ミュニバス さん プロフィール

  •  
ミュニバスさん: Muni Bus's Diary
ハンドル名ミュニバス さん
ブログタイトルMuni Bus's Diary
ブログURLhttp://munibus.hatenablog.com/
サイト紹介文パソコンやパソコンソフトの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 289日(平均0.8回/週) - 参加 2008/07/06 21:33

ミュニバス さんのブログ記事

  • 【Windows PowerShell】Linuxのgrepに相当するコマンドレット
  • Windows PowerShellでLinuxのgrepに相当する操作をするには、Select-Stringコマンドレットを使う。PS > Get-Content C:Windowswin.ini | Select-String fonts[fonts]この例では、ファイルC:Windowswin.iniからfontsを含む行を抽出している。前後に空白行が表示されるのは仕様。単純に検索するだけならばよいが、grepコマンドとはだいぶ動作が異なるため、使い込む際は注意すること。なお、このコマンドレットは初期状態ではエイ [続きを読む]
  • 【ImageMagick】convertコマンドが使えない。見つからない。
  • ImageMagickには、コマンドラインやバッチファイルなどで画像ファイルのリサイズ等を行うことができるconvertプログラムが含まれている。2017年4月時点の最新版のImageMagickでは、このconvertプログラムは初期状態ではインストールされなくなった。そのため、何も考えずにインストールを行うと、使うことができない。使うためには、インストール時に指定をする必要がある。インストーラー(*.exe)を実行し、手順を進めると、以下 [続きを読む]
  • 【Internet Explorer 11】アドレスバーとタブを同じ行に表示する
  • Windows Updateをすると、アドレスバーの下にタブが表示されるようになることがある。この場合、特に使用に問題ないが、ウィンドウの上部で2行(アドレスバーとタブ)を使用することになるため、表示領域が狭くなる。これをWindows 7使用時のようにアドレスバーとタブを同じ行に表示する方法。Internet Explorer 11のウィンドウの最上部のところでマウスの右ボタンを 。現れたメニューに、「別の行にタブを表示」があるはず [続きを読む]
  • 【dvipdfmx】epsファイルを含むdviファイルを変換すると失敗する
  • dvipdfmxコマンドで、epsファイルを含むdviファイルを変換しようとすると、以下のようなメッセージが表示されて変換できないことがある。PS > dvipdfmx ○○○○ -> ○○.pdf[1][2dvipdfmx:warning: Filtering file via command -->rungs (省略) dvipdfmx:warning: Image format conversion for "××.eps" failed...dvipdfmx:warning: pdf: image inclusion failed for "××.eps".この原因の一つは、Ghostscriptのパスの設定。 [続きを読む]
  • 【Windows 7】共有の元のフォルダーを探す
  • エクスプローラーのネットワークで、他のコンピューターの共有を見ることができる。そのコンピューターで、その共有をしているフォルダーの場所を知る方法。共有を書けているコンピューターの、コントロールパネルを開く。「管理ツール」→「コンピューターの管理」コンピュータの管理ウィンドウが開かれるはず。その左側のメニューから、「コンピューターの管理(ローカル)」→「システムツール」→「共有フォルダー」→「共有」 [続きを読む]
  • 【Vim】Windows 10のPowerShellで使用すると動作がおかしい
  • Windows 10のPowerShellでVimを使用すると動作がおかしい時がある。例えば、コマンドラインで「vim」と打ち、Vimを起動すると、通常であれば画面中央に「VIM - Vi Improved」と表示されてバージョン番号等が表示されるが、それが表示されない。例えば起動直後に「j」を10回ほど入力すると、表示モードのためカーソルが下に移動しようとする(が、起動直後のためファイルの内容が無いために移動できないでカーソルが点滅するのみ) [続きを読む]
  • 【TeX】¥(円記号)を出力する
  • textcompパッケージを使用してtextyenコマンドを使用すればよい。プリアンブルに以下の2行を追加する。usepackage[T1]{fontenc}usepackage{textcomp}例えば、以下の1行を作成したい場合を考えるfileserverdata1以下のようにする。textyentextyen fileservertextyen data1 [続きを読む]
  • 2つのファイルが同一か否かチェックする
  • フリーウェアのWinMergeを使えばよい。テキストファイルであれば、同一のファイルであれば「選択されたファイルは同一です。」とメッセージが表示される。なお、同一でなければ違う箇所を色分けして示してくれる。異なる改行コードのテキストファイルの比較も可能である。バイナリファイルの場合もテキストファイルと同様。ただし、ファイルが同一ではない場合、初期状態ではテキストファイルと同じ処理で違う箇所を色分けして示そ [続きを読む]