弁護士法人プロフェッション さん プロフィール

  •  
弁護士法人プロフェッションさん: 湘南内大船/辻堂/平塚3事務所辯護士の「弁」
ハンドル名弁護士法人プロフェッション さん
ブログタイトル湘南内大船/辻堂/平塚3事務所辯護士の「弁」
ブログURLhttps://ofunalaw.exblog.jp/
サイト紹介文湘南内大船/辻堂/平塚3事務所体制の弁護士法人代表が弁護士業、組織、趣味、日常等を弁ずるブログ
自由文3事務所全て最寄り駅3分。駐車場も直近。地元に寄り添い,湘南で一番身近で便利で頼りになる法律事務所が目標。3事務所計6名の少数精鋭弁護士陣。総合力と元検事・中堅弁護士のフォロー体制が特色。女性弁護士も在籍。女性事務員の丁寧に電話対応等,アットホームで相談しやすい雰囲気作りを心がけてます。湘南に数少ない弁護士法人。http://prof-law.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/06/05 16:57

弁護士法人プロフェッション さんのブログ記事

  • 対内対外どちらにもよく話す「3つのたとえ話」
  • 1 自転車のたとえ自転車は、こぎはじめが一番重い。が、スピードが出ると軽くなる。そういうものと割り切り最初は頑張って兎に角こぎはじめる。ただ、スピードにのってくると、いつのまにか一心不乱にペダルをこぎ続けてしまう(まるで馬鹿のようにペダルを必死に回すことだけになる)のが人間の「さが」のように思う。そうなると、事故や病気等アクシデントがないと誰も止められない状態になり危険。ある程度進んだなら倒れない [続きを読む]
  • 書籍を3事務所に効率よく配置するには?
  • 大船法律事務所を法人化し、2013年1月に辻堂、2015年6月に平塚に事務所を開設しました。悩んだのが「事務所にある書籍を、3事務所で効率よく配置する方法」。平塚開設当時、大船に多くの蔵書があり、次に辻堂にあり、平塚には蔵書がほぼない状態でした。書籍をすぐ調べるのは、弁護士の基本。法律相談では、未知の論点が聞かれます。実務では、書籍すなわち専門書にしか書いていない、痒い所に手が届くような事項が沢山です。最初 [続きを読む]
  • 神奈川県の法律事務所の分布 2007.10の記事再訂
  • 弁護士事務所は,裁判所の近くが圧倒的に多いです。神奈川県内の裁判所は,本庁(関内),川崎支部,小田原支部,横須賀支部,相模原支部。規模は,本庁(関内),次に川崎支部,その次に相模原支部,小田原支部,横須賀支部の順。比例して弁護士事務所も,これらの周辺に集まっています。とはいえ,2007年10月の記事で「最近は,大きな駅の駅近に事務所を構える弁護士が増えた。うちの大船法律事務所もそう。上大岡,湘南台,大和 [続きを読む]
  • 新人への言葉-努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る-井上靖
  • 「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」は、芥川賞作家の井上靖(明治40.5.6〜平成3.1.29)の名言。なお、井上靖作品は沢山ですが、チンギスハーンを描いた「蒼き狼」がお勧め。高校時代に読みました。ゲームにもなりました。この言葉を知ったのは最近です。身につまされたのは、最近そういえば不満を語ることが増えているということ。これに対し、こう見えて、高校大学時代や司法試験を目指し合格するまで、その後司法 [続きを読む]
  • 「震撼」弘文堂法律学講座選書(所謂緑本)「新刊」3連発
  • 神奈川県弁護士会の会館地下には、至誠堂という法律専門書店があります。昨日ふらりと寄ったら、古き懐かしき所謂緑本の新刊が3冊(三連発)平積みしてあり、感動しました。以下がその弘文堂法律学講座選書の三連発。1 民法総則第9版 四宮和夫著・能見善久著(2018/04刊)2 刑法各論第7版 西田典之著・橋詰隆補訂(2018/03刊)3 会社法第20版 神田秀樹著(2018/03刊)1の四宮民法は、平成10年以前ころの民法総則 [続きを読む]
  • 「軽自動車なのにナンバーは白」の意味
  • 1 ぽろりと「車が趣味」と言うと、高級車やクラシックカーに乗っていると誤解されることが多い。でも違って、色々な車のデザイン、エンジンの特徴や車メーカーの特徴、新車情報が好きという意味。いわゆる車版の「鉄道オタク」ようなもの。例えば、TVK(テレビ神奈川)の「車で行こう」は毎週見ているし、運転中に周囲の車で目立つものがあると目が行き、雑誌ベストカーを時々買う(毎号買いたいくらいだが残念なことになかなか [続きを読む]
