けい さん プロフィール

  •  
けいさん: のせがわ(野迫川)で田舎暮らし
ハンドル名けい さん
ブログタイトルのせがわ(野迫川)で田舎暮らし
ブログURLhttp://nosegawaclub.seesaa.net/
サイト紹介文奈良の山奥・野迫川村でログハウスや庭を手づくりして楽しんでいます。自然の恵みに感謝の日々です。
自由文山の庭で育てている花や樹木、収穫した山菜や野草の料理のページです。二人でコツコツ。週末田舎暮らしが終日田舎暮らしになる日を夢見て...。
管理人HP:
「野迫川倶楽部」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/
「風光る庭」
http://nosegawaclub.kokage.cc/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2008/06/11 08:11

けい さんのブログ記事

  • 猪・カモシカ・猿に鳥
  • 朝晩の寒さがきつくなってきたので、灯油をまとめ買いしようと町に下りた。往路、道路の側溝で何かを漁る親子連れのイノシシに出合う。子猪は一頭で、まだ微かに縞が見えるから瓜坊と言ってもいいのだろう。慌てて後部座席のカメラを取ったが、撮影は間に合わず。。。子供を先に追いやって続いて山に駆け上がろうとしている、親イノシシのお尻だけが撮れた。帰路はカメラをしっかり手許に置いておく。あそこに何かいるみたいだよ。 [続きを読む]
  • ミカエリソウとアサギマダラ
  • 台風以後、庭奥はどうせ荒れ果てているだろうと思い、目の前から優先的に片付けてきたのだが、それが一段落したので一輪車と諸道具、カメラを携えて庭奥へ。。。木々の枝がたくさん落ちており、それらが朽ちるまで待つには時間が掛かりすぎるので、拾い集めて燃やすことにする。だんだんと奥へ進む。「アレッ、赤っぽいものが見えるけれど何だろう?」庭奥突き当りの一帯はクマザサとハンゲショウに占拠されつつあるのだが、そこに [続きを読む]
  • 薪オーブンのことと物置の移動
  • 今朝から薪オーブンに火が入った。やはりじんわりと暖かい。天板は大鍋が4個乗る広さだし、オーブン部分は常に稼働O.Kの状態なので、私は追われる気分になる。「熱源が勿体ない。作らなきゃ、作らなきゃ、、、」この数日、物置の移動をしていた。山の開拓を始めた頃にベースキャンプに最初に置かれたスチールの物置は、ここ何年も締め切ったまま。しかもキウィ棚の南側で陰にしていたので、ミニ菜園の傍らに移動させて道具類を [続きを読む]
  • カツラの黄葉と仲間入りした多肉ちゃん
  • 今朝は一気に冷え込み、寒暖計は一桁になった。まだ薪オーブンには火が入っていず、ファンヒーター稼働中である。カツラの黄葉が一気に進んでいる。秋は空気が澄んで気持ちがよく一番好きな季節だが、食欲も増進するのが悩みの種だ。さて多肉植物。冬場に難儀するのにとは思うのだが、目にすると自分に言い訳しながらついつい手が伸びる。kiiさんにいわせると、「冬場に半分近く枯らすのにさ、ちっとも懲りないんだから!」「半 [続きを読む]
  • シュウメイギクいろいろ
  • シュウメイギクの群れ咲く風景に憧れている。「秋の空とシュウメイギクというのは似合うと思わない??」と言ったら、「そりゃぁ、コスモスでしょ?」とkiiさん。でも、何故か私にとっては、“秋空にはシュウメイギク”なのだ。一番丈夫で場所を選ばず増えるのは矮性の一重ピンク。「ダイアナ」と矮性種が交雑してしまい、もうどれがどれだか判らない。八重咲種白。今年は雨が多くて草引きが後手後手になり、丈が伸びたつる草に [続きを読む]
  • アケボノソウとサクラタデ
  • アケボノソウがとてもよく咲いている。道端に出てくるものだから、今までは草刈り部隊に刈られることが多かったのだが、救出作戦が功を奏した様子。蝶もよく飛んでくる。じっと辛抱して待てばいろんな蝶が撮れるのだが、晴れた日は時間が惜しい。サクラタデは桃花も白花も異常に増えすぎてkiiさんのひんしゅくを買い、抜いて隣地境界に移植したが、うまく育たなかったのか全滅の危機に陥った。ありすぎても困るけれど、無いと寂 [続きを読む]
  • ツリバナ&吉野アザミ
  • 無数の花が咲いていたので、この秋のツリバナの実はさぞ見事だろうと思っていたのだが、相次ぐ暴風ですっかり落とされてしまったらしい。ガッカリしながら見上げている。あそこにひとつ、ここにひとつ、数えるほどしかない実を眺めながら、来年に期待することに。。。野アザミは鋭い棘が庭仕事のお邪魔虫なのだが、花は結構好みだ。それに、春先の天ぷらには欠かせず、癖のない味わいには「「美味しい!」と吃驚する人が多い。その [続きを読む]
  • ヒイラギモクセイとホトトギス
