狛 さん プロフィール

  •  
狛さん: アンダー・コンストラクションズ
ハンドル名狛 さん
ブログタイトルアンダー・コンストラクションズ
ブログURLhttp://sandsea.blog76.fc2.com/
サイト紹介文カメラと車と一緒に旅をします。巨樹探訪旅、スナップ経由の風景写真、てきとう旅の紀行文など。
自由文PENTAX K-1とスバル フォレスターが最近のお気に入りです。あとでっかい樹。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/06/28 23:23

狛 さんのブログ記事

  • 高い高い高い樹を撮る
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  吉田八幡神社の三浦杉。  実際、こんなの撮るためには相当無理をしているわけで。 28ミリで全体像撮ろうとすると過度に傾けなくてはならず、スパイダー三脚をべったり地に這わせた上、ほとんどレンズが天を仰いでいる状態。 変なパースがついて全体を撮ったとは言い難いのですが、まあでも、個人的には28ミリの「芯を感じる広角」みたいな感じが好きなので……いや、銭様 [続きを読む]
  • 曇春茶鶏之図
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  日常っていいですよね。 旅は非日常であり、そこがいいんだけど、日常の写真や記事をいじるのもまたいいものです。 日常を感じるってことの良さ。 日常を感じることといえば、本を読んだりもね……今日はこれにしよう「宇宙のふしぎ48」。 ……超大質量ブラックホール……宇宙ひも……太さが陽子一個分で長さが十億光年……事象の地平線……実在の本質……(頭が爆発し、ベ [続きを読む]
  • 西日本長距離車旅 長野県へ、最後の宿泊日
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR VANTRUE X1 / Drive Recorder 宿にて。 一日を振り返る。 今日の宿は長野県飯田市。 やはりコストパフォーマンス重視で急な予約可能なところに限るので、宿というより「宿泊もできる健康ランド」という体裁。 どっちがメインなのかはわからないけど、とりあえず靴を集合下駄箱に入れ、館内はずっと裸足。こういうところは風呂っぽい。 風呂に入れずに苦しんだこともあったの [続きを読む]
  • 脈絡いらず
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  家から千何百キロ離れた町のとある街角から。 むしろ蛇口に注目をしていただきたい。 頑張って働いたら疲れちゃった。 花粉症のせいか頭が痛くて、眠れないし、でも考えてみると晩御飯を食べすぎたせいで眠れなくなったのかも。 寝不足で頭が痛かったのかも。  風が轟々言ってて、朝起きたら車が粉まぶしになってた。 圧倒的粉まぶし。 視界が悪すぎて洗わないとってなっ [続きを読む]
  • 西日本長距離車旅 高山市から南下してゆく
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR VANTRUE X1 / Drive Recorder 高山市での夜が明けて。 10月も半ばを過ぎた岐阜県は車中泊には寒いんじゃなかろうか……その懸念ほどは冷えた感じはなかったものの、やはり宿はいいですね。 まさに寝るために存在している、このベッド……(読者のみなさまが時間の無駄だと感じる文章を書いてはいけない)。 朝食、チェックアウトの後、明るい時間の高山市も少し歩いてみるこ [続きを読む]
  • 春が来たよ 長光寺のしだれ桜再び
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  本格的に春が来た! という目覚ましいような実感のもと、今年こそはと長光寺の大枝垂れ桜を見に行って来ました。 一昨年は散った後、昨年も散りかけでしかも雨……という経験を活かして時期の見当を付け、今年は咲いているところを見ることができました。 [続きを読む]
  • 巨樹を訪ねる 小黒川のミズナラ
