☆TOKAI KIDS☆ さん プロフィール

  •  
☆TOKAI KIDS☆さん: ☆TOKAI KIDS☆の日本全国旅日記
ハンドル名☆TOKAI KIDS☆ さん
ブログタイトル☆TOKAI KIDS☆の日本全国旅日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tokai_kids_mizumaro
サイト紹介文日本全国を、主に鉄道とユースホステルを使って旅歩く、 一人の青年の旅日記です。
自由文旅先で感じたことを、そのままブログにアップしていきます。
次は何に出会えるか?
毎回の旅が楽しみです。
そしてついに2008年10月18日(土)に、
越美北線九頭竜湖駅にて、JR全線を乗りつくすことができました。
次は日本の鉄道乗りつくしにチャレンジです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/07/05 00:23

☆TOKAI KIDS☆ さんのブログ記事

  • 京王れーるランド  [6月25日その2]
  • 多摩動物公園駅隣接の京王れーるランドに入場する。9時30分の開館時には、家族連れなど数十人が行列を作っていた。まずは入館券を購入し、自動改札機に通す。今日1日有効なので、取り忘れないよう注意しよう。入ってすぐ目に入るのが、日産ディーゼルKC-RN210CSN型という小型バス。バス好きな子どもも多く、運転席ではしゃいでいた。その先にあるのが、運転体験。本物の運転席で運転できるが、チケットは抽選制らしい。その横 [続きを読む]
  • 多摩動物公園駅  [6月25日(日)その1]
  • GTY名古屋のBBQが終わり、教授など東京からの参加者を新幹線に乗せる。そして私もこれから東京へ行かねばならない。明日は東京JAKの例会があるのだ。BBQの後なので、体がかなり臭い。名古屋駅から歩いて10分弱の「炭の湯」に入る。ホテル併設の銭湯できれいだが、23時に閉店してしまうので慌しい。汗を流して23時20分発「ドリーム名古屋4号」に乗車。翌朝も御茶ノ水のお風呂でさっぱりして、「吉野家」の「ハ [続きを読む]
  • ウィー!知多プレミアムBBQガーデン  [6月24日その3]
  • 豊橋鉄道撮影後、名古屋へ戻ってBBQを始める。会場は名鉄グランドホテル屋上の「ウィー!知多プレミアムBBQガーデン」。ホテル12階からの景色は素晴らしく、眼下にJR名古屋駅が見える。そしてセントラルタワーズは真横にある。景色を眺めていてはBBQは始まらないので、席へ誘導される。大あさりやエビ、お肉、野菜などの料理が並んでいる。しかも食べ放題である。そしてドリンク。ビールはプレモル。そのほかいろいろ [続きを読む]
  • 三河田原駅  [6月24日その2]
  • 杉山駅では、15分ごとに上下列車がすれ違う。基本的には先に三河田原行きが到着し、その後豊橋行きが到着する。三河田原行きは、発車時刻になるとドアを閉めてスタンバイ。豊橋行きが停車する前に動き始める。豊橋鉄道渥美線で使用される1800系は「カラフルトレイン」とされ、10編成すべて色が違う。次は何色が来るかをワクワクしながら待つ。杉山駅から三河田原駅へは、黄色い「菜の花号」に乗車。車内のつり革も黄色いで [続きを読む]
  • 豊橋鉄道撮影旅  [6月24日(土)その1]
  • 今日は名古屋GTYのBBQ。BBQは夕方から行うので、その前に豊橋鉄道で撮影をする。豊橋駅にお昼前に到着すると、路面電車のホームに「納涼ビール電車」が停車していた。予約はしていなかったので、「納涼ビール電車」は見送り、駅前の餃子の店へ。だが混んでいたので、少し歩いて「壱勢」という店に入る。4年前にも立ち寄っていますね。居酒屋ではあるが、ランチタイムから営業していて、しかもガラガラだった。まずは「縞 [続きを読む]
  • 鹿児島から愛知へ  [6月20日その2]
  • 鹿児島は大雨が降っている。お昼ご飯の後、最後の下車地の「無双庵」というお土産屋に立ち寄る。かるかんやさつま揚げを販売していて、試食をしながら一回りする。そして焼酎も販売している。108本も飲みきれませんね。こんなキャラクターに見送られる。鹿児島空港まで直行し、3日間お世話になった観光バスともお別れである。ゆとりをもって鹿児島空港に到着したので、まずは足湯でまったりとする。それでも時間があるので、「 [続きを読む]
  • 知覧から鹿児島へ  [6月20日(火)その1]