  • 頻繁な、豪雨或いは大雨の予報にうんざりしてしまう。昨日は先の21号の際に倒れたアルプス乙女、クラブアップル、ボケ、花桃などの整理をし、買い込んだ果樹苗を植える準備を整える。数株あるヤマグワの一本も処理し、木頭柚子やハーブ類を鉢植えしたところで薄暗くなり、今日は果樹苗を本植えしようと思っていたら朝から雨。午前中に済ませるよ!と意気込んでいたのだけれど。。。ログ前のヤマグワも整理しようと、脚立も運んだ [続きを読む]
  • 少し秋色
  • 先の記事で、倒木による防獣ネットの応急処理に追われたと書いたが、その時は北側裏山だった。またまた防獣ネットの断裂があり、今回は東側裏山でその対応に追われた。何処からこんな大きな枝が飛んできたのか、見当がつかないままに取り敢えず最優先事項はネットの補修。それにしても、ログハウスの屋根を直撃しなくてよかったと胸を撫で下ろす。飛来元は何処かと探索していたkiiさん。「ややや、あんな所が折れてるわ!」下か [続きを読む]
  • 果樹苗いろいろ
  • 台風24号は各地で大暴れ、被害がたくさんでている様子。心からお見舞い申し上げます。うちのほうは雨も風もきつかったけれど、通過のスピードが速かったので21号のときのほうがずっと厳しい状況だった。渓の引き水が止まってしまったり、細かいことはいろいろあるが、停電がなかったのが助かった。晴れた日は相変わらず21号の後始末を続けている。スッキリ片付いてきたのも一時のこと。また次の倒木分を引き出してこよう。* [続きを読む]
  • 台風24号と21号
  • 9月は台風と雨ばかりの印象が大きかったけれど、締めくくりの30日まで台風だなんて。。。21号の行き過ぎた後は、停電、雨続き、気管支炎ときて、ようやく最近後始末に取り掛かったところなのに迷惑な24号だ。何事もなく通過してくれたらいいのだが、勢力は21号に匹敵するほどの大きさだそうで、中心円に野迫川村もすっぽり入っているのが不気味である。充電できるものはすべて完了、電池も完備、LEDのランタンは品薄気 [続きを読む]
  • 雨が降ったらお休み
  • 昨日、、、台風で倒れた木々を処理し、その際に出た枝を積み上げたままだったが、その片付けがまだ手付かずのままだった。予報では雨は夕方からになっているから、一日頑張ったら片付けられるね!!積み上げてあった枝を引き出してドラム缶の置き場を作る。枝は燃やし、葉は木々の株元に敷き詰めておく。庭の中の大方の場所は落ち葉が散り敷き、勝手にいい土を作ってくれるのだが、落葉樹が近場に無い所も数か所あるので、そこを重 [続きを読む]
  • ツルリンドウがたくさん
  • 敷地内の裏山側は今年は一度しか草刈りに入っていないので、草ぼうぼうになっているのは覚悟していたが、なんとツルリンドウがたくさん生えていた。ということは、、、今まで草と一緒に刈り取ってしまっていたということか、それとも突如増え始めたということか。見渡すと結構生えているので嬉しい。独特の赤い実を見られるのが楽しみだ。獣害が無くなって復活してきたものの一つが「ヤブラン」「ツルボ」は勝手気ままにあちこちに [続きを読む]
  • 9月の庭は。。。
  • 木々の葉が少しずつ黄ばみはじめている山の庭。雑草に埋もれていたせいだろうか、ニッコウキスゲは今年は花立ちが少ない。少ないなりに、次々と開花して楽しませてくれているのが嬉しい。ミズヒキの赤花は斑入り葉もあるのだが、どうやら普通のもののほうが性質が強いようで、斑入り葉はだんだん少なくなってきている。かなり離れた場所にある白花。白花を数本移植して紅白のミズヒキにしたら面白いかもと思っていたら、手を掛ける [続きを読む]
  • 雨、ときどき晴れ。。。
  • 台風21号の通過後、妙に雨が多くおかげで倒木などの処理が進まない。山はもう冷たい雨なので、押して外仕事をする気力などこれっぽっちもない。二日前に山から下りて所用を片付けがてら病院に行ってきた。病院は苦手で滅多に行かないのだが、ここ数年、年に一度はお世話になっているのが悔しい。何しろ「頑丈」を自認していたので。。。点滴を受けて少しは楽になったが、まだ暫し時間が掛かりそうだ。雪の季節がひたひたと迫ってく [続きを読む]
  • 伐採とブルーベリー摘み
  • 伐って積んで、伐って積んで、kiiさんはひたすら頑張っている。台風で倒れたり捩れたりした木を優先して処理しているが、ついでにその周辺の整備も行っているのでなかなか進まない。敷地内には夏椿が七株有ったので、育樹園にある一株も今回伐り倒した。一本ずつ枝を落とすのだが、太くなっているので結構厳しい作業だ。切り落として引き出してきた枝を、薪や焚き付けにできる部分と処分するものに切り分ける。積み上げた枝葉の [続きを読む]
  • そろそろ復活しなくては。。。
