HOPPY さん プロフィール

  •  
HOPPYさん: HOPPYの部屋
ハンドル名HOPPY さん
ブログタイトルHOPPYの部屋
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hoppyannnahimoattayona/
サイト紹介文みなさんが、元気に!幸せに!なっていただければ幸いです。
自由文体力には自信のあった私ですが、昨年、2007年10月16日、ジョギング中に突然脳梗塞で倒れ、そのまま入院。
一時は、言語障害と右半身に麻痺がありましたが、奇跡的な回復で、発症から2ヶ月足らずの12月9日に退院し、半年後には、ゴルフを再開しました。
リハビリを兼ねて、イラストを描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/06/15 22:13

HOPPY さんのブログ記事

  • むらさき色に光ってた☆
  • 『むらさき色に光ってた☆』 『イルカがとんだ  水しぶきがかかった  2頭とんでいた  むらさき色に光ってた  きれいだった』 これは、 2018年(平成30年)12月3日(月曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 茨城県土浦市・新治学園義務教育学校3年 本橋 煌貴(こうき)くんの 「イルカ」 という題の詩です。 むらさき色に光ってた☆ 素敵な情景^^ 目に浮かぶようですね^^ [続きを読む]
  • じゃあつくればいいじゃん☆
  • 『じゃあつくればいいじゃん☆』 『えっ!  ばあばにはみらいがないの?  じゃあつくればいいじゃん』 これは、 2018年(平成30年)11月29日(木曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 金沢市・聖霊こども園6歳 芹原 葉月ちゃんの 「みらい」 という題の詩です。 つくれるといいですよね^^ にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。 (1日1 ! 宜しく [続きを読む]
  • 車を運転している人もお礼をするべきだと思います☆
  • 『車を運転している人もお礼をするべきだと思います☆』 『みなさんは、  せまい道で車が来たとき、  歩行者が立ち止まってあげても、  車を運転している人がお礼をしないのが普通だと思いますか。  私は、  車もお礼をするべきだと思います。    私は、  下校中にせまい道で車が来たので止まったら、  運転している人ににらまれたことがあります。  急いでいたからかもしれませんが、  せっかく止まったのだ [続きを読む]
  • ももちゃん やじるしだから☆
  • 『ももちゃん やじるしだから☆』 『こうえんに  あんないするね  ももちゃん  やじるしだから  うしろから  ついてきてね』 これは、 2018年(平成30年)11月27日火曜日の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 東京都大田区・田園調布幼稚園年中 松本 桃瑚(ももこ)ちゃんの 「やじるし」 という題の詩です。 ももちゃん やじるしだから☆ なんだか^^ ほっこりしますよね^^ [続きを読む]
  • バイキンさんも目が回っちゃって☆
  • 『バイキンさんも目が回っちゃって☆』 『わかった!  あーちゃんも目がまわるけど  バイキンさんも目が回っちゃって  それでお洋服がきれいになるの!』 これは、 2018年(平成30年)11月26日(月曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 京都市・ひまわり幼稚園年少 大塚 絢子ちゃんの 「コインランドリー」 という題の詩です。 バイキンさんも目が回っちゃって☆ それで洋服がきれ [続きを読む]
  • 今日もめかして出かけます ちょっとそこまで☆
  • 『今日もめかして出かけます ちょっとそこまで☆』 『小指の爪に  真っ赤なマニュキュアを  ぬった  恋する乙女みたいだと  息子が笑った  いくつになっても  心は乙女  綺麗と言われると  お愛想でも嬉しいから  今日もめかして  出かけます  ちょっとそこまで』 これは、 2018年(平成30年)11月29日(木曜日)の 産経新聞『朝の詩』欄に載っていた 大阪府大阪狭山市にお住いの 岡 洋子(72)さ [続きを読む]
  • どこまでも新品☆
  • 『どこまでも新品☆』 『得意顔になって  滑ってくる  歓喜の滑り台  見て見て見ててと  何度も滑っては登って  公園にあるものすべて  見て見て見ててと  古びていく公園  古くなっていく私  それでも生まれたての  見て見て見ててに溢れ  よちよち歩きや  ぐるぐる燥(はしゃ)ぐ幼児(おさなご)には  どこまでも新品なのだ』 これは、 2018年(平成30年)12月8日(土曜日)の 産経新聞『朝の詩 [続きを読む]
  • そしたら ちょっと ぎゅうしてね☆
