まゆみ.H さん プロフィール

  •  
まゆみ.Hさん: SL遊牧民
ハンドル名まゆみ.H さん
ブログタイトルSL遊牧民
ブログURLhttps://sl-memo.blogspot.com/
サイト紹介文毎日少しだけSecondLifeのぷれい日記
自由文SecondLifeの何か
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/07/12 14:41

まゆみ.H さんのブログ記事

  • またまたPRIMなお家♪
  • プレミアムアカウントで未だにLinden Homeに住んでいるというので、勿体ないジャン〜って焚きつけて1024SQMのメインランドにお引っ越し。せめて住居ぐらいは提供しようってことで以前に作った1024SQM用のスカイボックスをリフォームして流用しました。現在(2018年)ではプレミアムアカウントの無料枠で所有できる土地面積が1024SQMまで拡大されているので512SQMサイズであるLinden Homeに住み続ける事は512SQM分が浮いてしまうので [続きを読む]
  • しっかり選ぼうLinden Home
  • プレミアムアカウントにすると特典としてリンデンホームを利用する事が出来るのでSecondLife住民になってから日の浅いユーザーさんなど、まだあまりSLの仕組みが良く分からない人にとって、 1つで「土地と家屋」が手に入るお手軽ハウジングとしてリンデンホームがあります。やたらと無料ですよ!を推してくるので、ついついポチってしまいがちですが512SQM毎に区分けしたLinden Home専用のSIM群から512SQM分の土地を無料で [続きを読む]
  • 再構成されたSlaveRegistryは以前のTSR(SlaveRegister)を包括し15年のロング保証
  • ご存じの方も多いと思われるTSR(The Slave Register)ですが昨年に見たときの記憶では新規の番号発行を停止していたので何かあったのかと思いましたがそのままにしていました。ところが今年の先頃に登録情報を更新しようとしたところサイトが動作しなくなっている箇所を見受け何があったのか調べるうちにSR(Slave Registry)というサイトが後継として機能しているというのをみつけました。ことの顛末についてはSlave Registryのサイ [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180701 - パッケージ補足
  • MH+ PHV System v180701 のパッケージ補足。■まずは筐体に採用しているAE86 3door HatchBack ですが、ドアやトランクなどの開閉という機能の他に付け加えてある部分ドア部分の窓の開閉(もどき)です窓自体を上下させるのは面倒なのでとりあえずはタッチで透明化→ 開く再度タッチでスモーク状態と変化します PHV System のTOUCH_TRAP指定による利用方法の参考例って感じです。窓の透明化はエンジンスクリプト内で行っていますま [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180701 - Contents
  • ■ルートプリム内・config_〜ノートカードは、それぞれの名称に対応したMH+phvスクリプトの設定内容を記した物です・FlightSample_v1.0のスクリプトは飛行モードの実装例です・ Sample_v1.0のスクリプトは自動車モードの実装例です ・MH+phv-Main  と ・MH+phv-Other  と ・MH+phv-Subこの3つがPHV Systemのコアとなります。コアスクリプト以外ではフルパーミッションとなっているものもありますが、それらをそのまま単品の素 [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180701 - Overview
  • 先の不具合改修版であるv180527を元にした正式のアップデート版となります。(一応、拘りでバージョン毎に入れ物となる筐体(Body)を変更する事にしています) PHV System本体も少しばかり追加の変更が加わりました。MH+ PHV System のアップデート版なので既購入者の方はCasperVendの再配送ターミナルから受け取ってください。MH+ PHV System のマニュアル的なページはこちら。 ■v180527 → v180701・タイヤEffectの一時的Off機能を [続きを読む]
  • AE86レビン/トレノ用純正タイプのリアスポイラー
  • 久々にフルパーミッション物です。このシリーズはSecond Life MarketPlaceのみでの扱いになります。まぁ、相変わらず激しくイラナイ物でしょうけどw面は1面のみになります。なので背面などに図柄を入れたいとかはちょっと厳しいかも・・・単色用と割り切ってますトランクに突き抜けるとマズイので一応、底面なしモデルも用意しました置物にして飾るとかの場合は底面有りタイプで装着例です。3ドアタイプ用ですが、2ドアタイプ [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180518 - FIXバージョンのリリース
  • 先のv180518版での不具合改修を含んだ次期バージョン候補のv180527をv180518版の筐体に組み込んだFIX版として先行でリリースしました。バージョン毎に筐体が変わる仕組みなので、次の筐体を仕上げるまで時間が掛かりそうなため、取り急ぎ不具合があることもあり中身だけ入れ換えた版という内容です。既購入者の方はCasperVendの再配送ターミナルから受け取ってください。アイテム名は同じですが末尾に "fix" と文字が入った箱が届 [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180518 - 既知の不具合
