さとうゆうじ さん プロフィール

  •  
さとうゆうじさん: さとうゆうじの地球は丸かった
ハンドル名さとうゆうじ さん
ブログタイトルさとうゆうじの地球は丸かった
ブログURLhttps://ameblo.jp/satoyuji/
サイト紹介文シンガーソングライター、さとうゆうじのブログです。
自由文さとうゆうじのホームページはこちら→
http://sound.jp/satoyuji/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/07/11 15:08

さとうゆうじ さんのブログ記事

  • マレーシア、マラッカのトライショーとか色々。
  • マレーシアのマラッカを歩きまわり、そろそろ次の街へ向かいます。 最後に、オランダ広場の辺りに沢山客待ちをしていらっしゃる、 マラッカ名物、トライショーについて少しご紹介します。オランダ広場に行くと、と言うより、その周辺の観光ポイント密集エリアに近づくと、トライショーと呼ばれる自転車タクシーの方々を多く見るようになります。基本的な機能はつまるところ、自転車タクシーなわけで、東南アジアやインドの各街に [続きを読む]
  • マラッカのセントジョンの砦
  • 炎天下のマラッカを1km以上歩き、到着したセントジョンの砦。 汗をかいた分、そこから見える風景は美しさを増すことになります。ビールの場合と同じです。これがセントジョンの砦からみたマラッカの街並み。吹き上げられて来る風が良い気持ちです。 この砦は、ポルトガルが16世紀に作り、18世紀にオランダの手に渡り、その後、イギリスが落としたらしい。大航海時代辺りからのお話しです。 砦の風景を見た後は、また歩いてマ [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカのセントジョンの砦に向かう途中、曹操に出会う。
  • マレーシア、マラッカにあるポーサンテン寺院から、 セントジョンの砦に向かって歩いて行くことにする。暑過ぎるマラッカの日差しの下、セントジョンの砦へと向かうその道中、何やらフードコート的なお店があったので入ってみる。 で、なぜかそこには三国志の英雄、曹操の詩、短歌行。真っ昼間の炎天下をトボトボと歩く私に向かって「何以解憂 惟有杜康」とおっしゃっている。が、まだまだ砦は遠く、ここで飲むわけにはいかない [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカのチャイナタウン周辺のお寺。
  • マレーシアのマラッカにあるチャイナタウンの、 ジョンカーストリート(Jl. Hang Jebat ハンジュバッ通り)の隣、 1本北側の道に Jl. Tukang Emas 通りがあり、 その道沿いに沢山の宗教的な建物があります。上の写真は青雲亭、仏教寺院です。チャイナタウンらしいお寺です。 これもチャイナタウンっぽいお寺。香林寺だったか。青雲亭も香林寺も門前に出ている屋台のお店やそこにいる方々に趣があって良いです。 仏教だけではな [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカのチャイナタウンの雰囲気。
  • マレーシア、マラッカのスタダイスからマラッカ川に架かる橋を渡って、 そのまま直進するとジョーカーストリートという通りにたどり着き、 そこがマラッカのチャイナタウンと呼ばれる地帯です。ここがジョーカーストリートだよ、的な表示。道の両側にはお土産屋さんやカフェやお寺などなど。 チャイナタウンは概ねこんな感じの風景です。 マラッカのチャイナタウンの中にあるセブンイレブン。趣のある建物の中に入っています。 マ [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの名物、鳥とゴルフボール型ライスを食する。
  • マラッカ観光のど真ん中、スタダイス付近の観光をした後は、 近くを流れるマラッカ川にかかる橋を渡り、鶏飯を食べに行きます。 橋を渡ったらすぐそこに中華茶室(海南鶏飯)というお店があります。 お店の上にある看板にアルファベット表記で、 Kedai Kopi Chung Wahと看板に書いてありますが、 これが店の名前なのか、何なのかよく分かりません。で、そのお店に行くとお店の前に行列ができていました。当然、ここまで来たので並 [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの観光、その5。
