ヤナギサイクル さん プロフィール

  •  
ヤナギサイクルさん: ヤナギサイクル.com
ハンドル名ヤナギサイクル さん
ブログタイトルヤナギサイクル.com
ブログURLhttp://yanagicycle.blog.fc2.com/
サイト紹介文ツールドフランスや、ロードバイクのこと、山登りなどのブログ
自由文7月はツールドフランスのこと、その他ロードバイクのこと、山登りのことなどブログでいろいろな情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/07/16 07:33

ヤナギサイクル さんのブログ記事

  • マディフォックス修理
  • 何回もヘッドパーツを圧入と外しを繰り返す。あるいは元々ヘッドパイプが溶接の熱などで、曲がっていると変にリーマーがけがかかるのか、ヘッドセットが手で挿入できるぐらいがばがばになった、マディーフォックス。ロウ盛りで再度リーマーを入れれば何とかなります。ロウを内側に盛ります。再度リーマーを通します!これでしばらく大丈夫なはず。。ネット上で中古状態の物を手に入れた、とのことで、フォークコラムは珍しいオーバ [続きを読む]
  • 台湾インディペンデント
  • 先週は、台中バイクウィークに行ってまいりました。自転車関連の産業、特に製造業が集中している台湾。最近では製造そのものは中国やほかの東南アジアに移行しているとはいえ、まだまだ想像がつかないほど多くの業者がひしめく自転車産業大国。台中バイクウィークは要は展示会なのですが、一般的に有名な台北ショーやユーロバイクショーとは毛色が違い、サプライヤー向け。例えば完成車や、関連パーツを企画するときに、製造側と具 [続きを読む]
  • 武蔵ポタ 〜 ランドナーバー
  • 今日のサイクリングは、人が集まらなかったけど一人で行ってきた。飯能〜日高〜狭山方面。普段のロードや林道サイクリングとも違う、地理院地図ベースの徘徊サイクリング。これが普段とは違う地図を使うと、見えてくるもの視点が変わってなかなかいい。・元加治近辺は昔ながらの住宅地、入間川近くで雰囲気がよく飯能近辺に住むならこのあたりもアリだな〜と思った。・高麗近辺 よく手入れされた寺院が多く、田舎だけどさびれた感 [続きを読む]
  • Quiet Disc フォー Kさん
  • 舗装路からグラベル・林道まで幅広い遊び方ができるスタンダードモデル、Quiet Discです、さわやかなブルーメタリックで仕上がりましね。サッカーやボルダリングなど各種スポーツ、自転車もアクション的なものから色々たしなむKさん。通常のロードツーリングから、林道ツーリング、山歩きへのアクセスでの悪路走行、機材には相当負担をかけそうです。そんな彼のオールロードの1本は、頑丈かつ軽量なパイプと、クリアランスやポジシ [続きを読む]
  • マングース ブレーキ台座
  • もともとはMTBに乗り慣れている方。街乗り用のマングースのBMX、それについているUブレーキでは弱いので心もとないとのことで、Vブレーキ取り付け改造です!元フレーム台座がつきました。特に前フォークなんかは、フォーク足間がかなり広いのでできるだけ内側にオフセットさせて台座を取り付けます。シューがリムに届かなくなるので。元々ついていた台座は外して、フレームに雌ねじが残るので、同じ径・ピッチの鉄ボルトをねじ込ん [続きを読む]
  • O's ロード
  • Oさん、お待たせをしました。初めてのロード、趣味用自転車、日が暮れてからの納車と言うことで、慣れない運転での帰路は大分緊張でお疲れだったのでは無いでしょうか?この方の身長は180cm代後半。フレームサイズは580mm。私の身長は191cm、大きい自転車は得意ですよ。サイクリング等々、ちょろちょろ企画しますのでこれからもよろしくお付き合いどうぞ、ありがとうございました! [続きを読む]
