ももこ さん プロフィール

  •  
ももこさん: 路傍の花
ハンドル名ももこ さん
ブログタイトル路傍の花
ブログURLhttp://shishono.blog92.fc2.com/
サイト紹介文晴耕雨読。晴れた日も曇った日も、クレマチス三昧です。
自由文栽培しているクレマチスは70種余り。もう増やすまいと思っちゃいるけど・・・・(ノ_-;)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/07/06 20:29

ももこ さんのブログ記事

  • ジャックマニーが一人前に
  • ジャックマニーの花びらの間に隙間ができ、いっぱしの形になりました。エミリア・プラターは最後の一輪になりました。他の花はみな、どこかが傷んだので花殻を切りましたが、この子はまだオシベメシベがピンとしています。マダム・ジュリア・コレボンは今日剪定しました。葉っぱがまだ青青しているので、一番下に咲いた花の直下で切りました。 [続きを読む]
  • (無題)
  • 左はメイヤー・イサオの登頂花、右は脇芽の花です。どちらも本来の色(淡い淡い紫)が載ってきていません。左は11月26日のメイヤー・イサオ、右は本日12月3日のメイヤー・イサオです。咲かずに終わるかと案じたつぼみが、何日かあった暖かい日を幸い、駆け足で追いついてきたという感じです。 [続きを読む]
  • メイヤー・イサオが駆け足で
  • 左はメイヤー・イサオの登頂花、右は脇芽の花です。どちらも本来の色(淡い淡い紫)が載ってきていません。左は11月26日のメイヤー・イサオ、右は本日12月3日のメイヤー・イサオです。咲かずに終わるかと案じたつぼみが、何日かあった暖かい日を幸い、駆け足で追いついてきたという感じです。 [続きを読む]
  • 緑の王国秋まつり
  • 緑の王国に冬咲きクレマチスを見に行きました。ありました。シルホサが一株だけ。もうちょっと冬咲きにも力を入れてほしいものです。日枝とかカリシナとか日枝とかアンスンエンシスとか日枝とか。クレマチスガーデンに劣らない数のクレマチスが植えられているフローラガーデン。でも冬咲きクレマチスはありませんでした。あったのはキウイ。大豊作。王国秋まつりで売ればよかったのになー。王国秋まつりの頃はイイギリが実る頃。こ [続きを読む]
  • しもつきクレマチス
  • ビチセラ系のエミリア・プラターとマダム・ジュリア・コレボンがだいぶくたびれました。くたびれたけど、ここまで咲いてましたという記録で、写真を撮りました。今年は紅葉が早く進み、皇帝ダリアはほとんど咲く暇がない年でしたから、ビチセラ系の健闘を讃えたいと思います。左はジャックマニー。たった一輪の三番花です。まだ花弁の間に隙間ができきっていません。どこまで咲いていられるか、保証はなにもないけど、がんばれジャ [続きを読む]
  • 咲いた?フォンド・メモリーズとメイヤー・イサオ
  • 咲きそうで咲かなかったフロリダ系クレマチス。左がフォンド・メモリーズ、右がメイヤー・イサオです。咲いたというのはやぶさかですが、「もはや“つぼみ”とは言えないだろう。・・・・したがってこれは“花”?」はなはだと消極的懐疑的開花宣言でした。しかしこの状況で、さらにつぼみを上げて来るメイヤー・イサオ。今朝も霜が強かった。それでもしっかり、空を指すつぼみです。 [続きを読む]
  • 一週間
  • 今日は枯れたルコウソウの片づけをしました。左の写真はコキアとルコウソウが緑のジャングルを作りかけたところです。実際にはこの何倍もの面積をルコウソウが覆い、廃墟の庭のようになっていました。せめて寒くなる前に黒くなったつるを片付けるべく奮闘したのですが、つるを引っ張るたびに、恐ろしいほど落ちて来るルコウソウのタネ・たね・種。来年、コキアとルコウソウがどんなに生えて来るかと思うと恐ろしい・・・・。さて、 [続きを読む]
  • まだまだ
  • まだ咲かないフォンド・メモリーズ。待つことは最上の前菜というけどけど、前菜でお腹いっぱいになってしまいそうな勢いです。しかし今日のこの寒さ。きっと緑の花が咲きますね。 [続きを読む]
  • まあだだよ
