青葉 さん プロフィール

  •  
青葉さん: 森からの贈り物〜生物多様性と暮らし方blog
ハンドル名青葉 さん
ブログタイトル森からの贈り物〜生物多様性と暮らし方blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/forestcity/
サイト紹介文生態系の専門家である前に一人の平凡な父親として、豊かな自然を子や孫に伝えたいから・・・
自由文オランウータンやツキノワグマが世界から姿を消すって、淋しくありませんか? それもたかだか15年や20年後に・・・淋しい以上に、空恐ろしいな、と私は思います。

 生態系の専門家である前に一人の平凡な父親として、豊かな自然を子や孫に伝えたいから

 処方箋を皆さんと一緒に考えていきたいと思います・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/06/24 00:34

青葉 さんのブログ記事

  • 池面の黄色い花、サイコクヒメコウホネ?
  • 史跡公園の池に、黄色い花が咲き始めています。柵に囲われて近づけないので、調べ物も横着していますが、サイコクヒメコウホネ で良かったかと思います。  2018年4月19日撮影 丹波市市島町 三ツ塚史跡公園 にて 季節暦のメモとして、アップしておきます。 相変わらず、花暦のペースが早い気がしますが、この一週間ほどは、朝晩に少し気温が下がってくれましたので、山に咲くコバノミツバツツジなどは少し長持ちしてくれました [続きを読む]
  • 深い霧、スミレたちの花盛り
  • 雲一つない快晴の丹波に、今朝はコマドリの歌声が響き渡っていました♪新緑に青空に小鳥たちの歌声、気持ちの良い季節ですね! さて、丹波市市島町のとある谷で、いろいろな春の花が咲く中に、一株だけ、葉っぱの模様が綺麗なスミレが花を咲かせていました。 花や葉、茎の特徴から、フイリシハイスミレ(斑入紫背菫)、でしょうか。園芸植物ではよく見る斑入りの葉ですが、野生の植物で見つけると、ちょっと得した気分になります( [続きを読む]
  • 丹波のアズマイチゲ
  • 知人に教えてもらって、アズマイチゲの花を訪ねました。春に咲いて夏には地上部が枯れて休眠期間に入る、という独特の生活スタイルをもつ植物たちのひとつ、西洋でいう「春の妖精(spring ephemeral)」に含まれる花です。  見頃を迎えたアズマイチゲの花 / 丹波市青垣町にて 愛らしい花で、自然を愛好する方々の中ではファンも多いのですが、丹波市内でも、どこにでも見られる花、というわけではありません。このブログでもよ [続きを読む]
  • 野生のユキヤナギ(雪柳)が花咲く渓谷
  • 強風の吹き荒れる渓谷沿いの道を進んでいると、ふと川向うの岩の上に、白い花房が揺れているのが目に入りました。 叩きつけるような雨の中、ようやくカメラの望遠レンズを向けてみると、揺れているのは、ユキヤナギの花でした。 丹波市山南町の川代渓谷です。厳しい岩場で、洪水のときには水没してしまうような厳しい環境こそ、ユキヤナギの本領、とのことですが・・・それにしても厳しいところです。 丹波の植物は多様性に富んで [続きを読む]
  • えっ!?200?先の伯耆大山が雪風を止めてたのか?
