まめ吉 さん プロフィール

  •  
まめ吉さん: あした元気にな〜れ (重症筋無力症との日々)
ハンドル名まめ吉 さん
ブログタイトルあした元気にな〜れ (重症筋無力症との日々)
ブログURLhttp://asugenki7.seesaa.net/
サイト紹介文筋無力症友の会 宮城支部の活動状況 を紹介していく個人ブログです
自由文重症筋無力症歴10年以上になる、まめ吉の治療の様子
や病気についての思いと、参加している筋無力症友の会
宮城支部の活動アピールの為、書き綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/06/08 10:06

まめ吉 さんのブログ記事

  • 今年の漢字
  • 年末恒例、今年の漢字が発表されました。「災」ですって。何回目ですかこの字。確かに災害が多かった年ではあるけれど、年を納めるにはネガティブ過ぎませんか?「言霊」という言葉があるように、一言の意味は精神的な面で、後からへの影響が大きいのになあと思います。災害を超えて何か希望が見える一語が良かったなあ。私の個人的な今年の漢字は「留」でした。立ち止まって考えるような1年だったので。アキレス腱を痛めたのもそ [続きを読む]
  • ヘルプマークを付けました
  • 宮城県でも漸くヘルプマークの配布が始まりました。知事曰く、東北6県では最後だそうです、政令指定都市があるのにそれもどうかと思いますが、これで福祉制度として他県に追いつきました。ご存知の方も多いでしょうが、ヘルプマークというのは、内部障碍者や難病患者等、一見どこも悪くないように見える人が、援助や配慮をお願いしたい事を周囲に知らせるためのマークです。早速区役所の福祉課に出向いて、頂いてきました。手続き [続きを読む]
  • 濃密ながら、全ては繋がっていると感じる1週間
  • なんか長いタイトルになってしまいました。「人生という名の手紙」の感想から始まり、ここ1週間の出来事が、まあ鳥肌が経つぐらい繋がっています。昨日は、心身にハンデを抱えた方達による〓「ボーダーレスアート展」での遠藤園子さんのクリスタルボウル演奏会。魂の叫びのような作品群の中で、クリスタルボウルの音色が飛び回ります。突然の障害で絶望的などん底ともいえる状態に陥りながら、己の心の叫びを思いっきり作品に表し [続きを読む]
  • 全ての人への手紙
  • 久しぶりに本の紹介です。ケイシー療法でお世話になっているネットショップの店長さんがお薦めしていた「人生という名の手紙」という本を読みました。原題は「サムへの手紙」です。著者は精神分析医ダニエル・ゴッドリーブ氏。彼は30代で交通事故による四肢麻痺となっています。彼にはたった一人の孫息子のサムがいます。サムは自閉症で、その彼に向けての手紙になっています。ゴッドリーブ氏自身が、四肢麻痺というハンデを抱えて [続きを読む]
  • 癌ステージ4からの復活
  • 仙台で活躍されるフリーアナウンサー、及川徳子さんの講演会に行ってきました。及川さんは5年前に癌を発症し(しかもステージ4)、腫瘍マーカーも10000を超える高値でありながら、今は完全に復活しアナウンサー業の他、様々なセラピー活動をされておられます。今回の講演は、漸く今ここでご自分の体験を皆さんに聞いていただきたいという思いからだそうです。彼女は、病気発症前から心について色々と学んでこられたとの事でしたが [続きを読む]
  • 毎日やるぞ
  • 神経内科の診察ついでに、アキレス腱のリハビリ方法を教えてほしいとお願いしました。動画を見ながら自主トレしていましたが、効果のほどがわかりません。良かれと思ってやっていたことが逆に悪化させる原因になると困るので、専門家に診断していただこうと思ったのです。幸い私が現在通っているクリニックは、理学療法士さんがおられます。MG診察の後、アキレス腱から足首のあたりを見ていただくと、根本的に足の筋力の使い方が [続きを読む]
  • 「HEAL」奇跡の治癒力を見る
  • 〓映画上映会に行ってきました。仙台では初になる「HEAL 奇跡の治癒力」という映画です。ホリスティック医療ではここ数年、「祈り」の力の重要性が語られています。エドガーケイシーの映画「リーディング」でも一番の基本として捉えられていました。この「HEAL」には、末期のがん患者だけでなく、西洋医学では診断ができない難病の患者が登場します。そして彼らとともに、医師や学者が、目には見えない「想念」の持つ身体への影響 [続きを読む]
  • 便利な世の中になりました
