カトポンの仕事人 さん プロフィール

  •  
カトポンの仕事人さん: 日々雑感
ハンドル名カトポンの仕事人 さん
ブログタイトル日々雑感
ブログURLhttp://katochanpon.cocolog-nifty.com/zakkan/
サイト紹介文懐かしのポン煎餅「カトちゃんポン」の仕事人の日々の出来事を日記風、エッセイ風に綴っています。
自由文ポン煎餅ってご存知ですか?ポン煎餅はポン菓子の一種ですが、ポン菓子とは機械も製法も異なります。
ポン菓子はお米をバラバラに膨らませて、そのまま提供したり、煮詰めた砂糖などを絡めて色んな形に成型して供されますが、
ポン煎餅は凹凸一組の鉄皿の間にお米を挟んで一枚一枚手焼きして煎餅に仕上げます。
手間暇が掛かるため、最近ではポン煎餅を作る業者はすっかり少なくなりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/06/20 22:44

カトポンの仕事人 さんのブログ記事

  • 今日の野球観戦ツアーはお流れに
  • 何日も熱が下がらず体調不良に悩まされた熱中症ですが、その熱もやっと平熱近くに戻って、身体の方も一時に比べるとかなり楽になりました。もし今回熱中症に罹らなかったら、今日はマツダスタジアムで行われるナイトゲーム、カープ対ジャイアンツ戦の応援ツアーに参加するはずだったんですよね。だけどドクターストップが掛かってしまって・・・それでも今の体調なら何とか行けそうにもあるので、それを妻に打診するも、"非常識にも程 [続きを読む]
  • 熱中症、次第に回復へ
  • 7日に病院で2回目の点滴を受けて以後は、担当医から言われるままに自宅のエアコンの効いた部屋でずっと安静にしておりましたが、その甲斐あってか熱は徐々に下がって来ているようで・・・昨日は一時的に37.5℃になることもありましたが、大体37℃前後で推移し、今朝いちばんの検温では36℃台に。私の平熱は35.5℃なので、数字的にはまだ若干の微熱が残ってる状態でしょうが、熱が下がると身体も軽くなって、今朝は何日振りかで愛犬ミ [続きを読む]
  • 相変わらず良化の兆しなし
  • 昨日病院で点滴をして貰ってかなり改善したように思えたんだけど、自宅に戻って医師の指示通りに安静を保っていたにも関わらず、熱は37.5℃を境に上がったり下がったりで一向に良化の兆しナシ昨夜は38.5℃に達し、今朝の寝起きの測定では37℃・・・その後、怠い身体に気合を入れベッドから起き上がって食卓へ。食欲はなくとも食べないと体力回復が望めないので、無理矢理トーストを牛乳で喉に流し込む。そしてざっと朝刊に目を通した [続きを読む]
  • 病院が開くのを待って診察へ
  • 38℃の高熱が一晩中下がらずに、寝苦しい一夜を悶々と過ごしたこともあって、今朝起きると身体中が汗でびっしょり まず洗面所に行き顔を洗い、汗で濡れたTシャツを脱いで水で湿したタオルで上半身の汗を拭うとスーとして気持ちいいことTシャツを新しいのに着替えて寝室に戻り、今日最初の体温計測をすると37.5℃・・・たった0.5℃だけど、それだけでも熱が下がると身体は随分楽になるものですね。だけど相変わらず食欲は湧いて来ない [続きを読む]
  • これは明らかに熱中症
  • 皮肉なもので、病院が休みの時に限って高熱が出るんですよね。昨夜半に40℃に達した熱は、朝方には若干下がりはしたものの、今日は一日中38.5〜39℃台の高熱が続き、救急病院に行くことも考えたんだけど、人工弁置換手術を受けている私としては、やはり掛かり付けの専門医に診て貰った方が安心なので、明日病院が開くのを待って診察を受けることにいたしました。しかしながら、やはり気になるのは今の自分の症状。熱でフラフラしな [続きを読む]
  • 何かしら体調が変?
