山口ジジイ さん プロフィール

  •  
山口ジジイさん: 山口ジジイの どっこい生きてる
ハンドル名山口ジジイ さん
ブログタイトル山口ジジイの どっこい生きてる
ブログURLhttp://yamagutijiji.blog39.fc2.com/
サイト紹介文元失業者 健康で文化的な最低限度の生活を、目指してます 大衆演劇初心者、主に松山劇場
自由文健康で文化的な最低限度の生活を、頑張ります
趣味は大衆演劇とDVDビデオ観賞、競輪もちょこっと いろいろ教えてください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2008/06/20 13:59

山口ジジイ さんのブログ記事

  • 安倍総理は、嘘つき野郎だろう20180622
  • 昨年から続いている、森友・加計問題私は伊予の国愛媛県に住んでいるが、はっきりいって安倍総理と子分どもは不愉快だ、嘘つき軍団だと思ってる愛媛県の中村知事は、加計学園の嘘に不快感をしめしている御用学者、あるいは御用評論家の中には、愛媛県が文書をねつ造したと言ったふざけろ、であるなんで愛媛県が、ねつ造する必要があるのだ辞めた文部科学省の次官前川は、行政が歪められたと言ったまさにそうだしかし政府自民党は、 [続きを読む]
  • 久々の献血は、痛いものだった
  • 先日久しぶりに献血した職員の求めに応じ、今回は成分献血としたアクシデントがあった献血する前に、血の検査で少量の血を採取するのだが、そのとき失敗があった、それも2回経験値の少ない人だったのか、ベテランの人が替わりなんとかうまくいったが、こんなことは初めて献血が終わった私の腕には、検査で3回、献血で1回、合計4カ所の注射のあと献血の針は、太いので、刺すときけっこう痛みがあるまあ、誰だって失敗することは [続きを読む]
  • 黒潮劇団1-3 ショウ 天城越え 松山劇場20180606昼
  • 第三部 舞踊ショウ花のトップステージは、若手群舞踊、ナルバキスンラストショウ 天城越えストーリー性のあるラストショウこういうのはいいね一つ残念だったのは、天城越えがオリジナルでなかった点誰が歌ってるのか不明だが、幸田くみのするカバーみたいな感じでアレンジが酷く、オリジナルの名曲を台なしにしている石川版だったらなお良かったですな久々に観劇して思ったこと大衆演劇の劇団さんは、サービス精神の塊なので、癒 [続きを読む]
  • 黒潮劇団1-2 芝居 人斬り林蔵 松山劇場20180606昼
  • 人斬り林蔵は、特選狂言として謳われることの多い、悲劇である悲劇が好きな私的には、劇団KAZUMAで初めて拝見して以来、なるべく観てる好きな外題だ第二部 芸題 人斬り林蔵<あらすじ>八丈島に流されていた上尾の林蔵(黒潮音之座長)が、刑期を終え10年振りに帰ってきた自分の縄張りでは元は子分の屋根屋一家(神楽良)がのしており、林蔵の子分たちは次々と引きぬかれ、唯一代貸の勇蔵(黒潮次郎総座長)が体を悪くしな [続きを読む]
  • 黒潮劇団1-1 黒潮音之座長 顔見世ショウ 松山劇場20180606昼
  • 久方ぶりの大衆演劇記事思い起こせば、私的に松劇に行ったのは1月の劇団大川以来ゆえ、5か月ぶりだ大衆演劇でいえば、今は無き奥道後劇場、3月の劇団三桝屋以来なので3カ月ぶりの観劇ということになるこんなに間があいたのは、初めてですな今月の黒潮劇団は、2016年1月公演以来なので、2年5カ月振りの松山公演となるこのくらい間があけば観に行きやすい、劇団の体制が変わったので確認したい、そして芝居が私の好きな人 [続きを読む]
  • 大相撲5月夏場所 結果覚書 優勝鶴竜20180604
  • 大相撲夏場所覚書 優勝 鶴竜上位陣の休場が多く、外国人力士だけの優勝争いは寂しい限りだが、熱戦が多く見ごたえがあった新進気鋭の若手が増え、世代交代が近づいているように思われる優勝予想の検証鶴竜、白鵬、栃ノ心をあげたが、まさにこの3人の争いとなった終盤まで優勝争いをリードしたのは栃ノ心で、あの白鵬をがっぷり四つで制し12連勝した時は、大本命と思われたが、翌日正代に敗れ潮目が変わり、14日目には鶴竜が [続きを読む]
  • 三代目鹿島順一逝去について 20180529
