甘党 さん プロフィール

  •  
甘党さん: さぬきの中心から日々を語る
ハンドル名甘党 さん
ブログタイトルさぬきの中心から日々を語る
ブログURLhttp://sanukinochushin.doorblog.jp/
サイト紹介文香川県内を中心に出かけた場所で見つけた風景の写真を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/06/14 18:33

甘党 さんのブログ記事

  • 真夏の阿波踊り
  • 全国のマスコミに連日報道された阿波踊り、総踊りが開催された13日の翌日訪れました。有料の桟敷席が4カ所、それ以外にも演舞場が幾つかあります。今回は無料の演舞場+街角踊りを楽しんできましたまずは新町橋演舞場。開始時間の18時前から熱気が伝わってきました。踊りの始まりです。どこにいても聞こえてくる鳴り物の音に気分も盛り上がります阿波踊りのひょうたん島クルーズも、普段とは違った眺めなので興味があったのですが [続きを読む]
  • 大串半島のワイナリー
  • さぬき市の大串半島芝生広場からの瀬戸内海の眺めを満喫した後は、さぬきワイナリーを訪れました。館内ではワインの製造工程を見学できます。ワインと言えばコルク。コルクはポルトガルやスペインから輸入されていますが、対岸の岡山県にある内山工業が有名です。web http://www.umc-net.co.jp/product/cork_plastic.htmlワイナリー見学の後、直売所へ。ブランデー源内は、江戸時代の有名な発明家 平賀源内にちなんだネーミング [続きを読む]
  • 大串半島の芝生広場
  • さぬき市大串にある芝生広場からの眺めも綺麗ですが、途中で車を停めてのここからの眺めもお気に入りです真夏の昼食時の芝生広場、暑さのせいか誰もいませんでしたここに置かれた椅子に座って早朝の朝日を眺めるのもお薦めです。独り占めできたのは幸運です芝生広場からテアトロンへと続く階段も緑豊か先月は2週続けてスターダストレビューと小田和正のコンサートが行われました。冬場はこの場所からテアトロンを見ることができま [続きを読む]
  • 大歩危小歩危の妖怪屋敷
  • 祖谷のかずら橋に行く途中の妖怪屋敷は、店内に売店もあり途中休憩にもお薦めの場所です。入り口で早速妖怪のお出迎えです入場券を購入して、入り口でバーコードをかざして入場上を見ると天狗が妖怪屋敷と言っても幼児が泣き叫ぶような怖さはないです。今のように道路が整備されていなかった、昔の大歩危小歩危周辺は、危険な場所も多く、妖怪が出る=近づいてはいけないという教えのために様々な妖怪伝説が生まれたそうです。吉野 [続きを読む]
  • 落ち着いた雰囲気のCOFFEE WORKS
  • 徳島県徳島市山城西1-7にあるTOKUSHIMA COFFEE WORKS 山城店は、徳島文理大学の西にあるお洒落な店です。食べログhttps://tabelog.com/tokushima/A3601/A360101/36000715/木目調の内装に高い屋根、店員の服装など全てが洗練された印象です。ランチのサラダも新鮮で美味しかったですカレーを注文しましたが、パスタやピラフ、ピザもあるので次回は何にするのか楽しみです [続きを読む]
  • 高松市国分寺の海鮮料理みきで太巻!
