はるうさぎ さん プロフィール

  •  
はるうさぎさん: つれづれ日記
ハンドル名はるうさぎ さん
ブログタイトルつれづれ日記
ブログURLhttp://haruusagi816.blog.fc2.com/
サイト紹介文要介護5の実母とアルコール依存の弟を抱えるGデザイナーのお絵描きと双極性2型障害との共生の毎日。
自由文メインギャラリーサイト「星宿海 渡時船」
http://albireo-haru.sakura.ne.jp/

Web素材サイト「花うさぎ」
http://haruusagi87.iza-yoi.net/


ささやかな創作活動を日々、生きる励みにしております。お気軽にお立ちよりいただけると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供665回 / 365日(平均12.8回/週) - 参加 2008/06/27 16:53

はるうさぎ さんのブログ記事

  • 「看取り」を仕事にする人がいる
  • 家族ではないけど…昨日たまたまこんな記事を見つけました。37歳で逝った母が、5人の子と交わした「約束」「看取り士」という仕事なのだそうです。こういう仕事が存在するのは意外な気もしますが、それが現代なのかもしれません。一読して、その仕事をする人たちがやっていることは、かつて私が父を看取った時に、なにも参考にするわけでもなく、ただ自然な気持ちの流れでやったことそのままでした。 抱き締める、手を握る、「大丈夫 [続きを読む]
  • 闘病18年で私はなにをしてきたのか?
  • ここ3年くらいを振り返るユーザーの方々はご存知だと思いますが、はてなのブログを続けて使っていると、時々「何年前の今日」という記事をメールで教えてくれます。私の記憶では5年くらい昔まで遡った事があったかな、と思いますが、分かりやすいところで、3年前までの記事をピックアップしてみました。結構、毎年同じようなことを書いていて、自分でも「うーん… (ーー;)」ということも多いのですが、そんなに急には変化がなく [続きを読む]
  • あなたの幸せはどこにありますか?
  • 体調によりますが、行ければ母のところに行きたいと思っているので、予約投稿です。昨日は朝から買物2件はしごして、保健師さんが来られたのと、マッサージの先生がこられたので、お昼すぎまでは一杯一杯で、その後に疲れてしばし横になっていたら終わってしまった気がしますが、まあ、仕様がないですね… (*-д-)-зきゃー、佐野稔さんだ〜 (;゚∀゚)一昨夜、Twitterのタイムラインに流れてきたんですが、まさにこのとおりで、反射 [続きを読む]
  • 卵巣と子宮を摘出したいと思ったことがありました
  • 意外に家事は肉体的に疲労するらしい睡眠について、昨日、昼間に疲れたら寝落ちする、ということを作業療法士さんに話していて、精神的に疲れると眠れないから、肉体的に疲れて寝落ちになる、という感じで、結果的に家事や雑用は結構肉体労働ではないか、ということになりました。たぶん、これ以上なにか運動する気力と体力は残っていないと思います(>_介護はもっと過酷な肉体労働だし (ーー;) ほぼ気絶睡眠だよね、在宅介護中は毎 [続きを読む]
  • 日常の平凡な日々でも結構面白いとは思う
  • 眠りが深くて夢を見ない贅沢な悩み書きたいことはいろいろあったと思うのに、いざとなると忘れてます。まあ、テーマなしで。16日は午後8時には就寝。気がついたら3時前で、そこで一旦タブレットを触ったり。1、2時間は見ていて、再度寝て起きたのが午前6時だったので、8時間くらいは眠れた気がします。それでいくらかマシかなあ?と思ったけど、午後になるとそうでもなかったので、またしばし横になったり…。長く寝ると疲れ [続きを読む]
  • 気分は落ちてないけど身体のしんどさが抜けないパターン
  • うーん…。目が落ちくぼんでて、なかなかもとに戻らない。よく高熱のあとなどにそうなりますけどね。しんどさが続いているからそうなるんだなあ、と思います。昨日の受診、家を出る直前に弟が「やっぱりしんどいからやめとく」と言ったんです。ずっと鬱で、魚も全部死なせたし、母の不安定も気になるし…(それは私のセリフだ) …とかいろいろ言ってて。そうなるとやっぱり私が行かないとどうしようもなくなります。仕方なく私一 [続きを読む]
  • 精神科と先生とのご縁を感じる経緯
  • クリニックの受診日なので、予約投稿しておきますね。このごろは薬ももらってくるから朝一でもちょっとかかります。先週、保健師さんから電話があったんですが(主にヘルパーさん利用の件だと思います)なにしろ先週はややこしさのきわみみたいな感じでしたので、今週に改めて電話していただくことになっています。時間さえあれば多分来てくださると思いますが…。なんというか、ご縁があったんだと思います昨日、この記事を読んで [続きを読む]
  • 本日はお休みいたします