  • なかなか咲かないフォンド・メモリーズ。まだ咲かない。もうすぐ咲きそうと思ってから早5日。つぼみに割れ目は入るけど、開かないのがもどかしいです。今日も寒かったけど、明日はもっと寒くなり、今週中には最低気温が氷点下になる日もあるという予報。フォンド・メモリーズのつぼみとエミリア・プラターの花は、根本は屋外だけどつるは軒下に誘引しているので、霜害の心配はありません。でもメイヤー・イサオとジャクマニー・ア [続きを読む]
  • 牛歩のフォンド・メモリーズ
  • なかなか咲かないフォンド・メモリーズ。一番大きいつぼみ(円内)でこのペースだと、霜が来る前に何輪咲くことか。でもこの場所、軒下だから年を越しても大丈夫かも??右は、だいぶくたびれて来たので、写真を撮るのはこれが最後になるだろうマダム・ジュリア・コレボンです。マダム・ジュリア・コレボン3番花は結局3輪しか咲かなかったので、三番花に関してはエミリア・プラターの方が華やかでした。 [続きを読む]
  • アーマンディー・アップルブロッサムの再剪定と発見
  • 禁断の大剪定をしたアーマンディー。左のように枯れたつると生きているつるがはっきりしたので、枯れた分を切る剪定をしました。剪定後です。(トレリス取り換えは後回し)。葉が枯れ残った太いつるは1本だけ。ですが根元から1メートルくらいのところで3本に分かれているから、アーチのてっぺんを超えたつるは3本。今年のアーチはバーコードヘアの風情です。葉が枯れ残った古いつるは1本だけでしたが、古いつるから細い新しいつる [続きを読む]
  • これから咲くクレマチス
  • 今日は秋のざっと剪定をしました。 枯れ枝がいっぱいだと庭が殺伐としますから。枯れ枝を取り去ってはじめて、見つけられたつぼみが二つ。左がジャックマニー・アルバ、右がメイヤー・イサオです。以前から楽しみにしていたフォンド・メモリーズ。一番大きいつぼみが割れかけています。つぼみばかりではさびしいので、最後にエミリア・プラターの花をどうぞ。 [続きを読む]
  • 踊場の三番花が咲いていました
  • 踊場の三番花が咲いていました。夫によれば一週間も前から。この一週間、激務でした。台風が来るか逸れるか、来るなら土曜日にか日曜日にか月曜日にか。どの場合にも対応できるように、3通りの準備が必要でした。いつの間にか咲いていた踊場。ここで頑張っていたんだね。なんかもう戦友のような気持ち。 [続きを読む]
  • ××が死んだ
  • 「ただいま」と帰宅したら、息子はいきなり「母ちゃん。××が死んだ」と言いました。××君は息子の高校時代の部活動の仲間。3年間濃密な練習と試合に明けくれ、卒業後もたまに、球を打ちあうためだけに会っていた友だち。「××君が? なんで?」「交通事故だったみたいだ」「本当に、本当に死んじゃったの?」「うん。葬式も済んでるって、××と同じ中学の先輩が教えてくれた」ああ、きっと、多くの人に知らせることができな [続きを読む]
  • アラマー・アーマンディー
  • 禁断の大剪定をしたアーマンディーが、枯れそうで、枯れません。かろうじて、生きています。来年の花は望むべくもない、生命が潰えてはいないというだけの、まさに命からがらの、あらまー生きてたの状態。ラティスをつかみ壊すほどの力があったアーマンディーをこんなことにしてしまい、後悔先に立たずです。もし、このアーマンディー・アップルブロッサムが生き長らえてくれるなら、今度こそ3年目から、全体の5分の1をカットしま [続きを読む]
  • 丸まるサーロモン
  • サーロモンの二番花が、クチャクチャっと咲いています。この、花弁のフリフリが持ち味なのでしょうが、もうちょっと花びらに伸び伸びしてほしいなあ・・・・。こちらはコスモス。こぼれ種から勝手に生えて、伸び伸び咲いています。 [続きを読む]
  • フルディーンとカイウ
  • フルディーンが1本だけ咲いています。二番花のつるは3本で、他の2本はもう剪定済みです。あっさり咲くのもまた、秋の風情です。ポツリポツリとカイウが咲いています。というか、ポツーーーリ、ポツーーーーーーーリと。花数が少ない割につるが長く伸びて、忘れた頃、忘れた頃に咲いています。つるが長く伸びるなら、フルディーンの方に伸びて咲けばいいのに、反対の方向に伸びて行ってます。 [続きを読む]