  • 高松市国分寺町にある海鮮料理みきはカウンター7席、テーブルが5つで中央に生け簀があります。昼時は定食のランチメニュー、人気一番は太巻定食のようです。これは、はまちづけ丼。美味しかったそうです。太巻定食味噌汁のワカメもボリュームあります太巻、とても美味しかったですこれだけでも満足できます。食べログhttps://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37002892/ [続きを読む]
  • レンガ造りのセルフビルド喫茶 大菩薩峠
  • 徳島県阿南市にある「大菩薩峠」は駐車場に車が停まっていなければ廃墟と誤解するような外観ですが、前から気になっていました。ツタが輪をかけて緊張感を高めてくれます。初めての人は、まずは入り口探しからです。入り口にたどり着くことができました店内に入ると予想以上にお洒落で落ち着いた空間でした食べログhttps://tabelog.com/tokushima/A3602/A360201/36000844/ [続きを読む]
  • 海鮮問屋 太へい洋
  • 小松島市内のバイパス沿いの「太へい洋」を初訪問。昼時に通る度に駐車場が一杯だったので以前から気になっていました。食べログhttps://tabelog.com/tokushima/A3601/A360103/36000915/店の中央には大きな生け簀があり、広々として落ち着いた雰囲気も良かったです。定食メニューも一品メニューも豊富で、期待が高まります。寿司定食期待を裏切らない味でしたまた訪れたいです。 [続きを読む]
  • 瀬戸大橋を真横に眺めて
  • 丸亀の沖にある本島は塩飽水軍ゆかりの島で、フェリーと高速艇があります。https://www.city.marugame.lg.jp/useful/timetable/ship/瀬戸大橋を真横から見ることができる島。古い町並の続く笠島地区にある港を訪れました。瀬戸大橋が日常の一コマになっている地区。真横から眺める瀬戸大橋、本島ならではの醍醐味です。帰りは高速艇で本島を後にします。横から眺める瀬戸大橋、新鮮な眺めです。ケーソンを始め巨大プロジェクトに携 [続きを読む]
  • classico瀬戸内のシチリアンライス
  • 三豊市詫間にあるclassico瀬戸内は、目の前に穏やかな瀬戸内海が広がる落ち着いた隠れ家的存在です。新築ですが、敢えてレトロな内装にオーナーのセンスを感じます。窓辺に座ってゆっくりと瀬戸内海を満喫。鏡のような海面に浮かぶ漁船海を眺めながら美味しい料理を食べると何倍も満腹感を感じます。一口食べては目の前に広がる海を眺め。海に浮かぶ船を眺め。食後はテラス席に移動してアイスコーヒー片手に。贅沢な時間を過ごすこ [続きを読む]
  • 風待ちの引田の伝統の醤油
  • 東かがわ市引田にあるかめびし屋は創業250年以上の伝統あるしょうゆ蔵です。 http://www.kamebishi.com/index.html敷地に入るとタイムスリップした感覚になります。この日は五00年の雫とうすくちだし醤油を購入しました。かめびししょうゆは創業250年余。同じ香川県内で米酢醸造を営み260年の歴史を持つ「仁尾酢」。この250年以上の歴史を持つ「しょうゆ」と「酢」が混ざり合い醸造五百年の深い歴史がうみだすふくよかな味わい [続きを読む]
  • 寛永通宝からのたこ判
  • 観音寺市の通称銭形「寛永通宝」を眺める展望台駐車場へは一方通行なので、狭い道での離合も不要で快適に向かうことができます。歴史を感じさせる説明版ですが、ここに調和しています一夜のうちに造られたという銭形、地元の方々の手入れの賜物です。すぐ向こうには遠浅の綺麗な海が広がっていますここから北にある仁尾町までは車で約10分なので、たこ判を食べに行きました食べログ https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370303/370 [続きを読む]
  • 広島駅近くの大名庭園
  • 広島駅近くの縮景園は広島藩主の別邸の庭園として、上田宗箇が手がけました。宮島に比べると外国人観光客は少ないのですが、それでもこの日は半数が外国人でした。大都市の喧噪を離れた空間。亀を連想させる工夫を始め至る所に見所があります。場所により感じるイメージが異なる庭園の醍醐味です。新緑が映える=秋の紅葉も綺麗なので、次は秋に訪れたいです。縮景園web http://shukkeien.jp/ [続きを読む]
  • 広島の有名店 お好み焼き みっちゃん
  • 広島のみっちゃんと言えば広島のお好み焼きの発祥の店とも言われ、八丁堀本店は開店前に行列のできる有名店です。web http://www.okonomi.co.jp/この日訪れたのは福屋の地下にある店舗。デパ地下の美味しそうな食材が並ぶスペースを歩いて行くので食欲も高まります。美味しそうなお好み焼き食べる前から期待が膨らみます一切れ一切れ味わいながら食べました高速バスの発車時刻まで時間があったので、もう一軒お好み焼きをと思った [続きを読む]
  • 広島駅前ビルの美味しいお好み焼き村
  • 広島と言えばお好み焼き、JR広島駅前にある駅前広場には10数店のお好み焼き屋があるビルがあります。駅前広場 http://ekimae-hiroba.jp/10時開店の店もあるので、朝食がてら訪れる観光客も多いです。訪れたのはエレベーターを出て左手の「焼くんじゃ」http://ekimae-hiroba.jp/omise/%E7%84%BC%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83/キャベツたっぷりのお好み焼き、とても美味しかったです [続きを読む]