  • 昨夜風呂から上がってタオルで身体を拭いていると、こんなにもムンムンした夜だというのに何かしらゾクッとした悪寒が・・・居間に戻ってしばらく安静にしているうちにその悪寒は収まったので、寝室に行って身体をベッドに横たえると、27℃に設定している寝室のエアコンの風が、今日はなぜかやけに冷たく感じられます。妻に頼んでエアコンの温度を少し緩めに設定して貰い、いつもなら腹回りだけに掛ける夏布団を、その日は首元から足 [続きを読む]
  • 熱中症と背中合わせの作業
  • ポン煎餅の売れ行きが鈍る夏場とはいえ、暑い暑いといって何日も仕事をしないでいると、さすがにストックが底をついて来て、今日注文の電話が入って来たのを機に、久しぶりに工房に入ることにいたしました。とはいえ今日も高温注意情報が発令されており猛暑になること必至、少しでも気温が低いうちにと、午前中早目に仕事に取り掛かって早目に終える予定でスタートしたのですが、一旦作業に掛かると歯止めが利かなくなって、妻の何 [続きを読む]
  • 心配した台風12号が何事もなく去って行って
  • 昨日は台風12号の接近により、広島県では県下各市町村の住民に向けて早期避難勧告が発令され、新聞やTV各社も過去に例を見ない大型台風なので如何なる被害をもたらすかは予測不明などと厳重注意を呼び掛けておりましたが、そこまで騒がれると一体どんな規模の台風が来るんだろうとの不安を胸に、それなりの準備を整えて待ち受けておりました。ところが幸運にもその心配は杞憂に終わったようで、三重県に上陸した台風は関西を通過し [続きを読む]
  • 猛暑の中の愛犬ミッキーの一日
  • 連日の猛暑に何もやる気が起きずグッタリの毎日で、ポン煎餅の仕事の方は完全にストップ状態まぁこの暑さの中、冷たいものならまだしも、煎餅など食べる気にはならないですよね暑さに参っているのは人間様だけでなく動物たちとて同じこと。TVのニュース番組で動物園の動物たちの夏バテ気味の様子が映し出されておりましたが、人間から見れば微笑みを誘われるような光景も、当の動物たちにとっては、この異常な暑さはたまったもんじ [続きを読む]
  • 電気代は命を守る薬代
  • "我々が未だかつて経験したことのない猛暑" といわれる灼熱地獄の日々が続いております。総務省消防庁の発表では、先週1週間(16〜22日)に全国で22,647人が熱中症で搬送され、そのうち65名の方が死に至ってるという。これは2008年に集計を始めて以来の最高値であるとのこと。そんな異常高温下、此の頃のTVの報道番組では各局がこぞって熱中症に対する注意を呼び掛け、専門家たちによる熱中症対処法が披露されておりますが、今朝の [続きを読む]
  • 娘の実家での産後保養も今日まで
  • 次男・航生を出産後、実家である我が家で産後保養を続けていた我が娘が、やっと嫁ぎ先である東広島市の自宅に帰る気になったようで、今日娘婿が長男・智己(3歳)を連れて車で迎えにやって来ました。孫の智己はあちらの保育園に通っている関係で、可愛そうにも母親とは離れ離れの生活だったため、久しぶりのお母さんと弟・航生(右写真)との対面に、満面の笑みをたたえて嬉しそう・・・今日は土曜日なので娘も家族共々もう1泊して帰 [続きを読む]
  • 高温注意情報というより高温注意報
  • 本当に暑い日が続きますね。気象庁は "高温注意報"・・・あ、いや、正しくは"高温注意情報" ですってね。その注意情報を日本のほぼ全域に発表し、熱中症の予防対策をするよう呼び掛けています。西日本豪雨の被災地では、大雨、洪水などの注意報&警報をいやという程聞かされて来たというのに、それが去ったかと思ったのも束の間、今度は熱中症禍に見舞われようとはまさに泣きっ面に蜂状態で、お天道様を怨みたい気持ちになっても致し [続きを読む]