  • MH+ PHV System v180518 不具合■config_mainでのロック状態変更用の音のファイル名指定が出荷用では間違っている ○ LOCK_ON_SND = door_lock_on ○ LOCK_OFF_SND = door_lock_off × LOCK_ON_SND = lock_car_door_on × LOCK_OFF_SND = lock_car_door_off  →音のファイルそのものはあるので各自で修正してくださいw■4-WayハザードをOnにしながら走行してもステアリング操作で消えてしまう →いまのところ左右の方向指示 [続きを読む]
  • MH+ PHV System - ハンドルの設定
  • 殆どの場合で環状の形状なのでステアリングホイールと呼ぶ事の方が多いですが、自動3輪などで棒状の物もあるためハンドルとしています。MH+ PHV Systemではハンドルの動作は左右のステアリング操作に同調してハンドル部分も動かしています。このとき、車輪の操舵角度を、そのままハンドルの回転角度として使用しています。■ハンドルの定義ハンドルは乗り物に1つしか自動車の場合はありえないものですが、SecondLifeのプリム的に [続きを読む]
  • MH+ PHV System - ホイールの設定
  • もっとも自動車らしい部品と言えばホイール(タイヤ)でしょうね。進行方向に対しての車輪が回転、ハンドル操作に対する動きなどの設定です。MH+ PHV Systemでは、履帯や通常プリムでのテクスチャーアニメ表現には対応していません。物理的な回転表現のホイールのみ対応となります。ホイールの個数制限も特にありません、2ピースや3ピース構造の複数個から成る物でも大丈夫です。ただし、最初から傾いている車輪には対応できません [続きを読む]
  • MH+ PHV System - ドア類の設定
  • ドア類はドアやボンネットなど「タッチして稼動する部分」の設定です。設定はスクリプトを入れた状態で行います。まずはMH+ PHV Systemのスクリプトをルートプリムのインベントリーに入れます。順番的には→3つの設定用ノートカード →otherスクリプト  →subスクリプト   →mainスクリプトこの順で入れると誤動作の発生が少ないです。あとあとシステムを全リセットする場合にもこの順で行いますので覚えておいてください。 [続きを読む]
  • MH+ PHV System - その他の追加プリム 
  • ルートプリムや着座用プリムの他に特別な用途を担うプリムとして、タイヤエフェクト用、エキゾースト(排気管)用、ヘッドライト用があります。主にパーティクル出力と光源の演出に使用します。必須ではないので後付けでも大丈夫です。また1つも無くても問題ありません。画像中の赤いプリム=エキゾースト用緑のプリム=タイヤエフェクト用青いプリム=ヘッドライト用それぞれ個数は任意です(画像では分かりやすくするために着色 [続きを読む]
  • MH+ PHV System - 着座プリムの取り付け
  • 自動車のボディにルートとすべきプリムが決まれば、次に着座用のプリムを設置しましょう。ルートプリム = 着座プリム として、ルートに直接座るようにしても構いませんが、先のボディ選択で「ルートプリムの位置による挙動の違い」で触れたように場合によってはルートの位置を変えたりもします。もし、ルートプリムに直接に座るようにすると、当然、座っている位置も変わってしまうので、煩雑に座る位置を調整しなくてはならなくな [続きを読む]
  • MH+ PHV System - まずはボディの選択
  • まずはMH+ PHV Systemを入れる自動車の筐体を手に入れましょう。mod可能な物であればOKですから、売られている完成車両でも大丈夫。けれども、次のことに注意すべきです。SecondLifeでは進行方向はX軸に沿う というお約束になっているので、回転角度が全て0度のときに車両がX軸の方を向いているのが望ましいのです。(X軸は画像での赤い矢印)もっとも「乗り物システム」の仕組みとしては、本体がどちらを向いていようが、参照軸と [続きを読む]
  • MH+ PHV System - メニュー項目
  • MH+ PHV System のメニュー項目は、ある程度定型の表示内容となります。メインメニューから順に辿りますが、ダイアログ画像の中の赤枠内の部分はユーザー側の設定により任意に変わる部分です。なお、このメニュー項目はドライバー席のアバターにのみ表示されます。■Engine メニュー搭載しているエンジンスクリプトを切り換えるメニューです。Current Engineが現在選択中のエンジンconfig_mainのノートカードに記した内容で表示し [続きを読む]
  • MH+ PHV System - Quick Reference
  • いきなり難解な内容となりますが、必要な内容の一覧というのは便利な面もあるので一気に載せちゃいますね。もちろん、このあとで1つ1つ分かりやすく解説を付ける予定です。★割当済みLink MSG番号////////////////////////////////////////■mainスクリプト1111000 : メインメニュー呼び出し(Driver席) key=id必須1111001 : メインメニュー呼び出し(着座判定付き)(Driver席/その他 自動振り分け) key=id必須1111002 : カメラ [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180518 - Contents