  • この冬、丹波市民は、不思議がっていました。何故、こんなに雪が少ないのか。もちろん、例年程度(あるいは、それより少し多め)には丹波でも雪が降っています。が、私たちにとってすぐ近くの、北近畿〜北陸地方で記録的大雪が続いていることに同情しながら天気予報を眺めるとき、ずっと不思議だったのです。 日本海側と四国山間部で大雪がこれだけ続いている割には、丹波市域の雪が随分少ないんじゃないか、と。 気象庁の雨雲レー [続きを読む]
  • 暖かい昼下がり
  • なんだか、春です。朝は氷が張っていましたが、今は、柔らかい陽射しに、のどかな鳥の声。雪の下から顔を出したハコベ草も青々と立ち上がっています。・・・そして、時々、屋根から雪の落ちるズシーンという振動(笑)関東は今朝も雪のニュースでもちきり、また明日以降は西から寒波が再来するそうですが、束の間の春を、ご近所の生きものたちと楽しみたいと思います。 [続きを読む]
  • あおい鳩の置き土産〜☆
  • このところ、丹波では、里近くでアオバトの声をよく聞きます。 「ぽあ〜お〜、あおあ〜お〜・・・」などという、なんとも間延びした不思議な音色の声で、およそ、霜柱のまだ融けない風景にはミスマッチな風情です。 そして、アオバトの影もよく見ます。私が歩くかなり前方の常緑樹の枝から、三々五々、バサバサッと強い羽音を残して飛び去る影は、確かにアオバト!・・・なのですが、カメラの望遠レンズを向ける間もなく梢を巻い [続きを読む]
  • カモの異種間連携 〜 遠くの親戚より、近くの他人!!
  • >>前の記事より、カモ観察の続きですさて、お気に入りのヒドリガモを見ていると、近くで、おもしろい群泳に出会いました。・・・というか、私の姿を見て、カモ達の姿勢が急にシャキッとしたのですが(↓苦笑↓) カモ達は、よく複数の種類が混じっているものですが、なんとなく寄り集まっているのかと思いきや、上の写真のカモ達は、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、コガモの4種が、私の姿を見るや、一斉に同じ姿勢をとりました( [続きを読む]
  • 加古川の最上流、丹波の流れに浮かぶカモ群
  • 様々な野鳥が、北国の使者と呼ばれますが、その中でも、カモ達は洒落者が多くて、見ていて楽しい鳥たちです。 私が学生の頃から好きだったのは、このヒドリガモ(↓)。オスの額には、西洋の貴公子のような薄黄色の前立てがあり、よく見ると、目元は緑金色のアイシャドウ。一方のメスは、装いこそ一見控えめですが、小さい嘴に丸みのある額で、小づくりな顔だちはカモ界でもなかなかの可愛い系だと思います(笑)。 ヒドリガモは、 [続きを読む]
  • よきぞめ
  • 新年、心も新たに、「よきぞめ(斧初め)」に臨んでみました。 樫の棒にずっしり持ち重りのする斧(丹波の言葉で、ヨキ)が、今年も心暖かく良き日々を開いてくれますように・・・(笑) ☆ 台は、そろそろ風格が出てきた椎の大木です ☆ 薫りも新たに、木目も美しく・・・ ☆ 明るく、三方良しに開かれた薪に     (・・・なぜ、ど真ん中に斧をあてないのか、とか言わないコト・・・) 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。 [続きを読む]
  • 干しダコ発見!?(笑)
  • 休耕田の畦に、良い具合に足の開いた、蛸(?)発見。イイダコよりもっと小さいのですが、愛らしいシルエットに、ついカメラを連写・・・ 山菜名トトキこと、ツリガネニンジンの果実です。田畑の畦の雑草は、稲刈りが終わると、一旦すべて刈り取られますので、それ以前に開花した花穂は刈られてしまいます。 でも、昔からこうした畦に暮らしなれたツリガネニンジンたちは、夏から秋にかけて、ニ番穂、三番穂を出して何度も花を咲 [続きを読む]
  • 枯葉隠の術〜☆!
