Ninni さん プロフィール

  •  
Ninniさん: 北欧ガーデン
ハンドル名Ninni さん
ブログタイトル北欧ガーデン
ブログURLhttp://ninni.seesaa.net/
サイト紹介文北欧一般家庭の庭やガーデニングの楽しみ方、レシピなどをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/07/12 03:45

Ninni さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クモの糸のオーナメント
  • 朝起きると、初雪。 夫が「子供部屋の窓を見てごらん!」窓ガラスの向こうにクモの巣がかかっていて、その上に綿のような雪が降りかかり、浮き出た模様が美しい。 ちょうどこの窓には、子供が作ったオーナメント(レース編みの花瓶式をアレンジしたもの)がかけてあり、シンクロ。どっかり降るのではなく、ほんのり降り積もっていたので、幻想的な世界が外には広がっていました。残念ながら、今日は朝から雨。 溶ける雪とあいま [続きを読む]
  • Happy Halloween 2017
  • 10月31日はハロウィーンですね。 ゴテゴテした飾りじゃないんだけど、ただオレンジ色の大きいカボチャや色とりどりの小さなカボチャが積み重なっているだけなんだけど、ハロウィンらしい雰囲気が出ているお花屋さん。 北欧のお花屋さんのデコレーションって、本当にさりげなくセンスがあり、いつも見とれてしまいます。この日は、10月最後の土曜日に行わる、Ninniの住む町での大規模な秋のマーケットに行きました。 大きな通り [続きを読む]
  • 羊毛フェルトで作るどんぐり
  • もう日本でもドングリが落ちている季節でしょうか? ドングリの実ではなく帽子の方を拾って、羊毛フェルトを使って作る工作です。 小さくて可愛らしいのでペンダントヘッドにしてもいいですね。作り方は簡単で、好きな色の羊毛フェルトを適量手に取り、楕円形に丸める。 丸め方は、羊毛フェルト用の針を使うか、ない場合は食器洗い用の洗剤を使います。 スプレーボトルにお湯と洗剤を混ぜて入れ、それをフェルトにスプレーしな [続きを読む]
  • 引っ越しから1年
  • ん〜、朝起きるのが難しい・・・ 日の出時間が7時になり(これからどんどん、毎日2分ずつ、遅くなる)、部屋の中も外も暗いので、朝はぐっすり熟睡。 部屋の中が暗いのは、厚手の深緑のカーテンを閉めているからです。 ブラインドだけだったら、日が漏れて、それなりに明るくなるのですが。昨年は冬の間カーテンをつけていませんでした。 というのも、夏の終わりに引っ越してきて、そのままカーテンをつけずに冬を越し、日照時 [続きを読む]
  • 小さな花束のブローチ
  • 6月6日はスウェーデンのNational Day(国家の日)で、地元の新聞社主催のイベントに行ったら、大手チェーンの園芸ショップが、小さなブーケのブローチを作り、参加者に配っていました。小さなバラとカスミソウを、一心不乱にきゅきゅと束ねて、でも笑顔で対応しながら、作っていました。 とても可愛らしい。 こういうの、初めて。 みな胸元に飾ったり、髪に挿している人もいて、晴れやかに気分になりました。裏はこのようになっ [続きを読む]
  • 悪天候と好天のイースターでした(2017年)
  • 今年の復活祭は4月の半ば(4月16日の日曜、その前後の金曜と月曜も祝日)だったので、暖かな良い天候を期待していたらば・・・ 段々寒さが増し、気温は0度、連日豪雨に雹や霰まで降る始末。土曜にNinniのところに行ったのですが、御覧の通り、雪が降ってきました。恨めし気に窓から外を見るしかなすすべがない。翌イースターサンデーの卵狩りは、庭が濡れているので家の中で行いましたが、外は打って変わっての快晴! ポスクリリ [続きを読む]
  • 木の実でクリスマスオーナメント(失敗)
  • 自然観察センターで子供を対象としたクリスマスオーナメント作り行われているというので、先週の日曜に行ってみました。木の実、枝、葉などの自然の恵みの他、羊毛フェルト、リボン、布、ワイヤー、グルーガン等もも用意され、可愛い手作りオーナメントも飾られています。私も早速作りたーいと意気揚々としていたのですが、、うちの子は、南極(北極)をモチーフとした遊び場の方に行ってしまい、そこで遊んでばかり。(そのコーナ [続きを読む]
  • 秋のリースとデコレーション
  • 先日行った植物園の温室入口には、花や園芸に関する雑貨を販売するショップがあり、そこに横に展示されていたリースが可愛らしかった。万聖節にお墓に飾るリースやデコレーションだと思います。北欧らしいシンプルな飾り付けも、落ち着きます。 [続きを読む]
  • 秋の恵みで工作
