ピアノ♪テル さん プロフィール

  •  
ピアノ♪テルさん: テル先生のジャズピアノ夢実現法
ハンドル名ピアノ♪テル さん
ブログタイトルテル先生のジャズピアノ夢実現法
ブログURLhttp://pianoterusan.livedoor.biz/
サイト紹介文ジャズピアノ指導歴40年。ジャズ理論的分析、解説で、あなたの音楽が向上する秘訣を無料で学べます。
自由文 ジャズのアドリブは誰にでも出来るのですが、実際にはほとんどの人が出来ません。
 なぜでしょう?才能がない?
 いえいえ違います。
 勉強方法を知らないだけ。誰も教えてくれなかったから弾けないのです。
 このブログは、即興演奏のヒント、練習方法、上達法などが、すべて無料で学べます。
 じっくり読んで、あなたの音楽的レベルを向上させて下さいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/07/21 09:53

ピアノ♪テル さんのブログ記事

  • 上達するためのヒント
  • 前回紹介したバブリーダンス観たかな?今回は別動画を紹介しよう。前回の動画よりも少し広い視野で観られる。ぜひ観てほしい。あなたの人生を変えるかもしれないからだ?      ☆大阪府立の登美丘高等学校。当然だけれど勉強もしなければいけないよね。部活は放課後の限られた時間に行うよね。入部した1年生は最初から3年生と同じレベルで踊れたのだろうか? そんな訳ないでしょう。みんな素人なんだから。毎日6〜7時間 [続きを読む]
  • バブリーダンス観た?
  • あなたは今話題のバブリーダンス観ましたか?知らない人はぜひ観て下さい。元気をもらえますよ。私は2ヵ月ぐらい前から毎日何回も観ています。そんな人が世界中に沢山いるんです。だってね、視聴回数が今の時点で20,064,039 回ですよ!しかも公開が9月16日だからまだ3ヵ月も経っていない。それで2,000万回を超えた!スゴイよね。この動画、何も知らないで観るとプロのダンサー達が踊っていると思うだろうけれど、何と女子高生 [続きを読む]
  • もっと出来ると思うよ
  • 久し振りですね。みんな元気にやっているよね?ブログなかなか更新出来ないけれど、私も元気でいろいろやっていますよ。今日から12月ですね。練習と勉強いつものようにがんばりましょう。     ☆長年レッスンをしていると気が付くことがあります。人間は自分で自分の限界を勝手に決めるのですね。「あれは出来ない」とか「これは無理」とか。こちらから見ていて、やれば出来ることなのに、自分は出来ないと思っている。それ [続きを読む]
  • 究極のコード付け(その6)
  • 今回は「ラ」の音を繰り返すだけのメロディーで、コード進行を付けてみた。前回までの2曲は、どうだったかな?ちゃんと曲に聞こえたでしょう?作品4は、キーDmでメロディー「レ」のみ。作品5は、キーDmでメロディー「ファ」のみ。そして今回の作品6は、キーDmでメロディー「ラ」のみ。マイナーキーの1度、3度、5度、それぞれの音のみで挑戦してみた。マイナーキーはメジャーキーよりもコード進行が少ないので多少難し [続きを読む]
  • 究極のコード付け(その5)
  • たったひとつの音「ファ」だけを繰り返すだけのメロディで、一般的な曲(32小節)になるようにコード進行を付けられるのだろうか?前回(昨日)は、キーDmでメロディーは「レ」を紹介したけれど、今回は同じキーDmでメロディーは「ファ」のみ1音だけ。これで本当に曲になるのだろうか?この意味わかるよね?つまり「ファ」の音が合うコードだけで曲(コード進行)を作っていく曲芸みたいなもの。あ、まさに曲の芸だね。まあ、 [続きを読む]
  • 究極のコード付け(その4)
  • たったひとつの音「レ」だけを繰り返すだけのメロディーで、一般的な曲(32小節)になるようにコード進行を付けられるのだろうか?今年の6月頃に作品1〜3を紹介してね。覚えているかな?その時は、キーCの第3音「ミ」、キーCの第1音「ド」、キーCの第5音「ソ」それぞれメロディーは1音のみの曲だった。今回はマイナーキーに挑戦してみた。作品4は、キーDmでメロディーは「レ」のみ1音。これで曲になるのだろうか?自 [続きを読む]