  • ブルックリンマシンワークスにカンチ台座取り付け
  • 今は作っているんですかね?ブルックリンマシンワークス。がっちりとしたストリート系のピストバイクですね。エアロ形状につぶし加工がされたフォーク足やステーにすごくインパクトのあるフレームです。ストリートバイクらしく元はブレーキのステーがついておりません。ピストブーム当時に買われたものらしく、時間がたった今、家族持ちのお父さんは当然ノーブレーキでは乗れません。。ということで、カンチブレーキ台座の取り付け [続きを読む]
  • チーム皇海
  • 関東屈指のロングダートといわれる、群馬県は赤城山の裏、栗原川林道へアタック!40km近いダート、補給食やトラブル時の携行品はしっかりと持ちます。予備チューブ、パッチ、タイヤブート、工具類、バッグに余裕があったので、タイヤ1本。。相方は前回の南アルプス同様、小林君。沼田駅で待ち合わせ、私は当然、始発の輪行で現地入り、小林君は自走。さすがw早速、林道の入り口のある吹割の滝へGo!沼田駅を出発した直後から登 [続きを読む]
  • カスタムステム 長っ
  • カスタムステムの制作ご依頼です。今お乗りの、ロードフレームが小さいと言うことで、色々、140mmの既存のステムなどを、ポジションだしで試して頂きましたが、やはり150mmも試したみたいとおっしゃる。。この長さは市販ではありません。メッキ処理待ち、、もう少々お待ちください!オープンクランプの1インチコラム用のクイルステム。材料の入手性の関係で、ハンドルクランプ径は25.4mmか31.8mmになります。メッキ込みで¥25000( [続きを読む]
  • 潰し治具
  • パイプつぶし器、鉛製を作った。こういう、ジグ・道具作るのって苦労する(汗)ステムを作るとき、首の部分のパイプのコラム側は強度と剛性が欲しいので縦方向にオーバル型に潰すことが多い。普通に万力やプレス機でパイプを挟み込むと綺麗に潰れないので、こういう型を使うのだが、今までは木材でやっていた。薄くて柔らかいパイプはこれで良いんだけど、ステムの材料は1.0mmや0.9mm厚以上のクロモリで結構固いので木材のつぶし器 [続きを読む]
  • 踏める小径、旅立ちです
  • 当店の売り場にしばらく居たストックミニベロが旅立ちました!オーナーさん、若い頃はボート競技で実業団に所属していたアスリート。最近でも競技を再開し、マスターズ的な登録レースに出場されるとのことで、自転車に跨がれば、ゆったり乗るつもりでも踏んでしまうであろう素地を持っておられる方。20インチでも大きい方の規格、451規格の車輪。フレームパイプはカイセイ022で組んであるので、かなりがっちりしたフレームで、32mm [続きを読む]
  • 清水〜二軒小屋 サイクリング
  • 久しぶりで泊まりでツーリング。今回はこばやし君と。行き先は静岡の北の最深。南アルプスの南側、赤石岳や聖岳の登山アプローチ口となる二軒小屋。清水からのピストンでした〜夕方、清水駅で待ち合わせ、こばやし君と落ち合う。私は都内から輪行、彼は、東京から自走。この酷暑の中、よくやるな。。変態ですね。この日は市内で寝床を探し、翌朝に二軒小屋に向け出発です。ある地点から先は飯屋や補給場所が無いことを考え、数食分 [続きを読む]
  • 明日より三日間、夏休みを頂きます
  • 明日より三日間、夏休みを頂きます。休むのは私だけで、狸サイクルの面々はお店におりますので、急なトラブル等でもご安心を。もちろん自転車で遊びに行きますよ、静岡の北の最深部、南アルプスの静岡側の登山アクセスルートの起点、二軒小屋までキャンプライドです。行くのは初めてで、この辺り屈指の30km近いロングダート、楽しみでございます。台風がこちらの様子をちらりと伺っているのが気がかりですが、、QUIETをダート仕様 [続きを読む]
  • エンド交換!
