ドナルド さん プロフィール

  •  
ドナルドさん: 大空と大地の中で
ハンドル名ドナルド さん
ブログタイトル大空と大地の中で
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/churasandesu
サイト紹介文一眼レフ片手にお散歩、旅行、アウトドアでの画像を元に記録として掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/07/10 13:31

ドナルド さんのブログ記事

  • 北アル・十石山
  • 2018年9月11日(火)-13日(木)白骨温泉から十石山へ前日、明るい内から白骨温泉郷の少々下にある、公共の無料駐車場にテントを設営して、持ち寄った、アルコール類を並べ前夜祭。テントの外でクサヤを焼いて、クサヤをつまみに取り敢えずビールでお疲れ様。そしてモツ焼いて、野菜焼いて・・・・。山友さんが持参してくれた「夜明け前」の日本酒を飲みながら、楽しく賑やかな前夜祭は更けていった。(「夜明け前」は、あっさりして [続きを読む]
  • 戸倉三山 臼杵山
  • 2018年8月26日(日)10月に入り、身近に秋を感じる今日この頃。10月初の三連休も大型の台風25号が、日本海を北上するらしい。また、大きな被害がないことを願うのみです。三連休の日曜日は、東京でも南風が入り、気温が30度以上になる見込み。えぇ〜、また暑くなるの? 暑くなる予報ならば、ドサクサに紛れて、暑かった8月のブログアップしちゃおう。8月の暑い暑い一日。瀬音ノ湯近くにある荷田子の登山口から、スギの植林帯の急 [続きを読む]
  • 農業塾5回目
  • 前のブログとかなり前後しますが、8月の農業塾のブログをアップ。2018年8月18日(土)-19日(日)農業塾5回目毎月恒例になった、群馬県のこの場所へやって来ました。緑深く山々がとても綺麗です。今月も畑は草がボウボウ、最初の作業は手分けして草取りから。皆で作業すれば、あっという間にさっぱり。その間S様は、機械でジャガイモ掘り。 大判小判がザクザクならばいいんだけど、大中小のジャガイモが、ゴロゴロと掘り返されま [続きを読む]
  • 最強!越後・十字峡〜中ノ岳〜丹後山周回 ♯2
  • 2018年9月24日(月)山屋の朝は早い。暗い内からヘッデンの明かりで、ガサガサ ゴソゴソとあちらこちらで聞こえてくる。お昼過ぎから雨予報だが、朝は快晴でホットする。越後駒ケ岳も、八海山も綺麗だ。朝 目覚めると、昨夜遅くに八海山から縦走して来た若者2人が寝て居た。いつ小屋に入って来たのか、まったく分からなかったが、今日は、越後駒ケ岳へ縦走して帰るらしい。避難小屋にも誰も居なくなり静かになりました。そろそろ、 [続きを読む]
  • 最強!越後・十字峡〜中ノ岳〜丹後山周回 ♯1
  • 2018年9月23日(日)ー24日(月)越後三山の一つ、中ノ岳へ。越後三山とは、百名山で有名な、「越後駒ケ岳」と二百名山である「中ノ岳」「荒沢岳」。今回は、越後三山の最高峰である中ノ岳へ。どうせなら十字峡から中ノ岳〜丹後山〜十字峡と周回しましょう。十字峡登山センター近くの駐車場に車を停め、7:45 十字峡登山口からスタート。しょっぱなから狭い急な階段。重たいザックに、まだ体が慣れてない為なのか、後ろにそっくり返 [続きを読む]
  • 北アル  クラッシクルート〜徳本峠〜霞沢岳〜上高地 ♯2
