パコ さん プロフィール

  •  
パコさん: パコとマドンナと・・・
ハンドル名パコ さん
ブログタイトルパコとマドンナと・・・
ブログURLhttp://love.ap.teacup.com/paco-kurasina/
サイト紹介文田んぼに入り、畑を耕し、時にはカンナを持ち、はたまた机に向かい、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/06/30 22:45

パコ さんのブログ記事

  • 文月のラテン映画?・・
  • ‘笑う故郷’=原題で‘名誉市民’。2018年のアルゼンチン・スペインの合作映画。73回ヴェネチア国際映画祭主演男優賞・アカデミー賞アルゼンチン代表作品。[画像]アルゼンチン出身のノーベル文学賞作家「ダニエル・バントバーニ」氏が主人公で、故郷のアルゼンチンの片田舎の町に帰郷した時の出来事を描いています。もちろん、架空の物語でのノーベル賞作家です。でも映画の作意は、南米で高い評価を得ている、コロンビアと [続きを読む]
  • 文月のラテン映画?
  • 昨日の信毎の「斜面」の記事。「酷暑、猛暑、炎暑、厳暑、激暑、極暑・・」とあり、チベット高気圧で日本列島は、鍋にふたをしたような状態とのことです。最後の“お田植え”を終えた、中山間地に借りた水田を見回りに行ったところ、大変な事態になっていました。定植した稲の苗と、なんとヒエまでが、鹿に食い荒らされていました。途方に暮れて「耕作放任」としようと考えましたが、電気牧柵で害獣対策を施して再度、代掻きと田植 [続きを読む]
  • 水無月アグリ物語?
  • 多忙なお田植え作業の寸暇を縫って、サツマイモの苗を定植しました。ベニハルカという品種の苗です。体験作業が目的なので、あれこれを指示しないように配慮をしての定植でした。[画像][画像]結構な給水の作業ぶりでした。あっぱれ!! [続きを読む]
  • 水無月アグリ物語?
  • 地域の水田水利を采配する委員長に選任されて、各地水田耕作での取水に気を配ってきました。幸い、私が所属する地域営農集団での田植え作業は、とどこおりなく終了できました。毎年、専任の田植機オペレーターとしての役を務めています。主力の田植機はハイテク機能を備えた6条植えの3台。パコはいつも旧式の5条植えの田植機です。他のオペレーターが敬遠する変形田んぼ=ひょうたん形やひし形や三角形の田んぼなどを担当します [続きを読む]
  • 水無月アグリ物語?・・
  • 8日を振り出しに始めた“お田植え”。ようやく先週の23日に終了できました。代掻きと田植えの作業を繰り返すこと2週間。重労働でした。おまけも付きまとい、怒ったり、大笑いしたり・・。[画像][画像]登園の途中に、はしゃいで走っていく最中、畔から田んぼに転落した次孫。帰宅したところ、マドンナから依頼されたのは「田んぼのどこかに靴があるはずなので、探しだして欲しい」との事。小さな足跡を探って、ようやく発見しま [続きを読む]
  • 皐月アグリ物語?