  • 自転車をなんらかのアレで倒してしまう、転んでしまう、真っ先にダメージを受けるのがこれ、リアメカ廻り。大体、リアメカをぶら下げているハンガーが先に曲がります。軽度であれば曲げ直し、カーボンフレームやアルミフレームに付いているハンガーは、曲がったら交換、の考え方ですが、鉄はある程度修正が可能です。が、ここまでいっちゃうと、、曲げ治すより、新しいものを溶接しなおしです。最初は板材でハンガーを自作して溶接 [続きを読む]
  • アメリカ 東チベット
  • 先日ラックを修理してくれと当店を訪れてくれた男が長期のアメリカ自転車旅行へアラスカへ旅立ったようで、ブログを再開したようで、更新を楽しみにしている。約2年かけるらしい。以前のラック修理以前もユーラシアを自転車旅行したときのブログ記事もあるようだ。興味がありましたら、どうぞ。自転車放浪記--------------------------------------------------------------あと、もうひとつ。昨年私もとある用で訪れた北京のとあ [続きを読む]
  • 暑い
  • 6月も終わらないうちに明けた今年の夏は猛暑続きでつらい。。溶接中はともかく、仕上げでヤスリを手に仕上げているときがきつい〜K君、アドベンチャーロード [続きを読む]
  • ストリートBMXにディスクブレーキ台座取り付け
  • いつものディスクブレーキ台座取り付けの加工、今回はいつもと違い、一手間かかりました。こんなニーズもあるのかな?なんて今後の展開も期待もしてます。今回の仕事の条件・ストリート用のBMX、エンドスロットが14mm幅。・エンド幅120mm・14mmシャフトのハブじゃなくて、普通のピストハブを使用。さらに本来小ギアが入るネジにディスクローターをつける。上の条件だけでも大分、頭をひねってしまいます。元々はエンド幅1 [続きを読む]
  • ノートン、芯だし作業
  • フレームの歪み、乗り方にもよりますが長年乗っていれば、材料が何であれ大なり小なり歪みは出てくるものだと思いますが、ノートンのクラシカルなツーリングフレーム、その狂いとりの作業。今回はフォークが結構いってました。正面から見て→に寄ってる。定盤に載っけてみると、明らかに芯ずれです。ということで、ぐいっ曲げ治してフォーク足がセンターに来るように曲げ治します。このフレームは柔らかいので楽です。逆にいうと狂 [続きを読む]
  • GIOSクロモリにディスク台座
  • 定番、ディスク台座取り付け。ちなみにディスクブレーキ台座の規格、色々とありますが、当店でメインにしているのはインターナショナルスタンダードというもの。こういう形です。ここ数年、ロード系ではフラットマウントという規格、ロードのルックスに適合するようコンパクトにチェーンステーに台座を収めたもので、140mmローターをデフォルトに置いたものです。フラットマウントブレーキキャリパーを収めるスペースがチェーンス [続きを読む]
  • 中年の集い、飯能から越生を自転車でふらり!
  • 7月8日、当店から一番近く、色んなルートバリエーションが楽しめる、奥武蔵、飯能ですね、ショートサイクリング行ってきました。もう夏なので、この辺り走るのは午前中を主に。午前7時半飯能駅集合、高麗神社経由で物見山方面を上がり、顔振峠手前まで上がります。いつもは鎌北湖方面から上がることが多いんだけど、こっちは初めて。鎌北湖から上がるよりは、緩くて楽ね、良い感じ。いつもは高麗神社は通り過ぎるだけど、今回は寄 [続きを読む]
  • 7月8日 飯能〜越生 サイクリング
  • いや、あっついですね〜、昼間の暑さには辟易しますが、1日仕事したあとの晩酌が最高ですね。豚肉となすのみそ炒めに、ミョウガときゅうりの酢の物に〜甘唐辛子を焼いたものなんかで、一杯。すぅ〜と夜の涼風が窓から吹き込んできた時、その時だけ!夏っていいなぁと思います。さて、来る7月8日 日曜日ですが、我がホーム?飯能方面行きます。暑いので涼しい時間帯が中心、距離もそんなに走りません。あと今回は完全に舗装路のみ [続きを読む]
  • 自作エンド小物
  • ディスクブレーキ関連、規格が乱立しており、製造者泣かせなのだが、主流は落ち着いてきているのだろうか。ロード系ならエンド幅142? x 12mmスルー、だと思うのだけど、お客さんによっては135?のクイック、それでロードで主流のフラットマウントじゃなく、、なんてのが。手持ちのパーツを使っていて、過不足を感じることなくそれを使い続けたい、ということであればフレームで対応するしかない。ということで、取引のある業者さ [続きを読む]