iwapy さん プロフィール

  •  
iwapyさん: スケッチ散歩
ハンドル名iwapy さん
ブログタイトルスケッチ散歩
ブログURLhttp://fine.ap.teacup.com/cherry/
サイト紹介文散歩しながら、自然の美しさに触れ、 水彩スケッチを楽しんでいます・・・♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/06/22 20:56

iwapy さんのブログ記事

  • アンティーク
  • [画像]北海道、利尻・礼文島での、土産物。浮き球と2枚貝。水彩デッサン。ガラスの透明度を出すのが難しい。短時間仕上げです。その後、水彩画クラブが設立。来月には、創立記念展を開催します〜♪ [続きを読む]
  • 宵祭り
  • [画像]名古屋城の「宵祭り」に出かけました。夏ですね〜城下では、出店あり、盆踊りの櫓を巡って何重もの輪ができ踊る人がいっぱい。ゲーム店の前には長蛇の列・・・輪投げ・矢的・お化け屋敷などこういうイベント会場でないと見られない現代ですね。夕涼み、気持ちよかった〜 [続きを読む]
  • 中山道
  • [画像]岐阜県御嵩町。旧中山道が通るところです。その一角に石畳が残っています。「謡坂」(うとうざか)このあたりは、標高が高くなり上り坂が続きます。しんどくなって歌でも歌わないと辛さがまぎれないと、この坂で休んだそうです。 [続きを読む]
  • 梅雨間の郷
  • [画像]高山市郊外。6月下旬、梅雨のさなかにありながら、晴れ間に見えた景色。高台から見下ろしています。郷の緑がいろいろな色をつけて、広がっていました。 [続きを読む]
  • アジサイ 2
  • [画像]先週のスケッチ会。茶屋ヶ坂のあじさい公園。80種くらいの花が満開になるといわれる所が、今年は雨が降らず、水やりをするも追いつかず、もう枯れ始めているという。この日も日照りが強くとても日向で描いておれず、木陰に逃げ込んで無理な体勢で踏ん張る。草が多く虫に刺され、数か所真っ赤になっていました。「火蟻」でないと思うけど・・・。 [続きを読む]
  • 村の麦畑
  • [画像]先週の暑い中、瀬戸市下山田町でのスケッチ。緑もだいぶ濃くなってきました。郊外の田園風景ですが、水田でなく麦畑となっていて、まさに伸び始めでした。蛇行する道と電柱が面白いアングルに感じました。 [続きを読む]
  • ビオトープ
  • [画像]毎日、暑い日が続きます。まだ5月ですよ、「真夏日」超え記録を伸ばしている状況です。先週、野外スケッチ会で東山植物園へ。午後から参加したので、余計暑い時から描くことになり厳しい状況にありました。それに、よく描いているのでアングルが決まらず歩いて疲れました。ここ、行き着いた「ビオトープ」で、腰を下ろすことに。描くロケーションがちょっと弱いですね。 [続きを読む]
  • 木曽をドライブ
  • [画像]GWに木曽へドライブに行ってきました。その1風景です。恵那市大井ダム、いわゆる木曽川の上流で、木曽路の入り口、発電所を見学したあとの新緑に包まれたところをスケッチ。ちょうど、清流の本流に脇から流れ落ちる小さな滝2本、小さな落差と思われますが、この白さは実に美しいですね。 [続きを読む]
  • ツツジ満開
  • [画像]新緑の候、ツツジが満開ですね〜。紫外線の強い日差しです。ここ名城公園を散歩してみると、ケヤキの若葉が実に鮮やかです。ランニングロードに沿って、ツツジが咲いています。池を挟んだ対岸の花が水面に映ってきれいです。 [続きを読む]
  • 船泊まり
  • [画像]桑名市内の船泊まり。旧東海道に並行してこの堀が切ってあり、伊勢湾に通じる航路となっています。今では、個人所有の小さなクルーザーの停泊場所となっています。新緑がきれいな時季になりました。 [続きを読む]
  • 見上げる館
  • [画像]桑名市「六華苑」2.洋館の庭園を描いたのち、和館を見学しようと裏に回ってみると、静かな置き石の並ぶ庭園が広がり、洋館を見上げるロケーションがありました。丁度、左から若葉が下がっているのと正面に広がって初夏を感じたので、即描き始めました。 [続きを読む]
  • 洋館と庭
  • [画像]桑名市「六華苑」にスケッチに行ってきました。天気は曇りながら何とか降らずに済みました。市内の見学はよくしますが、ここに入ったのは初めてです。単なる建物見学かと思いきや、庭園も広く、新緑の時季にとても素敵なロケーションがありました。この洋館は、魅力的ですがこれを描くとなると実に複雑で、デッサンに苦労しました。 [続きを読む]
  • なごり桜
  • [画像]花散らしの雨ですね〜。満開の期を過ぎ、桜ふぶきが始まったと思ううちに、この雨で打たれ散るのでしょうか。桜を描く期間は、実に短いですね。もちろん、写真を見て描けばいつでも描けますが、アップする時期を失するということです。次は、新芽の若葉ですね。 [続きを読む]