  • 只今開店休業中
  • 梅雨明け以来連日のように猛暑日に近い真夏日が続いており、そんな中、7月豪雨の被災地では、熱中症と背中合わせの懸命の復旧作業が続いているようですが、関係者やボランティアの皆様方には本当に頭の下がる思いがいたすと同時に、皆さん各自ご自身の健康管理には十分留意の上、作業に携わるよう願っております。私もその復旧作業の一役を担いたい気持ちはあるものの、古希を迎えた無理のきかない身体でボランティアに出向いて行 [続きを読む]
  • 2018・梅雨明け発表
  • 昨日までは地域によって発令中だった大雨洪水注意報もすべて解除されたようで、今日は朝から久しぶりに太陽が顔を覗かせ、それと同時に気温も一気に上昇して、もう暑いのなんのってこれでもう梅雨明けじゃないのかな?って家内とも話してたところ、本日午前11時、気象庁は九州北部から北陸地方にかけての梅雨明けを発表しました。今後の予報によると、梅雨明け後しばらくは晴天続きで、連日最高気温が30度超えの猛暑が続くとのこと [続きを読む]
  • 今夜は七夕だけど
  • 昨夜は一晩中緊急避難を呼び掛ける携帯のアラート音で熟睡できず、今朝は睡眠不足で頭はぼんやり・・・寝ぼけ眼でカーテン越しに外を窺うと、雨は昨夜の激しさはないものの、なおしとしとと降り続いているようだ。TVを点けると、どの局もこの大雨による各地の被害情報を伝えている。やっぱりなぁ・・・あれだけ降ったら被害が出ないはずないよなぁ・・・被害は九州から西日本に掛けて広範囲に出ているけど、やっぱり広島県から岡山県に掛け [続きを読む]
  • ここ福山でも大雨被害が?
  • 7月に入ってはや1週間・・・先週末に瀬戸と府中のふれあい市に最後の納品を済ませて以来、気が抜けたっていうかどうもやる気が起きなくて、それに野暮用があったり、梅雨時特有の湿っぽい日々が続いたりで、この1週間は殆んど仕事をしないまま無為に過ごしてしまいましたダメですねぇ、元来が怠け者の人間は・・・仕事への使命感から解放されるとつい楽な方に流れてしまいますゞま、それはさておき、昨日未明から西日本各地は梅雨前線の [続きを読む]
  • JAふれあい市(瀬戸・府中)に最後の納品
  • 商品が溜まり掛けては小売りで売れて・・・を繰り返し、途中佐賀へのポン煎餅づくり指導のための出張旅行なども挟んで、予定より大幅に遅れてしまいましたが、1年の半分が終わろうという今日、やっとJA瀬戸と府中の2つのふれあい市に、廃業通知とこれまでお世話になったお礼を兼ねて、最後の納品を済ませてまいりました。いずれのふれあい市の担当者の方もとても残念がられましたし、私も長年続けて来たポン煎餅づくりをまもなく終え [続きを読む]
  • 航生、新生児から乳児へ
  • WHO(世界保健機関)では、生後4週間(28日目)までを新生児期と定義しているそうで、それによると5月24日生まれの孫の航生(こうき)は先週の水曜日に4週間を経過しており、もう新生児ではなく晴れて乳児になったってことですよね。そのせいか、此の頃の航生は、産院から退院した頃に比べると体重もずっしり重くなり、泣き声にも力強さが加わってるようです。おっぱい(ミルク)が欲しい時とか、眠い時とか、おしめが濡れたり、汗 [続きを読む]
  • 6月23日分(その3)・大宰府天満宮
