PoW さん プロフィール

  •  
PoWさん: 旅のカケラ
ハンドル名PoW さん
ブログタイトル旅のカケラ
ブログURLhttp://tabinokakera.blog95.fc2.com/
サイト紹介文私、PoW(パウ)が鉄道の旅などで撮った写真などを中心に旅のカケラを更新していく旅blogです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/07/23 23:55

PoW さんのブログ記事

  • 高千穂 高千穂峡
  •  この日最後の訪問、高千穂観光で最もベタなスポットのここは外せないですね。高千穂峡。 さすがにボートには乗りませんでしたけどね(笑)。というか夕方過ぎの訪問だったので、受付はすでに終わっていました。それにしてもここは良い景色ですね。 ボートに乗ったときはうっかり滝のところに行かないようにしないといけませんね。ここで男の技量が問われるのでしょう。 この大きな石は、鬼八の力石と呼ばれています。推定200 [続きを読む]
  • 高千穂 高千穂神社
  •  次に訪問したのは高千穂神社。高千穂という地域は神様の存在が非情に合う地域です。 夕方に訪問したこともあり、人が少なくてゆっくりとパワーを感じることが出来ました。 二本の杉の根元が一つになった夫婦杉というものがあります。 「根元が一つになって如何なることがあっても別れられない形をしております」とありました。これを素敵だと感じるか恐ろしいと感じるかはあなた次第。 高千穂野パワースポット。人出の少ない夕 [続きを読む]
  • 高千穂 天岩戸神社・天安河原
  •  阿蘇地方から場所を移して高千穂へとやって来ました。ここからは高千穂地方を紹介したいと思います。最初に訪問したのは天岩戸神社。天照皇大神(あまてらすおおみかみ)を御祭神としている神社です。 神話には詳しくないですが、ここには天岩戸神話というものがあるみたいです。太陽の神天照大御神は、弟の須佐之男命(すさのをのみこと)のいたずらに腹を立てて天岩戸と呼ばれる洞窟に隠れてしまったそうです。太陽の神様が隠 [続きを読む]
  • がんばれ熊本!マンガよせがきトレイン
  • 南阿蘇鉄道 高森 13:15 〜 中松 13:36 高森からの折り返しの列車には、この賑やかな列車が待っていました。 震災復興を願って、小学館で連載する漫画家・原作者が描いた応援ラッピングを施した車両です。東日本大震災の時も三陸鉄道で同じような列車が走りました。その三陸鉄道も描かれています。 ドラえもんを先頭にいろんなキャラクターが描かれていますね。子供達にとってはうれしい列車になっていることでしょうね。 列車 [続きを読む]
  • トロッコ列車ゆうすげ号
  • トロッコ列車ゆうすげ3号 中松 12:00 〜 高森 12:25 トロッコ号に乗り込みいよいよ出発。往路は団体客で満員でしたが、その団体客はみんな中松駅で降りて観光バスへと移ったので復路の車両は空いています。 そういえば、列車の運行は再開されていますが信号機は稼働していませんでした。 ということで、タブレットが活躍していました。こういうときは古いシステムが役に立つものなのですね。 見送りの方に手を振られて出発進 [続きを読む]
  • 南阿蘇鉄道 高森駅・中松駅
  •  南阿蘇鉄道終点の高森駅までやって来ました。この駅舎も中心部の屋根が高く、特徴的な構造をしています。 盲腸線の終着駅、乗り潰しには難儀しますが最果て感があって非情に好きです。関係ないですが駅名標のハングル、今ではすっかり読めるようになってしまいました。 さて、ここからは南阿蘇鉄道応援の気持ちも込めて、復旧している高森 - 中松間を往復乗車しようと思っていました。高森駅から出るのはトロッコ列車のゆうす [続きを読む]
  • 南阿蘇鉄道応援訪問 長陽駅
  • ■2017年7月30日(日) 旅の2日目、ここからはレンタカーのお世話になります。熊本駅前からレンタカーを走らせること約2時間、この地が本日最初の訪問地となります。 ここは南阿蘇鉄道の長陽駅。現在、南阿蘇鉄道は熊本地震による甚大な被害により立野 - 中松間が不通状態となっています。ここ長陽駅は立野駅の次の駅に当たるので列車は来ない状況です。 列車が走らないと線路は錆びてしまいます。 列車が来ないので駅舎の方も [続きを読む]
  • 熊本電鉄 北熊本駅
  • 熊本電鉄菊池線 堀川 16:54 〜 北熊本 17:01 くまモンラッピングの列車に乗って北熊本駅まで戻ってきました。 北熊本駅は、菊池線と藤崎線の2つの路線が乗り入れる熊本電鉄の中では一番大きな駅になります。駅舎も良い雰囲気も木造駅舎ですが、思いっきり逆光でちゃんと撮れませんでした。 駅舎の中にはくまでんSHOPというキャラクターグッズなどを販売するお店が入っていて、観光客特に中国からのお客さんで大盛況していまし [続きを読む]
