ymatsu さん プロフィール

  •  
ymatsuさん: 和紙クラフト by ymatsu
ハンドル名ymatsu さん
ブログタイトル和紙クラフト by ymatsu
ブログURLhttps://washicraft.com/
サイト紹介文和紙素材の持ち味を生かし、季節感ある作品をアップしてまいります。
自由文和紙造形作家。和紙クラフトによる創作をしています。
和紙の花・人形・和紙画など立体と平面によるさまざまな形式により、和紙それぞれの特性を活かして日本の四季の移ろいを中心に表現してまいります。
また、和紙についての話や提案なども紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2008/07/22 22:31

ymatsu さんのブログ記事

  • 端午の節句飾り
  • 端午の節句飾り端午の節句では、邪気を祓うものとして菖蒲と蓬が飾られてきました。剣状形の真直ぐな菖蒲の葉としなやかな蓬の葉を和紙の質感の違いによって表し、白い和紙に包み短冊にあしらいました。春を愛でる”端午の節句飾り” “Tango-Sekku” 「雛の季節を待ちながら・・・」2019年1月30日(水) 〜 2月4日(月)10:00〜19:00 ( 最終日18:00終了)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅梅
  • 紅梅早春、いち早く春色に染め上げる梅の花。雅な趣の濃い紅色の紅梅を和紙の彩で表し、王朝継ぎ紙をイメージしてアレンジした色紙にあしらいました。春を愛でる”紅梅”“Ume”「雛の季節を待ちながら・・・」2019年1月30日(水) 〜 2月4日(月)10:00〜19:00 ( 最終日は18:00終了)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 菜の花雛
  • 春の息吹、再生を伝える菜の花を雛に見立てた菜の花雛。柔らかな和紙の風合いを生かし、菜の花を坐雛(すわりびな)に見立てたてました。春を愛でる”菜の花雛”“Nanohana hina doll” 「雛の季節を待ちながら・・・」2019年1月30日(水) 〜 2月4日(月)10:00〜19:00 ( 最終日は18:00終了)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 山桜
  • 深山でひっそり咲き、春を伝える山桜。和紙の繊細な色合いと柔らかさ、抑えた光沢感によって花の風情を表し、陶器の一輪挿しにあしらいました。春を愛でる”山桜”“Wild cherry blossoms”「雛の季節を待ちながら・・・」2019年1月30日(水) 〜 2月4日(月)10:00〜19:00 ( 最終日は18:00終了)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 杜若
  • 四季の草花をミニチュアサイズに表したシリーズの一作。端午の節句に向けた紫の花色と伸びやかな葉が印象的なカキツバタ。 カキツバタの花色と葉の風情を1.5cm角の鉢に合わせ、和紙によって縮小して表しました。高さは、鉢を含めて7cmほどの大きさです。〜春を愛でる〜 ”杜若” ” Iris ” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミ [続きを読む]
  • たんぽぽひいな
  • たんぽぽひいな人の心に温かで懐かしさを想い起こしてくれる春の野の小さな草花たち。春の草花の中でも、草丈が低く、草花遊びの素材として親しまれてきたタンポポを雛に見立てました。 素朴で温かな タンポポの風情を鮮明な黄色の染色の和紙を生かし、直径2cmほどに縮小して表し、友禅紙を衣裳に選び、高さ5cmほどの小さなお雛様に仕立てました。〜春を愛でる〜 ”たんぽぽひいな””Hina doll”「 雛の季節を待ちながら・・ [続きを読む]
  • 和紙クラフト「桜」一日講座のご案内
