yukiko さん プロフィール

  •  
yukikoさん: Lotusblume゚・:,。*:..。お茶の時間゚・:,。*:..。
ハンドル名yukiko さん
ブログタイトルLotusblume゚・:,。*:..。お茶の時間゚・:,。*:..。
ブログURLhttps://ameblo.jp/lotusblume/
サイト紹介文紅茶やお料理が好きな 語学系フリーランスの主婦日記です
自由文

夫の転勤に伴いニューヨークに転居。翻訳業とヒーリングフードのお料理教室を主宰し去年帰国。

帰国後はリプトンブルックボンド紅茶教室にて紅茶の勉強中。
もう少しでコーディネーター取得できそうです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/07/01 18:38

yukiko さんのブログ記事

  • またアッサムが最高値を更新!
  • アッサムが史上最高値を更新して記事にしたばかりですが一か月もたっていないのにまたアッサムが記録が更新されました! 前回のグワハテオークションでの記録更新の記事はこちらから↓ アッサムが史上最高値を更新! 新しい世界最高価格は 1Kg 40,000ルピーDonyi Polo Tea Estateのものです。 ゴールデンニードルと言われるスペシャルティー天候と技術がうまくマッチしたときにしかできないそうです。 前回2018年7月27日は1kg [続きを読む]
  • ハイアットフードフェスの紅茶
  • ハイアットであったフードフェスの続きです! 五つ星ホテルでも人が集まっていたのはチャイスタンド(笑)の記事はこちらをご覧ください↓ ハイアットでチャイタイム 他にもこんな感じで紅茶会社が出店していました。 アッサムCTCでしたがミルクなしでお砂糖で試飲 こちらはオーガニックの紅茶の会社↓ 緑茶やフレーバードティーを中心にエストニアなどに輸出しているそう。 正直、そこらじゅうに紅茶の会社がある感じの当 [続きを読む]
  • スリランカ紅茶の本『泣いて笑ってスリランカ』
  • Summer Reading 暑い夏のあいだの読書っていいですね。 前回帰国したときにティーインストラクターの先輩が プレゼントしてくださった本です。 (色々な意味で私を導いてくださる素晴らしい先輩です。) ご存知の方も多いと思いますが スリランカ紅茶 ミツティーのオーナーが書かれた 1年間のスリランカ紅茶修行の本。 前々からミツティーで紅茶を買っていたのですが 実はこちらの本を読むのは初めてでした。 色々な先生方がな [続きを読む]
  • ハイアットでチャイタイム
  • 現地のお友達と3人でハイアットへ。 フード関係のイベントへ行ってきました! インド全国からさまざまなメーカーが出店。 いろいろなフードがあるなかで人が集まっていたのはここでした。 チャイコーナー やはりここに集まってしまうのがインド人。 道端でふつうに売っているチャイよりも大きめのカップにジンジャー入りのチャイをなみなみと注いでくれます。 奥に見えるのがトースターとパン トーストにバターとお砂糖をまぶ [続きを読む]
  • 茶摘みをする人のお給料はいくら?
  • お茶を摘む人=ティープラッカーのお給料はだいたいいくらぐらいかご存知でしょうか?日本でシーズンごとにダージリンを買うたびなんかけっこう高くなったな?同じ袋と値段でも量が少なくなったかも? と感じている方、多いと思います。 その背景には、茶園労働者の賃金の上昇があります。 ダージリンとアッサムの一日の賃金を比較してみました。 (2018年8月現在のおおよその平均です) ダージリン 約159ルピー(約270円 [続きを読む]
  • 現地人宅でチャイとスナックタイム
  • 今私が興味を持っているのインドのチャイに合うスナック。 この甘い飲み物にあうのはどんなものなのか?できれば日本の家でも手作りできるものにしたい! 少しずつリサーチを続けています。 先週末、仲良しのインド人のお友達の家でお茶に招待されました。 米国系の銀行でマネージャーを務める彼女は日頃は激務なのにこうして週末に声をかけてくれる貴重な存在。 もちろん家には住み込みコックさん、メイドが3人以上いるのでい [続きを読む]
  • アッサムティーが史上最高値を更新!
  • 低迷が続くインドの紅茶産業ですがアッサムティーで記録的なできごとがありました。 7月24日 アッサム州にあるマノハリ茶園の茶葉がグワハティオークションでアッサムティーとして最高値を更新! 1Kgあたり 39,001ルピー (約63,188円)で落札したのはSourabh Tea TradingのMangilal Maheshwari。 それまでの最高値は18,801ルピー(約30,460円)なので、その差はかなりのもの。 このマノハリ茶園の最高値アッサムは限定2Kg [続きを読む]
  • ダージリンがコーヒー産地デビュー!