  • 今回のブログも前回のブログの続きです。 スタダイスの周りを観光した私ですが、 ここまでで、紹介しきれていない建物が沢山あるので、 ちょっとサンチャゴ砦からスタダイスの辺りで、 取りこぼしている建物をご紹介します。サンチャゴ砦の小高い丘ではない側にはこんな感じでアトラクション的なものがありました。 これもサンチャゴ砦の近くの建物。独立宣言記念館(Proclamation of Independence Memorial)だったような気がし [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの観光、その4。
  • 今回のブログも前回のブログの続きです。 マラッカ観光の中心部、スタダイスに到着した私。 早速スタダイス周辺をウロウロします。まずは、スタダイス前の広場にある時計台。広場の真ん中にお花があったり。このあたりは、僕も含めて、観光客が沢山ウロウロしています。スタダイス、と言うのは、オランダの総督が住むために作られた建物で、写真の右のほうにあります。 スタダイス前のオランダ広場にはトライショーという観光客を [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの観光、その3。
  • 今回のブログも、前回のブログからの続きです。 セントポール教会がある小高い丘から階段を下り、 マラッカ川沿いを歩いていると、何やら砲台を発見。赤いレンガの城壁。この建物、英語表記で「The Defence of Malacca」と書いてありました。オランダ広場の近くの橋のたもとの観光案内所の隣、川沿いにあります。 海に向かって大砲が向けられていたはず、なのでしょうが、現在では、辺りはすっかり埋め立てられてしまっています [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの観光、その2。
  • 今回のブログは、前回の続き、マレーシア、マラッカのサンチャゴ砦の横、 小高い丘を登りきったところから始まります。小高い丘を登ると、セントポール教会跡があります。教会の前の白い像は、日本でも有名なフランシスコザビエル像です。 教会の中に入るとこんな感じ。日差しの様子で屋根がないのが分かりますね。ここにフランシスコザビエルの遺体が一時的に保管されていたようです。 こんな感じの石のレリーフが沢山展示してあ [続きを読む]
  • マレーシア、マラッカの観光、その1。
  • タマン・ムラカ・ラヤ地区の安宿に荷物を降ろした私。 さっそくマラッカ観光へ出かけます。 マレーシアのマラッカという街は、世界遺産にも指定されていて、 つまり、観光客が世界各国からワンサカ来るような街です。 2、3日、バトゥパハをフラフラしてからマラッカに来ると、 おぉ、観光スポットの迫力が違うっ!という気分になります。 (バトゥパハは金子光晴が好きな方で、2、3日、のんびりマレーを感じて過ごしたい、と [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハからマラッカに到着、そして宿探し。
  • 前回のブログで、マレーシア、バトゥパハからマラッカへバスで向かった私。 バトゥパハを10時15分発のバスで、 途中、ムアル(Muar)という街に立ち寄り、 12時30分頃にマラッカに到着。 約2時間15分のバスの旅です。(料金などは前回のブログで紹介しています)上の写真が、マラッカのセントラルバスステーション(MELAKA SENTRAL)。マラッカの市街地から少し離れています。 上の写真は、バスステーションの建物の [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハからバスでマラッカへ向かう。
  • まったりとバトゥパハの街を満喫し、次なる街はマラッカ。 バトゥパハからマラッカへはバスを利用します。 何故なら、バトゥパハの近くには鉄道がないからです。上の写真がバトゥパハのバスステーション。街の中心部にあってとても便利です。で、写真の向かって右のビルの1階部分に各社のチケット売り場がありました。 いろんなバス会社の色んな窓口があるので、ウロウロ歩いて行き先と時間と値段を確認します。 マラッカ行きの [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハ河と食事と金子光晴。
