甘党 さん プロフィール

  •  
甘党さん: さぬきの中心から日々を語る
ハンドル名甘党 さん
ブログタイトルさぬきの中心から日々を語る
ブログURLhttp://sanukinochushin.doorblog.jp/
サイト紹介文香川県内を中心に出かけた場所で見つけた風景の写真を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/06/14 18:33

甘党 さんのブログ記事

  • 妖怪屋敷訪問
  • 徳島県三好市山城町にある妖怪屋敷、大歩危峡の遊覧船から車で数分の場所です。https://wx07.wadax.ne.jp/~yamashiro-info-jp/cp-bin/wordpress/山城町には平地がほとんど無く、地滑り地帯でもあるため危険な崖や淵、細くて暗い山道、多発する自然災害。そのようなモノから身を守るため、また自然の尊さを親から子へと伝えるためにそこへ現れる妖怪の話しをしながら危険な場所へ近付いたり山の神を荒らしたりしてはいけないと言う [続きを読む]
  • 大歩危峡の遊覧船
  • 徳島県の大歩危小歩危にある「大歩危峡まんなか」はレストランや遊覧船を運営しています。web http://www.mannaka.co.jp/restaurant/restaurant.html遊覧船まで階段を下りて乗船していざ出発。台風時には左上の木々のあたりまで、あっという間に水位が上昇するそうです。急流にワクワクしながらの船出です。外国人観光客の団体も秘境にたくさん来ていました。砂岩が変成してできた砂質片岩の地層に地球の歴史を感じました。もう鯉 [続きを読む]
  • 京都で人気のラーメン第一旭(営業時間AM5時〜AM2時)
  • 京都に行くと真っすぐに訪れる店があります。駅から東に徒歩数分の「第一旭」。隣にある新福菜館と並ぶ京都のラーメン店。高速バスで10時半頃に着いて向かったのですが、この行列。このラーメンのためなら待ち時間も気になりません。とても美味しかったです。京都駅に全国のラーメンが味わえる「拉麺小路」があります。web https://www.kyoto-ramen-koji.com/index.html元祖つけ麺の大勝軒を訪れました。そのまま飲み干してしまい [続きを読む]
  • 京都の台所 錦市場
  • 京都の台所と言われる錦市場に行きました。狭い通りを行き交う人で混雑していて、この日の錦市場の通りの写真は撮ることができませんでした。人込みの中何枚か撮影した1枚が、この色鮮やかな和菓子様々な店舗で見かけたのが「たこたまご」たこに違いないのですが、頭はうずらの玉子です新鮮な魚介類も売られていますがクーラーboxもないので見るだけ。その代わりにカキ酢と生マグロのカルパッチョを店頭で食べました。うずら照焼 [続きを読む]
  • ロケ地で有名な一本橋
  • 下の地図を すると拡大されますが、左下にある大和橋から白川に沿って散策するのもお気に入りです。伏見大社や清水寺ほど歩いている人も少ないので、ゆっくりと京都を味わえます。知恩院への参詣道を北に曲がると、川沿いに柳並木が広がります。京都を舞台にした映画やドラマで頻繁に登場する「一本橋」は白川散策に欠かせない場所です。学生らしき女性が橋を渡っていましたが、地元の人にとっても生活に欠かせない橋のよう [続きを読む]
  • 高瀬川の満開の桜
  • 京都の三条大橋からの鴨川の穏やかな流れに京都を感じます。三条通を西に歩き高瀬川を南に入ると満開の桜が続いていました。桜の写真を撮影したり、ベンチに座って食事をするなど多くの人が、それぞれ桜を楽しんでいました。川面の鳥も綺麗な流れの中で桜を満喫していました。反対側では着物姿の外国人親子がカメラを構えていました。いいタイミングで京都を訪れることができました。桜の名所なのですが、観光客も少なく、贅沢な桜 [続きを読む]
  • 哲学の道の桜並木
  • この週末は満開の桜でごった返すことが予想される京都哲学の道。一足早く訪れると五分咲き。川面の流れと青い空に桜を楽しみながら歩けました。哲学にふける間もなく、青とピンクを満喫しながらの散策。ここを毎日の散歩コースにしている人が羨ましくなります。新緑の哲学の道もお薦めですが、気候的には今がベストです。たくさんの外国人観光客とすれ違いましたが、ここを満喫してくれて嬉しいです。哲学の道に最北端は銀閣寺に至 [続きを読む]
  • 満開の桜〜祇園白川