  • 『そしたら ちょっと ぎゅうしてね☆』 『ゆずちゃん  いつもがんばって歩いてるでしょ  でも つかれちゃう時もあるよね  そしたら  ちょっと ぎゅうしてね』 これは、 2018年(平成30年)11月23日(金曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 滋賀県守山市・もりの嵐こども園年少 阿部 柚季(ゆずき)ちゃんの 「ぎゅうしてね」 という題の詩です。 ぎゅうの威力☆ 私の想像以上の [続きを読む]
  • <兎に角>は正規の漢字ではなく当て字☆
  • 『<兎に角>は正規の漢字ではなく当て字☆』 『「兎に角ですね、アラシ隊員」。  ウルトラマンの台本に書かれていた。  アラン役の毒蝮三太夫さんは撮影中、  読み方が分からないと嘆く同僚の隊員に教えてあげた。  「ウサギにツノだあ」  と。    2人して  <とにかく>  が読めず、  監督に大目玉を食らったらしい。  じつは  <兎に角>  は正規の漢字ではない。  当て字である。  発案者は  「三馬 [続きを読む]
  • このえんぴつたて ねんどでできてるんだって☆
  • 『このえんぴつたて ねんどでできてるんだって☆』 『おかあさん  このえんぴつたて  ねんどでできてるんだって  だって  へいせい28ねんどって  かいてあるよ』 これは、 2018年(平成30年)11月22日(木曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 東京都調布市・うぃず調布深大寺保育園6歳 瀬野 夏実ちゃんの 「ねんど」 という題の詩です。 このえんぴつたて ねんどでできてるんだっ [続きを読む]
  • おつきさま いつ ねてるのかなぁ☆
  • 『おつきさま いつ ねてるのかなぁ☆』 『おつきさま  いつ ねてるのかなぁ  あんなにほそくなっちゃって  よるおそくまで  おきてるからだよね』 これは、 2018年(平成30年)11月20日(火曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 滋賀県湖南市・三雲幼稚園年長 前田 奈津ちゃんの 「おおきくなれないよ」 という題の詩です。 夜更かし^^; 身体によくないですよね^^; [続きを読む]
  • くよくよしないことが長生きのひけつ☆
  • 『くよくよしないことが長生きのひけつ☆』 『84歳の父が、  鼠経(そけい)ヘルニアの手術を受けることになった。  2年前に直腸がんの手術を受けたのと同じ病院で、  同じ担当医の手術だった。    父の口癖は  「オッケー」。  2年前に  「心配いらない。   オッケー、オッケー」  と言って手術室に入った父のことを書いてこの欄に掲載された。  直腸がんは幸い、  早期発見だった。    今回も父は度胸が [続きを読む]
  • ママ むしさんパチンしないで☆
  • 『ママ むしさんパチンしないで☆』 『ママ むしさんパチンしないで だってママがまっているよ おうちにかえらないと ママがしんぱいするでしょ』 これは、2018年(平成30年)11月18日(日曜日)の讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた新潟県小千谷市・すみれ保育園4歳平沢 博輝くんの「むし」という題の詩です。 博輝くん^^ 優しいですね〜^^ にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • 孫もひ孫も 言うかしら☆
  • 『孫もひ孫も 言うかしら☆』 『「橋の下に  捨てるよ」  と娘が孫に  言っている  私も娘に  そう言って  母も私に  そう言って  孫もひ孫も  言うかしら』 これは、 2018年(平成30年)11月24日(土曜日)の 産経新聞『朝の詩』欄に載っていた 愛知県瀬戸市にお住いの 𠮷田 さをり(58)さんの 「親子代々」 という題の詩です。 お孫さんがひ孫にそう言っている様子…☆ いいか [続きを読む]
  • お酒落禁止☆
  • 『お酒落禁止☆』 『おしゃれは漢字を用いると、  「お洒落」  と書く。  そのもじりだろう。  駆けだしのころ、  たまたま入った居酒屋のメニューの端に  「お酒落禁止」  と書かれていた。    一本船が入るだけで  「洒」  は  「酒」  になる。  それに落ちがくっついて、  酒には落とし穴がある…  そんな意味合いだろうか。』 こんな一文が、 2018年(平成30年)11月17日(土曜日)の 讀賣 [続きを読む]
  • しらばっくれてにこにこされると…☆
  • 『しらばっくれてにこにこされると…☆』 『<あんなに約束の時間にいい加減な人も珍しかった>  と、  演出家の久世光彦さんが随筆に書いている。  脚本家時代の向田邦子さんである。    言い訳は  「出がけに電話があった」  か、  「猫が逃げてしまった」  のどちらかで、  <二つの言い訳で一生を賄った人だった>。  だが怒っているのではない。  しらばっくれてにこにこされると、  遅刻のことは忘れ [続きを読む]
  • ひとりじめ☆