  • 和紙クラフト「桜」2月11日 (月) 祝日 10:00〜12:00小津和紙 ( 東京日本橋http://www.ozuwashi.net/) 早春、濃い薄紅色の大きな花を咲かせる河津桜をイメージし、柔らかな花びらと若葉を和紙のしなやかさを生かして表します。作品は、和紙フレームにアレンジし、立体感あるボタニカルアートとして愉しんでいただける形に仕上げます。 講座のお申し込み・お問い合わせは、小津和紙 文化教室の下記のリ [続きを読む]
  • 花雛色紙飾り
  • 三月三日の上巳の節句に向けた色紙飾り。古来より災厄を祓い、身の穢れ(けがれ)を移すための人の身代わりとした形代(かたしろ)のひとつ、人に象った草雛から発展して花を形代として紙や藁などを使い、雛に見立てたものが花雛です。繁栄や健やかな成長を託す桃。雛祭りに桃と飾られてきた菜の花。和紙による桃と菜の花に紅白を基調とした衣装を着せ、紙雛(かみひいな)に見立て色紙にあしらいました。春を愛でる〜 ”花雛”” [続きを読む]
  • 花雛扇面飾り
  • レンゲとタンポポを雛に見立てた花雛。花の直径は1.5cmほどの大きさに縮小し、長さ6cmのミニチュアの白扇にあしらい節句飾りに仕立てました。〜春を愛でる〜 ”花雛扇子飾り””Flower Hina doll”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 花うさぎ雛
  • 花の精をうさぎの形で表したシリーズのおひなさま。愛らしい撫子を図柄にした友禅紙を衣裳に選んだ一作。表の友禅紙をはじめとして、強制紙・縮緬紙・千代紙・能千代紙・板締和紙・民芸紙など異なる風合い、質感の和紙を取り合わせ、シンプルな立雛を立体感ある形式に表しました。 〜春を愛でる〜 ”花うさぎ雛” ”Hina doll” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月)日本橋三越本店 [続きを読む]
  • 「雛の季節を待ちながら・・・」おりがみ講習のご案内
  • 清和びな「雛の季節を待ちながら・・・」の会期中、1月30日(水)〜2月4日(月)の各日、キットを使ったおりがみ講習を会場にて行います。費用は材料費(おりがみ会館のキット代)のみです。受付時間は、午前11時〜午後5時(最終日は午後4時まで)となっております。予約の必要はございません。会場にて直接お尋ねください。講習します内容は、 清和びな・ 朱雀雛・平成びな・小笠原雛・まごころ鶴です。画像上段が檀紙の白 [続きを読む]
  • 雛展に向けて
  • 2019年の和紙の雛展では、春到来を祝う草花の雛、花うさぎのシリーズの雛など形式や大きさの異なる新作の雛を出展いたします。上段の画像は、和紙の彩を重ねて表した立雛を立体感ある額仕立にしたおひなさまです。下段の画像は、和紙人形作家岩井昌子氏による立雛です。松や藤などがあしらわれた古典の趣ある吉祥の図柄を衣装にしたおひなさまです。多彩なおひなさまの数々を会場にてご高覧頂けましたら幸いです。「雛の季節を待ち [続きを読む]
  • 椿に寄せて
  • 今年も和紙による作品をご覧いただき、ありがとうございました。画像の作品は、白い一重の椿を扇子にあしらったものです。2006年より始めましたブログを継続できましたことは、皆様の温かなメッセージ、励ましによるところと感謝しております。来年もよろしくお願い申し上げます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雛の季節を待ちながら・・・
  • 「雛の季節を待ちながら・・・」2019年1月30日(水) 〜 2月4日(月)10:00〜19:00 ( 最終日は18:00終了)日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ岩井昌子(駒子の紙人形) 酒井佳子(江戸姉さま) 松山祐子(和紙造形)和紙による創作雛人形をはじめ、 作家の個性あふれる作品を展開いたします。 ぜひ、ご高覧頂けましたら幸いです。 協力:お茶の水 おりがみ会館  お問い合わせ   https://www.origamikaikan. [続きを読む]
  • 黒牡丹
