春日 淳樹 さん プロフィール

  •  
春日 淳樹さん: SEA SIDE LIBRARY
ハンドル名春日 淳樹 さん
ブログタイトルSEA SIDE LIBRARY
ブログURLhttp://seasidelibrary.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文絵本、児童書を中心に読んだ感想を綴っています。
自由文古いものから新しいものまで、
読んで楽しい、本を読むのが好きになる・・・そんな本を読んで感想書いています。
2児の母。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/06/05 22:32

春日 淳樹 さんのブログ記事

  • 「みみかきめいじん」
  • みみかきめいじん (講談社の創作絵本)作者: かがくい ひろし出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/16メディア: ハードカバーみみかき名人のひょ・うーたん先生と弟子のひょうすけのもとに、今日も耳かきをしてもらいにお客さんが訪れます。大きなゾウさん、耳の長いうさぎさん、そして、あれ?透明人間・・・?....耳かきをしてもらう訪問者たちの何とも幸せそうな顔ったら!本当にとろけてしまいそうに気持ち良さそうです♪柔 [続きを読む]
  • 「とこやにいったライオン」
  • とこやにいったライオン作者: サトシン出版社/メーカー: 教育画劇発売日: 2010/10/01メディア: 大型本たてがみが伸び放題になってしまったライオン、いつものカエルの床屋さんへ。でも、あれあれ???大変なことに???....うとうとしている合間にカエルの床屋さんはとんでもないことをやらかしてしまいました!でも、それをうまくごまかそうとする。思わず突っ込みたくなるナンセンスな楽しい絵本でしたwwwwにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「風が強く吹いている 」
  • 風が強く吹いている (新潮文庫)作者: 三浦 しをん出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/06/27メディア: 文庫ある夜、天才ランナー走と出会い、灰二の夢は動き出した。箱根駅伝を走りたい・・・・!おんぼろの竹青荘に住む半分は陸上未経験者の10人で、箱根駅伝にむけて走り出す...天才ランナー走と怪我で走る未来を絶たれた灰二。そんな二人に感化されながら未発達の10人は「走る」とこ「繋ぐ」ことで、何かを掴んでゆく。10人それ [続きを読む]
  • 「ポットくんとわたげちゃん 」
  • ポットくんとわたげちゃん (福音館のかがくのほん)作者: 真木 文絵出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 2003/05メディア: 単行本暖かいあるの日、フワフワ飛んでゆくわたげちゃんたち。でも、庭の隅にまだ飛び立てない3本のわたげちゃんたちがいました....何とか飛ばせてあげたいポットくんの優しさ♪じれったくもいつか自分も飛べると待ち続けるわたげちゃんたち。ついにその時が来た!自分にぴったりの風がいつか吹くんだって信 [続きを読む]
  • 「ねえちゃんゲキメツ大作戦」
  • ねえちゃんゲキメツ大作戦 (山中恒よみもの文庫)作者: 山中 恒出版社/メーカー: 理論社発売日: 2001/05メディア: 単行本姉が3人の末っ子フトシは何かにつけて姉ちゃんたちにぶっ飛ばされる。母が入院したのをいいことに、姉ちゃんたちはやりたい放題。友達の協力を得て、仕返しをするのだが.....あまりにフトシが不憫で不憫で…(笑こんなに権力振りかざして弟をこき使う姉ちゃんたちに一泡吹かせてやりたいと思うのだが、3人もい [続きを読む]
  • 「ウルフ谷の兄弟」
  • ウルフ谷の兄弟 (海外ミステリーBOX)作者: デーナ ブルッキンズ出版社/メーカー: 評論社発売日: 2010/01メディア: 単行本両親を亡くし叔母にやっかいになっていた兄弟だが、ふとしたことからウルフ谷に住む叔父に引き取られることになった。しかし、妻を亡くしてからの叔父は酒に溺れ家も荒れ放題、本当に兄弟を引き取る気はあるのだろうか...アル中のおじにいつ追い出されるか怯えながら、暮らす兄弟。そんな中、良くしてくれてい [続きを読む]
  • 「死神の精度」
  • 死神の精度 (文春文庫)作者: 伊坂 幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/02/08メディア: 文庫1週間、「死」の見極めをする、死神。音楽をこよなく愛し、クールで、ちょっとズレのある、死神・千葉。彼が見極めた6人の人物との6篇....なかなかカッコいいじゃないですか!常に冷静で仕事は真面目にこなし、音楽を愛し、本人も気づかないうちに何故か深入りしてしまう・・・死を確定する「可」の判断を下すにも、適当でな [続きを読む]
