ZO6 さん プロフィール

  •  
ZO6さん: 風翔記
ハンドル名ZO6 さん
ブログタイトル風翔記
ブログURLhttp://www.pasha-g.com/blog/diary.cgi
サイト紹介文アメリカに在住しグローバルに活動する藤井良泰氏の書と写真のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/06/10 01:12

ZO6 さんのブログ記事

  • 和歌山城
  • Day 5th 和歌山昨日の浅草橋講習会は台風12号の雨雲の隙間で無事に終了。今日はその台風の後を追うように西へ。ここは初めて訪れる紀州徳川家の居城「和歌山城」。城の正面に位置するホテルの部屋からの景色がまた見事... [続きを読む]
  • 飛騨高山③
  • Day 3rd宿泊した宝生閣の番頭さんの勧めで合掌造りの集落へ。ここはそのまま移築された本物の合掌造りの家屋が集まる。番頭さん曰く、「白川郷より、より本物」とふる里を自慢げに語られていたことを思い出す。ここも... [続きを読む]
  • 飛騨高山②
  • Day 2nd part-2名古屋からの線路も寸断されているとのことで、到着したここ高山は本当に孤立していた。おかげで人がまばら。駅の隣のバスセンターで降りるも駅にタクシーがいない。待つこと30分、ようやく一台のタク... [続きを読む]
  • 飛騨高山①
  • 行ったことがない日本の街に行こう、という事で計画した高山行。しかし富山で乗り換えるはずだった高山線が先日の豪雨で不通らしい。代替えのバスがあるとの情報で早速電話予約。時間も快適性も電車より劣るが行けな... [続きを読む]
  • Utah Trip ⑤
  • UTAH Trip : Day 5やはりZionは人気者。ユタ州にある国立公園(Capitol Reef, Bryce Canyon, Arches, Canyonlands, そしてZion)の中では断トツの来場者を誇る。壮大で見どころも多く、多種のトレイルは人々の心を掴んで離さない。その中でもThe... [続きを読む]
  • Utah Trip ④
  • UTAH Trip : Day 4悔しいかな、満月に近い煌々と輝く月という最低最悪な条件の中、記念にと星空を撮ってみました。まったく人工物が無い絶好の場所で、よりによってなんで満月?今度は新月の時に降りそそぐ星たちを撮って... [続きを読む]
  • Utah Trip ③
  • UTAH Trip : Day 3日中は摂氏35度近くなるとの天気予報で早起きして行ってはみたものの、やはり遮るものがない岩場を登って行くのは想像以上に大変。今回の目的はCassidy Arch。2時間かけてようやく頂上へ。たどり着くやいなや... [続きを読む]
  • Utah Trip ①
  • UTAH Trip : Day 1予約していた午前6時発のラスベガス便がキャンセルされたので、9時発の代替え便に乗る羽目に。当然到着も遅れそのままズルズルと。結局目的地Bryce Canyonには午後6時到着。今回の旅の目的地はここじゃな... [続きを読む]
  • 一期一会
  • この季節になるとこの町が特に好きになる。花々は咲き乱れ、鳥や動物たちも子育てで忙しくなるのかぐんと距離が縮まるように感じる。今日も隣の木の中で暮らしているハチドリが、我が家のデッキのハンギングバスケッ... [続きを読む]
  • Lake Twenty Two
  • 先日の休みに息子たちが行ったというLake Twenty Two。「どんなトレール?」の私の問いに息子は「Easy」、息子のGFは「Moderate」。はい、息子は嘘つきだった。岩だらけの道なき道を往復4時間、倒木を何度乗り越えたか。でも「... [続きを読む]
  • 恨めしいCottonwood
  • 「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしてふ天の香具山」持統天皇ようやく長かったシアトルの雨期も終わり、待ち遠しい夏が訪れた。しかしこの夏の初めには北米特有のポプラの一種「Cottonwood tree」の白い種が舞う。 種子... [続きを読む]
  • 竹圖
  • ブツブツ言いながらもようやく腰を上げ、依頼があった竹圖(70cm×480cm)を一気呵成に書き上げた。いったい軸装代はいくらかかるんだろう。吹き抜けの玄関ホールにかけたいとサイズも指定された。それではとお客様に喜ん... [続きを読む]