  • 今日は珍しくコーヒーのお話です。 ダージリンといえばもちろん紅茶。 ダージリンがインドの地名と知らない人でもダージリンは紅茶ということを知っている人が多いはず。 そのダージリンのコーヒー生産の動きがあるのはご存知でしょうか? ちょっとこれは衝撃! カリンポン地域の407名の農家がすでに栽培を始めたそうです。 (ちなみにカリンポン地域は日本米に近いお米が栽培されていたりおいしいチーズを作ってる面白い地域な [続きを読む]
  • マサラチャイで現地風おもてなし
  • 現地の方がうちにお茶に来てくださいました。 少しランチの時間にかかるのでボリュームを出し ベジタリアンの方ということを考えて ティーフーズはこんな感じのメニューに♪ 紅茶というと合わせるのは甘いもの というイメージがあるかもしれませんが 当地では軽食っぽいものがとても好まれます^^ 右上の写真に手前にあるのは ひよこ豆、トマト、玉ねぎをマサラで合わせたチョラパトラ その後ろにある揚げパンのようなものは [続きを読む]
  • 衝撃(?)娘のバースデーケーキ!
  • 娘のお誕生日パーティーがありました。 インターナショナルスクールのお友達を招いて ヘアサロンでのスパパーティー! 外国ではいかにお友達や知人をおもてなしできるかが おつきあいのカギといっていいぐらい大切。 母はめんどくさがってはいけません ほんと鍛えられてます。。。 毎年準備を始めるのは数か月前から。 今回は思いっきりおしゃれして ヘアスタイリング、メイクアップ、ペディキュア それから遊んでハイティーとい [続きを読む]
  • 紅茶の花のティーコージー♪
  • またブログを書き始めます! 長いお休み、常にスーツケースを持ち歩いて 荷造り、荷ほどき、荷造り、荷ほどき、荷造り、、、 何度繰り返したことか。。。 数か月は今の定住先に戻るのでまたブログ再開! (主人は月一以上で海外出張??) ところで、、、 前のブログで書いた、手刺繍の手作りティーコージー お友達がさっそく使ってくれました。 かわいい〜 ある先輩のお友達からは色々アドバイスをいただき 今後はレースやタッ [続きを読む]
  • アロマ系アフタヌーンティー
  • へき地駐在はもっと暇なのかと思いきや 現地コミュニティで過ごすと社交が激務?? インターのお勉強や習い事もプレッシャー?? 超異文化新進国はストレス満載?? 主婦の私は修行させていただいてます(笑) 気持ちをリセットしてアイディアを補充するために またバンコクにいってきました。 そしてすこしだけ時間がとれたので 立ち寄ったのがアロマスパDivanaがプロデュースした 素敵なコンセプトティールーム。 ゆっくりお店 [続きを読む]
  • 紅茶の花のティーコージー
  • 素敵なティーコージーをオーダーメイドしました♪ 手作りの優しさとぬくもりがあって気に入ってます。 中央にカメリアシネンシスのお花の刺繍で 布はカーディというやわらかな手織りの布を使いました。 すべて手作業! 光の関係でピンク色が違う感じになってしまいましたが 本当はあわいきれいなピンク色です。 かわいい? 紅茶が好きというか、マニアにはツボ こんなマニアックなデザインは売っていないので(笑) これからポー [続きを読む]
  • シッキムの茶園がリゾートに!
  • はじめてシッキム紅茶を飲んだのはもう10年前ぐらい? デンマークのACパークス紅茶店が当時していた刺繍教室でとびっきり美味しく(とても高かった)紅茶を飲んだのがきっかけでした。 その頃はシッキムについては何の知識もなくなんなのこの美味しい紅茶?とびっくりして購入した記憶です。 たぶん私がりリプトン紅茶教室に通ってころでしょうか。 (以前ゴールデンティップス紅茶店でもテミのお茶を購入写真はダージリンタウ [続きを読む]
  • 現地ティーバイヤーのお宅でお茶(2)♪
  • 前回のお話のつづきです。 ティーバイヤーさんとのティータイム 実は、お話があまりに貴重すぎて いろいろ細かい数字も教えていただき ひとつひとつメモを取りたかった!! しかし普通に考えてあの雰囲気ではNG そして英国とはまた違うティーフードでのおもてなしも素敵でした。 インテリアもすべてふくめて写真に撮りたかった!! もちろん正式のティータイムに写真は恥ずかしいのでNG 自宅で再現できるようにがんばるのみ、 [続きを読む]
  • 現地ティーバイヤーさん宅でお茶♪
  • 少し前のことなのですが、夢のようなことが実現しました!! こちらは昼間は40度ぐらい 普通に生活しているだけで、なんかしんどい。 しかも日本では報道されない治安のことも実は色々あり 考えただけで気が重くなり( ノД`) でも主婦は負けない、良いこともあるからがんばるぞ! と思っていたら、本当に素晴らしいことがあったのです。 ご縁にご縁が重なって ティーバイヤーさんの自宅に御招待いただきました。 (ピュッタボン茶 [続きを読む]
  • 南国の都会のリゾートで
