外為オンライン さん プロフィール

  •  
外為オンラインさん: 外為オンライン 外為経済アカデミー
ハンドル名外為オンライン さん
ブログタイトル外為オンライン 外為経済アカデミー
ブログURLhttp://gaitameonline.blog50.fc2.com/
サイト紹介文ドル円・ユーロ円・ユーロドルを中心に分析
自由文株式会社外為オンラインの公式HP内、「経済アカデミー」よりご案内しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2008/06/18 18:01

外為オンライン さんのブログ記事

  • ドル円再び110円割れ
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は110円台半ばから再び110円割れまで反落。独ダイムラーの収益見通し下方修正で、NY株が下げ、長期金利も低下したことで、109円84銭までドルが売られる。ユーロドルは欧州時間に1.1508まで売られ、1.15割れへの期待もあったが、NYでは反発。1.16台前半まで買い戻しが進み、1.16前後で取り引きを終える。株式市場は独ダイムラーの収益見通し下方修正を材料 [続きを読む]
  • ドル円値幅が出ず110円台で推移
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は109円台では底堅く、昨日の日本株が反発したことで110円台前半まで上昇。NYでもFRB議長の発言と、長期金利が上昇したことから110円45銭までドル高が進む。ユーロドルは1.15台半ばから後半でもみ合い。上値は重いものの、依然として1.15台はキープ。株式市場はまちまち。前日の大幅安からナスダック市場は反発。55ポイント上昇し、最高値を更新。一方ダウは42 [続きを読む]
  • ドル円110円台で堅調
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場東京市場で109円台半ばまで売られたドル円は反発し110円台を回復。長期金利が低下し、株価も大幅に下落した中で、ドルの底堅さが目立った。ユーロドルは、ドラギECB総裁が利上げを急がないことに言及したことで売り優勢に。1.1534までユーロ安が進んだが、節目の1.15は堅持。株式市場は大幅続落。米中の貿易問題がさらにエスカレートし、貿易戦争の様相を呈してきたことでダウ [続きを読む]
  • ドル円110円台小動き
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は110円台半ばを中心に小動き。値幅も21銭程度で良好な米景気と米中貿易問題の綱引きが続く。引け値は110円55銭近辺と前日と変わらず。ユーロドルも1.16を挟んでもみ合い。移民問題でメルケル政権が苦境に立たされていることで上値も重かった。株式市場は続落。米中貿易問題が重石となりダウは6日続落し、2万5000ドルの大台を割り込む。ナスダック指数は堅調に推移しほ [続きを読む]
  • 米中貿易摩擦再燃からドル円下落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場米国が中国に対して500億ドル相当の関税引き上げを発表したことで、米中貿易戦争のリスクが高まったとしてドル円は110円42銭まで売られた。その後は日米中銀の金融スタンスの差が意識され、110円60−70銭まで戻して越週。ユーロドルは前日の大幅安から反発。1.16台前半まで買い戻される。株式市場は主要3市場が揃って下落。米中の貿易戦争を巡る不安からダウは84ドル下げ、 [続きを読む]
  • ECB「量的緩和年内終了」を決める
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は昨日の夕方には110円を割り込み、109円90銭前後まで下落したが、ECBの政策発表後に大幅なドル高ユーロ安が進んだことに反応し上昇。110円70銭までドル高が進み、高値圏で引ける。ECBが量的緩和の年内終了を決めたが、2019年夏まで政策金利は据え置かれることでユーロは急落。ユーロドルは1.1563まで売られ、ユ−ロ円も127円台後半まで下げる。株式市場は [続きを読む]
  • FOMC今年2回目の利上げを決定
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場市場の予想通りFOMCでは利上げを決め、さらに年内の利上げ予測が上昇修正されたことでドル円は110円85銭まで上昇。ただその後トランプ政権が中国製品に対する関税を15日にも発動との報道で110円27銭まで売られた。ユーロドルはFOMC後に1.1727まで売られたが、その後切り返し1.18前後まで反発。株式市場は下落。金利の先高懸念に加え、米中貿易問題が高まるとの見方 [続きを読む]
  • ドル円110円を維持し堅調
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場 米朝首脳会談をひとまず評価したドル買いで、ドル円は110円49銭まで上昇。発表された5月のCPIが年率で2.8%だったこともドルを支えた。ユーロドルは小幅に反落。1.1733まで売られる場面があったが、明日のECB理事会を控え活発な動きは見られなかった。株式市場は続伸したものの、ダウは5日ぶりに小幅安で終わる。ハイテク株の多いナスダックは43ポイント上昇。債券相場 [続きを読む]