  • 旅の最終日は指宿からスタート。まずは知覧へ向かう。予報通り、雨が降り始めた。知覧の武家屋敷を少し見たら、バスへ避難。知覧特攻平和会館に立ち寄るが、1時間ほどしかないので駆け足だった。ということで、雨の知覧はこれでお別れ。鹿児島への車内では、バスガイドさんが特攻隊の方の話をしていただき、少し泣いてしまった。そうしているうちに、バスは鹿児島市内に入る。お昼ご飯に立ち寄ったのは、城山観光ホテル。3階の「 [続きを読む]
  • 指宿白水館の食事  [6月19日その5]
  • 指宿白水館の館内を探検していると、そろそろ夕ご飯。こちらの宴会場で食べる。お酒もあるが飲めないので、ウーロン茶飲み放題コースに突入しよう。社長が所用のため、明朝早くに愛知へ帰るそうで、今回の旅行最後の挨拶があった。それではどんどん食べていこう。夕食後は元禄風呂で温泉を楽しむ。指宿ということで、税別1000円で砂むし温泉も体験できる。砂むし会館砂楽だと、カメラを持っていけば砂をかけてくれるおばちゃん [続きを読む]
  • 指宿白水館  [6月19日その4]
  • 長崎鼻から西大山駅など立ち寄りもせず、今夜の宿の指宿白水館に到着。このホテルも敷地がとても広い。薩摩伝承館という建物の横をバスで通過し、やっとホテルの建物が見えてきた。バスから降りて、建物の中へ。まずはロビーでホテル内の説明を受ける。広すぎて一度では覚えきれない。客室は薩摩客殿という建物。この通路を歩いた先にある。客室はベッド2つと6畳の和室のセットになっている。今夜はこの部屋を3人で使う。いびき [続きを読む]
  • 池田湖と長崎鼻  [6月19日その3]
  • 仙巌園の見学を終えると、鹿児島から指宿へバスは大移動をする。ウトウトしたころに到着したのが池田湖。定番の観光地のようで、何台も観光バスが停車していた。残念ながら「イッシー」はいませんでしたけどね。屋久杉を眺めながら、ドライブインに入る。大うなぎがいるそうだが、頭のほうは見えなかった。こちらで記念写真を撮ったら、すぐ出発する。次の下車観光は長崎鼻。バスを降りてまず見つけたのが、このお店。臨時休業して [続きを読む]
  • 仙巌園  [6月19日その2]
  • お昼前にお昼ご飯を終え、桜島から鹿児島へフェリーで渡る。この時点で予定よりも1時間以上も早い。実は明日は雨予想なので、行程を入れ替え、屋外の施設は今日中に訪問することになったのだ。鹿児島からバスで向かったのは、仙巌園。ガイドに引率されて、園内を歩く。正門から外へ出てみると、ちょうど特急「はやとの風」が通過した。あちらに乗りたいが、団体行動なのでしぶしぶついていく。仙巌園では御殿ツアーが予約されてい [続きを読む]
  • 桜島ドライブ  [6月19日(月)その1]
  • 社員研修旅行の2日目は霧島温泉からスタート。桜島を通過して、指宿までのルートである。下車観光も少なく、ゆったりした行程である。なかなか桜島にわたる機会は少なく、レンタカーで一度ドライブしたことがあるだけである。久しぶりの桜島を楽しもう。桜島へ渡る前に、坂元のくろず「壺畑」情報館に立ち寄る。黒酢を仕込む壺が、まるで畑の農作物のように並んでいた。何も買わずにすぐ出発したので、順調にバスは進む。まだ11 [続きを読む]
  • 霧島ホテルの食事  [6月18日その5]
  • 旅の楽しみの一つが食事である。団体行動が苦手な私だが、社員旅行へ行くのは料理が目的なのだ。時間になったので、夕食会場へ向かう。この部屋ではなく、こちらの大きな座敷になる。座敷ではあるが、椅子席なのはうれしい。今年弊社社長が還暦を迎え、寄せ書きや記念品を贈る。弊社社長は感激していた。そしてホテル支配人からも挨拶があり、舞台後ろのカーテンが開かれる。ライトアップされた杉林を見ながら夕食を始める。お酒も [続きを読む]
  • 霧島ホテル  [6月18日その4]
  • ホテルの門からさらに坂道を上ったところに、霧島ホテルの建物がある。建物に入る前に、さらに散策。ホテルの敷地内に、硫黄谷庭園がある。庭園というと京都の寺社の庭園を想像してしまうが、こちらは杉林である。迷子になりそうだが、ちゃんとコースが作られているので大丈夫。坂本龍馬も庭園を散策していますね。そろそろ疲れたので、建物内へ。霧島温泉大使が出迎えてくれた。まずは温泉に入りたい。ホテルの大浴場は混浴である [続きを読む]
  • 霧島神宮  [6月18日その3]