  • 2018年7月26日(木)おはようございます♪まったく、暑さを感じさせない徳本峠の夜明け。酷暑を忘れ、とても気持ち良い朝です。豪華な朝食とお昼用のサンドウィッチの完成。昨夜、たらふく食べて飲んで、お腹パンパンだったのに、朝になればまた豪快な食欲です。朝からたらふく食べて、霞沢岳へ。徳本峠から少し登った場所からは、穂高の山々。最高のロケーション。山の天気は気まぐれなので、写真を撮れる内にカメラに収めておきま [続きを読む]
  • 北アル  クラッシクルート〜徳本峠〜霞沢岳〜上高地 ♯1
  • 2018年7月25日(水)-26日(木)9月中旬に入ってしまいましたが、私のブログは7月のお話しです   7月は、以前から気になっていた、「徳本(とくごう)峠越え」のクラシックルートを歩いて来ました。北アル  クラッシクルート〜徳本峠〜霞沢岳〜上高地。このクラッシクルートは、釜トンネルが完成する以前まで、上高地へと入るには、島々から島々谷川、島々谷南沢沿いを進んで徳本峠を越えて明神から上高地に抜けるルー [続きを読む]
  • あぁ〜あの台風。
  • 今年の夏(8月)は憧れの道、2回の北アルプス縦走予定が入っていたけれど、全てと言うのか、ことごとく、と言うのか?台風の影響と西日本豪雨の影響で縦走計画は中止となった。この2つの場所の縦走は、私の中での今年の夏の一大イベントだったのにとても残念な結果になった。西日本豪雨の時は長野の一部の場所でも、雨が多く橋が流されたり電柱が倒れたりと、大変な状況だったらしいです。山は逃げないと良く言われるとおり、 [続きを読む]
  • 尾瀬・笠ヶ岳
  • 2018年7月22日(日)早朝、鳩待峠に到着。鳩待峠は、大きなザックを担いだ登山客やハイカーで賑わっていた。いやぁ〜、恐るべし尾瀬。下山したら、花豆ソフトクリームを食べるぞぉ〜。登る前から餌を釣り下げて、気合いだ!至仏山方面へと、登山道を歩く。木道に出るまで、なだらかな登山道は続きます。霧の中に木道が現れ、まぁ幻想的だわ。ところ処にワタスゲが咲いていました。あら、こんな霧では山頂からの眺めは期待でき [続きを読む]
  • 農業塾第4回 2日目
  • 2018年7月15日(日)農業塾2日目本日の座学は、お休み。青空の下、群馬県名産の蒟蒻農家と蒟蒻加工場の視察と、ブルーベリー摘み。青空の下というよりも、炎天下の中と言った方がぴったりな暑さ。気温36度。蒟蒻農家さんが作っている、2ヘクタールの田園風景が心和みます。食味コンクール11年連続、第一になった武尊山の雪解け水で作った、こしひかり「雪ほたか」の田んぼ。こちらは、6ヘクタールの蒟蒻畑。全国の生産量の約3割 [続きを読む]
  • 農業塾第4回 1日目
  • 2018年7月14日(土)ー15日(日)毎月、楽しみにしている農業塾。今月も、この村にやって来た。三連休とあって、早い時間から一般道・高速道は渋滞。渋滞がなければ、関越道に乗ってしまえば2時間で村に着くのだが、いつもより+2時間オーバーで村に到着。畑の気温は、36度。自然豊かな場所でも、日中の気温は高く東京と変わらない。畑は、背丈程になったトウモロコシ、後 2週間位で収穫可能。こちらは収穫後、自宅に郵送してくれる [続きを読む]
  • 下野街道宿場 大内宿
  • 2018年7月12日(水)田代湿原の帰り寄った大内宿。熊と遭遇しなければ、寄ることはなかった場所。思わぬ展開だ。宿で作ってもらったお弁当がありながら、大内宿名物の葱そばが食べたくて、大内宿に入って4軒目にある三澤屋さんで、まずは腹ごしらえをする。大内宿名物の葱そば。葱1本のってるだけ。私は、生の葱が苦手なので、冷たいけんちん蕎麦を注文。けんちん蕎麦は、具も沢山入っていて正解だったかも。お蕎麦屋さんを出たら [続きを読む]
  • 悲劇の遭遇・・・。 尾瀬・田代湿原&田代山〜帝釈山? 
