瓢箪からスダチ さん プロフィール

  •  
瓢箪からスダチさん: 徳島 ロ-カル線 てくてく紀行
ハンドル名瓢箪からスダチ さん
ブログタイトル徳島 ロ-カル線 てくてく紀行
ブログURLhttp://78577507.at.webry.info/
サイト紹介文徳島のロ-カル線を乗ったり降りたり しながら、駅の周辺をてくてくときまぐれ散歩します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/07/13 10:34

瓢箪からスダチ さんのブログ記事

  • 冬晴れのみかん狩りを楽しむ!   
  • 県外の友人と勝浦町へとドライブに行きました。徳島県でみかんの出荷量が最大の産地である勝浦町では、山の中腹までみかん畑が広がっています。樹にたわわに実ったみかんに感動した友人が突然「みかん狩りをしたい」と言われたので私も20年ぶりのみかん狩りを楽しみました。そして、その場で採りたての甘いみかんをいただきました。 [続きを読む]
  • 伊勢海老たっぷりのグルメ!
  • 私は「食博覧会」の会場には9時30分に着きました。そして、お目当ての「伊勢海老ラ-メン」と「伊勢海老豆乳汁」の販売店の行列に並びました。ところがなんと、「伊勢海老ラ-メン」は、すでに完売でした。しかたがないので「伊勢海老豆乳汁」を買いました。テ-ブルの隣の席で伊勢海老ラ-メンを美味しそうに食べている子供をうらやましく見ながら豆乳汁をいただきました。 [続きを読む]
  • 立冬の日にホッカ!ホッカ!を食べる!
  • 暦のうえでは、立冬から冬のはじまりと言われ言います。ですから冬の体調準備も兼ねて暖かくて美味しい「明石焼き」を食べに神戸に行きました。寒くなるといつも三ノ宮の「明石焼き」の専門店に入ってしまいます。鶏卵と出汁とタコ、小麦粉その他でできた「明石焼き」を見ているだけでヨダレがでてきそうです。一つ一つ出汁につけて口に入れるとふんわりとろけてたまりません! [続きを読む]
  • フィッシュカツ丼で満腹!満足!  小松島みなとオアシス
  • 徳島のソウルフ-ドとして県内ではよく食べられているフィシュカツですがそのフィッシュカツを山盛り乗せたどんぶりでいただきました。フィッシュカツをどんぶりで食べたのは、初めてでしたのでその歯ごたえのやわらかさと風味に感動しました。いつかフィッシュカツカレ-も食べてみたいとおもいました。以前東京の友人におみやげにあげたら大変美味しいと知らせがありました。私もそれから小松島みなとオアシスの中にある食堂に来ま [続きを読む]
  • 地方交通の未来はどのようになるのか?  阿佐海岸鉄道
  • 徳島県海陽町から高知県東洋町を結ぶ第三セクタ-の阿佐海岸鉄道(通称あさ鉄)があります。そのあさ鉄が路線の維持と地域観光の起爆剤として、DMV(デァル モ-ド ビ-クル)の導入を計画しています。鉄道と道路を走行できる車両です。わたしも興味があったので見学させていただきました。車内は、大型のマイクロバスと同じで運転席もあまりかわらない様式でした。本当にこのような車両が走れば乗ってみたいとおもいましたが、あさ [続きを読む]
  • 永原レキさん(サ-ファ-&藍染師)の店に行く!
  • サ-ファ-で藍染のデザイナ-の永原レキさんが「宍喰いせえび祭り」の会場に出店されていると知ったので伺いました。店頭には、レクサス賞に選ばれた藍染のサ-フボ-ドが展示されていました。そのボ-ドの前には、多くの人が立ち止まって見つめていました。レキさんとは、久しぶりでお会いしました。自身で初めて店をはじめられて阿波藍の発信に奮闘されています。 [続きを読む]
  • 「一億年の時空を超えるロマン」
  • 勝浦町での化石展に今年も行ってきました。この化石展に行くことが毎年の楽しみです。勝浦郡内や周辺地区で発掘された約一億年前の白亜紀の化石が展示されています。私も小学生の頃に化石掘りにむちゅうになったことがあります。ですからこれらの化石を観ていると一億前の世界に引き込まれていくようになってしまいます。 [続きを読む]
  • 大谷翔平 選手が来た!
  • ソフトバンクホ-クスと日本ハムとの試合前の練習見学に行きました。特に見学したかったのは、大谷翔平選手の打撃練習でした。打撃練習が始まると多数の人が集まりました。そして、バッテングゲ-ジに入ると球場全体の観衆が一打一打に大歓声をあげていました。 [続きを読む]
  • 掛布雅之選手とピ-トロ-ズ選手のツ-ショッツト
  • 阿南市橘町青木のうどん店「かまたま-る」のギァラリ-にプロ野球界の日米二人のレジェレンドのツ-ショッツト写真が展示されていました。現阪神タイガ-ス2軍監督の掛布雅之氏とメジャ-リグの大スタ-でしたピ-トロ-ズ氏の若かりし日の写真でした。店のマスタ-は、「今時の若い人は、二人の名前さえ知らないだろう」と笑って話されていました。私は店の名物のカレ-うどんを食べながら眺めていました。 [続きを読む]