  • 落ち葉の季節に、コレを見つけるのは、かなり難易度が高い!! 普段から難しい上に、今は紅葉の季節、私たち人間の目は、ついついカラフルな方に目が奪われがちで、余計に見つかりません。 お見事な遁術です、赤蛙殿!                   (↓ 拡大写真 ↓)   落ち葉に同化するニホンアカガエル / 丹波市市島町の山中にて まっさらな風景の中で見つける自信は到底ありませんが、この写真の直前に、目の [続きを読む]
  • 晩秋の宝石〜☆
  • 霧立ちのぼる朝の雑木林を歩いていたら、ドングリの大木が、キラッと光ってびっくり!よく見ると、真珠サイズの輝く粒が無数についています〜☆  立ち枯れたドングリの大木に、ナメコの赤ちゃん達が☆ 丹波市市島町晩秋の雨と寒さで、長い夏の眠りから覚めたのでしょうか。この粒粒が、全部、ナメコの幼菌です! 実際には、下の写真よりももっと長く上までたくさん顔を出していました!丹波では、ときどき、天然のナメコに出会 [続きを読む]
  • 松葉に隠れる大物キノコ〜!!
  • 丹波のとある山の中、枯れた松葉の散り敷く山に、ふと気が付くと、大きなキノコが!?見えます? ・・・最初、全く気づきませんでした。            ↑↑ 地元の許可を得て採集しています ↑↑今秋は、これが最後かな? そう、人にもシカにも見落とされていた、見事なマツタケ!市場では、かなり価値のない 「開き過ぎ」のマツタケですが、きっと、周囲一帯にたくさんの胞子を撒いてくれたことでしょう!軸の方は [続きを読む]
  • 丹波の里に、初霜〜☆
  • 濃い霧の夜が明けてみると、うっすらと、霜が降りていました! 丹波もいよいよ、冬間近〜☆薪ストーブの白湯が美味しい季節になりました。 生きものたちも、せっせと冬支度しているようです。 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。○・ 。○・  ☆ 今夜も、皆さんに素敵な夢がたくさん訪れますように。。。           〜 気に入ってくださった方は、ぽちっと応援 をお願いします 〜 [続きを読む]
  • 丹波の空に、海鳥3羽?!
  • 農道脇を走っていたら、上空に、丹波では普段見慣れないシルエットの鳥たちが旋回上昇。・・・あれ?ズームしたら、このシルエットは、どう見てもカモメ!!(逆光で黒っぽく見えますが、太陽光を反射するとお腹が白く光っていました)細かい種類はわかりませんでしたが、別写真で尾っぽの色彩から、ウミネコ以外の種類です。 (↑丹波市役所、氷上回廊のホームページより拝借) 丹波って、こんなとこなんですけど・・・カモメたち [続きを読む]
  • 小さな花咲く小さな湿地帯?
  • 山裾の畦道で、小さな野草の花。「あれ、こんなところにセンブリかあ、久しぶり?!」・・・と思いつつ、何か違和感があって葉を齧ってみると、苦くない。日本が誇る苦味成分系の胃腸薬、センブリは、こんな生易しい味じゃない!   丹波市市島町内の山裾の畦道にて/2017年10月27日 イヌセンブリ ・・・などと思って、花をよく拡大してみてみると、モシャモシャの毛が見えました。センブリの親戚筋で、全然苦くないと評判(?) [続きを読む]
  • ヒラズゲンセイ、その後・・・!?
  • 先日のヒラズゲンセイ発見のニュースは、丹波市立青垣いきものふれあいの里を通じて、丹波新聞、神戸新聞の2社が記事にしてくださいました。その後、その記事を見た知人から、「職場で飛んでた!」という写真と実物が届いたのです!捕獲は 2017年7月13日で、丹波市氷上町の山裾の製材所の一角だったそうで、確認されたのはオス1頭でした(下の写真は、別の日にその個体を撮影したもの)。これで、雌雄いずれも丹波市内で今年確認 [続きを読む]
  • 朱いキノコ、出現!
  • 丹波市北部(市島町)の、とある栗林の縁で、草刈りをしていたら、朱いキノコが出現!?草葉の陰からこんな色彩のキノコが急に顔を出したので、ギョッとしました(笑)イグチ(傘の裏面がスポンジ状のキノコ)の仲間で、なかなかラブリーですが、手元の写真図鑑では、いまいち、納得のいくゴール(種名)にたどりつけませんでした・・・。キノコの世界は奥深い! この梅雨は、雨の降り方が極端でしたので、キノコたちも、出るタイ [続きを読む]
  • 朱い彗星?ヒラズゲンセイ、丹波市北部に到達!