  • 事業所での、お田植え準備。230アールという、かなりの栽培面積です。主役は彼ら。急ぎません、慌てません、焦りませんの作業基準です。先ずは、苗床を準備しました。懇意の農家からお借りした“均圧機”という作業機で、苗床を水平な鏡面に仕上げます。結構な体力を要する仕事です。[画像][画像]播種の作業です。事業所に通所するみんなが協力し合っての作業です。[画像] [続きを読む]
  • 我が家のピタゴラスイッチ・・
  • 農作業の繁忙期です。日々の作業での疲労感はありますが、また、それが充足した時空間でもあります。保育園で製作した“鯉のぼり”が泳がないという次孫の苦情を受けて、泳ぐ仕掛けをいっしょに考えてみました。彼の“おねしょ布団”を干すのも、母親の日課のようですが・・。[画像]ピタゴラスイッチ。農業用のトンネルハウスに使う、ダンポールという資材を応用し、古木の枝を結んでヤジロベエにしてみました。[画像]遊びついでに [続きを読む]
  • レトロな旅・・
  • 5月の連休の間にも、河川の草刈り管理や地区役員としての参加行事があり、全てを休息日にすることはできませんでしたが、4日に近在の山村へレトロな小さな旅をしてきました。先ずは、ようやくの冬タイヤ交換ですが、今季は2回しか走りませんでした。[画像]県の無形民俗文化財に指定されている、旧大岡村(現在は長野市)の“芦ノ尻道祖神”です。正月の注連縄で造った、神面の装飾をした、とても珍しい集落の守護神です。長野オリ [続きを読む]
  • 天空のトレッキング・・
  • 浅間連峰の西方の“花高原”を、家族で散策してきました。小諸からチェリーパークラインで高峰高原へ。かなりダートな林道を経て目的地の“池の平湿原”Ikenotaira Swampに到着。[画像]長孫・次孫の健脚ぶりと競いながらの“三方ケ峰”への登攀でした。マドンナも頑張りましたが、中途で近道を選択して、遠足は終了しました。[画像][画像] [続きを読む]
  • 棚田ウオーク・・
  • 平成22年に農水省から選定された“重要文化的景観名勝”の姨捨地区・棚田水田群が、拙宅からほど近い場所にあります。約1,800田の小さな水田が集積しています。先日、職場の遠足行事として探訪してみました。市の農林課の職員が丁寧に解説。田んぼの学校です。[画像][画像]小さな水田に反映する月。“田毎の月”としても有名です。後日、家族で同じコースを散策しました。一番ちっちゃな水田は、タライ位の大きさでした。[ [続きを読む]
  • 花冷え・・
  • 同姓一門の恒例行事です。当番幹事で会場を設営。桜は丁度の満開状態でしたが、「花冷え」に加えて北風にさらされ、身に応える寒さの中での開催でした。[画像]垣根に臨時の強風対策も施して、参集者への配慮をしました。[画像]「花冷え」の意味を調べたところ、日本酒の「通」が使う「花冷え」という表現を初めて知りました。お燗は知っていますが、冷酒には0度で「みぞれ」、5度で「雪冷え」、10度で「花冷え」、15度で「涼 [続きを読む]
  • 陽春を超えた季節感?・・
  • 春暖・陽春の季語を超えた季節感の日々。協労の仲間たちと一緒にジャガイモの種を定植しました。種イモの量は約80kg。約7アールの畑です。[画像][画像]栽培基準は、元肥に有機肥料の発酵ケイフンなどと化成肥料。パコの栽培経験則で、硫安を株間にひとつまみ施すのが豊作への妙案。休憩と、栽培への座談会もしました。[画像]豊作を祈っての作業終了です。数年前に耕作放棄された畑が、見事に復活しました。[画像] [続きを読む]
  • にぎやかな復活・・
  • 伊江島から海運会社で先に航送し、川崎の港に保管しておいた「沖縄ナンバー」の車で先週、家族そろって帰ってきました。県境の暴風雪予報のため、念のため横浜で一泊しての帰省となりました。[画像][画像]「琉球ソバ」で食事です。にぎやかな暮らしが、また始まりました。それにしても、騒がしい・・。 [続きを読む]
  • 驚きの新展開・・
  • 若き日々のパコの放浪癖。マドンナの理解もあってか、この年までその癖は終結していません。パコ次女は、その血筋を継承しているのかもしれません。3年前に突如として子ども2人を連れて、沖縄本島本部港からの離島〜伊江島に移住しました。一度、様子を見に訪問しました。マドンナは三回も・・。「ああ、こうしたのどかな暮らしもアリだな」と感じました。ただ残念なことに、夫君が定住就労できる仕事はなく、彼は再び上京。彼女 [続きを読む]
  • シートベルト着用・・