  • 初音ミク10周年の本
  • 初音ミクが発売されて今日で10周年目なんだね。2007.8.31に発売だったので本当にちょうど10年目だ。あの時の勢いは、すごかったよな。私も発売されてすぐ手に入れたけど、結局創作はほとんどやらなかった。しかし作品を聴く(観る)ことはずっと続けてきたし、その他の関連本、グッズ、フィギュアなど、かなり集めた方かな。関連本はすべて買ったと思う。この10年間を振り返るための本。別冊ele-king初音ミク10周年ボーカロ [続きを読む]
  • 藤井聡太・天才棋士降臨
  • 藤井聡太四段に関する本、あっという間に3冊目が出ました。前の2冊はブログですでに紹介しましたが、ごく短期間で3冊目はスゴイですね。今、話題の人ですから当然かな。早速、買って来ましたよ。今回は発行が日本将棋連盟ですから前の2冊よりも将棋の内容が多いです。しかし将棋がわからなくても、読める記事はありますので、ファンは手に入れるでしょうね。買って来たばかりで、まだ拾い読み段階ですが、充分に楽しめます。天 [続きを読む]
  • テレサ・テン奇跡の復活
  • テレサ・テンが向こうの世界からまるでこの世に帰って来たような奇跡の動画を1週間前から毎日何回も繰り返して観ている。この動画は本当にスゴイのだけれど、ちょっと解説が必要だ。何も知らないで観ると、昔の録画の再放送と思われてしまうかも?しれないからだ。曲は「つぐない」なんだけれどデュエットしているのは、<現在の>市川由紀乃さん。<22年前の>市川由紀乃さんではなくて、<現在の>というところが肝心なんだ。 [続きを読む]
  • 藤井四段の本また出ました
  • 藤井聡太四段の本を前回紹介しましたが、また別の本が出ましたよ。今回は文章中心の本ですが、記事に関係した写真も数ページおきにあります。今日が発売日でしたが、私も早速買って来ました。藤井聡太名人をこす少年単行本(ソフトカバー)2017/8/23津江 章二 (著)<内容紹介> Amazonより将棋界の話題を一手に引き受けた中学生棋士、藤井聡太四段。「天才」「神童」「史上最強」。褒め言葉ばかりが並ぶその理由を、フィーバーを [続きを読む]
  • 藤井聡太四段の本発売
  • ついに出ましたよ。藤井四段の関連記事だけでまるまる1冊の本が本日発売されました。ファンは大喜びですね。私も早速買って来ました。今月は他の出版社からもまだ出るので楽しみです。藤井聡太 新たなる伝説(別冊宝島 2613) 大型本2017/8/21藤井聡太 新たなる伝説 (別冊宝島 2613)<内容紹介> Amazonより将棋界の新星・藤井聡太四段。史上5人目となる中学生棋士としてデビュー以来、半年以上「公式戦無敗」の快進撃を続けた実力 [続きを読む]
  • Dm7の「♭13」とは?
  • Dm7(13)の話を3日前にしたので、それに関連して(♭13)の話をしよう。 「m7」コードで(13)が使えるのはスケールがドリアンの時。(♭13)が使えるのは、「m7」コードでスケールがエオリアン、フリジアンの時と、「m7(♭5)」コードでロクリアンの時にも使える。「Dm7」を例にすると左手「レ(ルート)」を弾き、その短7度上の「ド」から右手で「ド、ファ、♭シ」と弾く。下から「レ、ド、ファ、♭シ [続きを読む]
  • 今日は上手くいったよ
  • 今日は日記です。ぎりぎりで今帰って来て、ブログを書いています。今日は新幹線に乗りましたが、満員を覚悟していたら、「ひかり」に乗ったのでガラガラで助かりました。作戦成功。「のぞみ」は混んでいた。 [続きを読む]
  • 分析すると良いことが
  • 前回は、Dm7(13)の話だったので、今回は関連してDm7(♭13)の話をしようと思っていたけれど時間がない。後日にする予定だ。さて今日もコード付けの分析をしていた。コピー(採譜)や曲を分析していると、勉強になることは当然だけれど、それ以外に、それがヒントになって、別のアイデアが出て来ることも良いことだ。自分では思い付かなかったことが考えられるのは得した気分になれる。勉強を続けよう! [続きを読む]
  • Dm7の「13」とは?
