月末の勇者(吟遊詩人) さん プロフィール

  •  
月末の勇者(吟遊詩人)さん: 月末の勇者達へ吟遊詩人の詩   好評発売中!
ハンドル名月末の勇者(吟遊詩人) さん
ブログタイトル月末の勇者達へ吟遊詩人の詩 好評発売中!
ブログURLhttps://ameblo.jp/getumatunoyuusha/
サイト紹介文全国のビジネスマンにエールと 心の癒しを伝えたくて、その一人として
自由文こんにちは、月末の勇者(吟遊詩人)です。
私は、自己啓発系の仕事をしていました。
色々な方と接する内に成功や自己向上は理論もさること
ながら、暗記したりノウハウとして使うことより
感じることが一番重要なことだと実感しました。

幸福は感じるもの だと本当に信じている一人です。
是非ご一読いただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供887回 / 365日(平均17.0回/週) - 参加 2008/06/13 00:55

月末の勇者(吟遊詩人) さんのブログ記事

  • きっと 気持ちが 良いからさ
  • 遠慮なんか要らない精一杯 生きてみなよ今できる 精一杯を表現してみなよ 生きて行けば 色々あって出来なくなるかも しれないよ その時 どんなに後悔しても時間は もどっちゃくれないさ 若さは 戻っちゃくれないさ 遠慮なんか要らない精一杯 生きてみなよ 今できる 精一杯を表現してみなよ きっと 気持ちが いいからさきっと 楽しくなるからさ ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上げます [続きを読む]
  • 星の王子さまが教えてくれた
  • 今夜 夜空に 沢山の星がきらめいていたら王子が体を砂漠に残し 帰った星を探してごらんたいせつなことを教えてくれた王子の星を探してごらん 誰もが はじめは子供だったのに大人はみんな そのことを忘れてしまうという真実やいつだって大切なものは 目に見えないことそして どんなに沢山のバラの花より懸命に世話をした 1本のバラが何よりも大切なものであることを・・・ 満天の星の所有権を主張する そんな男になりかけ [続きを読む]
  • 変化の時は いつも今
  • 識的な考えで 常識的な行動を取れば常識的な結果がやってくるもし あなたが飛躍を望むなら今の 自分に納得がいかないのならこのことに 気づいてほしい 今のあなたの全ては 今日までのあなたがあなたなりの考え方で 考え 選択し 行動し自ら 創り上げてきた結果なのだということを 考え方や ものの 見かたを変えることは 容易ではないだからこそ 余計に 自分なりの考え方の 枠を一歩だけ踏み出そうどうか 考え方も [続きを読む]
  • 祖母の口癖
  • 寝る程 楽は無かりけり それは祖母の口癖で布団を敷く時 いう言葉冬は 幼い両足を 大きな足が包み込む冷たい足だといいながら 風邪などひくなといいながら 近づく冬に亡き人と過ごしだ日々が蘇る 遠い昔が蘇るありがとうさえ 在りし日に伝えてないこと思い出す寝る程 楽は無かりけり 今 そうだねと頷いて寝る程 楽は無かりけり ただ ぬくもりを思い出す ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申 [続きを読む]
  • 我が家輝く
  • 目覚ましが鳴り響き 新しい朝が来る朝食とお弁当と 着替えの用意をして・・・・「ほら ほら 起きなさい」と 分刻みの声がけ目が回る程に 忙しい 一時がやってくるけれども 生きている喜びで 一杯の朝が来る 共に寝起きすることの 幸せに気づく頃この慌しさを 懐かしく ありがたく思う頃全てが 輝いていたことに きっと驚くだろう目が回る程に 忙しい 記憶の宝物活気が毎日 我が家を 包んでいた頃のことを 目覚ま [続きを読む]
  • もう少し あと ひと踏ん張りだ
  • どんな目標にも 戦いにも山場があって学問にも 仕事にも 節目があって振り向きもせずに 駆け上がろうとする 懸命な人たちが負けまいと 奥歯を食いしばる懸命な人たちが勝利への手ごたえを 今 掴みかけている あと少し もう ひと踏ん張りだもうすこし あと ひと踏ん張りだこの冬を乗り切ればきっと見えてくるものがあるそれだけを信じて 突き進む君へ もう少し あと ひと踏ん張りだあと少し もう ひと踏ん張りだ [続きを読む]
  • 運よりも確かなもの
  • 未来を 自ら考えて 描きだし 創る人がいる未来のことなど 考えたこともない そんな人もいる どちらを選ぶのも 自由 違う 考えで 送る一日初めの3日や4日なら 大して変わらない けれど3年続けたら 目に見えて違い5年続けたら 環境まで違い10年続けたら 何もかもが 違っている 目先ばかりを 追い続けた 挙句に何が違うのかと ・・・・・10年後に気が付くけれど3650日の大きさには・・・・・結局・・気づかない 未 [続きを読む]
  • 本当に大事なこと
