きたくん さん プロフィール

  •  
きたくんさん: フリーマガジンぶうめらん代表 関のまちづくり日記
ハンドル名きたくん さん
ブログタイトルフリーマガジンぶうめらん代表 関のまちづくり日記
ブログURLhttps://takayukik.exblog.jp/
サイト紹介文関再発見フリーマガジンぶうめらんの代表北村隆幸が、関市のまちについて徒然と書きます。
自由文岐阜県関市生まれ。関市育ち。
NPO法人を立ち上げ、せきの人たちが豊かなライフスタイルを送れるまちを目指して活動しています。
2004年:石川県七尾市にてまちづくりのプロになるべく修行。
2005年:名古屋の中間支援のNPOにて働く。
2007年6月:せきを自慢するネタ帳フリーマガジンぶうめらん創刊
2008年1月:NPOに専従
2008年6月:季刊発行⇒隔月発行、7,000部⇒15,000部へ改訂
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/06/30 21:46

きたくん さんのブログ記事

  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.68 たくみ
  • 関のモーニング全店制覇の旅。68店舗目は、洞戸にあるたくみです。洞戸から板取に抜ける道にあるたくみ。いつもよりたいなーと思いながら、通り過ぎていたので、この日は、ここを目指して行ってきました。店内はアットホームな感じ。というか、席は大きな机ひとつ。嫌が応にも交流する感じですwただ、行った日は、何人かお客さんがいて、こっちでどうぞーと通されたのが、囲炉裏のあるお座敷。やっぱりアットホームですw。「今日は [続きを読む]
  • 関の数字:第1回関市の地区ごとの犯罪件数は倉知地区が1位。
  • このカテゴリーでは、関市のまちづくりを考えるために必要な様々な数字を紹介していきます。第1回は、関市の小学校区ごとの刑法犯罪認知件数です。関警察署にお聞きをして、関市内の学校区ごとの犯罪件数を出してもらいました。刑法犯とは、凶悪犯、粗暴犯、風俗犯、窃盗犯、知能犯で、関市の場合は、ほとんどが窃盗犯です。刑法犯罪の数は、倉知地域が圧倒的に多くなっています。これは多くがショッピングセンターでの万引きだそ [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.67 花の木
  • 関のモーニング全店制覇の旅。67店舗目は、武芸川寺尾にある花の木です。桜のシーズンが終わり、祭りの後的になっている寺尾千本桜を通って行ってきました。草木が並ぶ入り口。「マネの池」??ギャラリー併設の喫茶店で、よく新聞にギャラリーの催し物がでています。店内の窓から横を流れる小川が見ることができます。奥には、大テーブルがあって、おばさまの団体が会合に使っていました。いつもの通りホットコーヒーを頼んででて [続きを読む]
  • 関の里山、下から見るか?上から見るか?