  • 台風の後始末がたくさん残っているのに、停電が解消した途端にホッとして気が緩んだのか、大風邪に見舞われてダウンしている。何とも情けない話だ。私のアキレスけんは喉、また今回も痛みと長引く咳に悩まされている。kiiさんは風呂釜を修理し、倒れかけている木々を伐採し、薪を作りと頑張っている。風呂釜はまさか直せるとは思わなかったので、吃驚した。試行錯誤の末にうまく点火したときは思わず拍手。山奥では修理に来ても [続きを読む]
  • 停電のその後
  • 関西電力は7日には全面復旧というが、果たしていつになることか。村の対応からそう判断して、7日午後4時過ぎ、急遽、緊急避難の準備をする。もうすぐ暗くなるので大慌て。冷凍庫の中はかなり傷んでいるものも有り、無事なものだけを引き上げる。ニュースもまったく目にしていなかったので、新聞を見るまで北海道で大きな地震が起きていたことも知らなかった。地震や台風、豪雨など、各地で大きな災害がとても多いが、日本列島は [続きを読む]
  • 台風21号とその後(2)
  • 5日以降のことは、言いたいことはいろいろあるがあまり思い出したくもない。関電への電話はまったく掛からず、村からも何の情報もなく、なす術なしの状況が続く。通信の手段が途絶えているのだから何とも仕方がなく、何度か五條市大塔町で収集に努める。天川村の数か所で土砂崩れがあり、送電元がそちらなので大塔町の一部(坂本周辺)と野迫川村全域が停電になっていたそうだ。村の知人宅に寄ると6日の午前5時50分には点灯さ [続きを読む]
  • 台風21号とその後(1)
  • 台風21号は強烈だった。南から激しく吹き付ける風雨に、ただ行き過ぎるのをひたすら待つ時間の長いこと。。。4日一時過ぎに停電。2時40分ごろ一瞬風が止み、その後にゴウッとうなり声のようなものが聞こえ、北の裏山側から吹き返しの風がログハウスをきしませる。頑丈に造られているログハウスが揺さぶられるなど初めてのことだったので吃驚する。我が家は北面を山に守られているが、いつぞやの台風で吹き下りた突風が杉を折り [続きを読む]
  • シュウカイドウの赤花と白花
  • 大きな台風が直撃しそうで予報を見聞きするたびに不安が増してくる。これは昨日の夕方。久しぶりに眺めた美しい夕焼けだった。こちらは先ほどの空。こんなにいい天気なのにと、信じられない思いである。止まっていた渓からの引き水もやっと復活したのにね。。。雨も激しくなるそうなのでどうなることか。皆さま、どうぞ気をつけてくださいね!!シュウカイドウが咲いている。獣害が少なくなっているのとこぼれ種のおかげで、増え始 [続きを読む]
  • 晩夏を彩る花たち(2)
  • 花色がだんだん少なくなってきた山の庭。平地の季節を一気に追い抜く日も近い。薄暗がりで白いキキョウが咲いていた。白いキキョウも素敵だけれどやはり青が好き。再び植えたいと思うのだが、最近は矮性が多いのか、草丈のある青いキキョウを見かけない。抱えきれないほどの大株に育っていたキキョウは今は何処の庭にあるのだろう。大切にしてもらえていたらいいのだが。。。「ワイルドオーツ」は地味だけれど存在感が大きい。違う [続きを読む]
  • センペルビウム、くろすけ、レウイシアに花が咲いた
  • 多肉植物は半分ほどが極寒を乗り切り、それなりに元気に育っている。センペルビウムの茎がにょきにょきと伸びてきたので、切って挿してみようかなと思っていたらその先に花が咲いていたので吃驚した。何とも渋い色合いの幻想的な花。すっかりファンになってしまった♪「くろすけ」名前に似合わない(くろすけさん、ごめん!)可愛い花だ。「桜吹雪」蕾は早くに上がってきたのだが、一向に開かない。「ハガイトリメンシス」先っちょ [続きを読む]
  • ありがたくない置き土産
  • 台風20号の通過時はたまたま町に居た。町でも風雨は一時きつかったが、直撃でなかったのが幸いだったとホッとしていたのだが、、、日曜日に山入りの際、五條市の知り合いから「すごい風と雨だったよ。野迫川は大丈夫だった?」と声を掛けられた。雲一つない晴天の下での快適なドライブが、一気に不安マックスになる。背の高くなった草花はなぎ倒されているものが多く、敷地内道路は水の道ができたようで、えぐられてぼこぼこになっ [続きを読む]
  • 晩夏を彩る花たち(1)
  • 大きな葉のギボウシは全種、とっくに花が終わってしまったのだが、細葉のギボウシたちは今が花盛り。あまり目立たないけれど一輪一輪はとても美しいし、全体で眺めるとけっこう絵になる光景だ。傍らではエキナセアがまだ咲き続けている。切り詰めそびれたので、伸び放題のキクイモ。食用にはしていない。名前が定かでない。これも。何だっけかが最近多い^^;ホオズキが可愛い♪大分復活してきた様子で、あちこちにこの姿を認めると [続きを読む]