  • 地元の農村集落の中を歩いていると、いきなり目の前を、真っ赤な虫が横切りました!?体長3cmほどですが、あまりの鮮やかな赤色に、一瞬茫然と見とれてしまいました。丹波ではまだ記録のきわめて稀な、ヒラズゲンセイでした(下写真の個体)。 どれくらい赤いかと言いますと、頭や背中、外側の鞘翅だけでなく、2枚目写真のように、鞘翅を広げた中の腹まで真っ赤なのです!2017年6月27日、兵庫県丹波市、三輪小学校区の集落内を [続きを読む]
  • 春のキノコ、発見〜♪
  • 桜(ソメイヨシノとヤマザクラ)が満開の丹波の山裾で、なにげなく惹かれて歩み寄った木の足元に、独特の形の春キノコを発見〜!!先月末、大阪で開催したスローな夕食会で、キノコ料理名人にふるまっていただいた野生キノコの一種、アミガサタケの仲間です(分類の難しい種類が含まれているそうですので、ブログ上では断定は避けますね)。・・・一応、一般の図鑑では、トガリアミガサタケにあてはまると思います。生息環境も含め [続きを読む]
  • 夕闇に浮かぶ桃色の花むら〜ショウジョウバカマ
  • つい一週間ほど前まで、山々は枯れ色だったのですが、急に桜が満開になり、慌ててニオイコブシやツツジも花を開いたり、若葉が芽を出したり(丹波では、野菜も草木も芽を出すことを「芽を切る」と表現します)。 たまたま足を伸ばした先の暗い木陰の切壁に、思わぬ桃色の花むらを見つけました。普段、まったく意識していなかった場所に、百株ほどのショウジョウバカマの群落がありました。 春のいっときに花を咲かせて、あとは地面 [続きを読む]
  • 初タケノコ~☆
  • 急に暖かくなった影響で、桜の花が満開になるより前に、土からニョキリ!?思わぬところに、タケノコがお目見えしました。。。 竹に成長すると困るゾーンだったので、あわてて掘り起しにかかりました。・・・でも、もともとタケノコを想定していない場所なので、表層は砂利だらけです。タケノコの方も、深い赤土層から出ているらしく、掘るのに四苦八苦・・・ タケノコを掘り出すつもりが、先にカエル(トノサマガエル)を掘り出し [続きを読む]
  • コウノトリが頭上にふわりっ!? 〜 丹波市北部に飛来
  • 畑と耕す地元のおじさんとおしゃべりをしていたら、川下の方からふわふわと低空を羽ばたく白黒の鳥がやってきました。 近づくにつれ、サギよりも遥かに大きな姿が明らかに・・・!?「あれ?」と思わずつぶやいた私に、すかさず、地元のおじさんが、「あ、コウノトリやね!去年も今頃やったやないかな?」と、大したことでもないように相槌。(・・・あとで聞くと、結構嬉しくなって声が大きくなっていたらしい)  休耕地のぬかる [続きを読む]
  • スローな夕食会『春の香り、春の味 〜丹波の野山の若菜摘み』2017年3月30日
  • 丹波の春は行きつ戻りつ、ゆっくりやってきます。このご案内を書いている今朝の丹波は、山々がうっすら雪化粧していました。 その3月も、残り半月になりました。いよいよ丹波の里山にも、本格的に春がやってきます、きっと(笑)! 毎年恒例の、春を探して、春を味わうスローな夕食会、今回は3月30日(木)19時〜開催します。 丹波から春の恵みをお届けするスローな夕食会、里山の香りと美味しい料理、楽しい交流の場を楽しんでい [続きを読む]