  • 最近の記事は上級ジャズ理論の話が多くなっているけれど、今回もほとんどの人には関係のない上級理論の話だ。だから読まなくてもけれど、読んでしまったら、理解出来なくてもいい。何となく「ジャズは奥が深いんだな」と感じてくれるだけで充分だ。いつか(10年後に)役に立つかもしれないので。     ☆「Dm13」のコード知っているかな?ほとんど人は知らないと思う。見たこともない人がほとんどだよね。日本のジャズ理 [続きを読む]
  • エンディングが増えた
  • 今日もコード進行の勉強をしていた。2日前に紹介した曲集には、偽終止の変型がいくつも出て来るので、それをノートに書き出したり、ヒントにして自分なりの応用例をいくつか考えていたら楽しくなってきた。これらの進行を12キーで練習すればエンディングが増えることになる。自分の音楽の幅が広がると同時にレッスンの課題にも使えそうだ。学ぶことは楽しいよね。 [続きを読む]
  • 自分の可能性を高める
  • 今日はコード付けの勉強をしていた。今までにいろいろなジャンルの曲をアレンジ(コード付け)してきた。そうすると自分の癖というか、好みの進行が限られてきてしまう。そこで前回紹介した曲集を弾くと、自分ではやったことがない進行が出てくるので、すごく勉強になる。「へえー、こんな方法があるのか」と、参考になる所が多数あるので、書き出してまとめようと思っている。自分の枠を広げられそうで楽しい。 [続きを読む]
  • コード進行を極めたい人へ
  • 同じ曲でもジャズ・ピアニストそれぞれのコード進行がある。自分なりの解釈でコード付けをして、人前(CDなど)で演奏する。ジャズは自分なりのアレンジで弾くということだね。そのレベルまで行きたい人に良い教材(お手本)を紹介しよう。あなたも知っている「ザ・リアルブック」シリーズには通常の曲集とは別のものがいろいろあって、今回の曲集はその内の一つで特殊なものだ。何が違うかというと、コード進行が従来の曲集とは [続きを読む]
  • 間違えは共通している
  • ジャズ・ピアノを50年も教えていると生徒の多くが間違うところは共通していることに気が付く。「ある曲のこの小節が注意」と、いろいろな曲で決まっている。間違えやすい条件があるようだ。時間がある時に書いてみようと思っている。 [続きを読む]
  • 部分と全体を同時に
  • アドリブを続けている時に小節を見失う人がいるよね。その症状を治すには、個々の小節だけ考えてアドリブしていてはダメで、全体も意識しておくこと。今、どこにいるのか?例えば、形式がA1−A2−B−A3の場合。今、アドリブしているコードは「これ」で次の小節のコードは「あれ」だよね。と同時に形式のA3地点に今いるね。これが部分と全体。全体を意識していないと見失う。「あれ、今A1だっけ、A2かな?」こうなって [続きを読む]
  • 「Nardis」謎の音(2)
  • ジャズの名曲「Nardis」(ナルディス)には従来のジャズ理論では説明出来ない音が2ヵ所ある。前回は、その1つについて書いたけれど今回は、残りのもう1つを問題にしよう。      ☆前回、最初の4小節のコード進行は、以下のようになっていると書いた。|Em|FM7|B7|CM7|今回は、この後の4小節。(楽譜がある人は見てね)|Am7|FM7|EM7|Em|このコード進行、何か変では?キーは「Em」だから [続きを読む]
  • 「ボカロP」秘伝の書
  • ボカロPを目指す人にとても参考になる本が出ました。活躍しているボカロPさん4人にロング・インタビューをして、いろいろな面から貴重な話を答えてもらっています。これは大変役に立ちますし、創作活動の刺激にもなりますね。ボカロPを目指して成功したい人は、この本をバイブルにしてがんばろう。ネット時代のボカロP 秘伝の書単行本 ? 2017/8/4仁平 淳宏(一般社団法人日本ネットクリエイター協会理事) (著)ネット時代のボカロP [続きを読む]
  • 「Nardis」謎の音(1)
  • 「Nardis」(ナルディス)はジャズの名曲だから知っているよね?マイルスの作曲、演奏、それからエヴァンスの演奏でも有名だね。この曲はカッコいいから演奏した人も多いと思う。でもね、この曲、普通の理論では絶対に説明出来ない音が2ヵ所ある。今回は、その1つを問題にしよう。      ☆この曲の最初の4小節のコード進行は、以下のようになっているね。|Em|FM7|B7|CM7|2小節目「FM7」のメロディー知 [続きを読む]
  • AKB48総選挙(結果本)
  • 今年、沖縄で行われた「第9回AKB48選抜総選挙」結果、上位80名を紹介した本が本日発売。早速、買って来ました。名前と顔が一致しない人や名前も顔も知らなかった人も多数いるので、この本で勉強します!AKB48総選挙!水着サプライズ発表2017(集英社ムック) ムック ? 2017/8/2週刊プレイボーイ編集部 (編集)AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2017 (集英社ムック)<内容紹介> AmazonよりAKB48×沖縄×水着サプライズ!国民的アイ [続きを読む]