  • 熊本電鉄 黒髪町駅・堀川駅
  •  熊本電鉄の併用区間から歩いて黒髪町駅へ。小さな駅舎がありますね。基本無人駅ですが、近隣に学校が多く朝夕は混雑するために駅員さんが配置されるそうです。 僕はひっそりとした黒髪町駅の姿しか知りませんが、学生で溢れている方が本来の姿なのですね。熊本電鉄藤崎線/菊池線 黒髪町 16:28 〜 堀川 16:38 時間もあるのでもう少しだけ駅巡り。下車したのは堀川駅。 なかなか良い雰囲気でした。駅前はバス停も兼ねているよ [続きを読む]
  • 熊本電鉄道路を走る
  • 熊本電鉄菊池線 上熊本 14:50 〜 北熊本 14:59 特急A列車で行こう乗車の後は、熊本電鉄の上熊本駅へとやって来ました。ここからは熊本電鉄をぶらぶらします。 車両は元東京メトロの01系。東京メトロっぽいデザイン。一瞬ここは熊本なのか?と思ってしまいます。熊本電鉄藤崎線 北熊本 15:01 〜 藤崎宮前 15:07 北熊本駅で乗り換え。目的の場所付近である終点の藤崎宮前駅までやって来ました。 その場所とはこちら。藤崎線 黒 [続きを読む]
  • 三角駅からA列車で行こう
  • 三角線 赤瀬 13:15 〜 三角 13:25 三角線の終着駅三角駅へとやって来ました。 教会チックなとんがり屋根が特徴的な三角駅駅舎。三角駅には2011年に初訪問していますが、その時はリニューアルされる前の駅舎でした。 当時は駅周辺もかなり廃れた印象でしたが、観光に力を入れるようになってから周辺も元気になってきたような感じがします。近隣の三角西港が世界遺産に登録されたのも大きいかもしれません。 この日は、海上自衛 [続きを読む]
  • 三角線の秘境駅 赤瀬駅
  • 三角線 石打ダム 12:40 〜 赤瀬 12:42 石打ダム駅の次はもう1つの秘境駅でもある赤瀬駅を訪問。 確かに秘境感があります。近くに海水浴場があり、開設当初は海水浴客のための季節営業だったようですが、1941年(昭和16年)に駅に昇格しています。 石打ダム(三角)方面は山が突き出ています。このトンネルの存在もまた秘境感を高めるポイントになっていますね。 秘境駅らしく、駅ノートも完備。ただ、ベンチに座って書くには [続きを読む]
  • 三角線の秘境駅 石打ダム駅
  •  この旅最初の訪問駅は、石打ダム駅。ランキングこそあまり高くないですが、秘境駅の一つに数えられています。 この駅は、三角町の住民などから資金を集め、その資金により開業された駅です。開業が1989年(平成元年)というのですから、出来て間もない駅だと言えますね。駅前にはそのことを記念する石碑がありました。 しかし、懇願して作ったのに秘境駅となってしまったのは、なんとも皮肉なことですね。 実際、駅周辺には民 [続きを読む]
  • JAL どこかにマイル 熊本・宮崎の旅
  •  次の旅は前回の信越本線の旅から2週間後。JALのマイル消化のために行った旅でもありました。その際に使ったサービスがJALのどこかにマイルというサービス。通常、マイルを使った特典航空券は12,000マイルからですが、その半分の6,000マイルで往復の特典航空券と交換出来るサービスです。その代わり、行き先はランダムに決められた4つの候補から勝手に決められるというもの。ちょっとしたドキドキも味わえます。 僕の候補は、小 [続きを読む]
  • 旅の乗車記録Vo.67
  • ・細切れ信越本線の旅日時:2017年7月14日(金)〜 7月17日(月)◎旅の行程・2017年7月14日(金)ANA410 秋田空港 20:10 - 羽田空港 21:15京急空港線特急 羽田空港国内線ターミナル 21:39 - 京急蒲田 21:50・2017年7月15日(土)京浜東北線 蒲田 6:45 - 東京 7:06とき357号 東京 7:28 - 高崎 8:27信越本線 高崎 8:42 - 横川 9:15・碓氷峠鉄道文化むら JRバス関東 横川駅 11:10 - 軽井沢駅 11:52しなの鉄道 軽井沢 13:05 - [続きを読む]
  • 細切れ信越本線の旅 リンク集
  • ・2017年7月15日(土)#01 細切れ信越本線の旅#02 碓氷峠鉄道文化村#03 しなの鉄道 軽井沢駅#04 しなの鉄道 平原駅・信濃追分駅#05 しなの鉄道 大屋駅#06 しなの鉄道 田中駅・坂城駅#07 しなの鉄道 西上田駅・篠ノ井駅・2017年7月16日(日)#08 しなの鉄道北しなの線 三才駅・黒姫駅#09 しなの鉄道北しなの線 牟礼駅・妙高高原駅#10 えちごトキめき鉄道 関山駅#11 えちごトキめき鉄道 上越妙高駅#12 信越本線 直江津駅・ [続きを読む]
