パコ さん プロフィール

  •  
パコさん: パコとマドンナと・・・
ハンドル名パコ さん
ブログタイトルパコとマドンナと・・・
ブログURLhttp://love.ap.teacup.com/paco-kurasina/
サイト紹介文田んぼに入り、畑を耕し、時にはカンナを持ち、はたまた机に向かい、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/06/30 22:45

パコ さんのブログ記事

  • 建設標・・
  • 郷土の新聞社が発行する「信濃毎日新聞」。創刊が明治6年と聞き驚きます。反骨の精神が紙面に反映されているパコの愛読紙で、毎朝30分は目を通し、記憶に残したい記事は切り抜き保存もしています。さて、1月6日付けの記事。「建設標」という読者の意見や感想などを掲載するページ。[画像]「憲法9条を守り生かす決意新た」の投稿。読了してから投稿者の名前に「えっ」と驚きました。高校時代の現代国語の恩師だった記憶。熱く [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • ここ千曲市で誕生し、パコがしばらくの間ギター片手に子守をした孫たち。三年前に突如として沖縄の伊江島に移住してしまった彼ら。久々に里帰りをしました。10日間滞在し、パコと遊びまくりました。薪割機を搭載した、自作の特殊作業車が役に立ちました。[画像]パコ畑で雪上車遊びです。[画像][画像][画像][画像]今朝、成田から格安航空機LCC(ローコストキャリヤー)で那覇に向けて出発。ちと、ほろり・・。沖縄で米軍機のトラ [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • 元旦早々に、拙宅で同姓の新年会を開催。13戸の集いでしたが、準備が本当に大変でした。いまどき、こうした恒例行事は時代にそぐわないとの意見が続出し、パコ邸を最後に次回からは、正月三が日を外して、近隣の飲食店か旅館で開催しようということになりました。やれやれの気分です。[画像][画像] [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • 木工愛好家の端くれとして、干支の“戌”をテーマにイトノコ盤で“木工パズル”を作ってみました。[画像]全体のバランスを考えて、ダックスフントを思い描きフリーハンドで素描。単板に刳り貫き作業をしました。[画像][画像]それらしく出来上がりました。皆さん、今年もよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 一年を終えて・・
  • 農業生産を舞台にした作業支援で“共に生きる”に満ちた一年。農作物の販売も順調に推移。28日に仕事納めをしました。門松を飾り、ハウス内の簡易作業場の徹底整理整頓もしました。[画像][画像][画像]今年の反省と、来年に向けた希望などを語り合ってお茶会をしました。いい年を迎えたいものです。[画像]一方、新年早々に“同姓一門新年会”があり、拙宅がその当番役で同姓13軒分の宴席を準備します。部屋の茶箪笥を移動したり [続きを読む]
  • 意匠的な工夫・・
  • 今週に細部の施工でようやく、穀物乾燥機の保管建物が完成しました。筋交いで補強をして、更に本来の用途に加えて、デザイン的な外見の加味もしました。ホームセンターなどで販売する、ラティスという材料を施工。[画像]高い屋根に、オドオドとよじり上って、波トタンを張りました。譲り受けたセカンド品です。前使用の傘釘の穴を補正しながらの作業です。[画像]出来上がりです。屋根の直角角度を計測したところ、3/500 のよじれ [続きを読む]
  • 収納倉庫を建てる・・
  • 農家の機械倉庫に眠っていた「穀物乾燥機」を譲り受けました。かなりの重量物だったので、3分割をして事業所に運び込み、再度組み立てをしました。[画像]建築図面を作成してから、基礎工事です。[画像]骨組みの木材を刻んで、上棟に向けての下準備を進めます。乾燥設備には籾の投入と昇降装置があり、更に点検掃除口が上部にあるため、かなりの高さになり、上棟作業は大変でした。無事に本体組み立てを終了。[画像][画像]屋根の下 [続きを読む]
  • 縄綯い工房・・。
  • 春夏期に野菜を栽培していたハウスが、農作業が一段落したので、同じ場所に冬期の作業アイテムとして「縄綯い工房」として衣替えをし先日、新たな作業場を開設しました。[画像]あちこちの協力農家からの好意の作業機械の提供があり、昭和初期時代の「縄綯い機」6台が勢ぞろい。今年度の仕上の目標を、製品の「更なる質の向上」と定めて、手堅い作業を試しています。[画像]“今さら何故”という、懐古趣味感が漂う道具ですが、そう [続きを読む]
  • アニベルサリオ41°・・
  • と、いうわけで信州山岳地帯にある温泉地に、パオといっしょにやってきました。昨夜半から今朝にかけて積雪があったということでした。30年前製造のパオのタイヤは12インチ仕様。格安な軽トラのスタッドレス・タイヤで間に合うはず・・と思っていたところ、購入しに訪問した専門店から、パオ純正の冬用タイプは今はありません、との回答でした。類似サイズを調べてもらい予約注文。従って、普通タイヤで出かけました。[画像][ [続きを読む]
  • 収穫作業続々?