  • 祇園四条から散策を介しました。川端通を渡り、目指すは祇園白川の大和橋。橋の近くでは桜が満開で、たくさんの人が記念撮影をしていました。ここは周囲の喧噪を離れタイムスリップした感覚になれる場所です。満開の桜が更に心地よくさせてくれました。京懐石を始め川沿いには店が立ち並んでいます。桜を楽しみながら。ふと路地を見ると京都らしい光景です。巽神社周辺の桜も満開で、たくさんの外国人が感嘆して写真を撮っていまし [続きを読む]
  • 松山の貴重な古墳
  • 愛媛県松山市の葉佐池古墳を訪れました。https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/bunka/hazaikekofunkoen.files/hazaikekofunll.pdf川内インターから車で10分程の松山市梅本町にある偶然発見された古墳です。6世紀中頃に築造され、7世紀初頭まで追葬が行われた長円形の古墳でこの古墳には5基の石室が築かれていましたが、幸いなことに未盗掘でした。赤い丸は全て古墳、この辺りはさながら王家の谷だったのでしょう。資料館 [続きを読む]
  • 広島の美味しいお好み焼き
  • キャベツたっぷりで濃厚なお好み焼き、広島を訪れると外せない味。この日はへんくつや 新天地店を訪れました。人気店なのですが、訪れた時はたまたま私のみどれにしようか悩みましたキャベツたっぷりの上に生地が乗っているのを見るだけで、来て良かったと思えます。茹で上がったそばを少し離れた鉄板で温めて。2つが隣合わせになりました。美味しそうなそば肉玉、磨き上げられた鉄板に映えます。食べる前にもう1枚本当に美味し [続きを読む]
  • 大阪城本丸北側を散策
  • 大阪城天守閣から北にある廓に向かいました。巨大な堀と天守閣、豊臣秀吉の時代も江戸時代も浪速のシンボルだったことが想像できます。巨大な堀を巡る遊覧船、次回は乗船したいです。大阪城の巨大な堀の周辺は、ジョギングを楽しんでいる人がたくさんいました。都会の中の贅沢な空間。1日では足りない大阪城です。大阪城web http://osakacastlepark.jp/ [続きを読む]
  • 大阪城を散策
  • 梅田から地下鉄で天満橋まで行き、徒歩で大阪城に向かいました。大手前付近からの乾櫓。堀の幅が広いです。坤櫓(ひつじさるやぐら)跡の向こうが天守閣。大阪城には、このような巨石が何か所もありますが、権勢の象徴だったとも言えます。本当に広大な大阪城。天守閣を背景に、多くの外国人が記念撮影をしていました。天守閣にはエレベーターで上がれますが長蛇の列階段で最上階まで行きましたこの後は内堀を渡った先の廓後に向かい [続きを読む]
  • 引田のひな祭り
  • 毎年春の訪れを告げる東かがわ市引田のひな祭りは多くの人が訪れるイベントです。手袋ギャラリーもひな祭りバージョン。こちらは仁尾の八朔祭りで展示される飾りです。普段生活しているスペースが展示スペースになっています。手作り感一杯の引田のひな祭りの魅力なのかも知れません。準備するのに手間がかかったでしょう町中が雛飾りとなる引田の春を告げる行事。春を探しに訪れるのにお薦めの場所です。この日は10時過ぎに旧引田 [続きを読む]
  • 瓦町の美味しいLima coffee
  • 神戸元町にあるLima coffee、南京町とセットで訪れていた珈琲の美味しい店ですが、その味が高松で味わえようになりました。http://limacoffee.jp/店内は広く、落ち着いた雰囲気です。1人でもゆったり過ごすことができる空間。この日訪れたのは午後3時過ぎ、この後次々と女性客を中心に席が埋まりました。KENYA珈琲。とても美味しかったです。帰りにDORIP珈琲を買い、家でもこの味を味わえています。 [続きを読む]
  • 岡山名物 えびめし
  • 岡山県倉敷市を訪れる機会があったので、ランチの店を探していると「えびめし」と言う聞きなれない料理を見つけました。調べると、ご飯に海老などの具を入れて油炒めしソース味に仕上げた料理で、焼き飯やピラフの一種で、岡山市の郷土料理として有名のようです。この日訪れたのは、えびめしや 笹沖店。https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33005725/ハンバーグプレートを注文しました。ハンバーグプレートは普通のえびめ [続きを読む]
  • 紫雲出山の山頂にある喫茶店
  • 三豊市の荘内半島先端にある紫雲出山は標高352mあります。山頂近くの駐車場迄上ると登山道の入り口にある素敵な看板。この看板から徒歩10分で紫雲出山遺跡館喫茶コーナーがあります。たまたま自分以外に来客が無く、この空間を独占して珈琲を飲みながら読書をしました。右手には瀬戸大橋や水島の工業地帯も見えます。左手奥には福山市や鞆の浦も見ることができる見晴らしの良い場所です。ゆっくり読書した後、店の隣から瀬戸内海を [続きを読む]
