ymatsu さん プロフィール

  •  
ymatsuさん: 和紙クラフト by ymatsu
ハンドル名ymatsu さん
ブログタイトル和紙クラフト by ymatsu
ブログURLhttps://washicraft.com/
サイト紹介文和紙素材による季節感ある作品をアップしていきます。
自由文和紙造形作家。和紙クラフトによる創作をしています。
和紙の花・人形・和紙画など立体と平面によるさまざまな表現により、和紙それぞれの特性を活かして日本の四季を中心に描いていきたいと思っています。
また、和紙についての話や提案なども紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/07/22 22:31

ymatsu さんのブログ記事

  • 大文字草
  • 夏から秋にかけて繊細で涼やかな花を咲かせるダイモンジソウ。名前の由来となった、「大」という文字を想わせる花びらのつき方に特徴があります。山や渓谷の岩場など湿気のある岩に生える山野草の風情を和紙の取り合わせと繊維の強さによって表しました。〜花物語〜 ”大文字草”“ Daimonjisou ”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミ [続きを読む]
  • 山芍薬
  • 春から夏へと向かう季節に清楚な白い花を咲かせるヤマシャクヤク。深山の清澄な気配を漂わせる花の趣をしぼ(皺)のある和紙の質感を生かし、縮小して表しました。花の直径は3cmほど、高さは9cmです。〜花物語〜 ”山芍薬”“Mountain peony” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本桜草
  • 桜の花のような形と柔らかさが穏やかな春らし日本桜草。可憐な花と縮緬状の葉が優美な日本桜草の特徴を和紙の柔らかさによって、花の直径を1cmほど、高さを7cmほどに縮小して表しました。〜花物語〜 ”日本桜草””Primrose””「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 露草
  • 露を含んだ鮮やかな青色が涼やかな夏の野の花、露草。しっとりとした和紙の風合いと鮮明な染色で表しました。花の大きさは2cm角ほど、高さは10cmほどです。〜花物語〜 ”露草””Asiatic Day flower” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • アズマイチゲ
  • 春の妖精、スプリング・エフェメラルと呼ばれる花のひとつ、アズマイチゲ(東一華)。陽光を受けて咲く姿が清楚で愛らしい、花の直径が3cmほど、高さは15cm前後の小さな山野草です。和紙の繊維の強さと白色によって、花の直径を2cmほど、高さを9cmほどの大きさに縮小して表しました。〜花物語〜 ”アズマイチゲ””Anemone raddeana”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日( [続きを読む]
  • 福寿草
  • 春の妖精、福寿草。鮮やかな黄色の花色は、生命感に溢れ、早春の命の瑞々しさを伝えてくれます。鮮明な黄色の和紙の色合いと柔らかさによって花の風情を表しました。開いている花の直径は2.5〜1.8cmほど、高さは6cmです。〜花物語〜 ”福寿草””Far East Amur adonis”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブロ [続きを読む]
  • 片栗
  • 早春の短い間に他の植物に先駆けて地表に現れて、可憐な花を咲かせるカタクリ。うつむいて咲く優しい紅紫の花を濃淡のある和紙を生かして表しました。作品の高さは、12cmほどです。〜花物語〜 ”片栗””Dogtooth violet”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 吾亦紅
  • 古来より秋の名花として知られるワレモコウ。紅色の花が風に吹かれ揺れ動くさまは、秋らしい情趣があります。和紙の繊維の強さと落ち着いた色合いを生かしました。紅色の花穂を長さ5mm 〜1cmほど、作品の高さを13cmほどの大きさに縮小し、素朴な秋草の風情を表しました。〜花物語〜 ”吾亦紅”” Burnet ”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8 [続きを読む]
  • 山紫陽花
  • 楚々とした細やかな花が印象的な山紫陽花。夏、涼やかな花色と軽やかな風情で清涼感を与えてくれます。水色と藍色のグラデーションの和紙によって花の大きさを1.5cm角ほどに縮小して表し、青い陶器の鉢にあしらいました。〜花物語〜 ”山紫陽花””Hydrangea”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火) 日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • タチツボスミレ(立坪菫)
  • 淡紫色の花色が清々しい、身近にみられるスミレ。長い葉の柄の先に愛らしいハート形(心形)を広げ、小さな薄紫の花に躍動感を感じさせます。優しい色合いの花色を薄紫のグラデーションの和紙の色と柔らかな風合いによって表しました。花の大きさは1.5cm 角ほど、高さは9cm ほどです。〜花物語〜 ”タチツボスミレ””Viola grypoceras”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2018年 1月31日 (水) 〜2月6日(火)  [続きを読む]
  • 花物語 2018