  • 9月上旬に播種した信州名産の“野沢菜”。元肥が効きすぎたのか、早々に丈や茎が旺盛に成長し、漬物シーズン本番の前に収穫することになりました。幸い“本漬け”前の“切り漬け”“浅漬け”などの需要と、全般に不作で品薄の傾向も追い風となり、好調な販売結果を得ました。畑で収穫した野沢菜を、みんなで出荷基準に仕上げて荷造り作業です。[画像][画像] [続きを読む]
  • 収穫作業続々?
  • 11月の下旬にようやく、200アールの稲作作業の全てが終了。台風禍で水田のコンディションが悪く難儀を重ねた収穫作業でしたが、無事に終了でき一安心です。並行して進めた作業は、大豆の収穫。ナカセンナリとクラカケを栽培し刈り取り後に、はぜ掛け乾燥をしました。いつも愛用している作業手袋を外しての撮影・・。[画像]2週間ほど乾燥ののち、JAから借りたビーン・スレッシャーという機械で脱穀をしました。悪条件の中で [続きを読む]
  • 薪割りの終日・・
  • わが里山の名峰、冠着山が初冠雪をしました。この冬を乗り越える、我が家の「原始力」エネルギーを終日、ひたすら製造しました。山林のクヌギを玉切りにして保管していた薪置場。5月頃に割る予定が、今頃になってしまい、反省しきり。[画像]中古コンバインを台車にして、薪割機と集材ウインチと簡易クレーンとを集約した、パコ自作の特殊作業車。台車がバッテリー容力不足で急遽、60B24Lに交換をして始動。ついでに薪割機の [続きを読む]
  • タマネギ苗の定植・・
  • 9月上旬に種まきをしたタマネギ。順調に生育して、立派な苗に育ちました。この地域では、11月中旬が定植の適期です。元肥として苦土石灰と、リン酸分が多めに配合されたBB473というタマネギ用の肥料を施し栽培本田の準備をして、みんな総出で植え付けです。[画像]用意した苗は「甘70」という早生種の白タマネギが約25,000本。「アーリー・レッド」という赤タマネギが約3,000本。かなりの量で、4か所の圃場に [続きを読む]
  • あれから50年・・
  • 卒業50周年の同期会。とても有意義な時間を共有できました。事務局のM本氏から“パコのしんがり参加連絡で「縁起」のいい66人の参加となりました”と、褒められて、痛く恐縮。「演技」がいいのかもしれません。祝賀オープニングでの、黒太郎氏夫妻のコカリナ・ハープ演奏が、これまでの時の流れを拾うようにしみじみと、それぞれの同期生の回顧の情景を誘ってくれたように感じました。「海原」・・[画像][画像]坂口先生です。 [続きを読む]
  • 山の恵み・・
  • 毎週毎に影響があった台風。未だ30アールの水田の稲刈りが残されたままで、とても心配です。一方で、山林内に原木栽培で伏せ込んだ“ナメコ”。秋雨に誘われて発生し続伸中。[画像]付着した枯れ落ち葉や、石突き(いしづき)といわれる根元の部分の汚れを取り除く、下処理作業が欠かせません。[画像]調理用のハサミで、適度なところで切り揃えます。おろし和えや、ナメコ汁にします。野趣に満ちた食感です。山の恵みに感謝していま [続きを読む]
  • “湯治”の旅?
  • かつて、この湯治場に度々来たものでした。勤務した団体の関係総合病院があり、冬季講座として「健康保養プラン」などの共同企画を組み、事務局として4泊5日などの日程で滞在しました。特に氷の器を使った「燈明まつり」では、数台のカメラを持ち込んで、特に「五台橋」に三脚を据えてスローシャッターに挑戦した頃を思い出します。[画像][画像]投宿したのは家族経営の、気どりのない閑静な小さな宿。5台ほどが駐車できる場所は [続きを読む]
  • “湯治”の旅?