  • 千葉のばばあさんと片山さんにコメントをいただいて、三代目鹿島順一逝去を本日知った慌ててネットをみると、見聞劇場で劇団白虎と合同公演中だったようで、27日に逝去され本日29日が告別式だったそうだ心筋梗塞と書いてる人もいたまだ26歳くらいだったと思う、全く想像もしてなかったことで、今でも信じられない気持ちだ三代目鹿島順一劇団は、私が大衆演劇を好きになったきっかけの劇団であり、誠に残念である鹿島は芝居が [続きを読む]
  • 大相撲夏場所 優勝予想 20180513
  • 大相撲の夏場所が始まり初日をテレビで観た稀勢の里、高安の休場は寂しいが、上位陣が万全のスタートを切り、初日としては良い感じだということで優勝予想まあ、鶴竜、白鵬、栃ノ心の3人でしょうな先場所優勝の鶴竜は、指の怪我が治ってないので、横綱らしくない引き技中心だろうが、まあ白星を拾っていくでしょう休場明け白鵬の、品の無い立ち合い、へんてこな横綱土俵入りも下品な感じだけど、やはり腐っても鯛とでもいうか、勝 [続きを読む]
  • 4月の大衆演劇の総評と 4月の芝居ベスト1 5月の目標
  • 4月の目標と結果①松山劇場に劇団昴星が乗るので、1回以上観たい未達成−せっかく愛媛にきてくれるんだから一回くらいはと思ってたが、結局行かなかった言い訳ではあるが、約4年くらいの間に劇団昴星は4回も公演している劇団ファンの方はうれしいだろうけど、いろんな劇団のいろんな芝居が観たいファンにとっては、ちょっとサイクルが早すぎて観劇に行きにくい大阪の興行師だと思うが、ちょっと考えて欲しいな②その他の芸能も [続きを読む]
  • 劇団三桝屋4-2 ショウ 男の土俵 奥道後劇場千穐楽20180330昼
  • 千穐楽公演は、独特のお別れムードに包まれるましてこの日で長期の休館となるのでなおさらだった第二部 舞踊ショウ花のトップステージは、群舞踊 自動車唱歌今村ゆうこ歌唱 愛燦燦など3曲ほど終盤1週間ほどのゲスト出演石川県あたりで活動してる歌手だそうで、役者さんの歌と違い本物の歌手の歌は上手い子供のころ受けた喉の甲状腺の手術が失敗し、声帯を痛め、一時期喋れなくなり引きこもったことがあるそうだあたりまえだと [続きを読む]
  • 劇団三桝屋4-1 市川市二郎座長 芝居 丁の目の陣太郎 奥道後劇場千穐楽20180330昼
  • 3月30日の奥道後劇場、千穐楽の覚書この日で長期休館となった第一部 外題 丁の目の陣太郎<あらすじ>丁の目の陣太郎(市川謙太郎)は、堅気になろうと故郷へけえってきたが、おっ母あはすでに死んでいた叔母のお里(雪めぐみ)の家にやっかいになり、野良仕事をして懸命に働くうち、叔母の妹のお園(市川みすず)が陣太郎と夫婦になりたいというそこへ、地廻りの蝮の権太親分(真珀達也花形)がやってきて、俺の女になれとお [続きを読む]
  • 3月の大衆演劇の総評と 3月の芝居ベスト1 4月の目標
  • 3月の目標と結果①松山劇場の澤村慎太郎劇団を1回以上、奥道後劇場の劇団三桝屋を3回以上観たい澤村慎太郎劇団は毎年のようにきてくれるが、三桝屋は3年ぶりくらいで貴重未達成−劇団三桝屋は4回観れたが、澤村慎太郎劇団は一度も観に行かなかったあとで知ったが、澤村慎太郎劇団はどうも二つに別れて新体制だったようで、一度くらいは観ておくべきだったと後悔②その他の芸能も観たい、ウイングを広げる達成-愛媛大学吹奏楽 [続きを読む]
  • 大相撲3月春場所 結果 優勝鶴竜20180328
  • 大相撲春場所覚書 優勝鶴竜今場所も外国人力士の活躍が目立った優勝予想の検証鶴竜、栃ノ心、逸ノ城と予想してたが、鶴竜が優勝したので的中した鶴竜ははたき込みが多く横綱相撲という感じでは決してなかったが、場所前足を手術したり小指を含む右手の三本の指を痛めていたので、自分に今できることをやって勝ちを拾っていったまあ結果を残して横綱の勤めを果たしたといえよう高安は初日から2連敗したが、千秋楽に鶴竜を倒して意 [続きを読む]
  • 劇団三桝屋1-2 ショウ 龍神 奥道後劇場20180307昼
