kenharu さん プロフィール

  •  
kenharuさん: キャンピングカー日記
ハンドル名kenharu さん
ブログタイトルキャンピングカー日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kenharu_2006/
サイト紹介文熟年キャンピングカー日記
自由文熟年の皆さん、自由気儘なクルマ旅を楽しみませんか。
「車中泊は安眠出来ない」と思っている人が多いですが、それは全くの誤解。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が出来ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2008/07/28 08:03

kenharu さんのブログ記事

  • 移動日
  • 道の駅「庄内みかわ」の朝は雨。台風接近で、雨は一日中降り続くとの予報である。今日は、近くにある加茂水族館を見学したら、あとは新潟付近までの約100キロを走る移動日にする。加茂水族館は「クラゲ水族館」として有名で、開館前には入館者の長い行列が出... [続きを読む]
  • 国宝見物
  • 道の駅「庄内みかわ」で朝を迎えた。出羽三山のひとつである羽黒山には、国宝の五重塔がある。カミさんは関節が弱いので、普段は、階段の多い神社仏閣の観光は敬遠している。しかし、羽黒山の現地情報を集めてみると、工夫すればなんとか歩けそうに思われた。危... [続きを読む]
  • まもなく投票日
  • 間もなく投票日だが、ボクらは棄権することになりそうである。今回の選挙には憲法改正問題も絡んでいる。今日は久しぶりに日本国憲法の前文を読んでみた。前文には気に入らない部分がある。「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすること... [続きを読む]
  • 阿仁から西木町へ
  • 道の駅「あに」の朝。車窓からの風景。阿仁の冬は雪が深い。一階が雪に埋もれることを見越して、あらかじめコンクリートでかさ上げした住宅が多く見られる。屋根の雪が滑り落ちる場所も計算されている。しかし、この家は道路に雪が落ちる構造にしてしまっ... [続きを読む]
  • 大館能代空港から阿仁へ
  • 道の駅「大館能代空港」で朝を迎えた。国道105をゆっくり南下した。途中で左折し、くまげらエコーラインに入る。紅葉を期待して太平湖に向かった。5キロほど走ると、まだ新しい、巨大な森吉山ダムがある。これは下流側から見たダム堤防。ダム上の左端に... [続きを読む]
  • 能代から大館能代空港へ
  • 親戚宅でご馳走になった天丼。能代の七夕「天空の不夜城」をイメージした盛り付けである。毎年、夏の七夕まつりでは、巨大な灯籠「天空の不夜城」が、華やかな祭り囃子と共に町を練り歩く。灯籠のシャチホコ部分は、祭りの最終日に米代川に浮かべられ、火を付... [続きを読む]
  • 旅日記
  • 昨日は親戚訪問、そして今日は姉の1周忌法要。遺族で精進落しの昼食会をして、ボクの里帰り目的は終了した。明日からは帰路につくが、再びのんびりとした温泉巡りのクルマ旅になる。ところで、旅日記を書いていると、ブログのアクセス数が増える。昨日の日記(... [続きを読む]
  • 八峰町
  • 道の駅「はちもり」の朝。駐車スペースが小型車20台に大型車5台のミニ駅である。駐車場うしろに展望台と称する高台があるので登ってみたが、新たに見えるものは何も無い。登らなくても見えているものを、見下ろすだけ。地デジが受信しないので、今朝はBS... [続きを読む]
  • 深浦町から八森へ
  • 青森県深浦町の夕陽公園の朝。公園は漁港に隣接している。釣り人が豆アジ釣りをしていたので、早速ボクも参戦。ポツリポツリとしか釣れなかったが、釣果はアジ12匹にサバ2匹。二人のオカズには十分である。深浦の街歩きが楽しかった。まずは1000年の... [続きを読む]
  • 鶴田町から深浦町へ
  • 道の駅「つるた」の朝。駅周辺のリンゴ畑を散歩した。こんなに成らせたら、木が疲れるのではないかと心配になる。色づきを良くするために、葉をむしり取って、日当たりを良くした木もある。ただし、葉が少ないと、リンゴの見栄えは良くなっても味が悪くなるら... [続きを読む]
  • 碇ヶ関から鶴田へ