  • 「夜のピクニック」
  • 夜のピクニック (新潮文庫)作者: 恩田 陸出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/09/07メディア: 文庫高校最後の往復80キロを一晩かけて歩く、歩行祭。貴子は密かな賭けをしていた。誰にも言えなかった心のわだかまりを、この歩行祭がどう持って行ってくれるのか。親友、クラスメイト、引っ越してしまった親友の弟・・・ただひたすら歩く中で、疲労と思い出とこれからのあるべき自分を探し出す10代の青春....簡単な休憩と仮眠だけで [続きを読む]
  • 「いつもとちがう さんぽみち 」
  • いつもとちがう さんぽみち (えほん横町)作者: 間所 ひさこ出版社/メーカー: 国土社日曜日の朝はパパと犬のじろうとお散歩。あれ?いつもの道が工事中!違う道を歩いてみよう・・・!....いつもと違う道を歩いてみたら、いつもと違う出来事に、たくさんの発見がある。そんな特別な散歩もいいよね。いつもと違う帰り道ではいつもと違うお買い物もして、粋なパパが素敵vvにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「こちらどうぶつほいくえん」
  • 作・絵: おのりえん出版社: 福音館書店ねむれないふうちゃんにお月様が言いました。どうぶつほいくえんに行ってごらん。ふうちゃんはラクダに乗ってしゅっぱつしました....南の国にある、夜やっている動物たちの保育園。そこにはサイ、ワニ、キリン、ヘビやライオンもいました。楽しく遊んだふうちゃんは・・・・?大きな動物たちが遊んでくれるなんて最高ですvvにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「びっくりたまご」
  • びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし作者: レオ=レオニ出版社/メーカー: 好学社発売日: 1996/05/01メディア: 大型本3匹のカエルがある日見つけたのは大きなたまご!そこから生まれたのは・・・・にわとり??????...大きな卵から生まれたのは固いウロコに覆われて、歯はギザギザ、強そうなしっぽがあって・・・これって本当にニワトリ??仲良く暮らしてはいたもののやはり本当のお母さんが見つかると寂し [続きを読む]
  • 「いっしょに あそばへん?」
  • いっしょに あそばへん?作者: 岡田 よしたか出版社/メーカー: 金の星社発売日: 2014/10/28メディア: 大型本カスタネットがひとりで遊んでいます。でも、一人じゃつまらないよね。誰か一緒に遊びましょ♪....夜中に公園でカスタネットが・・・ここでもう可笑しいのに、一緒に遊ぼうと誘った子たちはトライアングルやリコーダー。しかしそこにもっとおかしなメンバーも加わって・・・真夜中にさぞ騒がしい事でしょうが、とても楽しそ [続きを読む]
  • 「スモウマン」
  • スモウマン (講談社の創作絵本)作者: 中川 ひろたか出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/12/17メディア: 単行本相撲部屋に住む幕下力士スモウマンは正義の味方!いつでも助けてくれるよ!!!....なかなか力強いヒーローですが、オスモウサンなのでちょっともっちゃり可愛さもvv豪快で優しくて、これぞ正義の味方?そして、そこここに隠された小細工な絵が楽しいv力士の名前やお店の名前、化粧回しにまで楽しさが込められてい [続きを読む]
  • 「いちにちむかしばなし」
  • いちにちむかしばなし (PHPにこにこえほん)作者: ふくべあきひろ出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2015/06/25メディア: 単行本一日、むかし話の主人公になってみたよ!!主人公とはこんなにも困難だったのか・・・(笑桃太郎の流れてくる桃の中に入ってみたら、金太郎の腹掛け着てみたら、抜かれる大きなカブになってみたら...なかなか苦労するようで、思わず吹いてしまいますvvvvむかし話の主人公も苦労してるんですね♪に [続きを読む]
  • 「はっぱのてがみ きょんとぴい」
  • はっぱのてがみ : きょんとぴい 岡田昌子 作・絵 金の星社 1979 (こどものくに傑作絵本)しいのき山のしいのきさんから今年もお手紙が届きました。きょんとぴいはふたりだけで、しいの実をもらいに行くことになりましたが...可愛らしいリスのきょうだいが、しいの実をもらいにおつかいです。あるはずの立札がない!物知りフクロウさんは眠そう、暗闇で光るたくさんの目・・・!ドキドキしながらたどり着いた先には優しそうなしい [続きを読む]
  • 「蹴りたい背中」