  • 約3年ぶりの劇団三桝屋の公演、3年もたつと劇団の構成が変わっていた座長嫁、リーダー、子役たちがいなくなっているわっしは以前、嫌な噂を聞いたことがあったが、やはり退団したようだ80歳くらいのお爺さん役者がいない、やはり年齢的なことなんだろうかなんか、江戸時代から連れてきたようなお爺さんで好きだったが、残念だ市川謙太郎復帰、前回は連名表になかったから、復帰されたのだろう良かった、二人座長ではないようだ [続きを読む]
  • 大相撲3月春場所 優勝予想と私の注目力士20180309
  • 大相撲春場所が始まる、大阪ですなあ横綱の白鵬、稀勢の里に、人気の若手阿武咲が休場というのは、実に寂しい限りだが、図抜けた力士がいない分、誰が優勝するのか分からないという、面白さもある優勝争いは?とはいえ、3人の横綱大関を中心に優勝争いがあるに違いない鶴竜、高安、豪栄道に、関脇栃ノ心、小結逸ノ城あたりが優勝候補といったところではなかろうか横綱鶴竜は、先月足を手術したそうだし他にも故障があるようなので [続きを読む]
  • 2月の大衆演劇の総評
  • 2月の目標と結果①松山劇場に劇団十六夜が乗るので、3回以上観たい未達成−なんと一度も観劇に行かなかったここんとこ観劇数が減ってきていたが、ついに0とうとう大衆演劇熱が、冷めてしまったのだろうか②その他の芸能も観たい、ウイングを広げる未達成−こちらも0、なんとも寂しい結果したがって、芝居ランキングも、今月はなしとなってしまった3月の目標①松山劇場の澤村慎太郎劇団を1回以上、奥道後劇場の劇団三桝屋を3 [続きを読む]
  • 貴乃花がなんか喋ってる20180109
  • うーむ、貴乃花がテレビに向かって喋り出したなあ何年か前に、テレビに向かって、花田勝氏に財産を盗られるんですよ、と毎日のように主張してた、あれを思い出したもともとおしゃべりな男だけに、今後もワイドショウのテレビカメラに向かって喋り続けるやもしれぬいやああ、今回、理事選挙で2票しかとれなかったというストレスもあるのだろうが、やめた方がいいよみっともない、めんどしい、情けない、あんな立派な横綱だっただけ [続きを読む]
  • 1月の大衆演劇の総評と 1月の芝居ベスト1 2月の目標
  • 寒い、実に寒いねえ冬だから1月の目標と結果①松山劇場に劇団大川、奥道後劇場に藤間劇団が乗るので、それぞれ3回以上観たい未達成−劇団大川3回、藤間劇団2回の観劇となったうーむ、特に初見の藤間劇団はもう少し観ておきたかったのだが・・・②その他の芸能も観たい、ウイングを広げる達成−シルクドゥラシンフォニー、、三幸・花ん謝松前寄席、三山ひろしコンサートの三つの公演を観賞できたまずまず1月の芝居 ベスト11 [続きを読む]
  • 新十両争いが面白い20180130
  • 幕下から十両にあがるのは、2〜3人くらいの印象だが、初場所はどうも7人は十両から転落しそうなので、7人十両にあがってきそう幕下成績   東    位   西     成績5勝2敗 矢後   幕下1 照強   4勝3敗3勝4敗 朝弁慶 幕下2 志摩ノ海 5勝2敗0勝1敗 北太樹 幕下3 翔猿   4勝3敗3勝4敗 北磻磨 幕下4 明瀬山  4勝3敗0勝3敗 豊ノ島  幕下5 常幸龍  3勝4敗4勝3敗 炎鵬   幕下6 若元春 [続きを読む]
  • 大相撲春場所の番付予想20180130
  • 春場所の番付予想をしてみた初場所幕内上位の成績 成績      東     位     西     成績2勝3敗10休 白鵬   横綱   稀勢の里 1勝5敗9休11勝4敗    鶴竜   横綱 8勝7敗     豪栄道  大関   高安   12勝3敗8勝7敗     御嶽海  関脇   玉鷲    6勝9敗5勝10敗    貴景勝  小結   阿武咲  4勝6敗5休4勝11敗    北勝富士 前頭1  逸ノ城   10勝5敗4勝11敗    嘉風    [続きを読む]
  • 大相撲初場所千穐楽 栃ノ心優勝 おめでとう 20180128
  • いろんな意味で注目を浴びた大相撲初場所場所前場所中に醜聞もあったが、なんとか無事に千穐楽を終えたまあ、協会の醜聞と本場所で一生懸命戦ってる力士とは別だと私は思ってるので、初場所の15日間は、はらはらどきどき、おもろかったなあという感想あっさり相撲ファンの私なれど、昨年9月の秋場所を、久々に生で両国国技館で観戦した影響でしょう、九州場所に続き今場所も、熱心にテレビで観戦しましたやっぱ生の舞台の迫力と [続きを読む]