前田伸太郎 さん プロフィール

  •  
前田伸太郎さん: 前田画楽堂本舗
ハンドル名前田伸太郎 さん
ブログタイトル前田画楽堂本舗
ブログURLhttps://gagakudo.exblog.jp/
サイト紹介文自作のデザインを紹介しながら世の中の様々なデザインについて語るブログ
自由文画楽堂店主前田伸太郎と申します。私が紹介する写真展デザインや紹介する世の中のデザインについて感じていただけたら光栄です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/06/13 10:45

前田伸太郎 さんのブログ記事

  • 広島・長崎を襲った悲劇から73年、改めて思うことと新たに思うこと
  • 去る6日と昨日(9日)に広島と長崎を襲った悲劇からそれぞれ73年を迎えたが、双方の平和祈念式典では改めてそれぞれの市長から核兵器禁止条約への加盟を出席した安倍総理に求めるコメントがあったが、安倍総理が加盟に応じられないような態度をとったのは大変残念である。安倍総理をはじめとして政府関係者の皆さん、中央官庁の関係者の皆さんには唯一の被爆国の政府・中央官庁として改めて条約への加盟と原発を廃止して... [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます2018
  • 今年の夏は「炎暑」と言えるほど暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?私は本年4月でデザイン業務を始めて20年、当ブログ開設から10年ということもあって仕事の傍らで原点へ立ち返ってどのようにして作品作りをするのかというのを考えています。まだまだ暑い日が続くとのことなので、みなさんも体調には十分ご注意の上でご注意ください。【大阪北部地震と西日本豪雨の被災地の皆さんへ】多くのものを失... [続きを読む]
  • スパシーバ、ロシア(ありがとう、ロシア)
  • 先月14日から今月15日まで行われたロシアW杯では開催前に日本チームの監督が突然交代するなどの混乱があったこともあって「大丈夫か!?」と思ったのだが我々日本のチームであることは変わりないと思い応援をすることにした。いざ始まってみるとそれまで抱いていた不安が嘘のように西野ジャパンの好プレーの数々が伝えられ、ベスト8、強いては優勝かと思ったのだがベスト8への壁は思いの外厚いことを実感することにな... [続きを読む]
  • 【祝】ネルソン・マンデラ氏生誕100周年
  • 去る18日で南アフリカを人種融和国家に生まれ変わらせるべく活動を続け、人種融和国家・南アフリカの初代大統領となったネルソン・マンデラ氏の生誕から100年を迎え、世界各地で祝賀イベントが模様されたが改めてマンデラ氏が目指した差別がなく皆が仲良く平和に生きる国際社会の実現(日本が人種融和国家になることも含めて)を私も目指すことを改めて誓い、できることを実行へ移そうと思ったのである。マンデラ... [続きを読む]
  • 大阪北部地震から1ヶ月、西日本豪雨から1週間を迎え改めて思うこと
  • 来たる18日に大阪北部地震発生から1ヶ月、昨日(13日)西日本豪雨から1週間を迎えることになったのだが、大阪を襲った震災を見た時もそうだったのだが、豪雨に襲われた被災地の光景を見るたびに2年前の春に震災に襲われた熊本の光景を思い起こして人ごとだとは思えずに心を痛めている。震災で亡くなられた方々には改めて、豪雨水害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに行方不明になっている方々の一刻... [続きを読む]
  • 熊本桜と花々2018(2)
  • 春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】5月13日に更新した「熊本の桜と花々(1)」から2ヶ月近くも間が空いてしまい、初夏と梅雨の花々を先に紹介することになったのだが熊本でも桜の時期を挟んでその他様々な花が街中や道沿いを飾っていた。2月5日、宇城市小川町にあるイオンモール宇城にて。4月11日、熊本市中心街一帯にてにほんブログ村にほんブログ村にほ... [続きを読む]
  • 今年は悲しみと不安の中から星に願いを
  • 先月発生した大阪北部地震や今月初めから昨日まで全国各地で起こった水害のこともあり、今夜の七夕を悲しみと不安の中で迎えた方々のことを思うと2年前の春に熊本を襲った震災の惨状や時に悲しみと不安、苛立ちの中で過ごしたことを思い返して居ても立っても居られないである。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともにお怪我をされた方々の1日も早い回復と行方不明になっている方々の一刻も早い回復、1日も早い復旧... [続きを読む]
  • くまもと初夏・梅雨時の花々
  • あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】徐々に暑くなって行き、さらに梅雨時に入って行くごとにも熊本でもあじさいをはじめとする花々が街や道沿いを飾っていた。撮影は5月22日(遊美塾講習の前後)と6月14日(仕事の合間に)、熊本中心街一帯にて。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 伸太郎美女画廊(6)〜賢くて可愛らしいアイドル