  • マレーシアのバトゥパハという街にも美味しいお店は沢山あります。 もちろん、2、3日の滞在では行ける軒数は知れていますが、 そんな時にお得な気分になれるのは、シンガポールでいうところの、 ホーカーズ。マレーシアでは何と言うのでしょうか。 とにかく、屋台が一ヶ所に集まっているフードコートのような所です。そろそろ日も落ち始め、空腹を抱えてウロウロしている時に出会った、マレーシア、バトゥパハの街のフードコー [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハにある天后宮にスポットを当てる。
  • 前回のブログでご紹介した、 マレーシアのバトゥパハという街にあるいくつかの観光名所の中に、 天后宮という中国式の寺院がありましたが、 この寺院を写真一枚でスルーするのは勿体無い、 ということで、今回は、天后宮にスポットを当ててみます。 金子光晴さんの小説の中にもバトゥパハにある天后宮が出てきます。 それがここで紹介しているものと同一のものなのかは不明ですが、 同一のものだ、と勝手に思い込めば感慨深く観 [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハの旧日本人クラブ以外の観光スポット
  • 金子光晴への熱い想いでバトゥパハに行った私にとって、 最大の観光スポットは旧日本人クラブですが、 金子光晴とは無関係にバトゥパハに行った方のために、 旧日本人クラブ以外の観光スポットをご紹介します。上の写真は中華商会の建物。趣のある建物ですね。旧日本人クラブの建物から徒歩10分くらいの距離にあります。 上の写真は天后宮。このブログでご紹介したシルバーイン(Silver Inn)の道を挟んですぐ隣にあります。 [続きを読む]
  • マレーシア、バトゥパハの旧日本人クラブとその周り。
  • 私がマレーシアのバトゥパハという街に行った理由は、 とても単純で、金子光晴さんの本を読んだからです。 上の写真が旧日本人クラブの建物。しっかりと古めかしい、趣のある建物です。で、その金子光晴さんがバトゥパハに来た時に宿泊していたのが、この旧日本人クラブという建物の3階です。見上げて、しばし、その当時に想いを馳せる。長渕剛さんやチューリップさんなどのファンが、福岡県の天神にあるライブスポット照和に行 [続きを読む]
  • マレーシア、ジョホールバルからバトゥパハへ移動する。
  • そしてマレーシア、ジョホールバルからバトゥパハへ移動します。 まずはJBセントラル駅からタクシーに乗り、 ラーキンバスステーション(Larkin Bus Station)へ向かいます。 バスステーションまでタクシーで5、6kmくらい、で8リンギット。上の写真が到着したラーキンバスステーション。さっそく、建物の1階にあるチケット売り場へ向かいます。 チケット売り場は上の写真の様な感じ。マレーシアのバスステーションはだいたい [続きを読む]
  • マレーシア、ジョホールバルで見た諸々。
  • マレーシア、ジョホールバルを観光していて出会った諸々をご紹介して、 ジョホールバルから次の街へとお話しを移そう、と思って、 今回のブログ更新です。シンガポールからマレーシアのジョホールバルに入り、当然、使用する通貨がシンガポールドルからマレーシアリンギットに替わります。上の写真はマレーシアの紙幣。10〜100RM札の裏。表に印刷されているのは、すべて初代首相のアブドルラーマンさん。紙幣に何が印刷され [続きを読む]
  • マレーシア、ジョホールバルで観光をする。
  • マレーシア、ジョホールバルで観光をしようとすると、 街の真ん中、JBセントラル駅から1kmくらいの距離に、 イスタナガーデンという広い庭園のような敷地があり、 その敷地の中にジョホール動物園や、 イスタナブサールという王宮などがあり、まずはその辺りから。 で、まずは王宮、イスタナブサールへ、ということで行ってみましたが、 何やら理由はよく分からないが入れないらしい(2016年8月の情報です)。 遠くから眺 [続きを読む]
  • マレーシア、ジョホールバルの宿と食事
  • シンガポールからマレーシア、ジョホールバルに到着した私。 とりあえず、宿を探し始めます。で、決めたのが、 ジョホールバルセントラル駅から南に約300mくらい、 その名もホテルJB(ジョホールバルのことをJBと呼びます)。 地球の歩き方にも載っている有名な安宿です。ホテルJBの部屋の窓から見た外の様子。City Squareの斜め前にあるヒンドゥー寺院やGallaria Kota Raya、そして工事中の道などが見え [続きを読む]