雲を眼下にし[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画 [続きを読む]
  • 夏の山
  • [画像]細道のいきなり開け青嶺かな[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 青葉で覆われ、生命力に満ち溢れたみずみずしい山をいう。[画像]登山をするような高山から、親しみのある里山までを含めた季語。[画像]従って、雪渓の残る高山、深山幽谷、木々の茂る雑木山など様々な様相に変わり得る。[画像]新緑の山、青葉の山、梅雨の山、滴る山など、それぞれ異なった趣がある。[画像]高山植物を見ながら細い道を辿っている [続きを読む]
  • 風露草
  • [画像]ゴンドラを降りて白山風露かな[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] フウロソウ科フウロソウ属の多年草の総称。[画像]咲く場所により、白山風露、浅間風露、千島風露、四国風露など多くの種類がある。[画像]夏から秋にかけて梅の花びらに似た五弁花をつける。[画像]標高1,994mの東館山にゴンドラリフトで昇った。降りると、山が植物園になっていて、様々な高山植物が咲いてた。その中に、白山風露が地味で可憐な [続きを読む]
  • 駒草
  • [画像]駒草や昭和初年の旧ホテル[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ケシ科の多年草。本州中部以北の高山の砂礫地に自生し、観賞用に栽培もされる。[画像]七〜八月頃、花茎の先端に数個の淡紅色、まれに白色の花を下垂してつける。[画像]花の形が馬(駒)の顔に似ているところからこの名がある。[画像]旧志賀高原ホテル(現 志賀高原歴史記念館)は昭和12年開業で、スキー用の本格的ホテルとしては日本最初の建物 [続きを読む]
  • 鋸草
  • [画像]鋸草眼下の山に雲かかり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] キク科の多年草。北海道と本州中部以北の山地に自生する。[画像]観賞用に栽培されているものに、西洋鋸草、黄花鋸草などがある。[画像]葉のぎざぎざが鋸の歯のようであることからこの名がある。[画像]夏、茎頂に白色ないし淡紅色の小さい頭状花を密につける。[画像]標高1,900mの竜王山に鋸草が咲いていた。ここからは眼下に山々が見え、白く棚引く雲 [続きを読む]
  • 下野草
  • [画像]山の雨下野草に降り出しぬ[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] バラ科の多年草。山地の日当りのよい草原に自生する。[画像]花が落葉低木の「しもつけ」に似ているところからこの名がある。[画像]七〜八月頃、茎頂に散房花序を作り、細かい淡紅色の花を多数密集してつける。[画像]志賀高原の竜王山へロープウェイで昇った。高山植物が何種類か花を咲かせていた。下野草もその一つで、見ていたら山の雨が降り出し [続きを読む]
  • 小鬼百合
  • [画像]園手入の女らの声小鬼百合[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ユリ科の多年草。[画像]日当りのよい山地や高層湿原などに自生する。[画像]鬼百合よりも葉が細く、鬼百合のようにむかごをつくらない。[画像]盛夏、茎の梢に二〜十個の橙赤色の美しい花をつける。[画像]小鬼百合に夕日が差していた。そこへ、圓を手入する女らの話し声が聞えていた。[画像]遠くまで歩いてきたり小鬼百合[にほんブログ村 ポエムブロ [続きを読む]
  • 夏の蝶
  • [画像]夏蝶の番(つがひ)縺るるばかりなり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 夏に見られる蝶のこと。「蝶」は春の季語だが、その他の季節に見られる蝶は「秋の蝶」「冬の蝶」などと季節をつけて詠む。夏の蝶の代表は揚羽蝶で大形である。[画像]花の上を番と思われる蝶が縺れながら飛んでいた。雄が雌を追いかけているようであった。[画像]池沿ひの径へと飛び揚羽蝶[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] [続きを読む]
  • 向日葵
  • [画像]向日葵の鬨上ぐる如立つてをり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] キク科の一年草。北アメリカ原産。[画像]観賞用に栽培される。[画像]盛夏、茎頂に大輪の頭花を横向きにつける。周辺は鮮黄色の舌状花で、中央には褐色または黄色の管状花が密集する。[画像]頭花が太陽を向いて動くというところからこの名があるが、実際は蕾が花開く時だけで、花が咲くとほとんど動かない。[画像]高いところで向日葵の花が咲い [続きを読む]
  • 空蝉
  • [画像]樹に縋る空蝉に日の回りきぬ[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 蝉の脱け殻のこと。[画像]地下に数年間棲息していた蝉の幼虫は、やがて成長して蛹となる。[画像]夏、地上に這い出してきて背を割り皮を脱ぎ、夜の間に成虫となる。[画像]樹にしがみついたままの脱け殻や地表に落ちたものなどがよく見られる。[画像]樹に爪を立ててすがっている空蝉に、日が回ってきた。[画像]空蝉や樹を登るかに休むかに[にほんブ [続きを読む]
  • ペチュニア
  • [画像]ペチュニアの鉢直線に並びけり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ナス科の一年草。南アメリカ原産。[画像]日本には明治末期に渡来した。[画像]花壇用、鉢植えとされる。[画像]六〜十月頃、上方の葉腋に広漏斗状の花をつける。花色は白、紅、紫、紅白の絞りなど。「衝羽根朝顔」の和名は、その花と萼のかたちが朝顔に似ているところからきている。[画像]ぺチュニアを植えた鉢が路上に一直線に並べられていた。 [続きを読む]
  • 青蘆(2)
  • [画像]青蘆原の中や木道真つ直ぐに[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 蘆はイネ科の大型多年草。[画像]夏に人の丈を越えるほど成長し、水辺に青々と茂って風にそよぐ様をよく見かける。[画像]蘆は「悪し」に通じるので、「善し」と言い換えるが、同じ植物である。[画像]青蘆原があった。その中に真っ直ぐな木道が通っていた。[画像]鳥鳴くや青蘆原を見渡せば[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] [続きを読む]
  • 金魚
  • [画像]屈みゐて金魚の相を見てをりぬ[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 金魚は鮒を観賞用に改良したもの。[画像]室町時代末期に中国から伝えられたとされる。[画像]その後日本で品種改良が重ねられ、和金、蘭鋳、出目金など様々な新品種を作り出した。[画像]鑑賞法としては金魚玉、金魚鉢、大型の水槽などがある。[画像]金魚にも相があるようで、金魚田に屈みながら金魚の相を見ていた。[画像]金魚田のをちこちにせ [続きを読む]
  • 蒲の穂
  • [画像]蒲の穂や自転車池に映りゆき[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] ガマ科の大型多年草。[画像]晩夏の頃、茎上部に円筒形でビロード状の穂のような花をつける。[画像]これは先が雄花、下が雌花で、黄褐色や緑褐色をしている。[画像]雌花は熟すとほぐれて絮のような種子を飛ばす。これを蒲の穂綿という。[画像]池の縁に蒲の穂が見られた。その池に沿った道を自転車が走り、その姿を池に映しながら過ぎて行った。[画 [続きを読む]