  • 2018年7月12日(水)湯ノ花温泉 民宿 ふじやさんから車で40分程で、猿倉登山口。林道は、舗装道と砂利道の繰り返し。沢を渡って、登山道。朝一で登っていたのは、宿で一緒だった8人組の団体さんと我々、後、やはり湯ノ花温泉に前泊していたと云う男性1名。抜きつ抜かれつを繰り返し途中から、山野草を撮りながらガンガンと登る。曇天なのだが、湿度は高く無風の為か蒸し暑い。木道に入ると、ワタスゲが広がり、ニッコウキスゲ [続きを読む]
  •  尾瀬・田代湿原&田代山〜帝釈山 前泊
  • 2018年7月11日(水)田代湿原登山口近くにある、南会津・湯ノ花温泉民宿 ふじやさんに前泊して田代湿原〜田代山〜帝釈山の予定。チェックインと同時に、4ヶ所の湯巡りチケットをもらい、部屋で缶ビール1杯飲んで、民宿の隣にある弘法の湯で汗を流す。その後、夕食時間まで部屋でまったりと缶チュウハイ。 18:00から夕食。宿泊者は、我々3人組と会津駒ヶ岳に登って来たと云う、8人組の団体さんのみ。この日、民宿の入口には沢山 [続きを読む]
  • 櫛形山&源氏山
  • 2018年7月8日(日)アヤメで有名な山、そして山梨百名山であり、花の百名山でもある櫛形山へ。今年は、櫛形山のアヤメを観に行くぞぉ〜。登山口に入って直ぐに、キバナノヤマオダマキが綺麗に咲いていた。霧がたち幻想的な雰囲気だった登山道。櫛形山までは、まるでハイキンコースのような緩やかな道が続きあっと言う間に、櫛形山山頂富士山もどうにか拝めた。不思議な雰囲気が漂う森。何百年の年月が経過しているのだろうか、面 [続きを読む]
  • ボッチ登山 九鬼山〜馬立山〜御前山
  • 2018年7月1日(日)関東甲信地方は、6/29に初めて6月の梅雨明けを発表した。ムシムシとした真夏の暑さが、いつまで続くのだろうかと心配になる。早い梅雨明けと同時に、人気の山は何処も混雑するであろう。帰りの渋滞を考えると電車での移動がいいな。数年前に滝子山の寂ショウ尾根で熊と遭遇して以来、トラウマになり、ボッチ登山は出来なくなっていた。どうしてもボッチ登山を克服したいと思い、山でも使用できるSONYのラジ [続きを読む]
  • 北海道 大雪山系
  • 2018年6月22日(金)ー25日(月)成田空港から格安のバニラエアに乗って、今年も、北海道にやって来た!(画像曲がってますが)旅行中の天気は、今年は大丈夫なんて変な自信があったのだけど・・・ネ。実際は、微妙な雲行き。一泊目は、ログハウスで北海道の食材でおもてなしをして頂きました。ジンギスカンを焼いて、別のコッヘルで、ジャガイモ・トマト・アスパラのスライスを鍋に入れ、その上に四ツ葉のとろけるチーズをのせた [続きを読む]
  • 収穫だ! 農業塾 第3回目
  • 6月の農業塾の風景。2018年6月9日(土)ー10日(日)農業塾 第3回目今月もこの里山へやって来た。土に触れ美味しい空気を吸い、活力と鋭気を養いリフレッシュすぞぉ〜。しかし1ヶ月経つの早いな。農業塾で知り合った友と、村の中にある道の駅で待ち合わせ。お昼にピザ食べて宿へ。パイ生地か薄く私 好み、メッチャ美味しかった。畑に行くと、4月・5月に作付けした苗が青々と茂り、畑も賑やかになり、収穫の楽しみが増します。トウ [続きを読む]
  • 「燃える男の赤いトラクター」 農業塾 第2回目