  • 肩書きを取り去って あなたは誰ですか履歴書を破り捨て あなたは誰ですか本当に 上なのですか本当に 下なのですか普段は何をしているのですかそのことが 好きですか したいことは在りますか 出来ることはありますかやらせるのじゃなくて あなたができること これが 私なんだと 言えるような瞬間はありますか肩書きを取り去って あなたは誰ですか履歴書を破り捨て あなたは誰ですか あなたは誰ですか ランキングに参加し [続きを読む]
  • 自分に対して 胸を張れる 私で在る為に
  • いつまでも 自分に問いかけ続けたい昨日より 成長しているかとあの頃より 大人に成れているかと いつまでも 自分を挑発し続けたいこのままで 良いのかと進むことを止めれば 後退するだけだと 今はまだただ 生存することに 満足したくない いつの日か納得のできる姿の私に成る為に何時だって自分に対して 胸を張れる 私で在る為に いつまでも 自分に問いかけ続けたい ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜し [続きを読む]
  • いつも目覚めていて欲しい
  • いつも 目覚めていて欲しい自分の道を見据え プランを持ち 歩んでいて欲しい 昨日と今日のスケジュールが何処へと 続くのかを いつも 忘れないでいて欲しい 考えることを やめてはいけない選択できる 権利を放棄してはいけない 目的を持たずに目標を持たずに 日々を送れば流されて いつか方向も 分からなくなる 退屈を弄んだ 挙句に誰かや 何かの 操りの手の中で もがくことになる いつも 目覚めていて欲しい今  [続きを読む]
  • タイムリミットを誰も知らない の詩
  • 高い山を 目指そうと すれば平地を行くより 当然 苦労するそんなことは 分かっているけれど苦労しながら 考えながら・・・・自分自身を強くするそんな 毎日を 思い切り生きてみたい より多くの 成長を望めば望まない場合より 当然 大変だろうそんなことなら 承知の上より良い明日を夢に見て・・・・いつも そこから目を離さないそんな態度で この日々を貫きたい どんな日々を選んでも 人生は一度きりそんなことなら [続きを読む]
  • 数に限りがある訳じゃないさ
  • 急ぐ必要なんてない先を争って掴むものじゃない誰かが手にしたからといってあなたの分が 無くなる訳じゃない数に限りがある 希少なものでもない 心に受け止める用意があればそれぞれ 全ての人の数だけ用意されている手にしようとすれば 待つ必要も無く感じようと思えば いつでもそこにある時々見失うけれど 気がつけば手の中にある穏やかさと 笑顔から溢れ出す 満ち足りた空気を神様は しあわせ と名づけたんだ ランキン [続きを読む]
  • もう一度生まれたところからやり直せるとしても
  • もう一度 全てをやり直せるとしたらもっと勉強しておいて 偉い人にでもなろうとするかそれならば あの時のあの場所を選ばなかったあの道を 選ぶことにするのか 豪邸を 権力をひたすら目指しながら 息を切らして駆け上る きっと痛い目もあるのだろうけど  でも きっとまた同じ道を 選んでしまうんだろう例えそれが 馬鹿なことだとしても この道の途中で 触れ合った沢山の人たちと もう一度 あの時の あのひと時を心から [続きを読む]
  • 急がない 慌てない
  • じっくり 生きよう例えば 今が 厳しくとも 振り返れば 味わい深い経験だったときっと 思える じっくり 生きようこの時の 香りと 感触を深呼吸と 共に 深く 深く 味わいながら ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上げます!!!  ↓↓       吟遊詩人の詩 未来への言葉/森田 正巳 ¥1,260 Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 良い人だね と言われるのは 本当にいいこと なんだろうか の詩
  • 気乗りのしない場所には 行かないでいい無理に合わせて 笑わなくていい良い人だなんて 思われなくとも いいじゃないか 演じ過ぎて 傷ついて 痛んでしまうくらいなら自分に合わせて 行く先を決めれば・・・会う人を選べば それでいいだろう あなたの人生を 生きようあなたの選択で あなた自身の未来を選ぼう ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上げます!!!  ↓↓       吟遊詩人 [続きを読む]
  • 日々は同じようで 全くちがうもの の詩
  • 特別な転機があった時昨日までの 世界が とても とても 遠く懐かしく思えたりする あんなに大切だと思っていたことなのに 今 落ち着いて 振り返ればまるで無価値に思えたりする 昨日までの世界を 遠く 懐かしく思う時それはきっと 別の次元への 旅立ち 思いもよらない 素晴らしい展開が・・・・・・・始まるしるし ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上げます!!!  ↓↓       [続きを読む]