  • 昨日からの雨のせいもあるのか、どうにもしんどさが抜けなくて… (ーー;)明日はどのみち、クリニックの受診なので、まあいいか(なにが?)今日はおそらくぼーっとしていると思います。あとで買物だけには行かないと…。在宅で重度の障害のある家族とか、高齢者の介護をしていたら自分は元気でも置いては出られない現実とかもあるので、元気でいつでも好きなところに行ける、出掛けられるというのはやっぱり幸福なんだなあ、と思い [続きを読む]
  • どの企業のサービスよりも長くなってしまった (ーー;)
  • Continues With Wings先日の佐野稔さんの動画を見て、ラスト近く、フィニッシュの決めポーズが決まったところに「その決めポーズは正解なのか?稔」というコメントが入って、それがツボで見返すたびに吹き出している私です (^_^;)どうやら佐野さん本当に滑るらしいので、リアルで見れる人が羨ましい限りです。応援バナーを作ってた人もいらしたし、似顔絵入りバナーなんて昔はなかったから、それもいいなあ、と思います。すみません [続きを読む]
  • 忘れっぽいので、気付きは幾度でも訪れる
  • 転んだけど事故ではなくてよかったかも (^_^;)昨日、買物に行った帰りに、うちの前の道で自転車ごと転びました。どうして転んだのかはよくわかりません。アスファルトに投げ出された衝撃がなぜか頭に響いて頭痛がしています。頭は打っていませんが。しっかり腕で支えたからです。長袖だったので、擦り傷にはなりませんでしたが、左肘と左膝が打撲で痛くて、肘もつけない感じです。なんだか衝撃ですぐに立ち上がれなくて(交通事故 [続きを読む]
  • 「3.11霊性に抱かれて」と私の死生観
  • 震災関連のテーマで私がもっとも関心を持ったのはやはり死生観と残された家族の癒しに関することでした。気付いたらそういうテーマの本が非常にたくさん増えていたし、どういう精神状態の時でもこのテーマだけは素直に頭に入るので、すごいなあ、と自分でも思いました。生と死と、看取りと残されたもののケア関係は離れられないテーマなんだと思いました。「3.11霊性に抱かれて」3.11ののち、金菱先生のゼミの学生さん達の本をずっ [続きを読む]
  • 羽生結弦さんと佐野稔さん
  • あまり長い文章を書く気力がなくてなんなんですが、昨日、たまたま動画で見つけた佐野稔さんのスケートシーンを…。だって私とほぼ同世代の人だから、私はリアルタイムで観てたけど、知らない人も圧倒的ですよね。画質は悪いですが、知らない方は是非 (^_^;)コメントが笑えます。笑えるけど、佐野さんのすごさがわかってもらえて嬉しい。当時は本当に憧れの人だったんだよ。初恋のではありませんが…。お互いよく生きてきたなあ、 [続きを読む]
  • 本日お休みいたします
  • 書きたいことはあるんですが、このへんで一度お絵描き瞑想で気持ちを落ち着ける必要があるんじゃないかと思いまして…。ああ、このお休みペースも勤めていた頃と同じだなあ…。なんで続かないんだろう?もともと自由業のペースでないと仕事が出来ないのがもっと早くに気付いていればよかったですね… (*-д-)-зそういう次第で心の安定をとるためにお休みです。すみません。 [続きを読む]
  • 疲れやすいのに休むのが下手な私 (ーー;)
  • 疲れやすい体質ってあるよね、生まれた時から休む、と言いながら続けて半日も寝ていられない性分を自分で恨んでいます。本当に眠っていればいいんですが、なにもしないで横になっている、というのは私には到底無理です。貧乏性というのかな?本当にしんどい、と思いつつ、昨日もやはりじっとしていられませんでした。さすがに午前中にスーパーに行くのは辛かったですが… (ーー;) 今日からは自炊しないとね。そういえば私は、昔か [続きを読む]
  • 母は結局一泊入院で帰ってきました (^_^;)
  • 病院づいてたこの半月すみません。昨日の午後はダウンしてました (ーー;) 普通の人が出来ることとかなり近いことを、私が頑張っても2日やるのが限度で、3日目にはダウンするはめになる、と思い知りました。昨日、午前9時前に、バス停の手前にある100円ショップで買い物をしようと開店を待っていたら、病院の先生から電話がありました。「お母さんですけど、わりと調子もいいし、血中酸素濃度も上がったし、もう退院しても大丈 [続きを読む]
  • 最期の時のための自分の仕事
  • 幸いにして、今回の母の入院はそんなに重篤なものではないと思っています。それでもいつか遅かれ早かれ別れる時は来ますよね。機能不全家族が多い世の中で、うちでも弟は母に対してわだかまりを抱いているようなんですが、私にはそういうのがないから、まだ最期の時には私の大事な仕事が残っているなあ、と思います。母の人生を肯定し、祝福し、感謝すること。これは宗教者ではなくて私がやらないと意味がないと思います。そのとき [続きを読む]
  • 母は突然入院しました (ーー;)
