俊太 さん プロフィール

  •  
俊太さん: 場面緘黙症専用ブログ
ハンドル名俊太 さん
ブログタイトル場面緘黙症専用ブログ
ブログURLhttp://kanmokusenyou.blog50.fc2.com/
サイト紹介文場面緘黙症(かんもく)とは学校など家庭的でない場で話せない症状を言います。
自由文場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)は主に幼児期に発症し家などでは普通に話すけど一部の生活の場面、
主に学校など家庭的でない場所では話せない状態が長く続くことをいいます
場面緘黙症専用では原因 症状 正しい対応について解説しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/06/29 20:00

俊太 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 緘黙症・いじめ―正子の場合―の感想 続き
  • 緘黙症・いじめ―正子の場合―の感想 続きです。この本では正子さんが当事者に対してなんて声をかけるか緘黙の子の親に対してなんて言うか教師に対してなんていうか書いてあります。緘黙の子に対しては自身の体験談を交えて優しく語りかけています。緘黙の子の親に対しては話すことを無理に強要しない様にあまり厳しくしないで何か自信を付けることをさせてあげてください。教師に対してはとにかく緊張させないように楽しい雰囲気 [続きを読む]
  • 緘黙症・いじめ―正子の場合―の感想
  • 緘黙症・いじめ―正子の場合―この本は現在Amazonで在庫がなくて結構珍しい本みたいですね。1986年に出版された本です。正子さんという緘黙の女の子の話です。時代はだいぶ古くて正子さんは昭和37年生まれなので現在は55歳くらいになっています。この本の主人公 正子さんの小さいころから学校での様子などが書かれています。まず入園前の家庭環境が結構複雑で結構な不幸です。緘黙だったのは保育所の2年目から小学校6年の途中まで [続きを読む]
  • バリバラの緘黙 感想 仕事編2
  • ツイッターやブログでいろんな人がバリバラの感想を書いていますね。結構重い緘黙だけど働いている加藤さんに対して「職場の人がいい人で理解してもらってうらやましい」と言う意見が多くあります。まあ 職場の人はいい人だと思うのですがこのまま新聞配達をずっと続けるのはちょっと どうかなって思いますね。頼まれてもいないのに勝手にアドバイスと言うか僕が加藤さんの立場だったらどうするか?ちょっと考えてみました。僕は [続きを読む]
  • バリバラの感想 仕事編
  • バリバラで緘黙の仕事の話が出ましたね。新聞配達をしていた加藤さんは結構重たい緘黙みたいですけど何とか働けているみたいですね。働けている理由は職場の理解があるからだと思います。こんな風にすべての職場が理解してくれればいいと思いますが実際にはなかなか難しいですよね。やっぱりいろんな条件があると思います。まず 仕事の内容ですよね。新聞を配るってさほどコミュニケーションを必要としないと思います。職場でいろ [続きを読む]
  • バリバラの感想
  • バリバラで場面緘黙症が取り上げられましたね。いろいろ思うところがありますがこんな風にテレビで取り上げられるのはいいことだと思います。あとテレビに出演した人結構、現役の緘黙の人ですね。出演するにしても もう少し回復した人が出るのかと思っていました。いろいろ感想があるんですが授業中の音読の話をしたいと思います。僕は子どもの頃 音読はできました。まあそんなに大きな声ではないですが・・・なので僕は音読では [続きを読む]
  • 幼稚園・保育園に入れる前に何をすればよかったか?
  • 幼稚園・保育園に入れる前に親がこうすれば良かったと言うのを自分なりに考えてみました。基本、僕のことを書いてありますが参考にできるようなら参考にしてください。僕が緘黙になった原因は幼稚園・保育園で落ちこぼれてしまってやる気をなくしてしまったのが大きいと思います。そこで幼稚園・保育園で落ちこぼれないようにすることが大切です。まず僕の場合は入園前は緘黙とわかるような兆候はありませんでした。親戚の子と普通 [続きを読む]
  • 保育園(幼稚園)でなぜ緘黙になったか?
  • 僕は保育園(幼稚園)で緘黙状態になりました。それだけでなくて完全に落ちこぼれて誰とも話せなくて友達が一人もできませんでした。他の子と遊んだこともありませんし一人遊びすらしませんでした。その原因を考えてみました。僕は幼稚園が苦痛でした。僕は親が行けと言うから無理やり我慢していた。とにかくひたすら耐えて終わるのを待っていた そんな状態です。楽しいと感じた日はただの一日もありませんでした。とにかく親の指 [続きを読む]
  • 保育園(幼稚園)時代 親はどうしたら良かったか?
  • 僕が保育園(幼稚園)時代担任に「あんたの子供は他の子と遊ばない」そう言われた時点で親はどうしたら良かったのか前回 緘黙ネットの「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料をそのまま渡すのは良くないと書きました。緘黙ネットの資料を渡したらどうなるか?それでは、緘黙に関する本とあと自分の子供に合わせた独自に作った緘黙に関するわかりやすい資料(緘黙の説明とお願い)を渡して口頭で説明(お願い)を担 [続きを読む]
  • 緘黙ネットの資料を渡したらどうなるか?
  • 幼稚園時代時系列あんたの子供は他の子と遊ばないそう言われた時点で親はどうしたら良かったのかちょっと考えてみました。シミュレーション1緘黙ネットの資料を渡してみる。緘黙ネットに「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料があります。この資料は10年前に作られました。僕の子供時代にはもちろんこの資料はないのですがあったと仮定して奴(年少の時の担任)にこの資料を渡したらどうなるか?ちょっと想像して [続きを読む]
  • 幼稚園時代 時系列
  • 幼稚園(保育園)時代にあったことを時系列にまとめてみました。緘黙に関する幼稚園時代の記憶にあることはこれですべて書き出してみました。この後は親がどういう対応をすれば良かったのか自分なりの考察を書いてみようと思います。自由人不幸の電話緘黙になった原因あんたの子どもは隣の席の子の名前を覚えてきなさい緘黙児と世話役何で踊らないんだ保育園の夏休み雨の日と車のおもちゃおばあちゃんと社交的な兄 内向的な弟お絵 [続きを読む]
  • 知識だけでは解決しない。
  • 緘黙のよくある誤解大人になるから大丈夫 これっていろんな人が言いますがもうひとつよくある誤解があると思っています。それは 正しい対応を知ったら正しい対応をしてくれる。間違った対応をするのは正しい対応を知らないからだ。緘黙のことをよく知ってほしい。だから学校の先生にこうするといい。ああするといいという資料をたくさん渡して理解してもらおう。大切なのは相手の気持ちを理解することです。正しい知識だけでは [続きを読む]
  • 無料レポート
  • こんにちは、俊太です。久しぶりの更新になってしまいました。だめですね。今後はある程度は定期的に更新するつもりです。あと緘黙関係でやりたいこともあります。ところで皆さんは無料レポートって知っていますか?ネットビジネスをやっていない人にはあまり知られていないかもしれませんが一般の人が書いたいろいろな情報に関するレポートです。基本的にはアフィリエイトや転売のレポートが多く無料レポートをダウンロードした [続きを読む]
  • 過去の記事 …