  • 相変わらず右のアキレス腱がピリピリと痛みます。その個所は、先日打撲したところなので切れているわけではありません。整形外科では治療のしようがないので、自然治癒を気長に待つことしかないようです。少し力を入れたり予期せぬ方向転換をすると、「痛っ」となるので、防衛として2年ぶりに杖を使っています。ただね、最近これが抑止力にならなくなってきました。先日信号のない横断歩道を、杖をつきながらゆっくり歩いていたの [続きを読む]
  • 宮ぷーさんの映画上映会
  • 私のアキレス腱のケガの影響で開催が(個人的に)危ぶまれていた、明日げんき会映画上映会を無事終えました。参加者の皆さんにはハラハラさせてしまい、お詫びの言葉もありません。(大反省)ギプスをはめてでも開催する気でいましたが、宣伝を大ぴらにすることが出来なくなり、ほんとに小さな上映会になりました。今回上映したのは、「僕のうしろに道はできる」です。このブログでも何度か紹介をしていると思いますが、脳幹出血で [続きを読む]
  • 宮ぷーさんの映画上映会
  • 私のアキレス腱のケガの影響で開催が(個人的に)危ぶまれていた、明日げんき会映画上映会を無事終えました。参加者の皆さんにはハラハラさせてしまい、お詫びの言葉もありません。(大反省)ギプスをはめてでも開催する気でいましたが、宣伝を大ぴらにすることが出来なくなり、ほんとに小さな上映会になりました。今回上映したのは、「僕のうしろに道はできる」です。このブログでも何度か紹介をしていると思いますが、脳幹出血で [続きを読む]
  • 2年前から切れていました
  • アキレス腱のMRIを撮り、整形外科の診察を受けました。今回判明したことは、先日の打撲の影響はたいしたことはないという事。(松葉杖の悪夢はなくなりました)ただし、過去に踵から6.5センチほど上部に断裂している形跡があると診断されました。これ、実は自分でも覚えがあるのですよ。2年前に筋無力症が骨粗鬆症薬によって急速に悪化した時のことです。筋力が落ちてしまい、身体を支えることが難しくなっていました。体幹がグ [続きを読む]
  • 切れてしまいました(泣)
  • 先週の初め頃なんですが、家の中で躓いた拍子に家具に右アキレス腱のあたりをガンッとぶつけてしまいました。これがもう声も出せないくらいの痛さで、足を押さえてのたうち回りましたよ。打撃のすさまじさで痛すぎて直ぐには病院には行けず、ようやく腫れも引いた2日後に整形外科に行きました。そのころには歩けるようになっていたので、酷い打撲ぐらいに考えていたら、私の足を診た先生が一言「アキレス腱が切れているね」私とし [続きを読む]
  • 新受給者証
  • 10月に入りました。臨床個人調査票の申請も支障なく通過し、新しい特定疾患受給者証が届きました。今年は、今までお世話になっていたクリニックを変えて、新しい先生に調査票を書いていただいたので少々心配ではありましたが、無事に審査を通過したようです。こちらの先生も、MG患者の個人調査票は何人も書かれている方なので、まあ大丈夫だろうとは思っていましたが、現物が届くまでは若干の不安がありましてね。(苦笑)友の会 [続きを読む]
  • NHKの東洋医学特番を見る
  • NHKで東洋医学の特集をしていました。2時間以上の大型特番です。NHK突然どうしたんでしょ?珍しい。鍼灸 漢方 東洋医学なのにヨガも(アーユルヴェーダの範疇ですが、あまり知られてはいないから、東洋医学に入れたのかな)かなりじっくりと鍼灸コーナーをしていましたが、取り上げた疾患が、肩こりや腰痛といった、まあ一般的なものでした。本当は、私の疾患のように難病も扱ってる奥の深い治療法ですが、初心者である視 [続きを読む]
  • 気がつけば忙しくも楽しい日々
  • 先日のハーブティ講座に続きまして、来月は昨年に続く映画上映会です。11月はストレッチ講座の企画もあって結構いろいろと準備があります。しかも、ここでは内容を書けませんが、東京の出版社の方が仙台にいらして講演会をされますが、そのボランティア兼司会もあります。(シークレットトークショーなので書けません)全く傾向が違う3種類を同時進行で準備しています。明日げんき会は、会と言っても私の個人企画なので、配給元と [続きを読む]
  • 美味しいお茶を楽しみました
  • 明日げんき会「養生セミナー」、9月はハーブティー講座です。今年も「セルリアンテラス」の岩城先生にお願いしました。今年で勉強会も3回目。中医学セミナーと並び、明日げんき会恒例企画になってきました今回は残暑から初秋に向けての、変わり目の季節に合うハーブティーを学びました。ベースになるお茶を決めた後、効果を追加するお茶、味を決めるお茶と、選んでいきます。茶葉の香りを様々かいだ後、実際に飲んでみたいお茶を入 [続きを読む]
  • 最期を迎える場所