  • また途切れてしまいましたが 息抜きバケーションのおはなし。 今回は日本の食材も買えるし 都会的なレストラン((笑))でも食事できるけれど リゾート風にできているレジデンシャル&ホテルに滞在。 都会のホテルはスペースが限られてしまうけど ここはリビングルーム、ベッドルーム、キッチン 大きめの冷蔵庫、テレビ2台 ファミリーがゆっくり過ごすのに最適でした。 美味しいキャッスルトンのティーバック持ち込みです? コン [続きを読む]
  • 海外でリフレッシュ♪
  • 日本はひな祭りですね。 今夜から海外でリフレッシュしてきます! 日常から切り離された時間を 思いっきり楽しんできたいと思います。 ブーゲンビリアが一年中咲き乱れる当地 花はきれいだけど、生活はしんどいわ(笑) 主婦にとってリフレッシュは家族のためにも最優先 だけどなかなかできないですよね。 もっともっとゆったりとした幸せ時間を増やすのが目標。 あと半日で出発 今からパッキングします(遅い) 一週間後ぐらい [続きを読む]
  • デリー老舗紅茶店でお買い物?
  • Aap Ki Pasand これはヒンズー語なのですが 英語にすると as you like。 ゴルバチョフ元書記長やクリントン元大統領など 各国首脳へのギフトとなった紅茶のお店です。 シングルエステートではなく ティーマスターのブレンダーさんによるブレンド紅茶が多いのが特徴で お土産に愛されそうなハーブティーなどもとりあついもあり 飲みたいシチュエーションごとにお店の方が相談に乗ってくださいます。 デリー在住の駐在員御用達だ [続きを読む]
  • デリーの高級老舗紅茶店アプキパサンド
  • ブログ、続いてます(^▽^) 「いいね!」をつけてくださった皆様、本当にありがとうございました。 実はこのブログ、始めて10年になることに気づきました! うわぁ10年なんてって感じです。 リプトンで紅茶を本格的に学び始めて10年がたったんだなと実感。 あの頃は紅茶の国に住むことになるとは夢にも思ってなかったのに 人生はわからないものです。 流れ流れてこんなとこに駐在することに。。。 さてさて 前回書いた紅茶店 [続きを読む]
  • デリーで紅茶テイスティング?
  • またブログを再開します! 今年はたくさん書きたいことがあったのに 2018年、もうそろそろお雛様ですね。 中華系の旧正月も終わったので心新たに((笑)) インドのデリーにある老舗のお店で ティーテイスティングをしてきました! インド旅行の途中にさっと立ちよったこのお店 デリーの喧騒の中にあるとは思えないほど 中は落ち着いた素敵な雰囲気(^^♪ パッケージもインドにしては(失礼〜)かわいくて 日本人女性にも気 [続きを読む]
  • フレッシュフラワーでおもてなし
  • お客様のおもてなしが続いていたら3週間たっていました! またパーティーについて書きますね。 日本にも素晴らしいおもてなしの文化がありますが こちらのおもてなしの全力投球具合にはたびたび感動していて あるプライベートハウスでのパーティーの入口もそのひとつ ファッションとトラベル関係のパーティーでした。 フレッシュフラワーとライティングで夢の世界。 うちにお客様が来るときもフラワーとキャンドルを必ず飾るよ [続きを読む]
  • ホテルのルーフトップパーティー
  • これはオークラではないですが 五つ星ホテルのプライベートパーティーへ。 ドレスコードはクリスマスカラーの 赤、白、緑、、、黒 クリスマスのために仕立てた赤のドレスを 素敵に着こなしている女性がたくさん。 食べて飲んでおしゃべりして踊って(笑) いっしょにいったお友達に感謝です。 パーティーに送り出してくれる家族にも感謝。 クリスマスは幸せや喜びをシェアする季節ですね。 GMの奥様、ホテルのチームの皆様 あり [続きを読む]
  • バンコクのホテルオークラ2
  • 命の洗濯バンコク滞在〜の続きです。 オークラバンコクの素晴らしいところのひとつは 日本のテレビがリアルタイムで見放題というとこ(笑) もうどれだけ僻地在住なんだって感じなんですが そいういう生活をしてるとここはパラダイス。 さすが東京都バンコク区(笑) でももちろんタイ料理も素晴らしくて ルームサービスのパッタイは最高でした! 当地のインターナショナルコミュニティでは 女性が枠にとらわれず遊んでいる気がしま [続きを読む]
  • バンコクのホテルオークラ
  • 当地は日本食材が基本売っていなくて 日用品も手に入らないものがあるので みなさん年数回こうして海外に買い出しに出かけます。 日系の美容院へ行く邦人奥様も多し(笑) 通称、命の洗濯〜(*'▽') バンコクオークラはこんな朝ごはんも 日本に住んでいたらタイ旅行でこれは求めないけど 海外僻地から来るとここで感涙! 日本のものがほぼなんでもそろうので 東京都バンコク区とも呼ばれています(笑) 日本らしい繊細なホスピタリテ [続きを読む]