  • 熊本からバスに揺られて到着したのは、霧島神宮。国道から右折して境内に入ったところに大鳥居があり、バスに乗ったまま通過する。駐車場でバスを降りると、ほぼ全員がトイレへ直行。そして隣の売店でお土産タイムにしたいところだが、団体行動命の会社なので、全員がガイドに連行される。まずは招霊木(オガタマノキ)。パワースポットらしく、みんなが触っていた。次はさざれ石。「君が代」に登場する石ですね。三の鳥居をくぐる [続きを読む]
  • 熊本「青柳」でお昼ご飯  [6月18日その2]
  • 熊本の中心部を走り、貸し切りバスは熊本城近くに停車する。お店の仲居さんがバスまで迎えに来てくれていて、ここから歩いていく。お昼ご飯の店は「青柳」。前回の会社の研修旅行でも使った店である。前回は夕食だったので豪華な料理だったが、今日はランチ用の定食である。もちろん馬刺しはついている。熊本料理を楽しみましょう。また観光バスに乗るため、降りた場所へ戻る。駐車禁止の道路上で乗るので、バスを待たせることはで [続きを読む]
  • 水前寺成趣園  [6月18日(日)その1]
  • セントレア発のANA機内からは、阿蘇の山並みが見えていた。今日から3日間の社員研修旅行の目的地は鹿児島県。だがしかし、到着したのは阿蘇くまもと空港。機内トラブルで阿蘇くまもと空港に降ろされたのではない。当初からの予定で、熊本から鹿児島までをバス移動することになっていたのだ。阿蘇くまもと空港のゆるキャラ「あそらくん」や、くまモンさんが出迎えてくれる。しかし彼らと遊んでいる暇はない。すぐに動かないと、 [続きを読む]
  • 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館収蔵庫  [9月7日(木)]
  • 今日もお昼で仕事が終わったので、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館までドライブする。ただし本館は工事中のため、収蔵庫のみオープンしている。ボーイング787の胴体の輪切りを眺めたり、宇宙服を着て記念撮影をしたり。そして航空機シミュレーター。平日午後だからか、ほとんど入場客はいない。並ばなくても、シミュレーターやり放題状態だった。まずはジェット機のシミュレーター。よくわからないうちに終わってしまった。そし [続きを読む]
  • 広島からの帰り  [6月12日その5]
  • 可部線あき亀山駅で日本の鉄道全線完乗を復活させれば、あとは愛知へ帰るのみである。帰りの電車は227系ではあるが、2編成連結した4両編成だった。そろそろ夕方のラッシュの時間になる。そして可部駅ですれ違った電車は、黄色い115系。可部駅では停車時間があるので、広島行きホーム側の様子を眺める。以前は線路があったが、撤去されていた。広島地区にはなかなか新車が投入されなかったが、227系によって古い車両が入 [続きを読む]
  • 可部線延伸区間乗りつぶし  [6月12日その4]
  • 広島でお好み焼きのお昼ご飯を済ませ、さらに列車に乗る。次は可部線に乗車。可部駅からあき亀山駅まで延伸したので、乗りつぶしを行うのだ。まずはこれまでの終着駅の可部駅で下車。途中駅になったので、いろいろ変わってしまった。その1つは、改札口が上下線別々になってしまった。私が所持している乗車券は、三江線車内で発行された途中下車可能な乗車券だが、乗車券の裏は白い。そのため自動改札機に通すことはできない。可部 [続きを読む]
  • 広島「みっちゃん」でお好み焼き  [6月12日その3]
  • 宇都井駅から乗った三次行きの列車は2両編成で、後ろの車両が「三江線神楽号」だった。車体側面にもラッピングがされている。車内の様子。都会の電車なら広告が入るスペースに、神楽のイラストが入り、路線案内もイラスト入り。トイレでも神楽が行われている。長い旅を終えた三江線の運賃表。三江線終点の三次駅は「土蜘蛛すてーしょん」という愛称である。次の列車まで時間があるので、「すき家」で朝食。「塩さばたまごかけごは [続きを読む]
  • 宇都井駅  [6月12日その2]
  • 今回の三江線の旅の目的地は宇都井駅。愛知からの乗車券とも、これでお別れになる。宇都井駅は「塵倫すてーしょん」という愛称である。それでは、こちらから駅の外へ出る。と簡単に言ってしまったが、駅の外へ出るのは容易ではない。宇都井駅のホームは、かなり高い場所にあるのだ。ホームへの階段は、鉄筋コンクリートのビルのようである。宇都井駅の入口。ホームまで116段あるそうだ。また列車に乗らないといけないので、頑張 [続きを読む]