  • 新津鉄道資料館
  •  信越本線の旅、最後に訪れたのは新津鉄道資料館。今回の旅は、碓氷峠鉄道文化村からスタートしたので鉄道資料館で始まり、鉄道資料館で締める旅となりました。この新津鉄道資料館は、新津駅からは2キロほど離れた位置にあり、交通アクセスがあまり良くありませんが、この日は駅から無料のシャトルバスが運行されていました。でも、いつもあるわけでは無さそうなので注意です。 なかなかの盛況ぶりです。 まずは屋内の資料展示 [続きを読む]
  • 信越本線 三条駅・新津駅
  • ■2017年7月17日(月) ついにblogの更新日が旅から1年を超えてしまうようになってしまいました。こんなことはblog開設以来初めてのことですが、しばらくはこの状態が続きそうです。季節感は今とあっていて良いかもしれませんが、なるべくリアルタイムに追いつきたいところです。信越本線快速 長岡 10:27 〜 三条 10:45 信越本線の旅も残すところは、長岡 - 新潟のわずかな区間。そこを快速電車で飛ばして最初の訪問駅は三条駅 [続きを読む]
  • 信越本線 長鳥駅
  • 信越本線 越後岩塚 17:53 〜 長鳥 18:02 細切れ信越本線の旅、2日目最後の訪問駅は長島駅。信号所として開設されたちょっと秘境感の漂う駅です。 ホームが非常に狭く、駅名標を撮るのも大変です。特急列車や貨物列車の通過時にホームに居るのはちょっと恐いかもしれませんね。 外に出るには、この細い階段を降りて地下通路を通ります。 駅舎を出たところ。駅前も坂になっていて狭く、最初は駅として作られたのではないことが [続きを読む]
  • 信越本線 笠島駅・越後岩塚駅
  • 信越本線 青海川 16:32 〜 笠島 16:34 信越本線の駅巡りはもう少し続きます。青海川駅から1駅戻って笠島駅。この駅も海の傍にある駅です。 駅の両サイドはトンネルになっていて、一瞬開けた平地に漁村があるという感じです。日本海側の駅はこういう駅が多いですね。 ホームは一段高いところにあり、駅舎も簡易的です。 反対側のホームへは線路の下を潜っていきます。 海岸ではみなさん釣りを楽しんでいるようでした。近くに [続きを読む]
  • 日本一海に近い駅 青海川駅
  • 信越本線 直江津 14:20 〜 青海川 14:55 信越本線の駅巡り、過ぎに訪れたのは青海川駅。日本一海に近い駅とも言われ一般にも有名な駅となっています。 海をバックに駅標を撮るのが定番のショットですが、天気が悪かったのが残念。どうせなら青い海・青い空と一緒に撮りたかったなぁ。まぁ、いつも旅の天気は良い方なのでたまには我慢しましょう(笑)。 今回は、駅を俯瞰で眺められる定番のスポットにも行ってみました。 海と [続きを読む]
  • 信越本線 直江津駅・犀潟駅
  •  直江津駅に到着、ここから新潟駅までは信越本線として残っている区間となります。やっと越後と繋がった(笑)。ただ、直江津駅自体はえちごトキめき鉄道の管轄のようですね。 かつては特急はくたかが通り、北陸地方と関東とを結ぶ大動脈を成していましたが、その役目を北陸新幹線に譲ったことで駅の活気も失われてしまいました。それでも、北陸新幹線開業で最も打撃を受けたであろう北越急行ほくほく線が頑張って走っています。 [続きを読む]
  • えちごトキめき鉄道 上越妙高駅
  • えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 関山 11:20 〜 上越妙高 11:48 次に乗る列車が到着するとほぼ同時に反対方面に観光列車の雪月花が通過していきました。こちらは豪華な食事付きの観光列車ですね。フレンチと和食のコースがあって、それぞれ17,500円となかなかの値段です。最近はこういう食事付きの観光列車が増えてきました。 まぁ、私はのんびりと鈍行旅を楽しみます。次の二本木駅は現役のスイッチバック駅。反対方向 [続きを読む]
  • えちごトキめき鉄道 関山駅
  • えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 妙高高原 10:19 〜 関山 10:26 しなの鉄道に続いては、えちごトキめき鉄道の駅巡りを開始します。妙高高原駅から直江津駅までの区間は、妙高はねうまラインというちょっと恥ずかしい路線名が付いています。会社名といい、これが新潟県のセンスなのか(笑)。まずは1駅目、関山駅で下車しました。 まずは駅舎見学。洋風の駅舎ですね。なかなか広い駅舎で駅舎の一部を利用して駅舎サロンと [続きを読む]