  • 噯(あつかい)「口へんに愛」-戦国時代の司法用語
  • 環境依存文字らしくタイトルの文字化けが見受けられましたので、下部に画像を添付しました。口へんに愛と書いて、噯(あつかい) と読みます。中世では、紛争を調停することを、噯(あつかい) といったとのこと。宮本昌孝著の「武者始め」という歴史小説で知りました。この本は、戦国武将の初陣をテーマにしたもの。冒頭の短編が、伊勢新九郎盛時(後の北条早雲)の「武者始め」。駿河今川に仕える新九郎が、当主の戦死により勃発 [続きを読む]
  • 司法試験を目指す大学新1年生へ 2006.4記事改訂 2017.4同再訂
  • 入学を控え,司法試験をはじめたい意欲が高い人が多いのではないでしょうか。その意欲はとても大切。が,老婆心ながら,1〜2年くらい大学生活を思い切り満喫するのがちょうどよいと思います。なぜなら,合格に必要な勉強時間数は合計1万時間。達成には毎日8〜12時間×3〜4年が必要です。予備試験にせよ法科大学院に進むにせよ,長期戦必至だからです。また,司法試験は本気になってからが勝負。これもよく出る先輩話です。 [続きを読む]
  • 平塚市版「風が吹けば桶屋が儲かる」構造
  • 平塚市の、特にJR東海道線よりも南部には、洋菓子店(ケーキ屋)が非常に多い。「葦」(湘南チーズパイ)、「シルスマリア」(生チョコ〜公園通りの石畳)、「バッハマン」(バームクーヘン)など。ちなみに、括弧内は各店の代表菓子。いずれも、ケーキ販売も豊富なラインナップがある。一方で、歯科医院も、非常に多い。弊所のある平塚市八重咲町の範囲内に限っても、約8つもある。人口比でいう洋菓子店と歯科医院の割合が、絶 [続きを読む]
  • 松潤ドラマ「99.9 シーズン2」 佐田(香川照之)弁護士
  • ご存知ですか?香川照之演ずる佐田弁護士は、シーズン1で、ヤメ検(検事をしたあと弁護士になった)の設定であったことを。シーズン2では、どうもそれが消えています。むしろ、刑事弁護は素人で、フィーの高い民事や顧問先を多数抱えるブル弁(ブルジョア弁護士)という設定で推している。そのほうが弁護士陣の内側、つまり、深山(松潤)、ヤメ判(裁判官つまり判事をやめたあと弁護士になった)の尾崎(木村文乃)、事務所のボス [続きを読む]
  • 身にしみた先輩弁護士の言葉
  • 弁護士歴56年になる先輩弁護士の懇親会での挨拶。その中でのひと言が,腑に落ち,身にしみた。「長いこと弁護士をしていると,山あり谷あり,公私ともに色々ある。悪いこともある。」「でも,その自分に降りかかる経験全てが,弁護士をするうえでは糧になってくる。」「弁護士というのは,そういう仕事。」言われてみると,とても当てはまる。改めて,この先悪いことがあっても,乗り越えて糧にして頑張らねばと思いました。ブロ [続きを読む]
  • 71期司法修習生募集中 29.12記事改訂
  • ※2/10(土)の神奈川県弁護士会説明会で質問が多かったことなどを踏まえ、改訂しました。弁護士法人プロフェッションでは、新人弁護士を募集中です。人柄を最重視。一方で、弊法人は、湘南地域密着型の弁護士法人。また、所属弁護士達のつながりを大切にしています。そのため、地元出身や、所属弁護士の小中高大院母校の後輩が、より望ましいと思っています。特徴は、代表個人の事務所が土地勘のある地元内で3つ拠点を置いたにす [続きを読む]
  • 狩猟型士業と農耕型士業(顧問契約絡み上の分類)
  • 士業は、狩猟型士業と農耕型士業に分類できると思っています(個人的分類)。狩猟型士業の例は、弁護士、司法書士、行政書士です。仕事が基本的にスポット・単発であり、そういった仕事を獲得し、処理後精算し、案件終了となります。仕事を獲得し続けなければならない点、「狩猟」の比喩が当てはまります。農耕型士業の例は、税理士と社労士です。顧客は一旦獲得すると、顧問関係となり、長期間にわたり繋がって仕事を継続します。 [続きを読む]
  • 狩猟型士業と農耕型士業(顧問契約絡み上の分類)
  • 士業は、狩猟型士業と農耕型士業に分類できると思います。狩猟型士業の例は、弁護士、司法書士、行政書士です。仕事が基本的にスポット・単発であり、そういった仕事を獲得し、処理後精算し、案件終了となります。仕事を獲得し続けなければならない点、「狩猟」の比喩が当てはまります。農耕型士業の例は、税理士と社労士です。顧客は一旦獲得すると、顧問関係となり、長期間にわたり繋がって仕事を継続します。信頼関係を崩さず、 [続きを読む]
  • 平塚八重咲町法律事務所窓からの「大山」