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  岐阜県の南端部から県境を越え、長野県に入りました。 その間ずっと分け隔てない山中を走っているような印象で、どんどん標高が高くなり、空気がしんと冷えてきた16時、ついにその樹の元に辿りつきました。 日本最大のミズナラ、「小黒川のミズナラ」です。 [続きを読む]
  • 春を喜んで
  • DP2 Merrill / 30mmf2.8Optio A30 冬に対してのクレームを今年もまたいくつか言いましたが、春だねと疑いなく呼べる陽気がやっとやってきましたね。 春の到来に比べたら、お正月なんていかほどのものか。 ほんとうに気分を一新するのはここからです。 今年の目標を今一度設定したくなりました。 自分がやりたいと思ったことを逃さず、やる。 直感を大事にして、何よりも自分に対して遠慮しない。 運命至上主義教団を追撃し [続きを読む]
  • 巨樹を訪ねる 加子母の杉
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR  岐阜県をぐっと南下し、中津川市までやって来ました。 全く、データブックだけを当たっても岐阜県の巨樹は大変に豪勢なラインナップで、限られた手数でどれを訪ねようか迷うことになります。 車中思案した結果、都合の良いルート上にあってぜひ見るべきと感じたのが、この「加子母(かしも)の杉」。 [続きを読む]
  • 大きな樹と、小さい人
  • A30 読んでいた古本の中に、石徹白の大杉と著者のおっさんとの記念撮影を見つけましたので、ちょっと資料として。 大ぴらにトップに貼るのは気が引けるので、こっそり して見てください。 (巨樹と日本人―異形の魅力を尋ねて (中公新書) 著:牧野 和春)  なんてでかさだ……。 自分の目で見、存在感を感じて、その大きさはしっかり心に刻んでいますが、こうしたヒューマンスケール写真を撮れなかったために、見て [続きを読む]
  • ちょっといい話 (K-1の)
  • K-1 / FA35mm f2 いなわしろこ。 今日は雨のお休みで、自分の人生ちょっとなあ、とか思いつつ、お彼岸だからおはぎ買ってきてよと言われ、ついでに本屋に行き、雑誌を見てみる。 カメラ雑誌を読むのも久しぶりな気がします。 写真を撮っているのに新型カメラに熱心ではない自分ですが、今日はちょっと新しい情報にわくわくしてしまいました。 [続きを読む]
  • きらきら海
  • DP2 Merrill / 30mmf2.8 未来とは。 幾つでも無数にあるように思えて、ひとつしかやって来ない。 そのひとつがやって来たと同時に、それがさも当然であったかのような顔をする。 しかし、その時でさえ、まだ先に無数の未来があるように思える。 そんなことをしても無駄だとか、それをしなければ良かったのに、などと言えるのは未来人だけで、その未来人とて、超未来人に、無駄だとか誤りだとか常に言われてるに違いない。 要 [続きを読む]
  • 行き止まりの海
  • DP2 Merrill / 30mmf2.8 海は目的地ではないし、あえて言うなら場所とも呼べない。 初めに海があって、残るところに自分が立っているんだと思う。 それを理解したって何も変わらない。 海の中で生きられるわけではないし。 でも、行き止まりの海まで、どうしても来てしまう。 [続きを読む]
  • 砂丘にて
  • DP2 Merrill / 30mmf2.8 3月は、他の月とはまるで比べ物にならないくらい、思い出すこと、過去との対峙が多くなる月。 思い出が向こうからぶつかってきて、泣けばいいのか笑えばいいのか、わからなくなる。 砂丘で強風に向かっていると涙がポロポロ出るから、ついでに泣いてみればいいのかね……。 [続きを読む]
  • 実のなる樹に思う
  • K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR (一連の旅の記事から脱線です。念のため) 今日は県内の巨樹を回ってみようと、霞ヶ浦・北浦の湖畔あたりを巡ってきました。 茨城県は人気がないので県外の人は知らないと思いますが、霞ヶ浦は日本で2番目にでかい湖です。 そのそばにも北浦というやけに細長い湖があり、さらには外浪逆浦(そとなさかうら)とか与田浦(よたうら)とか、何より利根川もあり、陸地が切り取られ [続きを読む]