  • 鳴門のなるちゅるうどん
  • うどんと言えばさぬきで、徳島のうどんというとピンとこなかったのですが、鳴門のなるちゅる
    うどんを食べに行きました。JR鳴門駅周辺にはキョーエイやダイレックスなどあり、買い物のつい
    でに食べるのにも便利です。map http://www.pref.tokushima.jp/_files/00620239/naruchuru-map.pdf#search=%27%E3%81%AA%E3
    %82%8B%E3%81%A1%E3%82%85%E3%82%8B%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93+%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%27まずは久吉に。https [続きを読む]
  • 兵庫県立美術館近くで世界の味を満喫
  • ジブリの大博覧会の後、ちょうど11時半過ぎだったので、たまたま食べログで周辺の食事処を探していて見つけたJICA関西1階の食堂に向かいました。兵庫県立美術館と人と未来防災センターの間にあるので食事には便利です。オープンスペースもあるので、気候の良い日のランチは心地よさそう。月替わりでエスニック料理のメニューがあり、5月はバングラデシュ料理で4月はセルビア料理でした。店内に入ると正面のケースにメニューが [続きを読む]
  • 海辺の絶好ロケーションのカフェCLASSICO 2/2
  • 三豊市詫間町積にオープンしたCLASSICO瀬戸内は目の前に海が広がり、素敵なロケーションで店内もゆっくりできる内装です。カウンター席の前の窓からは一面海が広がっていますCLASSICO越しの海と瀬戸内の島アイスコーヒーを飲みながら、ゆっくりと過ごしました早い時間帯だったので、テラスに移動。目の前に広がる綺麗な景色を眺めながら、ただ時を過ごす。贅沢な時間を過ごすことができる場所、何度も訪れたくなる場所です。 [続きを読む]
  • 海辺の絶好ロケーションのカフェCLASSICO 1/2
  • 荘内半島のフラワーパーク浦島の近くにカフェCLASSICO瀬戸内が4月にオープンしています。オートキャンプ場浦島の隣なのでキャンプの人も気軽に行けます。新築の外見ですが、店内はとてもお洒落な内装でしたまずは外の景色、前には綺麗な海が広がっていますここまで海に近いカフェ、香川で他にあったかなと思いながら海を眺めました右を見ても。左を見ても、綺麗な海が広がる素敵なロケーションです [続きを読む]
  • 荘内半島のフラワーパーク浦島の花畑
  • 三豊市のフラワーパーク浦島は、4月から5月にかけてキンセンカやポピーが咲き誇る隠れた名所です。半島東側にあるので詫間町から北に進みます。地元の小学生や大人が大切に育てた花畑、少し前に地元の園児が一部摘み取り体験をしたそうです。キンセンカと白い花のコントラストが映えます。花の色と海の色もマッチしていました。今が盛りのポピー。花の先にある海と島の眺めにも癒されました。左手にある民家のような建物が気になり [続きを読む]
  • 香川からジブリの大博覧会へ
  • 神戸市の兵庫県立美術館で開催されている「ジブリの大博覧会」に行きました。開館が10時なので9時半に着いて階段を上がるとGW中ということもあり、既に50人程が並んでいましたが、事前にコンビニで入場券を購入していたので、入場券購入のために並ぶ時間が省けます。以下で混雑状況が更新されています。web https://www.artm.pref.hyogo.jp/室内は一部を除いて写真撮影禁止ですが、最後の展示室は写真撮影ができるため多くの人が撮 [続きを読む]
  • 瀬戸内海側からの大鳴門橋
  • 大鳴門橋は、車で通過か、ルネッサンスリゾートナルト周辺からしか見たことが無かったのですが、瀬戸内海側から見ることができる島田島を訪れました。鳴門スカイラインの小鳴門新橋をると島田島です。地元の人達が取り組んでいる「古代蓮プロジェクト」の先に駐車。web http://kodaihasu.org/対岸は南あわじ市の阿名賀地区。心地よい潮の香を感じながら散策を始めました。幾重にも重なった層が隆起していたり、楽しめることがたく [続きを読む]
  • 霧の森大福
  • 高知自動車道を新宮インターで下り左に行くと道の駅があります。道の駅で買い物をしてから、川を渡るとあるのが霧の森web http://www.kirinomori.co.jp/霧の森と言えば大福が有名でGWやお盆時期には、菓子工房に長蛇の列ができることもあります。菓子工房に入る前の楽しみが「街道茶店〜聴水庵」で美味しいお茶と霧の森大福を味わうことです。他にも新宮ならではのメニューがあります。http://www.kirinomori.co.jp/info/Kirino [続きを読む]
  • 秘境 かずら橋
  • 気候が良くなると訪れたくなるのが「かずら橋」です。四国村にもミニチュア版がありますが、本物のスリルは違います。清流が余計に秘境のイメージを増幅させてくれます。実際に渡ると、隙間から落ちることはないのにスリルを感じました。なんとか踏みとどまっての1枚。渡り終えた後のかずら橋も絵になる絶景です。 [続きを読む]