  • 道の駅「碇ヶ関」の朝。友人から「今、函館から青森に着いた」という電話が入った。上陸した彼らは一般道を南下するから、北上中のボクらと、間もなくどこかで出会うことになる。茨城の借家を出てから、北海道から帰る道中の友人に会うのは、これで3組目である... [続きを読む]
  • 鹿角から碇ヶ関へ
  • 道の駅「かづの」の朝。イベントのあった3連休を終えて閑散とした駅に、観光バスが入ってきた。しばらくすると、売店前に人だかりが出来た。何だろうと覗いてみると、きりたんぽ実演。客の全員が大陸からの団体さんだった。提供していたのは味噌たんぽ。味... [続きを読む]
  • 紅葉と山の幸
  • 道の駅「かづの」の朝。三連休は道の駅にイベントがあり、花輪ばやしの豪華な屋台が無料公開されていた。毎年8月の下旬に、各町内の屋台が祭り囃子とともに町を練り歩く。昼食にはヒメマスのイクラを使って、車上生活者風の海鮮丼を作った。まず、パックご飯... [続きを読む]
  • ヒメマス釣り
  • 十和田湖畔で朝を迎えた。暗いうちから桟橋で竿を出して、昼前までウキフカセ釣りを試したが、ボクの釣果はゼロ。桟橋からの釣りは、魚の集まる場所が決まっているために、釣る人と釣れない人にはっきり別れていた。午後は、桟橋に見切りをつけて、胴長を履いて湖... [続きを読む]
  • 鹿角から十和田湖へ
  • 道の駅「かづの」の朝は本降りの雨。買い物を済ませてから、国道103で十和田湖へ向かった。途中、道沿いの大湯温泉で、共同浴場「荒瀬の湯」に浸かった。猛烈に熱い湯が、両足の乾燥肌にひどく滲みた。発荷峠を越えて、昼前に十和田湖畔に到着。友人のキャ... [続きを読む]
  • 西根町から鹿角市へ
  • 道の駅「にしね」で朝を迎えた。午前中は、岩手山裾野の「焼き走り溶岩流」を見物。やっこ凧みたいな、小さな人影はカミさん。群馬の「鬼押出し」に比べると、やや穏やかな眺めである。国道282を北上。道沿いの安比高原に立ち寄る。安比リゾートの、き... [続きを読む]
  • 羽後町から玉川温泉へ
  • 道の駅「うご」で朝を迎えた。この駅はちょっと変わっている。第一に、「RV・有料」という駐車スペースがあること。しかし、他の一般スペースと何も違う点がない。第2に、24時間使えるコインシャワールームがあること。海水浴場でもないのに、シャワー... [続きを読む]
  • 山形県を通り抜ける
  • 道の駅「あさひまち」の朝は濃霧。外に出ると、空気が少し煙たい。稲わら焼きのせいである。10月上旬に国道13号を南下すると、秋田県から山形県に入ったとたんに、空気が悪くなる。秋田は稲わら焼きが禁止されているが、山形は禁止されていないらしい。それ... [続きを読む]
  • 会津柳津から会津湯川
  • 道の駅「会津柳津」で朝を迎えた。北茨城暮らしでは、毎日同じ道を歩くのに飽きていたから、今日の散歩は新鮮だった。それに、谷川沿いの道とは違って、眺望が開けているのも気持ちが良い。午前中は道の駅周辺で遊んだ。午後は西山温泉で入浴。町営の割安... [続きを読む]
  • 猪苗代湖
  • 道の駅「たまかわ」の朝。起き抜けに福島空港に移動した。空港駐車場は無料だし、6時半から空港施設が使える。茨城空港と違って、自衛隊機の離着陸が無いから、静かである。はじめからここに泊まった方が良かったようだ。朝食が済むと空港を後にして、郡山方... [続きを読む]
  • 北茨城から福島県へ
  • 2時過ぎに借家を退去して西へ向かった。谷川沿いの道を30キロほど走ったが、そのうち、作業中のため大きく迂回させられた10数キロは、対向車はほとんど現れないものの、警笛を鳴らし続けないと恐くて走れないようなクネクネ道だった。途中で滝の看板を見つけて立... [続きを読む]
  • 出発前夜
  • クルマ旅を10年も続けると、行きたいところが無くなってくる。とは言え、全く行き当たりばったりで走り出すわけには行かない。半日をかけて、およその計画を練った。ネタ本は、温泉博士、まっとうな温泉、などである。まずは、東北エリアで無料入浴出来る温... [続きを読む]
  • 退去
  • 明後日の昼過ぎに借家を退去する。明日は雨なので、今日からキャンピングカーへの引越し作業を始めた。退去は「原状復帰」を想定して作業をするものだと思うが、カミさんは「来たときよりも美しく」という考えである。長いこと風呂場から出てこないので、覗いて... [続きを読む]