  • 自然観察センターといったところに、子供用コーナーがあり、そこで塗り絵などができるようになっているのですが、10月の秋の日に訪れたら、落葉や木の実で工作ができるように準備されていました。係の人が針とテグスを貸してくださり、小さなクリやローズヒップ、赤い実などを通していきます。それを何本か作り、枝に吊るしてモビールにするのですが、(電車で来ていたので)持って帰るのが大変なので、私たちが作ったのは1本だ [続きを読む]
  • 秋の色
  • 8月はけっこう寒くて(12℃)雨降りが続き、このまま秋〜冬になっていくのだと思っていたら、9月に入り温度は上昇(25℃)毎日晴天が続き、すっかり夏日。 (9月でずいぶん日に焼けてしまった・・・) なかなか秋にならないなぁと不思議な気分でいましたが、10月になったらすっかり冷え込んで、9月はまだ青々としていた木々の葉が、あっという間に色づきました。毎日が雨が降りしきる今週、1日だけ良い秋日和に恵まれ [続きを読む]
  • Malmö Garden Show 2016 子供編
  • 先日訪れた Malmö Garden Show 2016 では、子供向けのイベントにも力を入れていました。 息子の第一目的は、こちら。 トラクター等(畑で)はたらく車の試し乗り。 大きな操縦席に座って、ご機嫌。外でおもちゃで遊べるコーナーがあったり、ニワトリと交流ができるコーナーがあったりは、幼稚園以下を対象としているよう。小学生を対象としたものは、木登りやロープウェイ等、森や自然の中で体を使って遊ぶ実技指導が揃ってい [続きを読む]
  • Malmö Garden Show 2016
  • 毎年5月に行われ好評だという、スウェーデンのマルメ市で開催されるガーデン・ショウ "Malmö Garden Show" 。 今まで気になっていたのですが、今年初めて行くことができました。 週末の3日間開催され、3日とも夏らしい快晴。 場所は、庭園も隣接された広大な公園の一部で、広場では園芸関連のマーケットが開かれていました。 しかし、子連れと猛暑のため、ゆっくり見ることはできず。 午前10時開園の時点で、かなり暑か [続きを読む]
  • 5月の花
  • 5月1日にNinniの庭で摘んだ花束です。このときは、4月末日の Vallborgsmässoafton (ヴァルプルギスの夜)から5月1日のメーデーにかけて、夫と子供が初めて二人だけで、Ninniのところにお泊まりに行きました。いつもは、私と子供だけ、あるいは3人一緒。 ちょっと心配だったけど、問題なく楽しく過ごしたようで、もう私抜きでパパと二人で大丈夫ですね。私も一人でのんびり。お土産の花束は、ご近所さんに。 夫は花粉症な [続きを読む]
  • 中世ブランドのお茶とカモミール虫ティー
  • 「コーヒーとお茶」の専門店で販売されているお茶をいただきました。ひとつは、スウェーデンのゴットランド島のメーカーのお茶で「中世ブレンド」。 このゴットランドという島は中世の面影が濃く残る観光地です。ブレンドの内容は、黒緑茶、野いちご、苺、オレンジ、ショウガ。苺の甘い香りに、オレンジとショウガの爽やかさが交ざり、緑茶なのでさっぱりした味わいです。何が「中世」なのか分かりませんが。もうひとつは、大きな [続きを読む]
  • イースター 2016
  • 今年のポスク(påsk 復活祭)は、3月27日と早めでした。 お天気を心配したけれど、イースターサンデーの日曜日は雨も降らず、それほど寒くもなく、例年通りイースターエッグ狩りをNinniの庭で決行。うさぎが隠したイスターエッグを見つけて、大喜び。 今年は påsklilja (復活祭のユリ、黄色いイースターリリー)は、まだまだ堅い蕾。 でも、小さめのものは咲き始めてきました。 クロッカスは既に花を咲かせています。ス [続きを読む]
  • カイワレダイコンでイースターのデコレーション
  • 保育園から持ち帰ったコップの中には、ヒヨコちゃん。日が経つにつれ、緑の葉っぱが生えてきて、ヒヨコちゃん、コップから落ちてしまいました。この葉っぱは、krasse(クラッセ)と呼ばれる、カイワレダイコンのようなスプラウトの一種で食べられます。 簡単な水栽培ですぐ育つので、子供達の初めての植物栽培にも最適。復活祭が近くなると、このスプラウトとイースターモチーフの卵、ヒヨコ、ニワトリ、ウサギを使ったハンドメイ [続きを読む]
  • クリスマスツリーを買いに
  • 土曜日に、クリスマスツリー(もみの木)を買いに行きました。 というか、Ninniたちがクリスマスツリーを買うので、子供と一緒について行きました。 うちは狭いアパート住まいなのでクリスマスツリーは買ったことがありません。 でも、ついに子供が欲しがる年齢に。。。 Ninniたちは、毎年もみの木を購入します。 そこで今年は、一緒に連れて行ってと頼みました。この冬はスウェーデンも異常な暑さ(12月なのに1 [続きを読む]
  • 過去の記事 …