断熱の匠 さん プロフィール

  •  
断熱の匠さん: セルロースファイバー断熱施工日記
ハンドル名断熱の匠 さん
ブログタイトルセルロースファイバー断熱施工日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sanyolum/
サイト紹介文セルロース断熱を施工している技術者の日々を綴った日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/06/10 16:58

断熱の匠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 造船所
  • 久しぶりの投稿となりました。少し前ですが、珍しい場所に行ってきました。それは造船所せとうちクルーズのクルーズ船『ガンツウ』の3F部分の床に防音対策としてセルロースを吹き込んできました。船の構造は鉄板ですので音が響きます。そこでセルロースを100mm吹き込み防音対策することに・・・ただ、普段の住宅とは違い、デカイの一言・・・やってもやっても終わらない。床だけで2日半かかりました。でも刺激的な現場でした。た [続きを読む]
  • アミパネル
  • 寒い地域になるとセルロースの外側に合板などの面材を張ると内部結露計算で結露判定となります。今回の北広島町の現場もダイライトでは結露判定となりアウト!!しかし、耐震性アップのためにも面材で壁倍率を取りたいところそこで今回、『アミパネル』という商品を採用していただきました。左の写真がアミパネル9mm厚の杉が3層になっており、耐力壁・通気層・塗り壁の下地の3つの機能を兼ねる優れものです。見てわかる通り空間 [続きを読む]
  • 大型木造物件
  • 最近、木造で住宅ではない少し大きな物件が増えています。老人ホームの平屋や2階建てなどの用途の建物です。公共物件の木造化(低層物件)は法律によって定められていますが民間にも広がりを見せているようです。そこで断熱材も木質繊維からできているセルロースファイバーが採用されることもあります。上の写真は県北のお菓子メーカーさんの新しい工場です。床面積約300?断熱は壁・天井でセルロースが採用されました。上の写真は [続きを読む]
  • 断熱改修の体感
  • 弊社が事務局をしているスマートウェルネス補助事業の補助金を使って断熱改修された現場を体感してきました。構造はツーバイフォー工法改修の内容は、床 セルロースファイバー 180mm1F壁 セルロースファイバー 89mm天井 セルロースファイバー 250mm窓  樹脂サッシ2F壁  既存のままツーバイ工法なので、2Fの壁はそのままでも気流止めができていると考えての工事です。その代わり、床と天井の厚みを増やして補ってい [続きを読む]
  • 本日の現場
  • 雪がひどくなくホッとした朝でした。本日の現場は、杉材をふんだんに使った30坪平屋の家。セルロースの仕様は屋根240mm  壁120mm平屋の屋根は大きく壮観です野地板に合板ではなく透湿性の良い面材を使っておりその上に通気層が来る仕様で内部結露計算でも防湿層不要となる仕様です。さすがに材料はよく入りましたが、1日半で完了しました。暖かい家になること間違いなしです [続きを読む]
  • シロアリ予防
  • 最近、ホウ酸によるシロアリ予防の依頼が増えています。今までは、農薬系の殺虫剤を木材につけて処理するのが当たり前でした。農薬とは、農作物に虫を寄せ付けないために開発されたものです。野菜や果物に農薬が残ったままでは危険なため、揮発性が必要となります。揮発とは、空気中に出てきていずれは、消えてなくなるということです。ですので、シロアリ予防の効果は5年程度しかなく、再処理が必要となります。しかし、再処理も [続きを読む]
  • 保育園現場
  • ご無沙汰しています。少し時間ができたため、現場報告します。少し前の現場ですが、木造新築の保育園でセルロース断熱が採用となりました。有り難うございます大きな物件で、セルロースが屋根200mm 壁120mm 施工させていただきました。現場監督さんもこだわりの強く、信頼できる方でやりがいのある現場でした。最近は、公共物件を木造で建設されるケースが増えております。まだまだ、大型物件で高気密高断熱の考えは少ないと [続きを読む]
  • 屋根断熱
  • セルロースの施工部位で屋根の厚みが最近、やたらと厚みを増しています。25年基準の義務化に向けての動きだと思われます。等級4の時は、窓の性能をグレードアップすれば、屋根断熱の厚みを1/2に軽減できるルールがあり、みなさんそのルールに基づいて厚みの選定をしていたため、広島でも本来185mm必要なところを100mm(92.5mm以上でOK)で設計されるところがほとんどでした。いまでは、断熱材の厚みをできるだけ厚くしたいと [続きを読む]
  • マンション防音
  • 約4年前から、セルロースで一部屋づつ防音工事をしているマンションの現場で仕事してきました。ワンルームの賃貸マンションなのですが、完成後に、オーナー様から上階の話し声が聞こえるとのクレームが発端です。音の問題は、完成してからはじめて気付くことが多いようです。まず、3部屋の天井裏にセルロースを200mm(天井裏空間目一杯)ふきこぼし、効果を検証し、OKとなりました。しかし、その時はすでに、部屋は満室状態に [続きを読む]
  • モデルハウス
  • 『こころ』という団地で某ビルダー様のモデルハウスにセルロースが採用されました。こちらはでは毎年、各メーカーがモデルを建てて1年間使用し、その後は販売する形式なので、展示場のようなスクラップアンドビルドとはならず、建物も現実的な大きさとなっています。今回のビルダー様では昨年のモデルも採用頂き、評判が良かったようです。今回の仕様は、屋根:200mm壁:105mmその他床:200mmとなっており、当然ですが長期優良住宅 [続きを読む]
  • JCA施工研修in下関①
  • 今週末、下関にてJCAの研修に出席してきました。初日は、新建ハウジングの三浦社長をお招きし、『現場品質と職人問題をj考えるセミナー』が開催されました。今後、人口減に伴って、新築の着工数は激減が予想されています。そういった環境の中でいかにお客様に選んでいただける工務店、断熱材にするのかは『正直な家づくり』をするという事。言っていることとやっていることが同じという、簡単な事が大事になる、という事。現場では [続きを読む]
  • 大工さん自宅へセルロース
  • 大工さんの自宅にセルロース断熱材を採用していただきました。大工さんは仕事柄、多くの断熱材を取り扱ったり、体感することができます。そんな大工さんの自宅にセルロースあ採用されることは大変うれしいことです。壁・屋根・天井へ施工させていただきました。快適な家へのお手伝いはうれしいものです。 [続きを読む]
  • スマートウェルネス補助事業
  • 久しぶりの更新となります。スマートウェルネス補助事業の断熱工事にてセルロースが採用されました。スマートウェルネス補助事業とは、断熱改修工事の前後で健康調査(温度・湿度・血圧・活動量等)を行い、断熱改修するjことによって健康状態に変化があるか調査するという事業です。今まで、工務店レベルでこの手の話はよく出ていましたが、感覚のレベルの話で確かなデータがなく説得力に欠けるものでした。そこで、国都交通省の [続きを読む]
  • 過去の記事 …