  • ぶうめらん62号完成しております。今回は、関の里山特集。以前、このブログでも同様の手間で記事を書きました。この記事に結構反響をいただきまして、もっと詳しく調べてみようと思ったことも発端のひとつです。そうなんです、関市にはぽこぽこした山があちらこちらにあって、それが関の景観の特徴です。そのぽこぽこした山は、それぞれの地域に人たちに愛されています。そんな地元山愛が溢れる特集になりました。山好きこんなに多 [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.66 アイフル
  • 関のモーニング全店制覇の旅。66店舗目は関高校近く、居酒屋きかん坊と同敷地にある喫茶「アイフル」です。まもなく40周年を迎える老舗の喫茶店。道からは建物が見えなくて、分かりづらいですが、どんどんお客さんが入ってきます。カウンターで常連さんで賑わっているし、ボックス席では思い思いにすごしています。とっても人気店です。2009年のぶうめらんモーニング特集でも「たまご」が特徴的なお店として取材させてもらってお [続きを読む]
  • 今年度、力をいれるのは「地域で総働の仕組みをつくること」
  • いつの間にか年度が変わってしまいました。忙殺された平成29年度末もとりあえず、日付的には終わりましたので心機一転いきたいと思います。平成30年度は、関の若者が戻り住み続けられるまちとなるために、高校生のキャリア支援の取り組みや企業の採用支援の取り組みに力をいれていきますが、市民活動支援の文脈では特に、「総働の仕組みづくり」に力をいれるつもりです。総働とはIIHOEの川北秀人さんが提唱する言葉でNPOと行政、市 [続きを読む]
  • 鳥屋(かすみ網)猟とは何か。イラストでわかりやすくしてみました。
  • ぶうめらん61号では関市上之保の鳥屋市(とやいち)を特集しました。鳥屋市の名前の由来は「鳥屋(とや)」からきています。 鳥屋とは、渡り鳥の狩りの手法で、主につぐみを獲っていました。全国で乱獲が問題となり昭和22年に禁止となっています。話を聞いてそんな文化があったのか!とびっくりしました。鳥屋についていろんな方に話を聞きました。それをもとにイラストで描いてみました。hayashi kana作1.山の尾根に沿って、木 [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.64 上之保温泉 売店ほほえみ
  • 関のモーニング全店制覇の旅。64店舗目は上之保温泉の売店「ほほえみ」です。温泉はよく行くのですが、こちらで食べたのは初めて。今日も、家族で温泉に入りに来て、この売店にモーニングがあることを知りました。これは、ハンターとしてはほっておくわけには行きません。「お父さん、モーニングハンターとしてのお仕事があるから、お母さんと一緒にお風呂に入っててね」と子どもを説き伏せ、私は一人でモーニングしました。中には [続きを読む]
  • 地域のお店もソーシャルビジネスに取組む若者を応援!
  • 関のソーシャルビジネスプレゼン大会では、賞金はありません。しかし、ソーシャルビジネスに取組む若者を応援しようと、様々な企業やお店から「賞品」の協賛をいただいております。総額にすると12万円相当!1、カフェ・ド・ギャラリーアダチさん「コーヒーチケット10枚分」「活動を進めるための打合せや、集中して仕事をしたい時にご活用ください」2、虎屋さんより「お菓子詰め合わせ」2箱分「私は、和菓子を通して、地域が少 [続きを読む]
  • 関の課題にビジネスで取組む若者を応援しよう!
  • 今年もやってきました。関のソーシャルビジネスプレゼン大会。関の課題にビジネスで取り組む若者が、自分の事業について発表して、大賞を決めます。賞は優秀賞と共感賞優秀賞は、審査員の選考で。共感賞は、会場のみなさんからの投票で決まります。今回勇気を持って参加してくれたのはこの4人です。4名は、2ヶ月間最初の研修を受けて、その後もコーディネーターとともになんども事業計画やプレゼン内容をブラッシュアップしてき [続きを読む]
  • 企業が地域課題とつながることで、もっと地域が良くなる
  • 明日、1月24日になりましたが、岐阜市で「良いことをして良い業績につながる」地域貢献とビジネスの両立の方法セミナーを実施します。これは岐阜県の事業である「ぎふNPO・生涯学習プラザ」の事業での実施で、関市ビジネスサポートセンター(Seki-biz)の杉山センター長と私がお話します。これまでもブログで紹介してきたように、セキビズさんと連携して、地域貢献とビジネスの両立した事業をつくろうと関市の取り組みで「関の未来 [続きを読む]
  • 今年読んで良かった本、渾身の3冊