  • 岐阜の病院で、入院患者がエアコンの故障で亡くなるという痛ましい事件がありました。今後の日本の医療を考えると、他人ごとではないですね。恐らく亡くなられた方々は、寝たきりだったり痴呆があったりと、ご自宅にはいられない状態だったでしょう。この病院は経営的にかなり厳しかったようですから、エアコンだけでなく他の諸々の事柄でも問題があったのかなあと推察できます。それでもご家族としてはこの病院しかなかったのでし [続きを読む]
  • 9月、10月、11月の予定
  • 6月のお灸セミナー以来、ちょっとお休みをしていた「明日げんき会」ですが、昨年同様怒涛の3か月連続企画が始まります。9月は毎年恒例のハーブティー講座で、10月は昨年好評でした映画上映会です。そしておそらく11月はストレッチ講座ををやりたいなと思っています。ハーブティー講座は9月という季節の変わり目に合うお茶のブレンドを皆さんで行います。ハーブティーは、お店で買うとなると期待していた味ではなかった場合、量も多 [続きを読む]
  • 傾聴とは
  • みやぎがん患者支援の会「ホッとサロンin仙台」のメンバーの方からのお誘いを受け、10周年特別講演会に伺いました。講師は、ご住職の金田諦應氏。宗教関係者の皆さんと、東日本大震災直後から被災地を回り、移動喫茶店「カフェ・デ・モンク」を主宰し、被災者の話を聴く「傾聴活動」をされておられます。以前NHKの番組で氏の活動を拝見したことがあり、活動の一端を知りたく参加しました。震災後、1番初めに読経をしたのは、 [続きを読む]
  • 即効性はある
  • お盆の最中に、会社の健康診断でした。いつもお願いしている病院が、「8月に検診をしませんか?」と営業をしてきたので、この時期になりました。個人のクリニックはお盆休みですが、大病院は通常営業ですもんね。別に割引価格にはならないのですが、空いているだろうということで、お願いしました。検診の中に当然ですが視力検査があります。以前鍼灸治療を受けてから検診に行ったことがあるのですが、視力が良くなっていました。 [続きを読む]
  • 生きるを見つめる
  • 「魂の医療プロジェクト」in仙台というテーマで、ホリスティック医学協会仙台事務局さん主催のイベントがありました。今回は、10時から17時までの長丁場です。午後の部には帯津先生のご講演があり、私も参加したかったのですが、残念ながら用事で午前のみでした。午前は、映画「生死(いきたひ」の上映と、この映画の監督でもある長谷川ひろ子さんのご講演がありました。この「生死(いきたひ)」は、47歳の若さで亡くなられた長 [続きを読む]
  • 足元には宝がいっぱい
  • 朝早くオオバコ摘みに行ってきました。夏休みの宿題ではありませんよ。オオバコ湿布を作りたかったのです。家の近くに堤防があり、野草はとりたい放題です。この堤防、しょっちゅう草刈りをしていますが、あっという間に人の腰位の高さの雑草に覆われてしまうのですよ。それだけ繁殖力が高いのですね。今回私が作りたかったのは、エドガーケイシー療法の中にある、「オオバコローション」です。この湿布は、がんやポリープ等に使わ [続きを読む]
  • 漢方と薬膳と温泉と
  • 日本薬用植物友の会主催の薬草セミナーに参加しました。このセミナーは元々宮城県が主催し、名取市にあった薬用植物園にて開催していましたが、植物園が閉園になり、今年から仙台市内の市民センター等での開催に変更になったそうです。仙台市内に住む私は行きやすくなりましたが、薬用植物園の閉園は悲しいことですよ。一般的には面白みがなかったのかなあ。今日の講師は私の主治医です。ご実家が温泉旅館でもあるので、漢方のお話 [続きを読む]
  • 近況を語り合う
  • 先週の土曜日になりますが、友の会宮城支部の「つどう会」に参加しました。私は4月の支部総会に不参加だったので、4か月ぶりに会員の皆さんにお会いしました。しかし「明日げんき会」の活動と被っているので、あまり久しぶりの感じはしません。養生法勉強会との違いは、特定疾患事業や筋無力症の新薬についての会話が主になることですかね(当たり前か)今月は特定疾患の更新手続き月なので、こちらの話題が多くなります。参加者の [続きを読む]
  • 啓発活動しなくちゃ
  • 私が定期購読をしている月刊誌があります。(病気や健康に関する雑誌ではありません)今月号が届いたので、じっくりと読んでおりました。その中に、ある方のインタビュー記事がありました。すると、子どもの頃「筋無力症」を発症したとあります。俄然興味が湧きまして内容を読み込むと、どうも記事がおかしいのです。昔のことなので、病院で治療法がなかったという記述は分かります。ところが、生きても4年しか生きられないとか、 [続きを読む]