  • 加齢相応の腰痛対策として、湿布テープと腹巻や腰サポーターなどでガードをしてきましたが先日、歩行限界の重い痛みを感じ、その治癒方法として“湯治”を決断。“鹿が教えてくれた湯場所”とか“回復力の温泉”といわれる、湯治場の宿を予約し、出かけました。その道中、初めて別所温泉の西側奥に位置する「野倉」という集落を散策探訪。[画像][画像]更にこの奥に、大きな古民家を再活用した、木工おもちゃを製作する「銀河工房」 [続きを読む]
  • サツマイモ・サツマイモ・・
  • 6月に約8アールに、サツマイモ“紅はるか”の苗を定植した畑。その後の120日が収穫への基本的な目安となります。今季、3回に渡り収穫作業をしました。延びたサツマイモのつる草と管理できなかった雑草などを整理。片付けるのが、かなりの難儀な作業でした。[画像]サツマイモの掘り取り機で作業。時々、砂や石が噛みついて、ギアが回転しない事が度々あり、信頼しているK君に機械補助を依頼して作業を進めました。[画像][画 [続きを読む]
  • 雨ニモマケテ、風ニモマケテ・・
  • 台風21号禍。衆院投票日の22日午前、投票を済ませてから、水利委員として水田の取水口などを点検に行きました。激しい増水で、取水水路に大きな流石が重なるように覆いかぶさって塞がれていて、ツルハシなどで除去をし、沢に迂回をさせました。とても恐怖感がありました。[画像]下流域にある、収穫期の水田の様子です。しばらくは、脱穀作業はできない状態です。[画像]私たちの作業所の田んぼは、ようやく半分くらいの収穫作業 [続きを読む]
  • 稲刈り・はぜ掛け・脱穀の日々・・
  • 先月の下旬から、本格的な稲刈りを開始しました。作業を共にする仲間との協労の時間。栽培面積は約200アール。約12トンの収量を見込んでいますが、天候に左右される作業です。[画像]乾燥の状態を判断しながら、脱穀作業も同時並行で進めています。[画像]かなりの疲労感の日々です。でも、これがパコの“支援スタンス”。わき役を頑張ります。 [続きを読む]
  • 箱・カホン・cajon・・
  • 先週末、とうみ混声合唱団の演奏会を鑑賞しました。3部構成のプログラムで、特に第3部が視覚・聴覚的にも楽しく、とても印象に残りました。[画像]特に、パーカッションのパート。箱状の楽器。かねてより興味があり、木工製作を試そうという思いから、昨年の信毎に紹介された記事を取ってあったので再読してみました。南米・ペルー発祥とされる打楽器「カホン cajon 」 は、スペイン語の文法上での解釈では caja(カハ)=箱 の [続きを読む]
  • 三州街道・伊那街道をまっしぐら・・
  • 水田の畦畔(けいはん=あぜ・あぜ)の斜面を効率よく刈り取る“斜面草刈機”。斜度45度までを、スムーズに刈り取るというスーパーマシン。パコも一台を所有していますが旧式のため、斜面でのグリップにイマイチの印象を感じていました。ネット・オークションで、県内での引き取りを条件にした商品を落札。今朝7時に自宅を出発して、下伊那の松川町まで引き取りに行ってきました。[画像][画像]軽トラ荷台から下して再確認。かなり [続きを読む]
  • 初秋のイベント?・・
  • 公民館主催の「敬老祝賀会」。区の副分館長の立場として、先月から企画を温めて、出席人員の把握や祝賀の席の、お料理・飲み物などの手配をしてきました。恒例の行事ではあるのですが、参列する方々のご年齢もまた、高齢の行事。この地域で、ご案内したのは約130人。出席は約60人でした。[画像]この祝賀会に向けて、今朝8時に分館役員で急遽、余興バンド「スコップ・ブラザーズ」を結成。代表はパコの「長靴・剛」。熱演は一 [続きを読む]
  • 初秋のイベント?・・
  • 市の社会福祉協議会などが主催する、広域イベント「ふれあい広場」に参加しました。その実行委員会の一員としての務めもあり、私たちの事業所らしさをアピールできる、ワークショップのブースを提案しました。[画像]昭和初期の「縄綯い機」を持ち込んで、体験コーナーを設営しました。経験のある年配の方々からは「おっ、懐かしい道具」と称賛され、また若年層からは「えっ何これ・・」という珍しさの反響がありました。[画像]注目 [続きを読む]
  • 自走式二面あぜ草刈機・・
  • オーレックという農機具メーカーが製造する“ウイングモア”という、二面あぜ草刈機。伊勢崎市から出品されていた商品を発見。ヤフオクで“入札遊び”をしていたところ、意外なことに格安で落札の結果となりました。相手が示した数枚の写真だけで判断するのは、それなりのリスクが伴います。でも多少の機械修理はこなせるので、躊躇わずに入札を強行・・。[画像]刈取り部は見事なサビと腐食穴があり、ためらいを感じた入札者が多い [続きを読む]