  • さて、いつのまにか年が暮れていきます。つらつらと今年を振り返っているわけですが、個人的な本に関しては、なんか色々と停滞気味でした。ここ数年ずっとつけていた読書メーターが急に面倒くさくなり、8月から11月まで記録していなかったため、何を読んだのか思い出せない。というかそのあたりは、仕事と生活に忙殺されていたので多分ほとんど読めていない。12月になって読書欲が盛り上がり最近は猛烈に読んでいます。風呂で。と [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.63 道の駅むげ川
  • 関のモーニング全店制覇の旅。第63回は関市武芸川にある道の駅むげ川です。前回のMakaさんが強烈だったので、少し落ち着きたくて、安定の道の駅に来ました。外の看板には、「本日のモーニング」の内容と「モーニング雑炊490円」と書いてあります。も、もーにんぐぞうすい!玉子入り土鍋雑炊!雑炊好きとしては、ものすごい気になります。あー食べてみたい。しかし、それはできません。モーニングハンターに役割は、あくまで、ドリ [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.62 MAKA
  • すごい喫茶店を見つけてしまいました。関のモーニング全店制覇の旅。62店舗目はtea room maka。果たして知っている人はどのくらいいるのでしょうか。関市星ヶ丘の住宅街の中にあります。僕も全く知らなくて、妻がこのあたりを散歩している時に、みつけたそうです。グーグルさんに聞いても出てきません。このお店を一言で言うならば、「ワンダーが溢れた空間」です。お店の前に来てみましたが、2つある回転灯のうち1つしか回って [続きを読む]
  • 関市のUターン調査から見えてきた新たな3つの課題
  • 昨日の記事で、関市にUターンするための問題構造図をご紹介しましたが、今回の調査の過程で新たな課題が見えてきました。新たな課題というか、もっと深掘りすれば新たな可能性になりそうな視点と言った方がいいと思います。その3つを書いておきたいと思います。1、Uターンだけ追っていても関市はよくならないよねUターンしていない人に「今後、関市にUターンする意向があるか」を聞いたところ、75%の人が意向がない、わからない [続きを読む]
  • 関市にUターンして暮らし続けるための問題構造図をつくりました。
  • 私たちぶうめらんは、その名の通り、関市にUターンしてほしい(ぶうめらんしてほしい)との想いで活動をして来ました。しかし、Uターンの決め手はなになのか、いつ頃Uターンするのか、また「郷土愛があれば、関市に戻ってくる」というのは本当なのかなどなど、信念はありますが、データがありませんでした。活動が10年を迎え、改めて、その問題の構造とどんな打ち手が必要なのかを大体的に調査をしました。 調査をして問題構造図とし [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.61 ロータス
  • 関のモーニング全店制覇の旅。第61回は、関市の関口駅の近くにあるロータスです。大通りに面しているのでとても目立つお店なのですが、看板には「麻雀・食事」。むむむ。中はどうなっているのでしょうか。麻雀の自動卓を囲むおじさんたちがタバコをくわえながら「おばちゃん、コーヒー、なしなしでー」なんて会話が飛び交っているのでしょうか。いろんなイメージが湧きこれまでは入れずにいました。しかし、私は、いかねばなりませ [続きを読む]
  • 関には細かい山多し。小学校区に一つ、特別な山や木があり、愛されています。
  • これ関市特有のことなのでしょうか。関市の大体の地域(小学校区)で、その地域にとって特別な山や木があります。旧関市を上からみると、単純な平場ではなく、ポコポコと小さい山があり、それが関市特有の風景を作っていると思っています。以前、景観シンポジウムかなんかで講演に招かれた東京の先生が、「このポコポコ山のある地形は珍しい」と言われてなるほど!確かに!と膝を打ちました。写真は安桜山からの眺望。安桜山もぽこっ [続きを読む]
  • 関のモーニング全店制覇の旅vol.60 ムース
  • 関のモーニング全店制覇の旅。第60回は関市小瀬にあるギャラリーカフェムースさんです。関のカフェギャラリーの老舗で、関におけるアートの発信地的な役割となっています。今日もギャラリーで展示会がやっていました。いろんな方の作品展。年配の方、若い人、障がい者も出品していて多様性がありました。これだけ長い間、ギャラリーもカフェも、ちゃんとやられていてすごいなーと思っています。このちゃんとを続けることが難しいん [続きを読む]