闇夜のアヒル さん プロフィール

  •  
闇夜のアヒルさん: The Duck in the Darknight
ハンドル名闇夜のアヒル さん
ブログタイトルThe Duck in the Darknight
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamiyonoahiru/
サイト紹介文ファンタジー小説『ピースブレイカー』連載中です。
自由文今は、剣と魔法の世界を舞台にした小説を書いています。
無事最後まで書ききれるかどうか心配ですが、がんばりますw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 269日(平均0.1回/週) - 参加 2008/06/19 18:26

闇夜のアヒル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ピースブレイカー 第二章 最終話 『悠久の果てに』
  • 「あんにゃろめ。じい様たちを…。許さん。」ハッシュは怒りに満ちた表情で拳を握りしめる。「あのー。決意にみなぎってるとこ悪いんだけど…。」おずおずとリノが訊ねる。「ちょっと説明してくんないかな?」ハッシュはエルフ族に伝わる魔王についての伝承と盟約について語った。冒険者たちは、そこで初めて盟約の意味を知る。「最初の盟約は、人間族は封印を解いちゃうかもしれないから森に近づかないように、ってものだった。」 [続きを読む]
  • ピースブレイカー 第二章 第十七話 『黄昏の刻』
  • その昔。強大な力を持った召喚術師がいた。彼は魔族の王の力をこの世に具現化しようと試み…、‘かの者’に呑み込まれた。魔王の力をその身に宿し暴走した召喚術師はとめどない力の奔流となり全ての生き物の脅威となった。脅威に立ち向かう為あらゆる種族が手を結んだ。人間族とエルフ族。本来なら全く違う世界に住うはずの二つの種族も互いに協力し、最後に‘かの者’を封じ込んだ。森は‘始まりの森’であった。森の最奥の祭壇で [続きを読む]
  • ピースブレイカー 第二章 第十六話 『暗転する好機』
  • 『ハッシュ。つまらぬ事をするでない。人間どもは捨て置いて戻って来るがよい。』長老の声がする。当然の事だが、話は全て筒抜けだ。「やだなぁ。それじゃあ俺は半分しか戻れないじゃないか。」ハッシュがとても楽しそうに答える。「なるほどね。」リノが感心した風に頷く。実のところ、どうやって長老との話し合いに持ち込むのか訝しんでいたのだ。「これまでだって、俺が気に入った人間たちは逃がしてくれただろ?」ハッシュは半 [続きを読む]
  • 過去の記事 …