  • ドル円米朝首脳会談を前に続伸
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は110円台を回復したものの、勢いはなくもみ合い。経済指標もなく、本日の米朝首脳会談を見守る雰囲気が強まる。ドル円は110円12銭まで買われたが、110円を挟む水準で一進一退。ユーロドルは小幅に上昇。イタリアの財務相がユーロへの残留をコミットしたことで、1.18台前半までユーロ高が進む。株式市場は小幅に続伸。特段材料がない中、米朝首脳会談には楽観的な見方が広が [続きを読む]
  • ドル円小幅に下落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は109円台半ば前後で小動き。カナダで行われるG7首脳会議の行方を見極めたいとする姿勢が強まり、米金利が小幅に上昇したことで109円50−60銭まで戻して引ける。ユーロドルは小幅に反落。1.1736前後まで売られたが、商いは薄く、盛り上がらず。株式市場は続伸し、ダウは75ドル上昇。朝方は安く始まったが、午後には3主要市場とも揃って上昇。債券相場は反発。株価は上 [続きを読む]
  • ドル円110円台を維持できず反落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は110円台を維持できず反落。米長期金利が低下したことからドル売りがやや優勢となり、109円48銭まで下落。ユーロドルは1.1840まで上昇。来週の理事会で量的緩和の終了が議論されるとの見方がユーロ買いをサポート。ユーロ円も一時130円台前半まで続伸。株式市場はまちまち。ダウは前日の大幅高に続きこの日も95ドル上昇。一方ナスダックは利益確定の売りに押され、54 [続きを読む]
  • ドル円2週間ぶりに110円台を回復
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場株価の大幅上昇や、長期金利の上昇を手掛かりにドル円は110円台を回復。一時110円27銭までドル高が進む。ユーロドルは続伸。ECBのプラート理事の発言から1.1795までユーロドル高が進行。ユーロは対円でも6日続伸し、129円台後半まで買われる。株式市場は続伸。S&P500が4日続伸し、ナスダック指数も最高値を更新。ダウは346ドル高と大幅に上昇し、2万5千ドルの大 [続きを読む]
  • ドル円109円台で膠着
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は109円台半ばから後半で推移。東京時間に110円をテストする場面もあったが、NY市場では米金利の低下にややドルが売られた。引け値は109円80銭近辺で前日と変わらず。来週のECB理事会で量的緩和縮小が議論されるとの見方が浮上し、ユーロドルは堅調。1.1732前後まで買われたが前日の高値には届かず。株式市場はまちまち。ダウは小幅に下落したものの、ナスダックは上 [続きを読む]
  • ユーロ円10日ぶりに128円台半ばに
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は小動きながら堅調に推移。一時109円台半ばを下回る場面もあったが、米長期金利の上昇や堅調な株価に引っ張られ109円85銭前後まで上昇して引ける。ユーロドルも小幅に上昇。1.1745まで買われ、円とは逆行する動きがあったものの、上値はドル高の中で限られた。ユーロ円は10日ぶりに128円台半ばを超える。株式市場は大幅に続伸。不透明材料がある中、景気に対する楽観論 [続きを読む]
  • ドル円良好な雇用統計を受け109円台半ばへ
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は109円台を回復し、雇用統計の内容が良好だったことで、109円73銭までドル高が進む。その後は貿易問題などがドルの上値を抑え、109円半ばで越週。ユーロドルは1.16台で落ち着いた動きを見せる。上値が重いものの、1.15が当面の底値との見方も浮上。株式市場は大幅に反発。雇用統計を受け、景気に対する楽観的な見方が株価を押し上げる。ダウは219ドル上昇し、ナスダ [続きを読む]
  • ユーロの買戻し進む
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は108円台で推移し、109円近辺がやや重石となった。トランプ政権が鉄鋼・アルミの関税を発動したことで、世界貿易への懸念が広がり円が買われた。一時は108円39銭前後までドル安が進んだが、午後にはドル買い戻しも観られた。ユーロドルは買い戻しが進み、1.17台を回復。ユーロは対円でも127円台半ばまで値を戻す荒っぽい動きに。株式市場はトランプ政権による関税発動の [続きを読む]
  • ドル円109円台を回復するも小動き