  • 別名雨降山と呼ばれ古来信仰を集める大山(神奈川県伊勢原市)。今年の数回の降雪で雪化粧し、冬の青空と相まって美しく鎮座しています。このようにはっきりと頂上から裾野まで見える日の翌日は、ほぼ晴れます。逆に、雲がかかっている翌日は、ほぼ雨です。この事実が別名雨降山の由来であると推察しています。ブログランキングに参加しています記事が「いいね」の場合下記バナーの ご協力ください [続きを読む]
  • 交通事故 高次脳機能障害
  • 先日、神奈川県弁護士会による交通事故の高次脳機能障害に関する研修会に出席しました。医学知識面で通常と異なれど、「障害(後遺障害)の診断」と「事故との因果関係」が主論点である面は、通常と異ならないと感じました。医学知識面では、医療過誤(特に脳外科、精神科、検査関係)と重なり、積極的に取り組んでいる弊法人各弁護士的には、優位性を図ることができるかもしれないとも感じました。講義中に「確かに」と腑に落ちた [続きを読む]
  • 漸次進めている法人HPリニューアルの状況
  • 開業当初から、年1回ほど、お客様アンケートを実施しています。お客様宛てにアンケート用紙を送付し、返送をお願いする形式です。励みや改善のため。当初はアンケートからのご示唆が多く、落ち込んだものでした。数年後から、ほとんどが励ましに。ですが、新たなご示唆もあり、速やかな改善を努めています。ただ、エレベーターがないなど、物理的に改善困難な件は、ご容赦いただきたく存じます。前回ホームページ更新から数年。お [続きを読む]
  • 弁護士ドラマにおける弁護士バッチの質チェック
  • 弁護士ドラマの質は、小道具である弁護士バッチの質に比例するというのが持論。バッチが、より本物っぽいドラマは、内容も本物に近いと思っている。今月松潤主演の弁護士ドラマのseasonⅡが始まった。seasonⅠよりも人物相関や過去が掘り下げられ、より面白くなっている。では弁護士バッチはどうか。seasonⅠの時は同時に竹野内豊主演の弁護士ドラマも始まり、両者を比較できた。松潤のほうは、ややバッチの質がよかった。内容は今 [続きを読む]
  • 当職・貴職(法曹業界用語)
  • 内容証明、通知書、手紙などでの文語表現上、弁護士の自称は「当職」、逆に相手弁護士の他称は「貴職」です。一般人に対する文書では、「当職は、〜氏の代理人として、貴殿に対し、次のとおり通知します。」というように、使います。弁護士に対しては、「当職は、貴職に対し、次のとおり通知します。」というように使います。あくまでも文語表現なので、口語では使わず、例えば、飲み会で、「すみません。当職は、お酒が飲めないの [続きを読む]
  • 人間の感・勘・観−弁護士必須の3つのカン
  • AIと対比して人間らしさが語られることがある。そんな中、最近「3つのカン(感・勘・観)」という話を読んだ。「感」とは、感情、共感、感動、の感。「勘」とは、勘に頼る、勘がよい・悪い、の勘。第六感は、漢字こそ違えど、勘を指す。「観」とは、大局観、観察力、の観。これら3つのカンは、(少なくとも今は)AIにはないと思う。そして、これらは弁護士として、必要かつ大事にすべき感覚・能力・スキルだと思う。相談者・依頼 [続きを読む]
  • 今年の抱負ー泰然自若・冷静沈着ー
  • 「泰然自若」と「冷静沈着」。いずれの言葉も、意味は、感情に駆られたり物事に動じたりせず、非常の事に出会ったりしても、落ち着いて、物事に動じない様子・態度。相克する一面を自覚するので、抱負として心に刻み、併せて最適と思っています。「頭は冷たく、心はあたたかく」という言葉も(似ている言葉ですが)、時々言い聞かせています。ブログランキングに参加していますバナーを 頂けると幸いです   [続きを読む]
  • 71期司法修習生求人中
  • 71期司法修習生の皆様、導入修習お疲れ様でした。弁護士法人プロフェッションでは、新人弁護士を募集しています。湘南地域密着型事務所のため、基本的に地元出身の修習生を募集しています。所属弁護士達の小中高大院母校の後輩ですと、より望ましいですが(地元や先輩から受けた恩を直に返せますので)、もちろん、そうではなくても、一番は人柄を最重視します。 名実を保つため、特に1年目は代表の直下で執務する体制。で、な [続きを読む]
  • 「事件を落とす」(法曹業界用語)
  • 法曹界で,「事件を落とす」というのは,事件を終わらせる・解決させる,という意味です。一般用語的には否定的な意味に感じるかもしれません。ですが,「落とし所」という言葉が語源だと思います。落とし所に落とし込んでいく・落としていく。転じて,「落とす」。語源を考えると,特に否定的な意味は含まない業界用語です。これを他動詞「落とす」ではなく,自動詞「落ちる」として使う場合もあります。例えば,「事件が落ちた」 [続きを読む]