  • 2018年の「雛の季節を待ちながら・・・」(日本橋三越)では雛をはじめ、日本の四季を彩る植物をテーマに和紙の花、人形、平面による作品を展開いたします。古来、四季の草花に喜びや哀感を託してきました。春は小さな草の可憐さと桜の優美さがあり、夏は一日花の儚さの中に炎天に負けない力強さがあります。秋は風に靡くたおやかな秋草と紅葉の艶やかさがあり、冬の厳しさの中に花を咲かせる姿に気高さを想います。今回、新し [続きを読む]
  • 一日講座のご案内「早春のブーケ」
  • 和紙クラフト「早春のブーケ」2018年 1月8日 (月) 成人の日 10:00〜12:00小津和紙 ( 東京日本橋 http://www.ozuwashi.net/ )春を告げる可憐な野の花、雪割草と黄花セツブンソウ。待ち焦がれた春、早春の野に咲く小さな妖精、雪割草と黄花セツブンソウを和紙の優しい色合いと柔らかな風合いによって表します。和紙の持つ温かさによって、春の息吹を伝えます。カラフルな色とシンプルな形状の花たちを取り合 [続きを読む]
  • 山茶花
  • 冬の到来を告げる、山茶花。白地に微かに薄紅色のぼかしが入った和紙の持ち味を生かし、ふんわりと平らに咲く花を表しました。葉の切れ込みは省略し、和紙の光沢感によって艶やかですっきりとした葉の輪郭を表し、穏やかな花の風情を出しました。“ Sasanqua”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 貝合わせ 椿
  • 白い一重の椿を和紙で表し、蛤の形に和紙で象り、装飾したものにあしらいました。花びらには白の手漉和紙と淡い黄色のグラデーションの板締和紙を取り合わせ、花の表情を出しました。“Kaiawase Camellia ”にほんブログ村 [続きを読む]
  • クリスマスリース
  • 和紙の繊細な色と文様を生かし、立体感のあるリースに仕立てた一作。リースには、多彩な緑系統の友禅紙と金・銀色の友禅紙を取りわせて柊の葉を切り出しました。友禅紙の抑えた光沢感と文様によって現れる立体感を生かし、シンプルにまとめました。“Christmas wreath” にほんブログ村 [続きを読む]
  • 椿の花包み
  • 濃い紅色の一重の椿を和紙で表し、和紙による花包みにあしらいました。花包みには、華やかな友禅紙と厚みのある白い和紙を取り合わせ、立体感を出しました。 ”Camellia wrapped in washi paper”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白玉椿
  • 椿の季節の始まりを飾る、白い一重の椿。純白の花びらと鮮明な黄色の雄蕊の対比が美しい白玉椿。ふっくらとした大きな蕾も愛らしい椿です。光沢のある深い緑の葉の上に浮かび上がる花と蕾をそれぞれの特性に合わせた和紙を選び、立体感のある花扇画に表しました。Camellia Japonica ”Shiratama ”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋の月椿
  • 晩秋から咲き始める薄桃色の一重の椿。秋の月に大型の雄蕊の美しさを見立てた所に名の由来のある椿です。平らに開いた花は、整った雄蕊を抱えるように咲く姿が優美です。黄色のグラデーションの和紙を生かして雄蕊に特徴のある花の風情を表しました。Camellia Japonica ”Aki no tsuki”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大日の曙椿
  • 淡桃色の小ぶりの花が可憐なの大日の曙(だいにちのあけぼの)椿。一重の花びらが内向きに丸くまとまったところに特徴があります。控えめで愛らしい花の印象を薄口の和紙の取り合わせによって表し、陶器にあしらいました。Camellia Japonica ”Dainichi no Akebono”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白唐子椿
  • 花の中心を雄蕊(ゆうずい)や葯(やく)が小さな花びらに発達したものが集まった唐子咲きの白唐子(しろからこ)椿。ほかほかとした小さな花の周囲を一重の花びらが縁取り、立体感のある咲き方が可憐です。和紙の白色と柔軟性を生かし、花の個性を表しました。Camellia Japonica ”Shiro Karako”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白侘助椿
  • 一重の白侘助(わびすけ)椿。極小輪の猪口〈ちょく)咲きの花は、清楚な趣があります。小ぶりですっきりとした印象の花と細長い葉、繊細な雄蕊をそれぞれの特性に合った和紙を取り合わせて表し、陶器の花器にあしらいました。Camellia wabisuke ”Shiro Wabisuke”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 貝合わせ 山茶花
  • はらりと平らに開いた花姿が優しい山茶花。白い一重に薄紅色のぼかしの入った柔らかな印象の花を和紙の風合いで表し、和紙で象った蛤にあしらいました。“Sasanqua”にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花寄せ 冬
  • 四季の草花を立体感ある植物画のようにそれぞれの植物の特徴を和紙の花で表した花寄せのシリーズ。寒中に咲き、日本の冬を伝える代表的なものより、山茶花・水仙・福寿草・椿・白梅を選び、それぞれの特性に合った和紙で表したものです。花の趣に合わせた色合いの短冊を取り合わせ、画面に表しました。”Winter flowers”にほんブログ村 [続きを読む]