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は反発し一時109円台を回復。イタリアの政局不安が後退し米長期金利が上昇したことがドルの支えになった。ただ上値も限定的で、108円90銭近辺で取り引きを終える。ユーロドルも反発。前日の1.15台前半から1.16台を回復。ユーロは対円でも127円台前半まで上昇。株式市場は大幅反発。イタリア国債が反発したことや、前日大きく買われた米国債も反落したことでダウは306 [続きを読む]
  • 米10年債急騰し金利急低下
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場イタリアの政局不安が広がり、東京時間に109円を割り込んだドル円は一時108円12銭前後まで急落。米長期金利が急低下したことや、株価が大きく売られたことから円買いが進んだ。ユーロドルも続落。イタリアに加えスペインでも政治的リスクが高まりユーロドルは1.1520前後まで売られ、約半年ぶりのユーロ安水準を示現。株式市場はほぼ全面安の展開。欧州発の政局不安がリスク回避の流 [続きを読む]
  • ユーロドルスペインの政局不安から続落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場米朝首脳会談中止が伝えられ、前日108円台後半まで急落したドル円は109円台でしっかり。米朝会談再開の可能性も浮上したことで109円57銭までドルが反発。ユーロドルは続落。イタリアやスペインの政治的リスクが意識され、1.1646まで売られ、直近安値を更新。株式市場は続落。米朝首脳会談を巡り神経質な動きが続く。ダウは58ドル安と、3日続落。一方ナスダックは9ポイント上 [続きを読む]
  • 米朝首脳会談中止で円全面高に
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場米朝首脳会談中止を受けドル円は急落。一時は108円96銭まで円高が進み、約2週間ぶりのドル安水準を記録。ドル円はその後やや買い戻され、109円20−30銭で取り引きを終える。ユーロドルは1.17台で小動き。ドル円の下落に伴いユーロ円が売られ、127円台後半までユーロ安が進行。株式市場は反落。米朝首脳会談中止で再び朝鮮半島リスクが意識され、ダウは75ドル安。債券は続伸 [続きを読む]
  • ドル円一気に109円台半ばまで下落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は欧州市場での急落を受け109円台で始まったが、NY市場では落ち着いた動きを見せた。110円台前半まで上昇したが米長期金利の低下などもあり、やや上値の重い展開だった。ユーロドルはユーロ圏のPMIが悪化していたことで続落。一時は半年ぶりとなる、1.1676前後までユーロ安が進む。株式市場は反発。FOMC議事録で追加利上げを急がないことが示唆されていたことで買いを [続きを読む]
  • ドル円111円を挟んで一進一退
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は111円を挟んでもみ合い。株式市場が大きく値下がりしたことでやや円買いが優勢になったものの、110円80銭近辺で下げ止まる。ユーロドルは反発したものの、イタリアの政局不安が重石となり、1.18台前半で頭打ち。株式市場は大幅に反落。朝方はプラスで推移していたが、午後にはトランプ大統領が米朝首脳会談実現に懐疑的な見方を示したことから大きく売られる。ダウは178ド [続きを読む]
  • ドル円小幅ながら続伸
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は引き続き底堅い動きをみせ、111円33銭までドル高が進む。米中貿易協議が一応合意したことを好感した格好。111円を割り込む場面もあったが、111円前後で取り引きを終える。ユーロドルは小幅に反発。1.1796まで買い戻しが進んだがドル高の流れから上値は限定的だった。株式市場は大幅に上昇。米中貿易を巡る緊張が和らいだとの判断からダウは298ドル上昇し、3月13日 [続きを読む]
  • ドル円111円台乗せ後反落
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は111円台に乗せたが、さすがに連日の上昇で勢いもなく、米長期金利が低下したことで110円62銭まで下落。この日のNY市場での高値は111円02銭。ユーロドルは続落し、1.1750までユーロ安が進む。2日に前に記録した1.1763を僅かながら下回る水準を示現。株式市場は高安まちまち。ナスダックは28ポイント下落したものの、ダウはほぼ変わらず。小型株は上昇。債券 [続きを読む]
  • ドル円堅調に推移し110円台後半に
  • ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円はジリ高が続き、一時110円86銭まで上昇。米経済指標が良好だったことや、長期金利がさらに上昇したことからドルを買う動きが優った。ユーロドルは下落が一服。1.1785まで売られる場面もあったが、1.18台に押し戻される。株式市場は反落。エネルギー株が上昇した一方、シスコシステムズの低調な決算が重石に。ダウは54ドル下げ、他の主要指数も反落。債券相場は続落。引き [続きを読む]