  • 突然ですが、昨日夕方母が入院しました。午前中に行ってるんですよ、特養に。その時に看護師さんから「ちょっと痰がたまりやすくてゼイゼイ言ってる」とお聞きしたんですが、私がいる時はそのゼイゼイがマシになっていて、これなら大丈夫かなあ、と思って帰ってきたら… (*-д-)-з特養の相談員さんからの電話で、「お母さんのゼイゼイが強くて、痰吸引しても血中酸素濃度が80台なんですよ。だから看護師が付き添って、救急車で病 [続きを読む]
  • 「満天の降るような星空」の写真を探しています
  • なんでか左腕がバリバリの状態です (ーー;)昨日のマッサージで「うわー、なんで左腕がこんなに全体に硬いんですか?」と言われてしまいました。いや、べつに原因が思い当たりません。あまりにも重くてだるいのでなるべく左手を休ませてはいましたが…。それよりも、以前は左耳を下にして横になっていたら、全然聴こえなくて、会話に困った状況がまったく無問題になっているので、やはり右の聴力も改善しているのは確かだと思います [続きを読む]
  • 自分で選ぶというのは後悔しないことだよ
  • 末端冷え性から内臓型冷え性に…暖かくなって、手足の先が冷たい末端冷え性がましになったと思いきや、昨日、たまたまお臍のまわりが冷たいことを発見して、調べたらそれは「内臓型冷え性」という奴らしいです (ーー;) なんとなくお腹が冷たい感じはありました。でも私は平熱も高いしなー、と思っていたけど、お腹はやっぱり皮下脂肪と関係がありそう。意外とヨーグルトの食べ過ぎは良くなくて、おみそ汁みたいな方がいいらしい。 [続きを読む]
  • 人生(楽)ありゃプラスも(苦)マイナスもあるよね〜♪
  • 万年自律神経失調症昨日も昼間は暑かったですね。本当に調整が大変。しんどくてご飯を作る気力もなかったので、買い置きのもやしは冷凍にしました。また炒めるくらいしか献立が思いつかないなあ… (ーー;)それでまあ、時々少しだけ横になったりしてしのいでいます。それも長い時間ではありません。せいぜい30分以内ですね。眠ってもいません。本を読んでいるくらい。とにかくしんどさがいくらかましになるかで横になるしか仕方がな [続きを読む]
  • 親からの遺伝を思い知る時
  • 微熱の季節がやってきた気温が急上昇しまして、それにつられて体温も急上昇。この時期の反応は何度経験してもついていけなないと感じます。少しだけエアコンを入れて余計に体調を崩した方もおられるそうなので、くれぐれもお気をつけくださいね (^_^;) 相手が「自然」なだけに対応が難しいです (ーー;)いまにして思えば、うちの母も若いころから自律神経失調症の症状を訴えていました。本人に言わせると、家を空け渡して欲しい、 [続きを読む]
  • 気がつけば長く続いていた、という感じの私の場合
  • 徐々に衣替えしている感じです季節の変わり目は雑用が多くて、毎日洗濯に追われています。うちの二槽式洗濯機は3キロしか入らないので、一度に洗えるものが少なくて困ります。置き場所はあるんだけど、そこへ持って行く通り道の幅がなくて、水道管やらなにやらに邪魔されるので、全自動なんかは置けないのですね。二槽式だとほぼ「手動」 (ーー;)まあ、それでもシーツや敷きパッドや135×180センチのラグ(これが限界サイズ)や、 [続きを読む]
  • 身体は疲れても気分が落ちてないのは助かります
  • やっぱり疲れてました昨日は、SNSだけでひっそりお知らせしたんですが、やはり二日続けて外出した影響が大きくて(特にひときわ疲れる病院でしたので)ひどく疲れて朝起きられませんでした。少なくとも午前中はぼーっとしたままで、買い物にも行かず、ご飯も作らずお弁当頼んで、ひたすらにぼーっとしてました。ヘルパーさんもお休みしてもらって、ゆっくりと掃除機だけかけて。このごろまた台所に夜ネズミが出ているみたいで、三 [続きを読む]
  • 軽躁だけど、明るくないことも考える
  • いつかくる日の覚悟についてよく考えたら、私、木曜日の午前中は買物に出ていたので、終日うろうろしていたわけで、疲れて当然だなあ、ということで、7時間ひと眠りしてしまいました (^_^;) もちろん入眠剤は飲んでいません。それだけ疲労のためと思われます。で、昨日は母のところに行って来ましたが、ちゃんと朝ご飯をもらっていたので、ホッとしました。昨日は時々咳をしていたから、誤嚥性肺炎は大丈夫かな?と思っていたの [続きを読む]
  • よくあることではありますが…やはりびっくりする
  • 特養からの電話はいつもドキッとする昨日、お昼前、ちょうど訪問マッサージの最中でした。私の携帯に電話がありました。ケータイにかかる時は大抵ロクでもないなあ、と思いつつ、すぐに立ち上がれずにいたら(足のむくみがひどいせいもあります)先生が取ってくださって、出てみたら、母の特養の相談員さん。「緊急ではないんですが…」それにしては結局私も行かないとダメなような…。どうも母が吐き気を訴えている。隣接病院の先 [続きを読む]