  • 2018年5月12日(土)ー13日(日)里山で農業塾 第2回目畑へ4月に蒔いた種が元気に成長している。にんじんは芽が出るまで時間がかかるって聞いていたけど、1ヶ月でこんなに成長するんだね。ネギとレタスも元気に成長してるし、大根もスクスクと育っている。元気のいい苗だけ残して、間引きをする。間引いた小さな苗は、農家の方がさっと湯がいてお浸しにしてくれ、夕食の一品となった。さて、第2回目の農業塾は、ジャガイモの植え [続きを読む]
  • 昇仙峡 羅漢寺山
  • 2018年6月3日(日)不気味な程、ガラガラな中央高速道。走っている時間帯は朝の5時半頃、天気の良い週末は朝の5時半でも車の台数は多いのにとても不思議。富士山もいい感じに雪解けがすすんでいる様子。しかしガラガラの中央高速道を走るって、気持ちがいいものです。御岳昇仙峡の入り口には、結構大きな市営無料駐車場がありそこに駐車する。いやいや、この駐車場もガラガラで静寂。鹿避けの柵を開け、登山道へ。まぁ〜、倒木が多 [続きを読む]
  • 東京優駿(G1) 第85回 日本ダービー
  • 2018年5月27日(日) 東京競馬場開催 東京優駿(G1) 第85回 日本ダービー自宅からママチャリ乗って、同い年の従兄弟と東京競馬場へ。相変わらず自転車こぐの速い従兄弟、「いつもよりゆっくり走ってるけど、この位の走りで大丈夫?」って、従兄弟。一言、「速すぎる!」って、私。一旦は、ペースダウンしてくれるけど徐々に元のペースに、後から必死こいて着いてゆく私は汗だく状態。途中でビール買って東京競馬場に [続きを読む]
  • 春の恵み 山菜 新穂高
  • 2018年5月8日(火)ー10日(木)春の恵みを求めて、新穂高で山菜採り。春と云えば新緑に山菜。ここは、山菜の宝庫とも言える場所。山友さんの知り合いのコテージを借りて、山菜採り&BBQ。持ち寄ったアルコール類は、日本酒の1升瓶が数本、ワイン数本、焼酎、ビールがテーブルの上に並ぶ、酒豪揃いの面々は、日本山岳会の山男・山女だ。皆、どんだけ飲むんだ! そして、こちらはBBQ ジンギスカン。殆ど、食べ終わった後の写真 [続きを読む]
  • GW前半 金峰山へ
  • 2018年4月30日(月)ー5月1日(火)今更ブログ・・・今年のGW前半は、金峰山へ。前夜は、清里にリゾートマンションを所有する山友さん宅で、途中のスーパーで食材を調達して前夜祭。翌、早朝。瑞牆山荘と廻目平に車を各1台デポして、瑞牆山荘〜金峰山〜金峰山小屋泊〜廻目平。以前登った時は、瑞牆山荘〜金峰山をピストンしただけで、金峰山〜金峰山小屋泊〜廻目平は未踏だったので、今回、再び金峰山へ登る事にした。瑞牆山 [続きを読む]
  • 里山で農業塾 第1回目/2日目
  • 2018年4月15日(日)農業塾2日目朝から生憎の雨模様。朝食後、フロント集合。左の方は、農業塾塾長(元農業大学教授)、 右の方は農業塾担当スタッフ。畑仕事はお休みして、マイクロバスにて村内見学&村の歴史等々。のんびりとした里山の風景。若干、桜もまだ残り下から歩いてくれば、この階段を登って来なければなりませんが、車でラクチン。村の高台から地元のホームセンターに寄り、これから必要な物として、こんな物があれば便 [続きを読む]
  • 里山で農業塾 第1回目/1日目
  • 2018年4月14日(土)-15日(日)ある里山で農業塾 農業技術教室「野菜づくり入門コース」の、第1回目受講。ここ数年、春から夏にかけて我が家の庭先で、家庭菜園を楽しんでいる。猫の額のような小さな庭は、年を追うごとに花咲く庭から、家庭菜園使用モードの庭へと変化し、植える種類も年々増えていき、簡単な物は苗ではなく種から蒔いたりもして芽が出てくる喜び、育つ楽しみ・実がなる楽しみを、朝 じっと眺め楽しんでいる [続きを読む]