  • 『ひとりじめ☆』 『今日 にいにいないから  ママ こーちゃんの方ばっかり  見て寝られるね』 これは、 2018年(平成30年)11月16日(金曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 千葉県稲毛海岸保育園4歳 山本 煌大(こうた)くんの 「ひとりじめ」 という題の詩です。 煌大くん^^ お母さんのこと^^ 大好きなのですね^^ にほんブログ村、ブログランキングに参加して [続きを読む]
  • 許せ、妻よ☆
  • 『許せ、妻よ☆』 『彼女とお化け屋敷に行った10年前のことだ。  おどろおどろしい屋敷内をビクビクしながら進んでいくと、  ゾンビのような男が立ちはだかり、  隣にいた彼女の服をつかんだ。  その途端、  普段は冷静な彼女が絶叫し、  僕の名前を連呼しながら全力で駆け出した。    その速いこと。  残された僕が、  群がるお化けを振り払いつつ何とか出口にたどり着くと、  彼女はムッとした顔で待ってい [続きを読む]
  • かまきりのかまにあたったら すごくいたかったです☆
  • 『かまきりのかまにあたったら すごくいたかったです☆』 『ぼくはむしとりに行きました  くさむらにかまきりがいました  かまきりはぼくを見つけて  ポーズをとりました  かまを高く上げていました  かまきりのかまにあたったら  すごくいたかったです』 これは、 2018年(平成30年)11月11日(日曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 埼玉県川島町・つばさ北小2年 宮前 柚樹くんの 「むしと [続きを読む]
  • 知らない誰かは きっと 誰かにとって大切な人☆
  • 『知らない誰かは きっと 誰かにとって大切な人☆』 『電車で隣に  座っていたあの人も  買い物の途中で  すれ違ったあの人も  きっと  誰かにとって大切な人  知らない誰かは  誰かの親で  誰かの子供で  誰かの恋人で  誰かの親友なのだ  つまり、この世に  傷つけていい人なんて  誰一人いないのだ』 これは、 2018年(平成30年)11月13日(火曜日)の 産経新聞『朝の詩』欄に載っていた さい [続きを読む]
  • カナ子の笑顔から☆
  • 『カナ子の笑顔から☆』 『「ジイジ 朝は  どこから来るの  「お空の向こうから」    「ジイジ 秋は  どこから来るの」  「あの 山の方から」    「ジイジ 幸せって  どこから来るの」  「カナ子の笑顔から」    たわいない  朝の詩である』 これは、 2018年(平成30年)11月14日(水曜日)の 産経新聞『朝の詩』欄に載っていた 埼玉県入間市にお住いの 村山 晧介(83)さんの 「どこから来る [続きを読む]
  • この静かな空間に 私と秋☆
  • 『この静かな空間に 私と秋☆』 『「カサカサ」  枯葉のこすれる  きれいな音  さわがしい世の中  この静かな空間に  私と秋  心を落ちつかせ  一歩を踏みだす』 これは、 2018年(平成30年)11月7日(水曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 千葉県松戸市・第一中2年 坪井 雫空(しずく)さんの 「秋」 という題の詩です。 この静かな空間に 私と秋☆ なんだか^^ 伝わっ [続きを読む]
  • よかったね☆
  • 『よかったね☆』 『パパは  さかなを つったね  ママは  はっぱを つったね  よかったね』 これは、 2018年(平成30年)11月5日(月曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 大阪府吹田市・千里敬愛幼稚園年少 杉田 悠太くんの 「さかなつり」 という題の詩です。 悠太くん^^ 優しいですね^^ にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。 (1日1 ! [続きを読む]
  • 太陽だって 夜は 寝るでしょう☆
  • 『太陽だって 夜は 寝るでしょう☆』 『太陽  出て来たね  起きてきたんだね  太陽だって  夜は  寝るでしょう』 これは、 2018年(平成30年)11月1日(木曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 茨城県つくばみらい市・ビジョンランド常総保育園5歳 田中 結菜ちゃんの 「太陽」 という題の詩です。 太陽だって 夜は 寝るでしょう☆ そうですね^^ 早寝早起きだと思います^^ [続きを読む]
  • まるでうごくメトロノームみたい☆
  • 『まるでうごくメトロノームみたい☆』 『わたしがピアノをひくと  かずくんが体をゆらす  まるでうごくメトロノームみたい  まちがえてしまうとゆれるのも  とまるんだよな  ゆれてほしいからピアノの練習  がんばろう』 これは、 2018年(平成30年)10月31日(水曜日)の 讀賣新聞『こどもの詩』欄に載っていた 岡山市・吉備小3年 薬師寺萌絵(もえ)ちゃんの 「かずくんとメトロノーム」 という題の詩 [続きを読む]