  • 蹴りたい背中 (河出文庫) [ 綿矢りさ ]ショップ: 楽天ブックス価格: 410 円クラスで外れているハツは同じく外れているにな川にふと話しかけたことから、彼がモデルのオリテャンに夢中であることを知り、そんな彼のオリチャン好きに付き合わされることになるのだが....上手く笑っていれば仲間に入れてもらえるのに、、、あえてそれをしないハツの姿勢は素敵。ただ見ていて辛い時もある。同じくして独りのにな川はそんなこと気にせ [続きを読む]
  • 「柿の木のある家」
  • 柿の木のある家 (偕成社文庫) [ 壷井栄 ]生まれた双子は柿の木の苗と共に貰われ、柿の木に見守られ成長してゆきました。離れていても、また血の繋がりが少し薄くとも、思いやる気持ちと家族の大事さを見守る柿の木の存在が、重い。貧しいその世の中で、子が自ら「養子になる」という決断をする、理解をするというのは、想像に及ばない。寂しい気持ちの中にも幸せを探そうとする姿勢も健気で、しかしツライ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「もりいちばんのおともだち」
  • もりいちばんのおともだち おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ) [ ふくざわゆみこ ]ショップ: 楽天ブックス価格: 1,296 円森で一番大きいくまさんと一番小さなヤマネは大の仲良し。ある日ケーキ屋さんで美味しいケーキを食べた後、素敵な苗をプレゼントされました。それぞれ植えてみたのですが・・・....大きなくまさんは体に似合わず小さな苗を。小さなヤマネは大きな苗を。そのギャップがとっても可 [続きを読む]
  • 「ヘンテコクレヨン」
  • ヘンテコクレヨン作者: みやにし たつや出版社/メーカー: 学研プラス発売日: 2014/08/05メディア: 単行本へんてこなクレヨン。描いたらその通りの顔になっちゃう!....へんてこ怪人が作り出した、ヘンテコクレヨン。描くと顔がブタになったり、お姫様になったり。こんなクレヨンでどんな顔になりたいかなぁ・・・♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「ぽっぺん先生の動物事典」
  • ぽっぺん先生の動物事典 (ぽっぺん先生物語)作者: 舟崎 克彦出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1979/01メディア: 単行本ぽっぺん先生の40歳のお誕生日を記念して、先生が研究してきた動物や生き物たちの辞典を出すことになった。原稿を書くのが面倒な先生は、記者のレコーダーに向かって話し始めました....最初は「アイアイ」。でも、普通の辞典ではなく、ぽっぺん先生からの視点と、生き物との会話や出来事という、変わった内容で [続きを読む]
  • 「いえでででんしゃはこしょうちゅう? 」
  • いえでででんしゃはこしょうちゅう? おはなしの森作者: あさの あつこ出版社/メーカー: 新日本出版社発売日: 2004/09メディア: 単行本誕生日なのに一人でお留守番。ムカムカしているさくらこのもとに、あの「いえでででんしゃ」の車掌さんがあらわれた。おかしいな?家出したいなんて思っていないのに・・・?....家出したい子を乗せていく「いえでででんしゃ」。でも今回は家出したいと思っていないのに、現れたのにはわけがあり [続きを読む]
  • 「うみの100かいだてのいえ」
  • うみの100かいだてのいえ作者: いわい としお出版社/メーカー: 偕成社発売日: 2014/06/27メディア: 単行本船の上から落ちてしまった人形のテンちゃんを追いかけて、海へもぐっていくと・・・?...海の中の素敵な世界が何層ものお部屋になっていて素敵v探している人形が、交換という事でいろんな姿に変身していく。柔らかな海の優しさを感じさせ、細かく描かれていることでいろんなところで楽しませてくれますvにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「しゃもじいさん」
  • しゃもじいさん作者: かとう まふみ出版社/メーカー: あかね書房発売日: 2012/12メディア: 大型本使い古されたしゃもじいさん、新しい主人を求めて旅に出ました。途中で同じく使い古されたり、壊れて捨てられたりしたモノたちを誘います...古くなってしまった道具、でも「きっとまだ使ってもらえる!」そんな希望を胸に、しゃもじいさん達は歩くのです。「まちにはものがあふれていました」・・・ちょっとグサッとくる一文。物は入 [続きを読む]
  • 「あんしんポケット」
  • あんしんポケット (PHPゆかいなどうわ 17)作者: 竹下 文子出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 1985/06メディア: 単行本偶然見つけた、そこはポケット屋さん。色々なものを入れられるポケットを付けてくれます。100円で「あんしんポケット」なるものを付けてもらったこうじくんは・・・?...クーラーボックス代わりにになるポケット、花を植木鉢ごと入れられるポケット、動物が飼えるポケット・・・用途に応じていろんなポケットが [続きを読む]