  • 不平等の中に生まれ 不安定の中を生きる
  • 間違いのはじまりはね初めに 安定があって どう崩れないように生きるかって思っていることだ 僕等は 不平等の中に生まれ 不安定の中をどうやってバランスを取りながら 生きるかっていう物語の中に居る 周りを見渡してごらん 僕等は苦い水の中を漂っているようなものさ でもね不平等の中で生まれ 不安定の中でどうやってバランスを取るかってゲームは・・・・・・ 不平等の中で生まれ 不安定の中でどうやって幸福に生きるか [続きを読む]
  • 知恵の輪
  • 簡単過ぎる 知恵の輪は直ぐに 飽きてしまう直ぐに 詰まらなくなる けれど天才でもなきゃ 解けないレベルならとてもじゃないが・・・やる気にさえならないだろう だから そこそこ 難しいけれど手に御えそうな・・・・カチャカチャと ある程度 苦しめば 解けそうな・・・ そんな 知恵の輪がいい ひとつずつ 解きながらまた ひとつ 解きながら・・・・そんな風に飽きないで 進んでゆける それくらいの人生がいい ランキ [続きを読む]
  • 奮闘中のあなたに私に捧げる 詩
  • 生きてるだけで 難題が 色々降って来ます難題ですから しっかりと 正面切って 受け止めます時間を掛けて じっくりと 対応しなけりゃなりません お蔭で いつも 真剣です能力以上の頭を使い出来うる限りに真剣です 雑念さえも 入り込む 隙がない程 無我夢中とても 鍛えてもらえます どうせ 暇なら 何かしら やらかしてしまう私ですきっと 時間を無駄にして ふざけてしまう私です 何も無いより いいでしょう色々  [続きを読む]
  • あれは 確か19歳の頃 の詩
  • 確か こんな 秋の平日の午後少年は バイクに乗っておりました 住み慣れた田舎町の・・・そのまた 田舎の道を ふらふらと ・・・のんびりと・・・ 走らせながら未来のことを考えておりました・・・・・・・ 何処へ行くとも無く ふらふらと ・・・のんびりと・・・走っておりました 成りたいと思う夢には 蓋をして成れっこないと決めつけてそれなら一体 どうなってしまうのかと自分で 自分を苦しめておりました 行く末 [続きを読む]
  • 見知らぬ人達の 汗と献身を 忘れてはならないと思った時の 詩
  • 今日 穏やかでいられるのは私以外の誰かのおかげ 今日 健やかに過ごせたのはあなた以外の誰かのおかげ 私が部屋から出なくともあなたが家から出なくとも 人々は 目覚め それぞれに それぞれの場所で それぞれの役割を果たし今日と言う日を 活動で満たす システムは連動し・・時代は 動いて行く数えきれない 献身の果てに 平穏な日々は 守られる・・・ それは 当たり前 なんだろうか 今日 穏やかでいられるのは私以外 [続きを読む]
  • 全ては 約束の日の為に
  • 約束の時 は きっと来る かつて思い描いた あの楽園へと 目標へと駆け登る時は やがて来る 用意をしておこう準備をしておこう ただ 待っているそれだけならば ・・・・ その時 は来てはくれない 用意ができて準備ができてその時を迎えるに相応しい あなたに成れた時 必ず 約束の時は 訪れる 用意をしておこう準備をしておこう 全ては 約束の日の為に ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上 [続きを読む]
  • リアルと言う 最高のゲーム
  • 夢を叶える ゲームをしましょうこの生の時を ゲームにしましょう楽しみ乍ら 追いかけましょう微笑み乍ら 攻略していきましょう 遊びなどではありません幸せになる ゲームをしましょう今 何をすれば良いのか 想像を膨らませ微笑み乍ら 色々な手を打ちましょう リアルと言う ゲームに嵌ってしまいましょう余所見などせず あなた自身のこれからに嵌ってしまいましょう微笑み乍ら 攻略していきましょう 夢を叶える ゲーム [続きを読む]
  • 濃密に 生きたい おじさんの 詩
  • 毎朝 自分に問いかける 覚悟を決めて 生きてるかい本気になって 生きてるかい もう時間は それ程無いからさブレてる 暇など もう 無いからさ 覚悟を決めて 生きてるかい本気になって 生きてるかい ランキングに参加しております。皆様の 応援 宜しくお願い申し上げます!!!  ↓↓       吟遊詩人の詩 未来への言葉/森田 正巳¥1,260 Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 素敵なことだから 分かち合って生きたい
  • この夜明けを見るのは 当たり前なんかじゃない見たくても見られない人がきっといたんだだから 呼吸を整えて 今日もしっかりと生きよう切ない 事実だけれど 受け止めながら生きたいこの毎日は 必ず 誰かの最後の日 夜明けの訪れを 遠い日きっと待ち続けたんだ自分の体の中で 生きようとするあなたの為にだからどんなことが あったとしても自分を幸せにしてあげよう 大切に慈しんであげようこの毎日は 必ず 誰かの出産 [続きを読む]