  • ■ルートプリム内・config_〜ノートカードは、それぞれの名称に対応したMH+phvスクリプトの設定内容を記した物です・FlightSample_v1.0のスクリプトは飛行モードの実装例です・ Sample_v1.0のスクリプトは自動車モードの実装例です ・MH+phv-Main  と ・MH+phv-Other  と ・MH+phv-Subこの3つがPHV Systemのコアとなります。特に用途別という意味合いは薄く、タイマー動作が3つ並列で必要だったからという理由です。コアスク [続きを読む]
  • MH+ PHV System v180518 - Overview 
  • すでに似たようなモノがあるのだけれど、欲しいと思うモノではなかったので、自分で作ってしまいました〜っていう類なのですが、これは「乗り物のスクリプトセット」です。とりわけ自動車に特化した物になります。主に、何がしたくてこうなったかは、1つは「乗り味を変えて楽しむ事」とはいえ完成製品の設定値を変更可能な範囲で調整して楽しむというものでなく、仕組みそのものを変えて楽しむという考えで、すなわち核となるスク [続きを読む]
  • MH+ Tool HUD light edition v1.6 (update)
  • *update information*1.6 - Add - Display Region information. Mod - Attachment list function (Corresponds when there is a lot of attachments)使ってみて不具合がある場合に遭遇したので少し修正しました。あまりにも沢山の装着物があるアバターの場合に1応答で表示しきれなく、途切れてしまうため装着物一覧の表示を1アイテム毎に1行表示で返却するように変更。また、現在滞在中のSIMの環境変数を出力する機 [続きを読む]
  • MH+ Tool HUD light edition v1.5 (update)
  • *update information*1.5 - Add - Attachment list function. (Display a attachment list of avatars selected from nearby (96 m))
    Add - Complexity function. (Show nearby (96 m) avatars complexity.) Add - Script count function. (Show the script total
    , memory usage etc. of nearby (96 m) avatars) Mod - (for On-Line check and Avatar alert functions) Notecard reload
    . (You no [続きを読む]
  • SL MapのAPI使ってBlogやWebサイトに貼りつけよう♪
  • SL MapのAPIのGoogle仕様がなくなってから暫くは放置だったのですがmapapi2としてこっそりと復活していました。公式のWebサイトであるmaps.secondlife.comでは、早くからleafletによるMAP表示が展開されていましたがユーザー向けの仕様は長く公開されていなかったのですが、いつの間にか使える状態で提示されていました。■まずはBlogなどにSL Mapそのもの本物を貼ってみたいという場合 Mosh/218/96/31/■スクリプトを貼るなんて [続きを読む]
  • IP抜き抜き(ip HoiHoi)
  • Media On a Primの機能を使った自己完結型のIPsnifferを研究および注意喚起目的で作成してみました。Junk Boxのコーナーにて公開しています。元にしているのはWelComeマットのスクリプトをちょい改造ってところ。Media On a Prim(MOAP)の機能はSecondLifeの中でポピュラーに広く使われていますが、特定の目的を持って使われる事も少なくありません。そういった専用のツール類も販売されているようですが、動作原理が分かってしまえ [続きを読む]
  • new pod station in Nijole SIM. (YavaScript pod tour)
  • Central MaebaleiaのpodステーションがNijoleのSIMに先月追加されたようです。先月中にアナウンスされていたのですが訪問するのが今になってしまいました。出ているツアーコースは M1 と M3 の2つです。結果から先に言いますと、既存のM1コースおよびM3コースと同じで以前まではそれぞれ個別の独立したステーションから発着していたのを、このCentral Maebaleiaを中継点として連絡する形で運行するように変更された様子です。ちな [続きを読む]
  • とうとうBentoのMESH頭になりました〜
  • ずっと頭だけはノーマルのままでしたが、昨年末あたりからBento頭への載せ換えを色々と検討していて、ようやく購入対象を決める事が出来ました。スキンはまだ添付の物のままですが好みに合う個性的なスキンへの入れ替えは次のお楽しみでいいかなぁと。どこから見てもLAQ顔です、ええ。いちおうは日本人モデルという位置づけなのでしょうか「Rina」というLAQのBento頭です。新作ではなく昨年の晩秋あたりにリリースされたモデルだっ [続きを読む]