  • 6月23日分(その3)九州国立博物館を後にしてさっき来たルートを戻って行くと、太宰府天満宮の境内に出て来ます。まず最初に、参拝の前に手と口を清めるために楼門右手にある巨大な一枚岩でできてるという手水舎(てみずや)へ。ここで心身を清めた後は楼門をくぐってご本殿へと向かいます。本殿前の右手には、大宰府の象徴である飛梅の木がどっしりと鎮座しており、それを横目に本殿前に進み、お賽銭箱に賽銭を投げ入れて二礼二 [続きを読む]
  • 6月23日分(その2)・九州国立博物館
  • 6月23日分(その2)小雨降る中、大宰府駅前に出て右折すると、そこはもう大宰府天満宮への参道商店街で、参道の両脇にはお土産物屋さんとかこの地の名物である梅が枝餅を売るお店が軒を連ねている(下左写真)その参道を進むこと数分、3つ目の鳥居をくぐると左手に心字池(しんじいけ)に掛かる太鼓橋が見えて来ます(下右写真) この3連の橋はそれぞれに過去、現在、未来を意味しており、過去の橋を渡る時は絶対に後ろを振り返ら [続きを読む]
  • 6月23日分(その1)・大宰府へ
  • 6月23日分(その1)午前7時起床。今日は終日フリータイムなので、午後3:33博多駅発ののぞみ44号に乗るまでの時間は自由に過ごせるのですが、今日は久しぶりに大宰府天満宮まで足を延ばしてみようということに。大宰府天満宮にはずっと以前に1度だけ訪れたことがあるのですが、もうその記憶も殆んど薄れ掛けており、身内に受験生などいない現在だけど、折角博多まで来てるんだから、この際久々に天満宮にお参りするのもいいかなと [続きを読む]
  • 6月22日分(その3)・中洲の夜
  • 6月22日分(その3)我々の今夜の宿泊先は博多最大の歓楽街 "中洲" エリアにあるホテルです。日帰りもできたのですが、久しぶりに訪れた博多の地、妻も中洲の屋台に行くのを楽しみにしていたので、その近くの西中洲に宿を予約しておいたのです。Fさんの息子さんには国体通りの春吉橋近くで降ろしてくださいと言ったのに、息子さんは親切にも狭い路地を入ったところにあるホテルのすぐ傍まで車で送ってくださいました。このホテル、 [続きを読む]
  • 6月22日分(その2)・初めてのポン煎餅づくり指導
  • 6月22日分(その2)我々を乗せた車は博多市街の喧騒を抜け、R263ののどかな田園風景の中を走ること約1時間、福岡と佐賀の県境にある三瀬トンネルを抜けるとまもなくFさんの加工場に到着です。工場に着くと従業員の皆さんが総出で迎えてくださいました。お茶をいただきながら一服した後、早速現場の方に案内していただきましたが、そこにはまだピッカピカのおニューのポン煎餅機が鎮座しており、電気コードもガス管も接続されてお [続きを読む]
  • 6月22日分(その1)・博多ラーメン喰っていざ出陣
  • まだJA瀬戸と府中の両ふれあい市への最後の納品を終えてないというのに、時は容赦なく過ぎ去って、あっという間にFさんとの約束の日がやって来ました。当初の計画では、一昨日までにすべての納品分を作り終え、昨日のうちに納品を完了して、一区切りつけてからFさんちへ伺うつもりでいたのですが、なかなか事は思うように運ばず、すっきりしない気分のまま今日から1泊2日の予定で佐賀までポン煎餅づくり指導の旅に出発するハメにな [続きを読む]
  • 佐賀までポン煎餅製造指導の旅へ
  • 以前に通販で "カトちゃんポン" をお買い求めいただいたFさんという方から電話があって、ポン煎餅の作り方を指導して欲しいとの依頼を受ける。Fさんは佐賀県にお住まいで、10人程の従業員と共に農園を営んでおられるそうで、その農園で収穫したお米や農産物を原料にした色んな加工品を製造・販売されてるとのこと。その電話があったのは今月の月初めの頃ですが、その時はポン煎餅を作っているところを是非とも見学させて貰えないか [続きを読む]