  • 坂出の牡蠣焼き〜みき水産
  • 坂出市王越にある「みき水産」では刺身や天婦羅の定食メニューを堪能できますが、冬は多くの人が牡蠣の食べ放題に訪れます。そろそろシーズンも終わりの牡蠣焼。水槽の牡蠣と牡蠣焼きの磯の香が気持ちを盛り上げてくれます。牡蠣を鉄板に並べて蓋をして蒸し焼きです。店員の方の説明は以下のとおりでした。最初は鉄板の温度が低いので15分程かかりますが、その後は蓋をして幾つかの牡蠣の殻が開いたら大丈夫。開いてない牡蠣も蓋の [続きを読む]
  • ちゅらさんの小浜島
  • 石垣島の離島ターミナルから小浜島に着きました。石西礁湖にある小浜港は海の青さが瀬戸内海と全く異なります。web https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E8%A5%BF%E7%A4%81%E6%B9%96展望台への途中から、素敵な海を見ることができます。西大岳展望台。大岳展望台より階段も少ないので、幅広い年代の人が訪れることができます。ちゅらさんの碑の向こうに真っ青な海が広がっていました。時間の経つのを気にしないで、ここから [続きを読む]
  • 竹富島の屈指の砂浜 コンドイ浜
  • 竹富島西部のコンドイ浜は、トリップアドバイザーの2017年「日本のベストビーチ トップ10」で第6位に選ばれた場所です。船が浮かんでいる海の青さが凄いです。前方の桟橋が西桟橋。少し場所を変えるだけで、海の色が変化して見えます。曇りでも、これだけの綺麗な海。晴天ならどれだけ贅沢な景色となるのでしょうか。裸足で歩きたくなるサンド。沖合に砂地が浮かび上がっていました。歩いて行くには寒かったです。この後は西桟橋に [続きを読む]
  • 香川からの竹富島で水牛車の旅
  • 竹富島では、水牛車で島内を巡りながら三線による民謡を聞くことができます。サイクリングの途中で新田観光の水牛車を利用しました。web http://nitta-k.net/受付で1,200円を払い乗り場に向かいます。この水牛が引っ張ってくれるのでしょうか当たり前ですが、牛との距離が近いです美女として知られた安里屋クマヤの生家。安里屋ユンタで歌われ続けています。三線による歌を聞きながらの、牛歩の竹富巡り良かったです竹富島は、ミ [続きを読む]
  • 竹富島のなごみの塔からの眺望
  • 竹富島の伝統ある町並みの中で、突如現れた塔が「なごみの塔(あか山丘の展望台)」です。以前は人が出入りすることができたのですが、現在は立ち入り禁止となっています。ただ、近くのあかやま展望台で寸志を払い屋上から見学ができます。隣からなごみの塔を見ることができるので、お薦めスポットです。この屋上からの竹富の景観は圧巻です。冬場は観光客も少ないので、ゆっくり風景を眺めることができました。サンゴ礁の綺麗な海も [続きを読む]
  • 具志堅用高像に見送られ竹富島へ
  • 石垣島離島ターミナルに行くと、出迎えてくれるのが具志堅用高。ボクシング世界タイトルを13回防衛したカンムリワシ、石垣島の英雄です。ここから高速艇で竹富島に向かいました。竹富港に着くと、ホテルや水牛車、レンタサイクルのワゴン車が待っています。予約をし... [続きを読む]
  • 明石家さんまが訪れた石垣島の豊年満作〜ミンサーの店
  • 石垣市役所前の豊年満作は、メニュー豊富でお手頃な価格なので、地元の人が多く集まる店です。まずは海ぶどうを注文しました。時間帯によって、ドリンクや寿司がお得な価格で提供されています。石垣島の島酒泡盛、種類も豊富で満喫できました。八重泉、美味しかったです2016年に明石家さんま さんが訪れた際のサインが飾られています。食事の後は、八重山の伝統工芸みんさー工芸館あざみ屋美崎店を訪れました。伝統工芸品である八 [続きを読む]
  • 石垣島のエメラルドグリーン川平湾
  • 石垣島北部にある川平湾を訪れました。天候は曇りそれでも綺麗な海に感動しましたweb https://okinawa-labo.com/kabira-bay-4573グラスボート、是非乗りたかったのですが風が強く運航休止展望台からの川平湾。曇りでもとても綺麗でしたが、晴天の日は別世界のはずです。砂浜に下りると更に海の青さを実感できます。エメラルドグリーンに白い砂浜。次回はグラスボートで、サンゴ礁の海を見てみたいです。波が打ち寄せる砂浜、ずっ [続きを読む]