  • 先週、2年ぶりに中学校の同級会に参加しました。企画立案の中心幹事は小学校・中学校・高校まで同じクラスで学んだM氏。相当の実力差あり、彼と同じ大学までとはなりませんでしたが・・。人生は比較で成り立つ訳ではありません。「非核」で成り立つ場合もあります。サービス精神は未だに旺盛なパコ。長靴、木瓜(ぼけ)の花、帽子=ボケ防止、ギターを準備して出かけました。久々のるんるん気分。[画像]ハンドルを切る度に、左右に [続きを読む]
  • 啓蟄・・
  • ようやく太陽の光が大地に降り注ぐ季節を迎えました。冬ごもりをしていた虫たちが、地面から顔をのぞかせる頃を「けいちつ」というそうです。作業所での、春野菜の栽培準備が始まりました。[画像][画像]ナス、トマト、ピーマン、春キャベツなどの他、花卉のアスターの播種をしました。しばらくの間はトンネルハウスで育苗し、4月上旬にポットに「鉢上げ」という移植をし、更に育苗する予定です。品種の区別のために、上からワラく [続きを読む]
  • 加藤登紀子コンサート・・
  • 今月は、マドンナの誕生月。誕生日祝いを検討していたところ、ドラゴン氏から東御市文化会館で開催される“加藤登紀子コンサート”へのお誘いがありました。音痴ながらも、台所で“百万本のバラ”を鼻歌する姿を見ているので、打診したところ“是非とも”との回答。ステージでは、その歌唱力に感動しました。選曲の合い間に語る、歴史への洞察力にも感服しました。[画像]フィナーレとアンコールとのタイミングで、ドラゴン夫妻から [続きを読む]
  • 木工三昧の日々・・
  • 冬期の自立支援作業のひとつとして、縄綯いに加えて昨年度から始めた木工作業。今年は、イトノコ盤を使った幾つかの製品を製作しています。木工パズルと立体木工パズル。[画像]立体パズルのダックスフントです。パーツを失くさないように、切り抜き板を応用しました。[画像]実用品として、トイレットペーパー・ホルダーの製作にも挑戦。6ケのロールペーパーを備蓄し使用すると、取り出し口へ順次繰り出すという仕組み。[画像]丸窓 [続きを読む]
  • 建設標・・
  • 郷土の新聞社が発行する「信濃毎日新聞」。創刊が明治6年と聞き驚きます。反骨の精神が紙面に反映されているパコの愛読紙で、毎朝30分は目を通し、記憶に残したい記事は切り抜き保存もしています。さて、1月6日付けの記事。「建設標」という読者の意見や感想などを掲載するページ。[画像]「憲法9条を守り生かす決意新た」の投稿。読了してから投稿者の名前に「えっ」と驚きました。高校時代の現代国語の恩師だった記憶。熱く [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • ここ千曲市で誕生し、パコがしばらくの間ギター片手に子守をした孫たち。三年前に突如として沖縄の伊江島に移住してしまった彼ら。久々に里帰りをしました。10日間滞在し、パコと遊びまくりました。薪割機を搭載した、自作の特殊作業車が役に立ちました。[画像]パコ畑で雪上車遊びです。[画像][画像][画像][画像]今朝、成田から格安航空機LCC(ローコストキャリヤー)で那覇に向けて出発。ちと、ほろり・・。沖縄で米軍機のトラ [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • 元旦早々に、拙宅で同姓の新年会を開催。13戸の集いでしたが、準備が本当に大変でした。いまどき、こうした恒例行事は時代にそぐわないとの意見が続出し、パコ邸を最後に次回からは、正月三が日を外して、近隣の飲食店か旅館で開催しようということになりました。やれやれの気分です。[画像][画像] [続きを読む]
  • 新春事始め?・・
  • 木工愛好家の端くれとして、干支の“戌”をテーマにイトノコ盤で“木工パズル”を作ってみました。[画像]全体のバランスを考えて、ダックスフントを思い描きフリーハンドで素描。単板に刳り貫き作業をしました。[画像][画像]それらしく出来上がりました。皆さん、今年もよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 一年を終えて・・
  • 農業生産を舞台にした作業支援で“共に生きる”に満ちた一年。農作物の販売も順調に推移。28日に仕事納めをしました。門松を飾り、ハウス内の簡易作業場の徹底整理整頓もしました。[画像][画像][画像]今年の反省と、来年に向けた希望などを語り合ってお茶会をしました。いい年を迎えたいものです。[画像]一方、新年早々に“同姓一門新年会”があり、拙宅がその当番役で同姓13軒分の宴席を準備します。部屋の茶箪笥を移動したり [続きを読む]