  • 今回は4欅坂46のメンバーで「ひらがなけやき」ことけやき坂46のメンバーも兼ね、クイズ番組の常連となっている「ねる」「ねるそん」こと長濱ねるさん。イラストは4月5日に放送された「ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦SP2018春」に出演した際のシーンを描いたもの。その後知ったのだが、昨年3月30日に長濱さんが初めて出場した「ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦SP2017春」(午後8... [続きを読む]
  • 大阪北部地震発生、率直に思ったこと
  • 今朝大阪を襲った震災の一報をテレビで見たときには2年前熊本をお襲った震災の悪夢を思い起こして言葉を失った。刻一刻と被害の状況が伝えられるたびにその裏にある多くのものを失った悲しみと不安も伝わってくるように思えたのである。この場を借りて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに怪我をされた方々の1日も早い拡幅と被災地の復旧・復興をお祈り申し上げたいと思っている。それと同時に恩返しの意味... [続きを読む]
  • 「24時間テレビ」トライアスロン企画に抗議する
  • 月曜日(4日)に「24時間テレビ」の企画でトライアスロン企画を行うと聞いた時には大変がっかりした。チャリティーマラソンを始めとして無理がある企画を廃止するよう求める訴えが聞き入れられずにマラソンよりも熱中症の危険が高いトライアスロンになったのは大変残念である。このままでは障がい者に無理な企画も行われるのではないかということも心配している。「障がい=不幸・悲惨」という一方的な考え方を含む「感動... [続きを読む]
  • 西城秀樹さんに感謝し、ご冥福をお祈りする
  • 去る17日の午後に西城秀樹さんの訃報をニュースサイトで知った時には脳梗塞から回復して熱唱している姿を見たこともあってこれからもステージに立って歌い続けるのでは、と思っていたので信じられなかった。その後秀樹さんの歌や出演していた番組やCMが走馬灯の如く蘇った。また、郷ひろみさんや野口五郎さんとともに「新御三家」として活躍したことがその後男性アイドルやミュージシャンに影響を与えたことも思い返した... [続きを読む]
  • 熊本桜と花々2018(1)
  • 春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】2月に宇城市内や熊本市内にて。3月に宇城市内にて。3月30日、宇城市内にて先月5日、熊本市中心街一帯にて。先月22日、熊本県立図書館近辺(熊本市中央区出水)にて。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 祝・皆さんとともに10周年
  • 少々遅くなってしまいましたが、今月3日で当ブログ「前田画楽堂本舗」開設から10年を迎えました。これまで順調な時も困難の時も続けることができたのは皆さんからのご意見やご支援のおかげである、と思っています。これからもよろしくお願いします。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊本県内で鉄を自在に操る芸術家の展覧会があります
  • 現在熊本市西区にある島田美術館にてZUBEさんこと藤本高廣さんの展覧会が開催されていて、以前からZUBEさんに何回も足を運び、今回もFM791(熊本シティFM)の「コモエスタ辛島町」でZUBEさんがゲスト出演していたのを聴いたのを機に19日に仕事の合間を縫って足を運びました。開催中のため詳しい感想を申し上げることはできないのですが普段なら見向きもされないものが魅力的に変身していました。23日... [続きを読む]
  • 前田画楽堂本舗デザイン商品 18.4.17
  • 今回は障がい者を「かわいそう」「けなげで頑張っている」と一方的に決めつけて見方をする「感動ポルノ」や自国を異常に賞賛して外国をおとしめて差別する「愛国ポルノ」に対して「渡る世間は鬼ばかり」のパロディで批判した商品の第10弾と第11弾。毎年「感動ポルノ」という批判がある「24時間テレビ」であるが、近年障がい者に対する見方とともに以前取り上げていた高齢者に関する問題を取り上げなくなっていること... [続きを読む]
  • 遊美塾展リポート 18.3.26-4.1
  • 久々に熊本県立美術館分館で開催され、広島教室の皆さんとの共同の展示となった遊美塾展で私は「くまもとを元気にする鋼鉄の腕」というタイトルで熊本を元気にするために働く重機を撮影し、制作・展示させていただいた。今回同時に展示があった手製のフォトブック。前回展示の増強版という形で制作した「くまもとの表情諸々 2016-2018」は印刷が展示準備があった26日に間に合わなかったため、28日からの... [続きを読む]
  • 昨夜島根県を襲った震災の一報を聞いて
  • 昨夜未明(本日午前1時台)に島根県で震災が発生したという一報を聞いた時には一昨年熊本を襲った震災の悪夢が蘇り、人ごとだとは思えずに大変心配になったのである。時間が経って被害の状況がテレビで報じられるにつれ崩れた神社の鳥居や壊れたりヒビが入った家や割れた食器が散乱した家の中などを見た時には言葉を失ったが、怪我をした方が4人いたとはいえ亡くなった方がいなかったことは不幸中の幸いだったと思ったので... [続きを読む]