  • 豊麗な色と香りを持つ牡丹。 大輪では直径20cmほどになる牡丹の花を直径8cmほどに縮小しました。 古木から立ち伸びた枝が直立し、枝先に大輪の花を咲かせる姿は気品があります。深みのある暗赤色の花を柔らかな質感の和紙の色合いを生かし、波打つような花びらの表情を出しました。 作品の高さは、13cmほどの大きさです。 〜春を愛でる〜 ”黒牡丹”“Peony” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月 [続きを読む]
  • 春の野辺を飾るスミレ。日本には人里、森、高山、海辺などそれぞれの生育地に適合した多種多彩なスミレをみることができます。スミレ科のなかでも陽当たりの良い野原や道端など身近にみられる、小さいながらも紫の花色が目を引く可憐なスミレ。また、スミレの種類によって葉の形が異なるところに多彩な個性を窺えます。花色が印象的なスミレを赤みのある紫の和紙の染色と柔らかな質感を生かして表しました。高さは、7cmほどの大 [続きを読む]
  • 立坪菫
  • 淡紫色の花色で辺りを明るく彩るタチツボスミレ。花の直径は2cmほどで、ハート形(心形)の葉が愛らしいスミレです。優しい色合いの花色を薄紫のグラデーションの和紙と白色の和紙を生かし、実物大に表しました。作品の高さは、9cmほどの大きさです。 〜春を愛でる〜 ”立坪菫””Viola grypoceras” 「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月) 日本橋三越 新館8階 ギャラリー [続きを読む]
  • 貝母
  • 釣鐘形の小さな愛らしい花と草丈のある柔らかな草姿で早春を伝えるバイモ。花びらの紫の網目状の模様は、楚々として落ち着いた佇まいを引き立てます。淡い色合いの和紙を取り合わせ、花びらには網目文を描き入れました。作品の高さは、16cmほどに縮小して表しました。〜春を愛でる〜 ”貝母””Fritillaria”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月) 日本橋三越 新館8階 ギャラリ [続きを読む]
  • 一葉蘭
  • 山地の針葉樹林でひっそりと咲くイチヨウラン。名の表すとおり、葉は一枚のみ根元につくところに特徴がある野生蘭です。直径4〜5cmほどの明るい緑の花びらに入る斑点が野趣を醸し出します。花の各部位をそれぞれの特徴に合わせて和紙を選択し、実物大に表しました。作品の高さは、13cmほどです。〜春を愛でる〜 ”一葉蘭”“Dactylostalix ringens”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2 [続きを読む]
  • 山芍薬
  • 山の林の日陰でひっそりと小さな白い花を咲かせるヤマシャクヤク。丸みのある抱え咲きの一重の花は、清々しい印象です。しなやかな和紙の風合いを生かし、草丈30cmほどのヤマシャクヤクを高さ11cmに縮小して表しました。〜春を愛でる〜 ”山芍薬”“Mountain peony”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月) 日本橋三越 新館8階 ギャラリーアミューズにほんブログ村 [続きを読む]
  • 甘菜
  • 春の野辺で可憐な花を咲かせるアマナ。長い葉の間から細長い花茎を伸ばし、白い花を咲かせます。ユリ科の花らしい花の付き方と花びらの裏側に入る紫褐色の筋状の脈は、小さな花を清楚で表情豊かに見せます。白い和紙に線描で脈を表し、高さ9cmほどの大きさに表しました。〜春を愛でる〜 ”甘菜””Amana edulis”「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜2月4日(月) 日本橋三越 新館8階 ギャ [続きを読む]
  • 一人静
  • 可憐な白い花穂が4枚の葉に包まれるように芽吹くヒトリシズカ。スプリング・エフェメラルのひとつです。静御前に見立てた名の表すように、白い清楚な花と直立した姿から、吉野静とも呼ばれています。和紙のしなやかさと繊維の強さを生かし、花の風情を表しました。作品の高さは、9cmほど大きさです。〜春を愛でる〜 ”一人静””Chloranthus japonicus””「 雛の季節を待ちながら・・・ 」2019年 1月30日 (水) 〜 [続きを読む]